サルビア・インウォルクラータ
別名 ローズリーフセージ

サルビア・インウォルクラータの別名が、「ローズリーフセージ」と言う。
このインウォルクラータには、蕾が穂状になるものと、丸型になるものがある。
どちらも同じインウォルクラータであり、ローズリーフセージだけれども、
特徴が違うので、あえて分けて説明しています。

こちらの蕾が穂状になる品種は、斜めに伸びる性質があり、茎も太い。
花期は夏から秋あたり。
大きく蕾んだ穂状の蕾みは緑で、とても美しい。
耐寒性は弱い様子。