サルビア ガラニチカ

観賞用のサルビア、セージの代表選手とも言える品種。
シックなブルーが特徴的で、葉の緑と、がくの黒、花のブルーと
コントラストが素晴らしい。
性質は強健で、寒さ暑さ共に強い。花期も春から秋と長い。
塊根といわれる、芋のようなものをつくり越冬する。
鉢等に植える場合、他のセージに比べて分岐が少ないので、
小さな苗の状態の時から、ピンチを繰り返すと、枝が多くなる。
割とコナジラミがつきやすい気がする。

別名「メドウセージ」と言われているが、本来の「メドウセージ」は
別にあって、この品種は「メドウセージ」に関係は無い。
人間の間違いから別名が付いてしまった悲劇の品種。