2001年の「エリザベート」。
今回からマデレーネは鈴樹葉子さんに変わりました。
葉子さんからメッセージなどを頂くことが出来ました。
ここに掲載したいと思います。




私だけの…私にしか演じることのできないマデレーネを創っている…。
毎公演、瞬間瞬間を大切に その時の気持ち を大切に…Stageに立って…
名古屋、大阪、博多…とまずっっ とにかくこのあついハートを益々熱くしてっっ!!
マデレーネとして…輝きたいなぁ(笑)。
マデレーネを演じることで…日常がなんだかいつも以上に男っぽくなっている私…。
舞台の自分と反対の自分がでてしまうらしい…。
(ちなみに…“マデレーネ”をやったあとの“ハス”のシーンはめちゃ男っらしい…
そのギャップを自分でも楽しんでいマース。)

2000年とちがうこと…
梅ちゃんとは やっぱり日常から全くちがうからネ…。
今、舞台に立っているあの“マデレーネ”として生きている時間…
お客様が受けているものが…
今回のマデレーネのすべてです。

とにかくっっ 女官もっっ!!もちろんマデレーネもっっ!!
舞台の上で あつ〜いハートで生きますっっ!!