不動産の達人サービス

  お勉強しましょ! 不動産売買
公図

      管轄法務局に備え付けられているもので、
    各筆の土地の位置、形状、地番、道路や隣地境界との関係などを把握することが出来ます。
    公図として取得できるものには
    1 17条地図
    2 土地台帳付属地図(いわゆる公図)
    の2種類があり、一般的にはこの2つの事を「公図」と呼んでいます。
     17条地図は国土調査法に基づいた高精度な調査・測量が完了した地域にのみ備えられており、
    調査・測量の信頼度や現地復元性が高いものですが、現状では少ない地域に限られます。
     地図に準ずる図面(土地台帳付属地図・いわゆる公図)の場合は精度が低いものが多く、
    あくまでも概略を知るのみにとどまります。
    必ずしも現地を正確に表示しているわけではありませんので、
    無条件で信頼するのは危険です。
    国土調査は地籍調査とも呼ばれており、地籍とは人でいえば戸籍にあたるものです。
  根拠となる法律 信頼性
17条地図 不動産登記法 信頼度高い
土地台帳付属地図 旧土地台帳法 概略のみ



戻る  HOME