日本酒の種類1


日本酒の原料や製造方法の違いによる呼称、日本酒の製造方法や酒造りに関する独特
の単語を解説いたします。

       
◆特定名称酒                                                                 
特定名称酒とは、農産物検査法三等以上に格付けされた水稲うるち玄米を原料として造られた日本酒で、
精米
歩合が70%以下のもの。また醸造アルコールを原料の一部にするものについては、そのアルコールの
使用量が「白米の重量の10%を超えないもの」であること。それ以外の日本酒はすべて普通酒と呼ばれま
す。つまり特定名称酒は日本酒の中でも上質のものであると言う事ができます。

特定名称

使用原料

精米歩合 香味等の要件
大吟醸酒  米・米こうじ・醸造アルコール   50%以下 吟醸造り固有の香味、色沢が特に良好。
吟醸酒  米・米こうじ・醸造アルコール 60%以下 吟醸造り固有の香味、色沢が特に良好。
純米大吟醸酒 米・米こうじ 50%以下 吟醸造り固有の香味、色沢が良好。
純米吟醸酒 米・米こうじ  60%以下 吟醸造り固有の香味、色沢が良好。
特別純米酒 米・米こうじ 60%以下 香味、色沢が特に良好。
純米酒 米・米こうじ 70%以下 香味、色沢が良好。
特別本醸造酒 米・米こうじ・醸造アルコール 60%以下  香味、色沢が特に良好。
本醸造酒 米・米こうじ・醸造アルコール 70%以下 香味、色沢が良好。

       
◆その他の種類の日本酒

原酒  もろみをしぼったまま、アルコール度数調整のための加水をしていないお酒です。芳醇な味わいが特徴で、オンザロックにもってこいです。                                          
生酒 普通日本酒は、火入れ(加熱処理)して貯蔵され、熟成後びん詰めするとき、もう一度火入れしまが、一切火入れをしていないのが生酒です。加熱殺菌されてないないので、冷蔵庫に保管する必要があります。
生貯蔵酒 生酒と同じように加熱処理をしないで貯蔵され、びん詰めするとき一度だけ加熱処理されるのが生貯蔵酒です。生のまま貯蔵されるので、それだけ生の風味が生きている酒。                     
生詰酒 貯蔵酒とは逆に貯蔵する前に加熱処理をしてびん詰めするときには加熱処理しない酒。「ひやおろ し」はすべて生詰酒になります。                                                
生一本 単一の製造場のみで作られた純米酒。複数の製造場のお酒をブレンドした場合は表示できません。                                                                
樽酒 木樽に貯蔵されて独特の木香(きが)が付いた酒。樽の材料としては杉が使われる場合が多い。                  
にごり酒 醪(もろみ)を目の粗い布でこした白く濁った酒。これを加熱殺菌したものを「にごり酒」と 言い (火入れしていない生酒もある)、冷蔵庫で1年ほど熟成させるとまろやかになり、風雅な味が楽しめる。最近このにごり酒をシャンパン方式で瓶内2次発酵させた発泡性のにごり酒も人気がある。
ワインタイプ
のお酒
清酒酵母の変わりにワイン酵母を使った清酒。アルコール度数は低めで甘みと酸が強くワインのような香味が特徴。女性に人気が高い。
手造り 昔ながらのこしき(大型のせいろ)で米を蒸し、伝統的な手法で丹念に造られた米麹で仕込まれたお酒。          
古酒 醸造年度(毎年7月から翌年の6月まで)を過ぎたお酒を古酒と呼ぶが、一般的には現在出来た酒に対してその前年以前に出来た酒を表す。
秘蔵酒 古酒の中でも5年以上貯蔵し、熟成させたもの。                                           
造り
山廃
造り
天然の乳酸菌による乳酸発酵の過程を経た酒母を使用したお酒の造り方。麹や蒸米を櫂で摺りつぶす工程(酛摺り)を経たものが「生酛」、酛摺りをやめ麹の酵素で蒸米を溶解させる方式をとったものが「山廃酛」です。一般的には特有の風味を持ち、味に幅と厚みがあって熟成によりさらに味わいが深くなる酒質。

          
ホーム 上へ