自堕落日記

トップへ戻る

2002年12月
2003年1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月


12月27日
てなわけで、互換性が無いのでネットに繋げません、ちっきしょう。
要は、旧PCに付属していたダイヤルアップモデムを認識してくれねぇんですよ、これが(笑)
ああ、そうさ、いまだにダイヤルアップですよ、わたしゃ。
あの遅い転送速度で必死に頑張ってきましたさッ!
てなわけで、そろそろADSLをマジに導入したい心境です、安西先生。
二年前は出来ないって言われたけど、今度こそ……ッ!


12月26日
新PC、カモン。
別にモニターやらの周辺機器は買い換える必要がないので、約5万円で済みました。
とはいえ、たった5万で、旧PCのスペックを完全に越えてるんだから笑いが止まらねぇ。
時代の進歩は、実に恐ろしいなぁ。いや、マジに。
でも、それに伴ってOSがMeからXPへと進化。
別にMeのままで良かったのになぁ、ぼかぁ……
互換性が失われちゃうソフトが多いし……ちっきしょう。


12月25日
トリプルのeveだけは無事でした、えへへ。
先日、家に帰ってくる際に、フロッピーに記録してたのスッカリ忘れてました(笑)
でも、無事なのはeveだけなワケで……
アイコンもMIDIもデータもインクルも全部消えました、はははーだ。
まぁ、アイコンとMIDIはなんとかなるかもしれないけども、
データとインクルは痛過ぎる……くあー。
仕方ない……とりあえず新しいPCを買ってきます、えうえうえう。
だって、絶対にグラフィックボードの故障だ、っていう確証が無いんだもの。
博打なんて、私には出来ませーん、えへらへら。


12月24日
再起動現象、ついに進化!
PCのスイッチを入れても、PCそのものが反応しやがりませんよ、先生!
これもグラフィックボードなのか!? どうなんだ!?
あー、もう、サッパリよ、私には。
てゆーか、今まで蓄積したハードディスクの中身を返せッ!!
ぶっちゃけ、トリプルの全データ返せ! eveだけでもいいから返せ!
せっかく14話まで書いたのに、消えたら意味ないじゃないさ、こんちくしょう!
たーのーむー、サルベージ、ぷりーずー!!


12月23日
再起動現象、相変わらず(涙
ともあれ、なんとなくではあるが原因を悟る。
だって、画面の解像度が800*600以上だと、絶対に再起動するんだものッ!!
グラフィックボードしか考えられないじゃないのさー!
仕方ないから、新しいボードでも買ってこようかしら。
それとも、ドライバが壊れてんのかしら、相変わらずよく分かりません、ひーほー。


12月22日
謎の再起動現象、継続中。
原因不明、誰か助けて、あうあうあ。
てゆーか、何が原因なんだよ、こんちくしょうッ!


12月21日
マイPCが突如、挙動不審に(笑)
何故かよく分からないが、唐突に再起動を繰り返す、えうえうあ。
何かが不具合を起こしているらしいが、原因はサッパリさ、あっはっは。
とりあえず、物は試しって事でOSを再インストール。
なのに何故だ……何故治らない、キサマッ!!


12月19日
てなワケで、やっとこさ帰ってまいりました。
まあ、その以前に、日記やらアイコンページやらと、更新してるんで、
あんまりそれほど久し振りってワケでもないですが、あっはっは。

で、せっかく帰ってきたし、他の更新も色々としたい所だけど、
とりあえずシナリオ作業をいまだ続行中です、申し訳ありません、あうあうあ。
何分、まだゴタゴタしてもおります故に、もうしばらくお待ちください〜。
ほんと、もうちょいなんです、もうちょい(涙

しかし、なんだろう、この風潮。
シナリオを書く当人だけが楽しい、っていう作品はなんだかなー、などとも思うワケで。
自分も自戒しておきます、色々と。
まぁ、別にどうでもいいんですが、はっはっは(ぉ


12月11日
……なんか、だるいです、今日。
精神的というか、身体の方もへろへろっすわ(笑)
ゆっくり休みます、へいへいほー。

マーブル24〜25話をプレイしたり。
私個人としては面白かったけれど、ラさんらしくない印象。
というか、ちょっと手抜きをしたかの様な、そんな感じ(ぉ
や、ボリュームはあるんです。むしろ、手法というか、なんというか。
まあ、とにかく面白かったという事で、一つ。

今日のSRC〜
<プレイシナリオ:「MURAMASA」(1-2まで)>
割とアッサリしているけれど、雰囲気がいい感じのシナリオ。
冒頭のテロップの内容は、キャラに説明させた方がいいんじゃないかと思ったり。
や、単にテロップで設定説明をするのが好きくないだけです、私は(笑)
戦闘はシューティングゲームとシミュレーションの折衷……みたいな?
やりたい事がハッキリしているのっていいですね〜。
マサムネとグラが、キノとエルメスみたいだし、それもいい感じで、まあ(笑)
ただ、一対多数&クイックロード不可なシナリオなので、戦闘中はひやひや。
まあ、シューティングならではの狙いなんでしょうけれどもね。
ともあれ面白かったです。アッサリしているが故に内容が濃い、こういうのは凄いすわ。


12月9日
家の前に警察がやってきた。
隣の一人暮らしの老人が亡くなっていたそうで。
昨日の昼に見かけた、と教えたら詳しい事情を聞かれる(笑)
まあ、それ程、親しくもなかったし、別にいいんですけれど。
ていうか、こっちが挨拶しても綺麗に無視してくれる爺さんだったし、
野良猫に餌付けして、周囲を猫だらけにしてた協調性の欠片も無い人だったけど、
亡くなった以上はご冥福をお祈りしておきます、こんちくしょう。
ていうか、餌場を失っても強く生きろよ、野良猫(笑)

そして、少ない時間でシナリオ書き。
トリプルの新安定版への対応は一段落。
一応、戦闘アニメにも対応させてみたけど、音だけの方がいいかもしんないなぁ、むぅ。
とりあえず、ノベルシナリオの方は一休み。
完全に自己満足の産物だし、公開しない方がいいのかもしれませぬ、やっぱり。


12月8日
なんというか、日記をアップせずに地道に書き続けるのって不毛な気もしないでもなく(笑)

とりあえず、ムシウタ2巻を読了。
某氏にフルメタを読めと言われてたけど、流石にそんな暇はないのよ、けらけら。
一冊ならともかく、量が半端じゃないんだもの。
無茶ですよ、先生ッ! と、言い訳しておきます、けらけら。
ともかく、ムシウタ2巻も面白かった。
とは言え、この作者の人は、人名なり地名なりで奇をてらい過ぎな気もする。
新キャラの半分が字面通りに読めませんよ、先生ッ!
純と書いて「あず」なんて分かんないよ、有夏月と書いて「あかつき」なんて分かんないよぅ、えうえう。
何度、ふりがなの書いてあるページに戻って、確認しなおしたことかッ!
こういう世間一般には聞かない名前を、現代設定の物語で使われると、
途端にリアリティが無くなってしまいそうな気がするのは、私だけなのだろうか?
まあいいや、ホントに私だけだったら嫌だから、あっはっは。
でも、面白かったのよ、本当に。いや、マジで。
ストーリー最高、ストーリーが最高、おーいぇー。
土師さん生きててバンザイ、柊子さんいい感じだバンザイ。
ハルキヨも、いい意味で裏切ってくれた。こういう展開だとは思わなかったし。
でも、やっぱり矛盾はあるのよねー、えうえう。
編集の人は気付かないものなんだろうか、こういうのって。まあいいけど。

で、シナリオについて。
えっちらおっちらとトリプル書いてます。一応、公開出来るぐらいには進みつつ。
でも、来月には新安定版Ver2.00がー、おうのう。
とりあえず、現開発版に対応させるべく、公開は見合わせます。すみません〜、えうえう。
まあ、気が向けば、晒すかもしれないけれど。
あとは……平行しつつ、ノベルシナリオも書いてました、けせらせら。
2話まで書きつつ、ノベルって楽しいなー、などと思ったり。
ノベルの場合と、会話オンリーだと手法が違うので、また新鮮な気がしますナリ。
まあ、公開するかどうかは分かんないですけど(ぉ
だって、公開したら、引っ込みがつかな……ゲフンゲフン。


12月5日
えっちらおっちら、仕事ちう。
仕事ばかりやってると精神的にキツキツっすわ、眠い(笑)
その合間に、ちまちまと積みシナリオをばプレイ。
色々と溜まってしまった、あうあうあ(涙

今日のSRC〜
体力も無いので、なるべく短く、短く……

<プレイシナリオ:「黒い里」(開発版専用)(2話まで)>
ファンタジーなアドベンチャー形式のシナリオ。
ラさんならではの拘り方がよく出ているのではないかと。
場所の移動、場面転換なども、この形式だとサクサク進むので、面白い手法ですわ。
最大のヒットは、まあ、ユニークモンスターなワケで(笑)
アレです、モンスターに無駄にストーリーがあるのが楽しくて。
ついつい狩り尽してしまう今日この頃だったり。
あとはアレ、2話の調査隊手記がバイオみたいで素晴らしい。
毛色も違って新鮮です、実に。

<プレイシナリオ:「13人の戦士」(9話まで)>
ホントに私、龍騎はサッパリなんですよ、ゲフンゲフン。
なのに何故だろう、このシナリオをやってると龍騎が見たくなる。うん、ホントに見たい。
つまり、それくらいに面白いわけで、えへらへら。
特にアレだ、高見沢さんと浅倉がカッチョよくて、実に燃えます。
原作では悪役っぽいけど、それはそれで見てみたいし。
ていうか、設定知らないのに楽しめるって素晴らしいです、うん。
画像にも力が入っていて、ファイナルベントがー、うあー。

<プレイシナリオ:「仮面ライダーヴァルゴ」(12話まで)>
実は一切プレイしていなかったです、ヴァルゴ(笑)
まあ、時間が出来たんで、今更の様に一気にプレイ。
話に聞いていた各話毎のOPも秀逸で、当然の如く燃える、などと分かりきった感想を言ってみる。
ゾディアックの戦いやら、ズバットやら、話が大きくなるにつれて楽しいけれど、
龍騎関連は流石に出しすぎではないかなー、などと思ったのは秘密です(ぉ
アギトやシャドウぐらいなら話を収束できそうですけど、龍騎は流石に……あうあうあ。
正直、私だったら、もうギブアップして、
次のシナリオに移っちゃうなと思わせられた事、何度もあるもん…!!
などと流れ星超一郎っぽく言ってみます(笑)
や、でも楽しい。純粋に言えば、楽しすぎて、いぇあ。

<プレイシナリオ:「怪機結晶シャドウステーク」(4話)>
初っ端から戒吾vs和美。これは燃える。
更に会話がややこしくて、それがまた燃える(笑)
まあ、次世代型人種差別問題みたいな感じで、それはそれでアレですが。
つまり、ついつい戒吾に感情移入してしまうせいで、和美や美奈美が純粋悪として映ってしまうというか、
いずれ共闘する事になるんだろうなー、などと予想しているせいで更に愛着が持てなくなるというか。
まあ、そこら辺はこれから先の描写だし、別に構わないですけど、あうあうあ(笑)
というか、一番恐いのは、このままステークが孤立していって、世界の敵みたいな立場になって、
救い様の無いエンディングを迎える事というか、何と言いますか(笑)
ともあれ、ジェノサイバー側も含め、続きが気になるのですよ、本当に。
期待しております、いぇあ。

<プレイシナリオ:「精霊装騎ナインナンバーEX」(開発版専用)(最終ルート8話まで)>
ついにリリースされたナインナンバー最終ルート。
相変わらずリリースボリュームが半端じゃなくて素晴らしい。
内容は何と言いますか、パラレルワールドというか、時間軸分岐の別なる可能性というか、そんな感じ。
本当にお祭り的な内容らしいので、それはそれで面白いです。
これまでの積み重ねによるキャラ描写があってこそのルート、そういう意味で言えば、
最終ルートは成功していると言える気がします。好みは分かれそうですが。
まあ、私の場合はオッケーな方だったりしますですが、ええ。
ただ、戦闘を簡単にし過ぎた分、戦闘パートがほとんどオマケというか、
刺身のツマになっている感があったりしますが、まあ些細な事かもしれません。
割とイベント戦闘的なものが多いんで、実のある戦闘はこれから先かなー、などとも思いますし。
とにかく続きを心待ちに。それはもう、お祭りならでわの楽しさを。
ちなみ、クラウディアがナイスバディなら萌えるのに、などと思った私はダメ人間確定ですか、あうあうあ(ぉ

<プレイシナリオ:「宝島」(開発版専用)(最終話まで)>
これも実はプレイしていなかったシナリオ。
真紅の微笑に出ている面々の初登場シナリオらしいので、ともかくプレイ。
まあ、アイコンが違うのは御愛嬌というか、仕方の無い事で(笑)
つーか、慶太郎が真紅とは別人や、あっはっは。
まあ、身内への態度と、外での態度は違うものだから、これはこれでいいのかも。
というか、真紅での微妙に伏線ぽい部分というか、分かんなかった部分が明らかになって、
それはそれで違った意味として楽しくもありまして。
勿論、単体としても十二分に面白かったですし、心象描写が多いので感情移入も容易くてありがたいですわ。
とは言え、最終話近くまで、割と雰囲気が平坦に進む事ため、
印象が地味になってしまうのが勿体無く感じてしまいました、むぅ。
とはいえ、最終話近辺の林檎と日向が急にいい感じで素晴らしくて、もう。
実にプレイして良かったと思わせられたシナリオでした。見習うべき点も多くて。
まあ、Waitが長いのは些細な問題です(笑) 過去の作品ですしね。

あー、結局長くなった、こんちくしょう。
ともあれ寝ます、おやすみなさい、くぅぅぅ。


12月2日
仕事が終わった後で、なんとなくネットカフェに入り浸ってみる。
自由にネットに繋げない現状が辛いけど、まあ、仕方ないから諦めつつ、こんちくしょう。

いくつかのサイトを巡回して、シナリオをDL。
とりあえず、差分ファイルが無い&容量がでかいシナリオは、日付を見て泣く泣く差分ファイルを作る。
だって、フロッピーディスクで持って帰るんだものッ!
1.4M以上は入りきらないじゃないさ、ちきしょうッ!
でも、まあ、自分も人の事言えないから、差分が無い事に対しての文句はナッシング。
だって、差分って作るの面倒なんだもの(ぉ

で、某シナリオ(今は取り敢えず伏せておきます)のReadMeを見て、
椅子から転げ落ちそうになりつつ、吹きそうになったワケで(笑)
慌ててメールチェックを開始してみると……あうあうあ。
一ヶ月以上メールチェックしてないと、100件近く溜まるワケね、くぅぅぅぅ。
ウイルスメールが憎いッ! 邪魔だ! こんちきしょうッッ!
などと思いつつ、例のブツを拝見。そして、お礼の返信メールをば。
いやー、ありがとうございます。作者冥利に尽きますって、いやいや。
こういうのをいただくと、モチベーションが急激に上昇する現金な自分がいたりしつつ(笑)
ともあれ、本当に嬉しいですわ、こういうのって。
改めて御礼申し上げます、某R様。ありがたく活用させていただきたいと思っております、バンザイ。

……なんだか、今日の日記は私信っぽいです。
何の事か分からない人は……そのうち分かるのだろうか、んー。
まあ、その……すみませぬ、って事で。

ワイルドアームズ……プレイしたいよぅ、えうえう。