フィールドノート 2000 タイトルロゴ

FLY FISHING in 寒河江川C&R区間(山形県)
日時 2001/5/23
天候
気温 27℃
水温 13℃〜14℃
微風
ハッチ 目立ったハッチなし。
使用フライ ソラックスダン、クリップルダン、パラダン、エルクヘアカディス、ホワイトウルフ各#12〜#16
水況 水量多め前々日の雨の影響)

今回は大井沢C&R区間を釣ってきた。
同行者は釣り仲間の友人である三浦さん。 三浦さんは大井沢に結構通っていてどこに魚が付いているのか把握しているそうだ。
いい釣りができそうな予感(^_^)
ちなみにこの三浦さん、「山形県渓流釣り協議会」の事務局を担当しているので山形県の漁協や行政の内部事情に詳しい方でいろいろ参考になるお話を聞くことができた。 ここでの話はまた別の機会に紹介したいと思う。

大井沢に着いたのはだいたい13:00頃、ざっと川を確認、前々日に雨のためか水量が多く白波が立っている。
 ちょっと厳しいかも。
 すでに川では数名のフライフィッシャーがロッドを振っている。 土曜にしては人が少な目で山の家前のポイントに2〜3人ぐらいしか入っていない。
ポイントを見て回った後、腹が減ったので昼食をとった。 加登屋さんの山菜そばはかなりおいしく特に月山竹の入ったそばつゆがうまい。 かなりおすすめ。

昼食後14:00ぐらいから入渓したが、やはり水量が多くいつも魚が入っているポイントは厳しいと三浦さん。
水温はなかなかいい感じだが虫がほとんど飛んでいない。
夕方になれば何らかのハッチもあるだろうと期待。
三浦さん教えてもらったポイントを攻めるがなかなか出ない。 三浦さん本人にもなかなか一匹が出ない。
流れが強すぎるのだろうと浅めの瀬を流した三浦さんに初ヒット。 25cmほどのイワナでした。

普通の川ならなかなか良い型と思うところだがここは大井沢C&R区間、もっと大物が釣れるはずなのだ。
 私も結構岸よりに流れ出し脇のレーンに#12のソラックスダンを流す。
 「ピチャッ」可愛いライズの音と共に24cmほどのイワナが顔を出した。 サイズはともかく、とりあえず一匹出たので一安心。
 でもしつこいようだがここは大井沢、G853が弧を描くようなもっとデカいのを釣りたい。
 この後もポイントを変え岸際の流れの緩いポイントを攻めると小型のイワナがポツポツと釣れたが大物がまだでない。
 というか大物は岸際の流れの緩いポイントになんか入っていないと思うのだが、いいポイントは流れが強すぎて釣りにならない。 (単に下手なだけだという声も・・・)

ここはイブニングに期待!
さてイブニングタイムに突入し、ハッチする虫もちらほらと出てきた。 でもちょっとハッチが少なすぎだ。 これじゃ魚も浮いてこない。
三浦さんの一番のおすすめポイントに移動しライズ待ち。 18:30を過ぎるとライズもできて、小型のイワナが釣れ出しました。
でも求める大物は未だその姿を見せず・・・ 19:30を過ぎるとさすがに辺りも暗くなりフライも徐々に見えなくなってきた。
三浦さん曰く「これからが本番!」 三浦さんも同じプールで良型のヤマメをヒットした。
一番のおすすめポイントの一番のポイントを譲ってもらい、ホワイトウルフをポイントへ。
「バシャ!!」ついにきたか〜!! ロッドがいい感じに弧を描く。
結果は・・・


1つ前に戻る ホームへ 次へ進む