★中川イサト

 今やフォークギターの大御所のような存在。古くは五つの赤い風船のギタリストとしてその名を刻み、その後も様々なレコード、ライブでその名を見ることが多い。URC時代から現在まで、その懐の広さから多くのアーティストと交友を結んでその世界を広げている。
 などといちおう堅苦しいことを書いてみたが、実際に意識して聞いたのは野沢師のCD発売記念ライブが初めてでした。それまでイメージと全く違って、イサトさんの奏でるギターは今風に言う「癒し系」の音でした。リバーブとコーラスをかなり強くかけてイサトさん独特の音を出しているようにも感じられます。ものすごく指を動かすテクニシャンというよりは、雰囲気で曲を弾きがたるタイプのように感じました。いっけん誰にでも弾けそうなあのギターが多くのファンを生んでいるようにも思います。なかなか奥が深い人だと思います。

NOZAWA WORKS

Copyright.2 000-2004 Good Weather Studio.all rights reserved.