廃線探訪 No11

神戸製鋼所 専用鉄道(?)

神戸製鋼所 尼崎製鉄所(中浜町)〜尼崎製造所(大浜町)

00/04/16 更新 探訪日 2000年4月9日


(1)中浜町

現在、別会社への進入路付近がかつての軌道敷と考えられます。

 


(2)八幡橋付近

鉄橋が残されています。右岸側は緑道として整備中です。

撤去はされず、放置されるようです。

「かなめ寫眞館」を御参照下さい。)


(3)廃線跡を辿る

鉄橋からしばらくは空き地として放置されいるようです。

次の交差道路を越えると、跡地は運送会社、土建会社等が使用しており痕跡は有りません

← 右側の塀沿いがかつての軌道敷

運送会社の敷地として一体で使用されて

いるので痕跡は皆無です。

 


(4)橋台の跡の跡

小さな用水路を超える所で、かつて橋台跡が有ったと思われる痕跡が有ります。

用水路護岸の白っぽい所が橋台を撤去

した後の補修後の跡と思われます。

 


(5)神戸製鋼所管理の用地

神戸製鋼所が管理する細長い土地が続いて行きます。

駐車場や資材置き場などに使われているようです。

 

 


(6)関西熱化学敷地の壁

軌道敷跡は最後には「関西熱化学」の工場敷地へと繋がります。壁が一部分後から

継ぎ足されている部分が有り、その部分がかつての軌道敷入り口と思われます。

神戸製鋼所 尼崎製造所は関西熱化学の南に位置しており、かつてそこまで軌道敷が

延びていたと思われます。

 


(7)エピローグ

最初は何の線路かよく分からないままに、探訪しましたが、両側の工場敷が共に

「神戸製鋼所」であった事、途中敷地の管理も「神戸製鋼所」である事などから、離れた

敷地の2工場間を結んでいた専用鉄道であろうと推測できます。

現役時代の事等、御存知の方いらっしゃいましたら、何か御知らせ頂ければと思います。

Tenko_Anton mailto:morita@asia.interq.or.jp


| 最初のページへ戻る

 

 

Tenko_Anton