ホームヨガの心身操法基本ヨガポーズ >長坐前屈のポーズ(パッシモッターナアーサナ)

lesson ヨガポーズの実習「長坐前屈のポーズ」

長坐前屈のポーズ(パッシモッターナアーサナ)
パッシモッターナアーサナは脚を伸ばして座り、上体を前に倒し体の背面を伸ばすヨガポーズです。

1  脚を伸ばして長坐になります。
腰を立て、背中が丸まらないよう背筋を伸ばしましょう。
アキレス腱や膝は伸ばしたいのですが、最初は緩めていてもかまいません。
手のひらか指先を体の横の床へつき、呼吸を整えます。

長坐前屈のポーズ(パシチマターナアサナ)・ヨガアサナ


2 足先に手が届く方は、指先で足の親指を持って下さい。
届かない方は膝や足首をつかむようにします。
少しづつ時間(年月)をかけて、足先に手が届くようにしていきましょう。
長坐前屈のポーズ(パシチマターナアサナ)・ヨガアサナ

3 つかんだ足先を、両手で引くようにし、 息を吸いながら上体を弓のように反らせます。

長坐前屈のポーズ(パシチマターナアサナ)・ヨガアサナ

5 息を吐きながら、上体を腰から前に倒していきます。
(できる範囲で、痛くない程度を確かめながら、姿勢をとる事をこころみて下さい)

体を丸めないように、上体を反らせた姿勢を維持します。
へそを太もも(大腿部)に、近づけるようにします。

両腕は肘を曲げ、床につけていきます

長坐前屈のポーズ(パシチマターナアサナ)・ヨガアサナ

『頭から脚へ近づけるのではなく、上体の下部(へそ)から近づけていきましょう。』

6 無理のない所で止め、呼吸を整えます。
最後、吸う息で体を起こし、吐く息でリラックス。
これを2〜3回、自分のペースでおこなって下さい。

ふだん縮みがちな、膝裏が気持良く伸ばされていきます。

腰の後ろから背中に良い刺激が伝わります。

腹部の脂肪を取る。また腎臓の調子を整えるポーズとされています。

ヨガアサナ・データ

 「ポーズの名前」
訳:背面を伸ばすポーズ
音:1 パシチマターナアサナ
  2 ポッチムターナサナ
意味:体の後ろを伸ばす
   パスチマ=西⇒背面
ウッターナ=強く伸ばす

 「ポーズの分類」
坐法系+前屈系

 「関連リンク」
頭を膝につける前屈のポーズ
開脚前屈のポーズ
坐るかたち(色々な坐法)

 「セットプログラム」
このヨガポーズと組み合わせてみましょう。
・反対に前面を伸ばす⇒体の前面を伸ばすポーズ
・伝統健康法の視点で⇒ヨガと真向法

 「ここに効く」
1 内臓、(腎臓、心臓)
2 背骨、腰、膝裏。
3 お腹の脂肪を取る


戻る

【免責】この心身皆伝で紹介する操法は、ご自分の責任において無理無く注意深くおこなって下さい。
当サイト『心身皆伝』は自分の心身を自分の行動で変えていくヒントを紹介するサイトです。
効果、結果に対する一切の責任は負う事は出来ません。
活用、その効果はあなた次第です。



ホームヨガの心身操法基本ヨガポーズ >長坐前屈のポーズ(パッシモッターナアーサナ)

ヨガコンテンツ

ヨガポーズの本





PR

PRリンクヨガ専門店ヨガピース
PRリンク30分フィットネス「カーブス」
PRリンクホットヨガスタジオ L A V A