フィールドノート 2000 タイトルロゴ

FLY FISHING in M川(山形県)
日時 2001/3/20
天候
気温 13℃
水温 5℃〜6℃
なし
ハッチ ミッジが大量、クロカワゲラ
使用フライ ミッジピューパ、ミッジアダルト、グリフィスナット、クロカワゲラアダルト
水況 雪代少々

3月20日(火)、飛び石連休の最終日、友人の高村さんと山形県村山のM川に行って来た。
高村さんはアメリカ出張帰りで久々の釣行だ。
ここは高村さんの情報で昨年春先に良かったとのことなのだが・・・。
入渓10:00、川まではまだゆき深く、歩くのが大変だ。 冬の間の運動不足の体には結構こたえる。

雪の残るM川
雪の残るM川

早速目の前にいかにも春先にライズがありそうなプールがあり、ミッジも大量にハッチしている。
が、ライズは全くなし。 やはり低水温の影響で活性が悪いのか。 今までの経験(たいして無いが)で魚が付いていそうな場所を一通り攻めるがまったく反応無し。
魚の気配を全く感じない。 魚がいないんじゃない?

しかし12:00を回るとライズはないもののフライには反応が出てきた。
良かったパターンはクロカワゲラアダルト半沈バージョン。 反応はあるもののフッキングには至らず。
春先で魚が水面の餌を捕食するのがへたなのか、私の腕が悪いのか(絶対こっちだね)
ニンフで攻める高村さんもやはり反応が悪い。

2人とも釣れぬまま最終ポイントに堰堤下プールまで来てしまった。
堰堤の流れ出しに立ってプールに向かって反応のいいパターンをキャストするが反応なし。 高村さんのニンフにも反応なし。
もう止めようかと思った矢先、「ピシャッ」と素早いライズあり! しかし例によってフッキングできず。
プールのど真ん中の沈み石から出てきたようだ。 こいつにロックオン!

今シーズンの初ヤマメ
今シーズンの初ヤマメ

ちょっと間をおいて同じレーンを流すがなかなか出てこない。
半分ヤケになって沈み石の反対側のレーンにフライを乗せたら一発で出ちゃいました!
引きが結構強かったので「もしかして早くも尺上か!?」と思ったがやはり現実はそう甘くない。
ネットに収まったのは6寸ほどの尾ビレがきれいなヤマメだった。 今シーズン初のヤマメだけにうれしかった。
この一匹であきらめ付いたのでここで納竿。

後日談
あの堰堤では数年前に人が堰堤上から落ちて亡くなったそうだ。
出るというもっぱらの噂で、夏のイブニングでは絶対に入らないポイントらしい(^_^;)

後々日談
今回釣った鰭ピンヤマメの写真がFlyRodersという雑誌の7月号に載ってしまった。
他の投稿写真は大きな魚ばかりだったのでちょっと恥ずかしい気も・・・


1つ前に戻る ホームへ 次へ進む