前のページに戻る

コンクリート・モルタルの作り方

 

コンクリートやモルタルづくりはプロの仕事と思いこんでいませんか?セメント、砂、砂利を混ぜる割合と練り方のコツがわかれば、誰でも上手につくれます。

     

●材料
各種セメント ・砂・砂利

●道具
角スコップ・バケツ・練りクワ・防水シート・トロ舟

 

ミニ知識

■コンクリートとモルタルとノロの違い
それぞれ強度が異なり、用途に応じて使い分けます。

種類
作り方・説明
コンクリート セメントと砂と砂利を1:3:6の割合で混ぜ、水で練ったもの。強度が必要な場合は1:2:4にする。
モルタル セメントと砂を1:3の割合で混ぜ、水で練ったもの。コンクリートほどの強度はない。
ノロ セメントを水だけで練ったもの。強度はないがきめが細かい。



■必要量のコンクリート・モルタルをつくるには

つくりたいコンクリートやモルタルの量に応じて、「セメント」「砂」「砂利」の必要量を出します。コンクリートは砂利のぶんの量しか、モルタルは砂のぶんの量しかできません。注意しましょう。

(注意) コンクリートの場合、練るうちに砂利の間にセメントや砂が入ってしまうため、実際には砂利の分の量しかできません。同様に、モルタルも砂の分の量しかできません。

(例) 1m×1m×10cmのコンクリートをつくる場合
砂利
100L
20Lのバケツ5杯
50L
20Lのバケツ2.5杯
セメント
約17L
20Lのバケツ1杯弱

※必要なコンクリートの量  1m×1m×10cm=100L…20Lのバケツ5杯

(参考)セメント1袋(40kg=約25l)でつくれる量
コンクリート
約15L
20Lのバケツ7.5杯
モルタル
約75L
20Lのバケツ4杯弱

 

■道具の後始末
スコップやコテなど、使用した道具は、コンクリートが固まらないうちにバケツの水で洗います。セメントは水中でも固まるので流しや排水口に流さずに庭などに穴を掘って流し込みます。

 
 
 
コンクリート・モルタルの作り方

空練り

作りたい分量の砂をまずふるいにかけて不純物を取り除いてから砂とセメントをよく混ぜ合わせます。(空練りといいます。)
モルタルは砂とセメントを混ぜてから水を加えますが、コンクリートの場合はさらに砂利を加えてよく混ぜます。

水練り・完成
混ぜ終わったら、山をつくってヘコみをつくり、水が外にこぼれないように流し込んで水練りします。水は一度に加えずに少しずつ加えて練ることが上手につくるポイントです。
練り上がりの固さはスコップですくっても流れ落ちない程度にします。たたきのように、型枠に流し込む場合は、少しやわらかめにします。
 
コンクリートのたたき台の作り方

枠組み

テラスなどをつくる位置と高さを決めて型になる枠を組みます。枠は、15mmくらいの厚さのヨコ木を置いてヨコ木どうしをクギで打ちつけて止めます。次に枠の外側にクイを打ち込みます。

砂利を敷き詰め、固める
枠の内に大きめの砂利を敷きつめて、太めの角材でよくついて固めます。砂利の他に小さめの割りぐり石やブロックの破片などを入れてもよいでしょう。
※割りぐり石:基礎工事に用いる小さくくだいた石のことです。

コンクリートを枠に流し込む
コンクリートはやわらかめに練って枠に流し込みます。このとき、コーナーを角材や棒などで突きながら流していくと隅々まで流れ込むので空洞ができません。

 余分なコンクリートを取り除く
表面をコテでならして余分なコンクリートを取り除きます。次にホウキを水でぬらして掃きならしていきます。

乾燥させる
コンクリートは急速に乾燥させると割れたりヒビが入ったりすることがあるので、防水シートや段ボールをかぶせてゆっくりと乾燥させます。カーポートなどの場合は、1週間くらいは車を入れないようにします。

枠をはずす
完全にコンクリートが固まったら枠をはずします。枠がはずれない時は、木片をあててカナヅチで軽くたたいて枠をはずします。

モルタルを塗る
コンクリートの表面をモルタルで仕上げます。コンクリートの表面に水をかけてから、モルタルをコンクリートがかくれる程度にコテで下塗りします。次に厚めの上塗りをして水はけをよくするために少しこう配をつけておきます。

仕上げる
表面のコテムラが気になる場合は、モルタルの水がひきはじめたとき(約15分後)にホウキに水をつけてなでていくとザラついた感じになるのでコテムラが気にならなくなります。

ページトップに戻る 

Copyright (C)2000.Sakura_pl