続・バリの巨大カンパチ

先日、バリの巨大カンパチをアップしたが、反響は凄かったようだ。そして数日後に閂(かんぬき)和也さんから是非鑑定してほしいと2枚の写真が送られてきた。全長165センチ、重さ68キロとこれもまた巨大である。長さは前回報告したカンパチより短いが体高があり、まるまるとしている。釣ったのは3月20日だから私がバリから帰国した翌日だ。船はカイザー号でヌサペニダ島沖で上がったらしい。

さてこのカンパチだが、私はヒレナガではなくて本カンパチだと確信する。一番下に私が13年前に釣ったヒレナガの写真を参考にとアップしたのでよく見ていただきたい。第2背びれの先端の長さが上のカンパチは体高の半分もないが、一番下の魚は優に半分以上ある。正式には第2背びれの条数を数えなければならないが、写真で見る限り間違いなくカンパチだろう。

カンパチ=アンバージャック(Amberjack、greater)IGFA世界記録 70.64キロ

ヒレナガカンパチ=ジャックアルマコ(Jack、almaco)IGFA世界記録 59.87キロ

全長165センチ、68キロのカンパチ。体高があり丸々と太っている。

 

第2背びれの先端に注目。体高の半分にはほど遠い長さだ。

 

私が13年前に釣ったヒレナガカンパチ。第2背びれの先端の長さは体高の半分を優に超えている。