超初歩的タナゴ釣り入門道具編
タナゴを釣るために必要なものと言えば、釣竿、仕掛け、釣り餌などです。
餌は別コーナーで紹介してますので、竿と仕掛けその他について触れてみたいと思います。
釣竿
ホソや湖岸を釣るタナゴ釣りに使う竿を長さは、90センチ〜1.8Mまでが一般的だと思います。
タナゴ専用のタナゴ竿と呼ばれる、竹製やカーボンの竿も販売されていますが、高価なもの
も多いので、まず最初は流用することで対応してみましょう。 例えば
自宅にヘラ竿や渓流竿は無いですか? 有ればそれでOKです。
必要な長さ分だけ下栓から抜いて使ってみてください。 釣竿が無いと言う方は
釣具屋さんで、小継ぎの小物竿1.8m【980円〜】やセール品の振り出し竿を入手しても
使えます。 何度かタナゴ釣りに行ってみてからタナゴ竿の購入を考えても見ても遅くないと思います。
仕掛け
タナゴ釣りは大きく分けるとウキ釣りと脈釣りの2つに分かれますが、今回は主流のウキ釣りの説明をさせて頂きます。タナゴの仕掛けには、ウキの下にシモリと呼ばれる仁丹位の大きさの目印が5〜12個ほど付いています。シモリが横に動いたり、落とし込み中に止まったり、小刻みに震えたり、ウキにアタリが出る前兆やウキにアタリが出ない魚信を捕らえるのに大きく役に立っているのがシモリです。このシモリが付いた仕掛けを準備するには、自作か購入するなどしなければいけません。
とりあえず、最初は出来上がった仕掛けを購入することをお勧めします。
大型釣具チェーン店などでメーカー製タナゴ仕掛けが380円〜700円で購入出来ます。
最初はこれで充分対応できると思います。専門店では1500円〜4000円程の手作り仕掛けも
販売されてます。感度や見た目は数段上ですが、こちらも数回のタナゴ釣りを経験してから購入を
考えて見ると良いかもです。小物釣りの仕掛けは作れそうだ!という方はM社から小粒目印が販売
されているので使って見るのも良いでしょう。
シモリのセット方法等は釣り方編で触れてみたいと思います。
タナゴ針の種類も触れてみたいと思います。
←M社から発売されている樹脂製のシモリ、道糸に通すだけでOK。
色は赤・黄色・白・混色・夜光・は確認済み。 
※仕掛けのコーナー、読んでみたら結局仕掛けを買えって・・・・・・