心身皆伝心身皆伝武芸書房兵法書 ・武芸の古典関係の本 >日本の兵法・古典↓|

日本の兵法・古典

日本の兵法書・古典関連の本の紹介

1・五輪書(宮本武蔵)2・剣と禅、山岡鉄舟、柳生新影流3・武士道、葉隠、山鹿素行4・軍法5・武家資料その他

1・五輪書 宮本武蔵

剣豪、藝術家!?五輪書や絵画など優れた作品を遺した、 孤高無敵の武人!・・・


五輪書 (原本現代訳 (116))
五輪書 (ちくま学芸文庫)
五輪書 (ワイド版 岩波文庫)
五輪書 講談社学術文庫

「五輪の書」がよーくわかる本―ポケット図解 (Shuwasystem Business Guide Book)
五輪書のことがマンガで3時間でマスターできる本 (アスカビジネス)
図解雑学 五輪書 (図解雑学シリーズ)
五輪書 岩波文庫
対訳・五輪書
決定版 五輪書 現代語訳

五輪書のことがマンガで 3時間...アスカビジネス
決定版 五輪書 現代語訳
宮本武蔵・二天一流の剣と五...武道選書
宮本武蔵―「兵法の道」を生きる (岩波新書)

ビジネスマンのための武蔵...幻冬舎文庫
[新装版]宮本武蔵の人生訓・童門 冬二

戦国人物伝 宮本武蔵 (コミック版日本の歴史)
別巻・その時歴史が動いた 宮本武蔵 (その時歴史が動いた-別巻-)
宮本武蔵二天一流の剣と五輪書 (武道選書)

実践・五輪書―武道を通して学んだ宮本武蔵

剣術の日本史 二天一流はなぜ強かったのか (青春新書インテリジェンス)
武蔵「円明流」を学ぶ 宮本武蔵の身体操作
宮本武蔵は、なぜ強かったのか?
『五輪書』に隠された究極の奥義「水」高岡 英夫


宮本武蔵の映画、小説、漫画
バガボンド 1~最新巻(モーニングKC ) [マーケットプレイス コミックセット]
宮本武蔵 全8冊 吉川英治歴史時代文庫
宮本武蔵・司馬 遼太郎 (朝日文庫)
宮本武蔵 完全版 DVD-BOX 第一集
宮本武蔵 [DVD]
新装版 真説宮本武蔵・司馬 遼太郎 (講談社文庫)
宮本武蔵 一乗寺の決斗 [DVD]
宮本武蔵・石森章太郎

●ページトツプに戻る
心身皆伝ホーム
武芸書房トップ
 ⇒武器技系武道
  ⇒剣道
  ⇒剣術・古武道・居合・刀剣
  ⇒なぎなた・杖・その他
 ⇒組み技系武道
  ⇒柔道
  ⇒合気道
  ⇒レスリング・その他組技
 ⇒兵法・武芸古典・資料
  ⇒日本の兵法・武道古典
  ⇒中国の兵法・古典
↓ウキペディアで調べる。
宮本武蔵五輪書二天一流
山岡鉄舟一刀正伝無刀流北辰一刀流
不動智神妙録兵法家伝書新陰流
沢庵宗彭
◇宮本武蔵に関する事項(*三省堂 大辞林より)
 みやもと-むさし 【宮本武蔵】
(1584-1645) 江戸初期の剣豪。美作(ミマサカ)の人という。名は政名,号は二天。諸国を修業して二刀流を創始し,吉岡清十郎・佐々木小次郎を破ったことで名高い。水墨画をよくした。水墨画「枯木鳴鵙(ゲキ)図」,著「五輪書」

 ごりんのしょ 【五輪書】
兵法書。宮本武蔵著。五巻。1643年頃成立。五輪すなわち地・水・火・風・空になぞらえて五部に分け,兵法の奥義を述べる。

 にてん 【二天】
宮本武蔵の法名。
 にとう-りゅう -タウリウ [0] 【二刀流】
(1)左右の手に一本ずつの刀を握って戦う剣術の流派。宮本武蔵の創始したもの。
→二天一流

 にてん-いち-りゅう -リウ 【二天一流】
剣術の一派。祖は宮本武蔵。初め円明(エンミヨウ)流と称したが,武蔵五〇歳代,江戸滞留中に二刀一流と改称し,さらに晩年,肥後に至ってこの名称に改めたもの。二刀を用いたので俗に二刀流ともいう。

 しんとう-むそうりゅう -タウムサウリウ 【神道夢想流】
杖術・棒術などの一派。夢想権之助(本姓,平野)勝吉が宮本武蔵に敗れて発奮し,杖の用法を考案したという。黒田藩に伝承した。


ささき-こじろう -コジラウ 【佐々木小次郎】
(?-1612) 江戸初期の剣客。岸柳(巌流)と称した。燕返しの剣法を案出。船島(巌流島)で宮本武蔵と試合し,敗死。
(*以上:三省堂 大辞林より)

2・剣と禅、山岡鉄舟、柳生新影流

電光影裏に春風を斬る!
剣と禅の修業から得た悟り・・・
波乱の幕末、明治を生きた大人物。山岡鉄舟!



千葉周作遺稿 (武道名著復刻シリーズ (14))

山岡鉄舟 剣禅話(タチバナ教養文庫)
剣禅話(現代人の古典シリーズ 9)
鉄舟随感録
山岡鉄舟
山岡鉄舟 幕末・維新の仕事人(光文社新書)
山岡鉄舟の武士道(角川ソフィア文庫)
山岡鉄舟 (禅ライブラリー)
禅と武士道―柳生宗矩から山岡鉄舟まで (ベスト新書)
山岡鉄舟(大森 曹玄)
人生に“定年”はない―山岡鉄舟・清水次郎長に学ぶ
最後のサムライ山岡鐵舟
活人剣 山岡鉄舟
春風無刀流−小説 (文春文庫)
春風を斬る―小説・山岡鉄舟(神渡 良平)

剣と禅、沢庵和尚、他



兵法家伝書―付・新陰流兵法...岩波文庫
不動智神妙録 現代人の古典シリーズ 7
負けない奥義  柳生新陰流宗家が教える最強の心身術 (ソフトバンク新書)
柳生新陰流を学ぶ―江戸武士の身体操作 (剣道日本)
正伝新陰流 柳生 厳長
禅と悟り、さて?―中国の禅・日本の禅、芸道・武道・近現代における悟り



●ページトツプに戻る

やまおか-てっしゅう ヤマヲカテツシウ 【山岡鉄舟】
(1836-1888) 幕末・明治の政治家・剣術家。江戸の人。 通称,鉄太郎。千葉周作の門人,無刀流を創始。 戊辰戦争の時,勝海舟の使者として,勝と西郷隆盛の会談を周旋, 江戸開城に尽力。維新後,明治天皇の侍従。

むとう-りゅう -タウリウ 【無刀流】
剣術の一派。祖は山岡鉄舟。一刀正伝無刀流。

けんぜん-いっち [1] 【剣禅一致】
〔沢庵(タクアン)和尚の「不動智神妙録」にある語〕

ふどうちしんみょうろく -シンメウロク 【不動智神妙録】
沢庵宗彭(ソウホウ)の仮名法語。柳生宗矩(ムネノリ)のために,禅の教えや人生への心構えなどを説いたもの。 剣道の究極の境地は,禅の無念無想の境地と同じであるということ

やぎゅう-りゅう ヤギフリウ 【柳生流】
剣術の一派。柳生宗厳(ムネヨシ)が創始したもの。江戸時代に盛んに行われた。柳生新陰流。

やぎゅう-むねよし ヤギフ- 【柳生宗厳】
(1527-1606) 戦国・安土桃山時代の剣客。柳生新陰流の祖。大和柳生の人。号は石舟斎。上泉(カミイズミ)秀綱に新陰流を学んで奥義を極め,柳生新陰流を創始。筒井順慶・三好長慶・織田信長らに仕えた。1594年徳川家康に見出だされて以来,徳川に仕えた。

やぎゅう-むねのり ヤギフ- 【柳生宗矩】
(1571-1646) 江戸初期の剣術家。大和柳生藩祖。但馬守。宗厳の子。徳川家康に従い,関ヶ原の戦いに活躍。また,徳川秀忠に柳生新陰流を教授した。1632年総目付。

(*以上:三省堂 大辞林より)


『兵法家伝書』は、江戸幕府3代将軍・徳川家光のために将軍家兵法指南役・柳生宗矩が確立した柳生新陰流(江戸柳生)の兵法思想を記した武道書である。
「進履橋」「殺人刀」「活人剣」の三部構成になっており、「進履橋」のみ、流儀を極めた者に対し、相伝の印として授ける目録となっているが、基本的には「家を出でざるの書也」とされ、柳生家の秘書とされている。その内容は、全体を通じて心法の重要性を説いたものになっており、「活人剣」「大なる兵法」「治国平天下の剣」「平常心」「無刀」「剣禅一致(あるいは剣禅一如)」など後の武道に影響を与えた概念が提示されている。

(*以上ウキペディアより)

3・武士道、葉隠、山鹿素行


武士道「BUSHIDO: The Soul of Japan」新渡戸稲造著、原文は英文で書かれた。(1900:明治33年)
武士道 (岩波文庫)
現代語訳 武士道 (ちくま新書)
武士道 (講談社バイリンガル・ブックス)
図解 武士道がよくわかる本
武士道 (ワイド版 岩波文庫)
武士道―文武両道の思想



葉隠:江戸中期の武士道書、肥前佐賀藩士・山本常朝著(1716:享保元年の作)。
葉隠 上 (岩波文庫 青 8-1)
葉隠 中 (岩波文庫 青 8-2)
葉隠 下 (岩波文庫 青 8-3)
葉隠 (講談社学術文庫)
対訳 葉隠
英文版 葉隠 - Hagakure: The Book of the Samurai


山鹿素行:江戸前期の兵学者、山鹿流軍学の祖。著書は”武教本論””武家事記”など。
山鹿素行の思想
図説 戦国兵法のすべて―孫子を超えた最強の策略「山鹿流兵法」 (PHP文庫)
武士道の倫理―山鹿素行の場合


武道初心集:武士の心構えを書いた書、大道寺友山著(1716〜1735ごろの作)
武道初心集を知る
武道初心集 (岩波文庫 青 29-1)

●ページトツプに戻る
にとべ-いなぞう -イナザウ 【新渡戸稲造】
(1862-1933) 思想家・教育者。岩手県生まれ。札幌農学校卒業後,米・独に留学。京大教授・一高校長・東大教授・東京女子大学初代学長を歴任。また,国際連盟事務局次長を務め国際的にも活躍,キリスト教徒として世界平和のために尽くす。著「武士道」(英文),「修養」「農業本論」など。

はがくれ 【葉隠】
武士道論書。一一巻。佐賀鍋島藩士山本常朝口述,同藩士田代陣基(ツラモト)筆録。1716年頃成立。鍋島藩を中心とした逸事・逸聞を一貫した尚武思想で説く。「武士道と云は,死ぬ事と見付たり」の一節が有名。葉隠聞書。葉隠論語。鍋島論語。

はがくれ-ぶし [5] 【葉隠武士】
〔「葉隠」を武士の修養書としたことから〕 佐賀鍋島藩の武士。

やまが-そこう -ソカウ 【山鹿素行】
(1622-1685) 江戸前期の儒学者・兵学者。会津の人。江戸に出て朱子学・甲州流軍学,歌学・神道などを学ぶ。武教的儒学によって諸大名らに支持されたが,朱子学を排斥し古代の道への復帰を説いた「聖教要録」の筆禍で赤穂に配流。配所で「中朝事実」を著した。他に著「武家事紀」「山鹿語類」など。

やまが-りゅう -リウ 【山鹿流】
軍学の一派。祖は山鹿素行。


だいどうじ-ゆうざん ダイダウジイウザン 【大道寺友山】
(1639-1730) 江戸前期の兵法家。名は重祐。別号,知足軒。越前藩士繁久の子。北条氏長に甲州流兵法を学び,浅野・越前松平家に寄遇して兵法を講じた。著「岩淵夜話」「落穂集」

(*以上:三省堂 大辞林より)


4・軍法


新陰流軍学『訓閲集』―上泉信綱伝
戦国武士の心得―『軍法侍用集』の研究
武家戦陣資料事典
無敵・武田軍法の研究―「甲陽軍鑑」
甲陽軍鑑現代人の古典シリーズ
図説 日本戦陣作法事典
甲陽軍鑑現代人の古典シリーズ



●ページトツプに戻る


こうようぐんかん カフヤウ- 【甲陽軍鑑】
江戸初期の軍学書。二〇巻。武田信玄・勝頼二代の事績・軍法・刑法を記したもの。高坂昌信の遺稿に仮託して,小幡景憲が編。

おばた-かげのり ヲバタ- 【小幡景憲】
(1572-1663) 軍学者。甲州流軍学の祖。通称,勘兵衛。徳川秀忠に仕えた。門弟に北条氏長・山鹿素行ら多数がいる。「甲陽軍鑑」を増補集成。

(*以上:三省堂 大辞林より)


5・武家資料その他

武道秘伝書 (現代人の古典シリーズ 5)
「兵法家伝書」(柳生宗矩)、「不動智神妙録」(沢庵)、「一刀斎先生剣法書」(古藤田弥兵衛)、「五輪書」(宮本武蔵)、「常静子剣談」(松浦静山)、「天狗芸術論」以上6つの古典から抜粋



家訓集 東洋文庫
中世武家の作法 (日本歴史叢書)
武家儀礼格式の研究
武家の女性 (岩波文庫 青 162-1)
武家家法 I (中世法制史料集 3)
武家の棟梁の条件―中世武士を見なおす (中公新書)
武家家訓・遺訓集成
戦国武士事典―武家戦陣作法集成 (1969年)
日本の剣術―連綿と受け継がれた武士の心と技、その秘伝を一挙公開! (歴史群像シリーズ)
日本剣道の歴史 英訳付き
日本の古武道
武道伝書を読む・日本武道館
英文版 天狗芸術論 - Demon's Sermon on the Martial Arts 古武道文献集 (1969年) (稀本叢刊〈第1巻〉)
古武道文献集〈続〉 (1971年) (稀本叢刊〈第2巻〉)
兵法未知志留辺拾遺―古武道文献 (1972年) (稀本叢刊〈第4巻〉)

図解 日本刀事典―刀・拵から刀工・名刀まで刀剣用語徹底網羅!!
備前岡山藩の弓術―吉田家御奉公之品書上より
日本武道全集〈第3巻〉弓術・馬術 (1966年)


●ページトツプに戻る

ほうじょう-しげとき ホウデウ- 【北条重時】
(1198-1261) 鎌倉前期の武将。義時の子。極楽寺殿とも。兄泰時を助けて六波羅探題・連署を務めた。「重時家訓」は武家家訓の初源。極楽寺を創設。

ほうじょう-そううん ホウデウサウウン 【北条早雲】
(1432-1519) 室町後期の武将。後北条氏の祖。初め伊勢新九郎長氏と称し,出家して早雲庵宗瑞と号す。駿河の今川氏を頼って次第に頭角を現した。のち堀越公方(足利茶々丸)を倒して伊豆韮山(ニラヤマ)に進出,小田原を本拠として南関東制覇の基礎を築いた。家訓に「早雲寺殿廿一箇条」がある。

あずまかがみ アヅマ- 【吾妻鏡・東鑑】
鎌倉幕府の事績を記した編年体の史書。五二巻。鎌倉幕府の編纂になるといわれる。1180年(治承4)から1266年(文永3)までを収める。幕府の公用記録のほかに,「明月記」などの公家日記や古文書類を引用史料として編まれ,変体漢文で記されている。わが国最初の武家記録。

あさくら-としかげ-じゅうしちかじょう -ジフシチカデウ 【朝倉敏景十七箇条】
朝倉敏景(孝景(タカカゲ))の制定した家訓。家臣団の統制・人材登用・節約・民政の心得など一七条の規定よりなる。制定年代は未詳。「朝倉孝景条々」「朝倉英林壁書」とも

いまがわ-じょう イマガハジヤウ 【今川状】
〔正しくは「今川了俊対□愚息仲秋□制詞条条」〕 家訓。一巻。今川了俊が自らの養子である弟の仲秋に対して遺(ノコ)した訓戒書。1630年,「今川帖」として刊行されて以来広く普及し,近世の児童教育に多大の影響を与えた。今川壁書。

(*以上:三省堂 大辞林より)




戻る
心身皆伝心身皆伝武芸書房兵法書 ・武芸の古典関係の本 >日本の兵法・古典↑|