不動産の達人サービス

  お勉強しましょ! 不動産売買
既存不適格物件

 「既存不適格物件」なんて、何ともイヤな名前ですよね。
認められていない存在のような感じがします。
 「既存不適格物件」とは、その建物を建築した時には合法だったものが、
その後の法改正などで的確性を欠いてしまったものの事をいいます。
当然ですが、将来の建替え時には、現状と同じ大きさや形状の建物を造ることは出来ませんので、
それを認識した上で購入する必要があります。
また、建ぺい率や容積率が大幅にオーバーしている物件については、
住宅ローンが借りられないことがありますのでご注意を。

戻る  HOME