ホームヨガの心身操法基本ヨガポーズ >頭を膝につける前屈のポーズ(ジャーヌシルシアーサナ )

lesson ヨガポーズの実習「頭を膝につける前屈のポーズ」

頭を膝につける前屈のポーズ(ジャーヌシルシャーサナ)
ジャーヌシルシアーサナは、長坐から片膝を曲げて外に開いた姿勢で前屈するヨガポーズです。
頭を膝につける前屈のポーズ(ジャーヌシルシャーサナ)

1  両足を伸ばして座り(長座)、右足を曲げ、
踵を太ももの付け根につけます。

2 両手で左足のつま先をもちます。
とどかない方は足首などをもちましょう。

頭を膝につける前屈のポーズ(ジャーヌシルシャーサナ)

3 息を吸い、背を反らせ、つま先を引き、
アキレス腱から、脚の裏を充分伸ばしましょう。

4 息を吐き出しながらゆっくり前屈していきます。
左膝が曲がって浮きあがらないようにします。

後ろへ開いた右膝も、床についているのを確認しましょう。

左つま先を持った腕の肘はだんだん外へ開き床につくようにします。

頭を膝につける前屈のポーズ(ジャーヌシルシャーサナ)

5 お腹を左太ももへつけましょう。

額を左膝につくようゆっくりと前屈していきます。

6 曲がらないところまできたら、吐く息で、体の力を抜いていきます。

余分な緊張が体を固くしていたことに気づきましょう。
体がさっきより前屈できます。

7 額が膝につく方は、鼻、あごとつける場所をうつし、
背骨を伸ばす
ようにしていきます。

頭を膝につける前屈のポーズ(ジャーヌシルシャーサナ)

そこで静かな呼吸でポーズを維持しましょう。
体の中、特に背中の中を観察して下さい。

8 息を吸い、顔をあげ、上体をあげましょう。
そこでいったん 3 のつま先を引き背を反らせる姿勢をとり
手を離し、左の前屈を終えます。

*右の前屈も同様にして行なって下さい。

左右交互にポーズを繰り返したあと、
シャバアサナ(くつろぎのポーズ)で仰向けに寝て、
ヨガポーズの効果を心身に行き渡らせましょう。

ヨガアサナ・データ

 「ポーズの名前」
訳:頭を膝につける前屈のポーズ
音:1 ジャーヌシルシャーサナ
  2 ジャヌシラーサナ
意味:ジャーヌ=膝
   シルシ=頭

 「ポーズの分類」 
坐るポーズ、前屈系ポーズ

「関連リンク」
長坐前屈のポーズ
坐るかたち(色々な坐法)


「セットプログラム」
このヨガポーズと組み合わせてみましょう。
・反対に背を反らせる⇒魚のポーズ

 「ここに効く」
1 背骨、脚腰を柔軟にし姿勢をよくします。
2 腎臓・前立腺などに良い効果のあるヨガポーズです。

戻る

【免責】この心身皆伝で紹介する操法は、ご自分の責任において無理無く注意深くおこなって下さい。
当サイト『心身皆伝』は自分の心身を自分の行動で変えていくヒントを紹介するサイトです。
効果、結果に対する一切の責任は負う事は出来ません。
活用、その効果はあなた次第です。



ホームヨガの心身操法基本ヨガポーズ >頭を膝につける前屈のポーズ(ジャーヌシルシアーサナ )

ヨガコンテンツ

ヨガコンテンツ

ヨガポーズの本





PR

PRリンクヨガ専門店ヨガピース
PRリンク30分フィットネス「カーブス」
PRリンクホットヨガスタジオ L A V A