Q&A

         
コーナー名の通り、質問コーナーです(^^ゞ
色々な姿の梅村さんを紹介できたらなぁ…と思ってます。

こんな事も知りたいっっ!という質問がありましたら、どしどしメールでお知らせ下さい。
お待ちしております。

忙しい中、答えてくださった梅村さん、本当にありがとうございました(^^)。

『エリザベート』編 (2000.7.7)

『エリザベート』を知ったのは?
昨年(1999年)の6月
『エリザベート』のオーデションを受けようと思ったのは?
友達からエリザベートの話を聞いていて、その役の中なら
マデレーネになりたいと素直に思ったから
オーデションに合格した時はどう思いましたか?
自分がマデレーネになれたかどうか
オーデションでのエピソードがあれば教えて下さい。
マデレーネになりたくて、オーデションを受けた私。
当日、私のムード・服装のイメージはマデレーネ。 でもそんなオーデションはどこにもない。
そこで、スタッフの人に「マデレーネになりたいんですけど…」と。
「あっ、トートダンサーで、受けて下さい」
「そっ、そんな…」
まわりを見わたすと、200人ほどいた人たちがみんなイメージはトートダンサーを作って、
ストレッチをしている。
何人かに聞くと、みんなトートダンサーになりたくて来ている。
とっても場違いな私…
結局最初の目的は少しの間忘れ、オーデションを受ける事にした。
9番というオーデション番号で。
大島先生のモダンの振りは、もちろん大変だったけど、
私はとっても気持ち良く、力を抜いて踊る事ができた。
感情を表現しやすい、本当に充実した時間だったかな。
結局、5人の女性が最終審査(JAZZ→モダン→バレエ→歌…)まで残り、 スタッフの人からこの中から3〜4人が合格しますので、後日連絡しますと…。
でも、心の中には、まだ「でも、私はマデレーネになりたいのに…」
数日後、一本の電話が…合格…「で、私は何役ですか?」
違った意味でドキドキハラハラしたオーデションでした。
お稽古で一番大変だった事は?
女官
「1人だけ、にくたらしくなく怖くない」といわれ、これはなかなか雰囲気がつかめなかった。
ここで岡田静さんに「どうしたら静さんみたいに怖くなれる」と尋ねたところ、
いろんな方法や姿勢を教えてくれた。
「しーちゃん、ありがとう」っていったとき「舞台が良くなるためなら何でも教えてあげる」って言われた時、 この人なんて素敵な人なんだろう、大好きだなと心から感じた。
マデレーネの役作りで特に意識している事はありますか?
娼婦
一番大切にしたいのは、ひとめみて「きれい」と瞬間に思われるような存在。
強すぎない、いやらしさ。