日本酒の飲み方

日本酒は世界的に見ても珍しい暖めて飲むことのできる酒です。今日では冷やして飲
むというスタイルが一般的になりましたが、燗をすればまた違った味わいを楽しむことが
できます。ここでは冷に合う酒・燗に合う酒、飲用温度の違いによる香りと味わいの変化
の説明をいたします。 また日本酒のカクテルや特殊な飲み方の提案と共に最適な
保存方法も案内いたします。

飲み方

日本酒を含めたお酒のほとんどが嗜好品であり、どれも飲んだ人がうまいと思えば飲み方のスタイルや温度は問わないのですが、製造の目的や成分の内容から見ておいしいと思われる飲み方を紹介いたします。

冷して飲んだほうがおいしい酒

吟醸酒・純米吟醸酒
しぼりたて・生酒・にごり酒
ワインタイプのお酒
吟醸酒は燗をすることによって多く含まれているクエン酸がバランスを崩してしまう。
ただ香味とも穏やかな吟醸酒はぬる燗でも楽しめます。
またしぼりたてはその特色であるフレッシュな風味を損なう恐れがあります。
ワインタイプのお酒は高めの酸と甘味が強調されすぎてしまいますが、低アルコールのもの
(ひめぜんなど)は熱くしてすだちを搾れば寒い日や風邪をひいた時などに体が温まります。


燗をしてもおいしい酒

普通酒
本醸造酒
純米酒(高い香りのないもの)
山廃純米酒・生酛純米酒
ひやおろし(半年熟成され、秋に発売される純米生詰酒)
これらの火入れをして熟成されたお酒は、成分中の乳酸とコハク酸が燗をすることによって独特の
うまみを出す。特に山廃純米酒・生酛純米酒・ひやおろしの中には、ぬる燗をすると味が一つにまとまり、
充分なうまみを持ちながら酒がまろやかになる酒があります。このような酒を「燗上がりする酒」と
言います。

個性的な飲み方

みぞれ酒
グラスに入れたお酒を冷凍室で凍らせ、飲む直前にほんの少し同じ酒を注ぎ混ぜ合わせれば
 シャー
ベット状になります。 なるべく濃醇なタイプの酒かワインタイプの酒が適しています。食前酒や清涼感
あふれる真夏の酒としてぴったり。

カクテル・ロック

     いつもと違う飲み方をしたいという方はカクテルやロックにしてはいかがでしょうか。また、しぼりたて
     やにごり酒の中にはアルコール度数の高いものがありますが、グラスに氷を一個落とせばアルコー
     ル度数の調整になり、香りもそれほど薄まらないのでロックに適しています。

カクテル

製法  (材料はなるべく冷えたものを使う)

サムライ

氷を2,3個入れたグラスの日本酒にライムジュースを注ぐ

ピンクロック

氷を2,3個入れたグラスの日本酒にクランベリージュースを注ぐ

ヴァンサンカン

日本酒にオレンジ・グレープフルーツ・レモンなどの柑橘系ジュースを混ぜ、果物を添える

トマトカクテル

日本酒と同量のトマトジュースを混ぜレモンを搾る

ロック

製法

カンロック

グラスの6〜7分目までクラッシュアイスを入れお燗した酒を注ぐ

ウメロック

氷を入れたグラスに日本酒を注ぎ、梅干を一個落とす


温度による香りと味わいの変化

ある新潟県の淡麗辛口の本醸造酒を例にしてみました。

温度 香り 味わい
5℃ 香りが弱まる 味がない
10℃ フルーツ系の香り 多少苦味があり、シャープな印象
15℃ 米の香り、フルーツ、木の香り 甘味・酸味・苦味のつながりが良く、味にまとまりが出る
20℃ 青リンゴ、木、湯葉の香り 程よい甘さでやさしく広がりある味わい
30℃ 青リンゴ、木、湯葉の香り 味わいがぼける
40℃ 青リンゴ、木、湯葉、アルコールの香り やや生ぬるい
45℃ アルコール、蒸した米・豆・栗の香り 穏やかで広がりある味わい
50℃ アルコール、餅の香り 力強い味わい
60℃ アルコールの香り アルコールが舌を刺す 熱燗好きに
70℃ アルコールの香り 温度が高すぎる


保存管理方法

日本酒はとてもデリケートなお酒で、特に温度・光・空気に敏感に反応します。次の事に気を付ければ劣化や変質を最小限に留め長期間保存をすることができます。

冷蔵庫に入れ、温度変化をできるだけ少なくする。
直射日光は厳禁。蛍光灯の光も紫外線を含むため避ける。理想は白熱灯。
飲み残した酒をしばらく保存する場合は、小瓶に移し変え瓶内の空気の量を少なくして
冷蔵保管をする。
家庭では冷蔵庫のスペースも限られているので(主婦にとって冷蔵庫の酒瓶は一番邪魔者らしい)、床下
収納庫か押し入れの一番奥が酒にとって居心地のいい場所になるでしょう。生酒やしぼりたては必ず冷
蔵庫での保管が必要です。

                            
ホーム 上へ