茅ヶ崎市最高峰登頂記01 辻堂駅下車



茅ヶ崎市の最高地点はどこか茅ヶ崎市役所に聞いてみたところ、赤羽根地区のあたりとの事だった。国土地理院の地図を見ても赤羽根地区の藤沢市との境、大庭台墓園(藤沢市)のあたりに55mの表示がある。茅ヶ崎市には等高線50mを越える場所が殆ど無く湘南カントリークラブと芙蓉カントリークラブの間大庭台墓園のあたりが等高線50mの高台になっているようだ。ともかく行ってみる事にした。そして辻堂駅西口に降りたった。西口は2010年現在、南北出口と違って未だ改修前で後回しになっている。


駅前を見てみると右後方にまっすぐ伸びている道を歩く事にする。この道は藤沢市と茅ヶ崎市の境界線に沿って走っている。辻堂駅は藤沢市だが信号の先は茅ヶ崎市なのだ。





辻堂駅の北は2010年現在広々と整地されて開発を待っていた。ただし、ここは藤沢市になる。


ひたすら直進していくと芙蓉カントリークラブの網が見えてきた。現在のところ見晴らしも良いので、このゴルフ場の網を目指しても大間違いは無い。



その内に東海道に突き当たる。方向的には真っ直ぐ行きたいのだが道が無いので、ここでいったん右に曲がり藤沢市にはいる。


するとすぐに左に入る道がある。大山街道入口の案内があるのですぐ判る。


この細い道を入って赤羽根の最高地点を目指す事にする。