ホームヨガの心身操法基本ヨガポーズ >うさぎのポーズ(ササンガーアサナ)

lesson ヨガポーズの実習「うさぎのポーズ(ササンガーアサナ)」

ヨガアサナ、ササンガアーサナをしてみましょう。
兎(うさぎ)のポーズ:ササンガアーサナは、
正坐から前屈し頭を床につけお尻を上げるヨガポーズです。

 1 正坐で座ります。
両足先は重ねないようにし、体の左右,前後のバランスを整えましょう。
息を吐きながら前屈し、両手で左右それぞれの踵を持ち、額を床につけます。
ここで一息吸って〜
うさぎのポーズ(ササンガアーサナ)

2 次に息を吐きながら、
(息を吐いて動作すると体に無理をかけません。”沖ヨガ式”)お尻をゆっくり上げて行きましょう。
額から頭頂部へ接地点が転がり移動します。
(*頭、首に体重がかかり過ぎないように気をつけて下さい。)
お尻を天井に向けたら、ポーズを維持。
静かに呼吸を繰り返します。
頭頂の刺激、逆さになった感覚、背中・腰の伸びなど感じて下さい。
うさぎのポーズ(ササンガアーサナ)
最後に息を大きく吸い〜、肛門、あごを締め、
息を吐きながらお尻を下ろし、手を離しリラックス。

以上、ヨガアサナ、
うさぎのポーズ(ササンガアーサナ)レッスンでした。

ヨガアサナ・データ

「ポーズの名前」
和名:うさぎのポーズ
   
原名:ササンガーアサナ
   ササンガ=兎

 「ポーズの分類」
座ったポーズ>前屈系+逆立ち系

 「セットプログラム」
うさぎのポーズと次のヨガポーズを
組み合わせてみましょう。

ラクダのポーズ
鋤のポーズ



ここに効くうさぎのポーズ

1 腰、背中を柔軟にし、背骨を整えます。
2 痔の改善に効果があります。
3 甲状腺の機能を活発にします。
4 お尻・背中のひきしめ効果があります。
5 頭・眼にいいポーズです。

6 この兎のポーズは、逆立ちのポーズ(シルシアサナ)の
準備段階ともなります。

戻る

【免責】この心身皆伝で紹介する操法は、ご自分の責任において無理無く注意深くおこなって下さい。
当サイト『心身皆伝』は自分の心身を自分の行動で変えていくヒントを紹介するサイトです。
効果、結果に対する一切の責任は負う事は出来ません。
活用、その効果はあなた次第です。



ホームヨガの心身操法基本ヨガポーズ >うさぎのポーズ(ササンガーアサナ)

ヨガコンテンツ

ヨガポーズの本





PR

PRリンクヨガ専門店ヨガピース
PRリンク30分フィットネス「カーブス」
PRリンクホットヨガスタジオ L A V A