フィールドノート 2000 タイトルロゴ

祝!2001年解禁 FLY FISHING in E川(宮城県)

日時 2001/3/10
天候
気温 3℃
水温 2℃〜3℃
ハッチ ユスリカ、ミッジが少し
使用フライ ミッジピューパ、ミッジラーバ、ミッジアダルト、グリフィスナット、フェザントテイルニンフ
水況 水量少なめ

3月10日(土)、2000年の記念すべき初釣行に行ってきた。
2月の末のスキーで肋骨を骨折してしまったため、釣り歩くことはできないので一カ所で楽しめる場所を選んだ。 その場所は名取川水系E川堰堤。
 この堰堤の昨年同時期の状況では雪代でヤマメが落ちてきて、水温が安定して午前中は激しいライズが見られたとのと。 期待を胸に堰堤に向かった。
駐車スペースに着いたがそこにはまだ残雪が・・・
3月と言って気温も2℃とまだまだこの辺の春は遠い。 動かずともこの寒さは肋骨が折れた箇所にシクシクと痛みをもたらす。 いつもより厚手の装備をして堰堤下プールに入るがまだハッチももなく魚の気配を感じなかったので10:00まで車で待つことに。

10:00を回ると日も高くなり気温も上がってきた。
再びプールへ行くとわずかながらユスリカのハッチが確認できた。
#20のミッジピューパを魚の着いていそうな沈み石の回りに落とすが全く反応無し。
それならとミッジラーバを沈めてみる・・・反応無し。
#18のフェザントテールニンフを沈めてみる・・・・反応無し。
やはりまだ活性が低く、動きが悪いのか。
12:00ぐらいから雪が激しく降りだし、風も厳しくなってきた。
釣れないし寒いで、私の活性がかなり低下してしまい、この日はここで納竿。 早春の釣りはそう甘くはなかった・・・
やっぱり春先の釣りは寒くてやだね〜(根性無しと呼んで下さい(^_^;))
 帰りがけにNO川でやっていた、中村さん、川崎さん、南城君に会った。 こんなに寒いのにみんな釣りバカだね。


1つ前に戻る ホームへ 次へ進む