鎌倉市最高峰大平山登頂01 横浜市境



市境石を過ぎてから鎌倉らしい切り通しに出会う。大きな荷物類は通り抜けが出来ない本物の切り通しである。


進行方向右の眼下を見下ろせば第一横浜霊園が尾根道のすぐ下までせり上がっていた。


再び切り通しがあった。今回は下に突き出た2つの岩で馬さえさえぎろうという鎌倉の道である。



平和な世の中でこれは自然に倒れたものであろう。ここで完全に馬はストップだが、人間なので木の下をくぐって先に進む。


鎌倉霊園への道が左にのびている。道の左手は鎌倉で右手は横浜なのだ。



歩みは進んだのだが巨大な第一横浜霊園はまだ追いかけてきていた。後方は横浜市環境事業局栄工場。


このあたりから道は非常に狭くきつくなる。横浜の市民の森の道は整備されていて歩きやすかったが、このあたりは野趣たっぷり。イノシシでも小熊でも出てきそうな雰囲気である。


そのうちに二又路に天園を指し示す標識があったが文字が多くて理解に時間を要した。