イントロダクション

― はじめての方へ


ようこそ。

私たちは、「心のキャッチボール」を合言葉に活動を続ける日本身体障害者野球連盟の加盟チームです。

チーム一丸となった夢と感動のドラマチック・ベースボールを目指します。

このホームページでは、わが京都ビアーフレンズを中心に日本身体障害者野球連盟の普及と発展を応援しています。

皆様のあたたかいご声援をお願いいたします。

チーム・スローガン

「見えないものこそ大切」

私たちにとって、目に見えないものに助けられ、支えられ、守られているといった意味を込めました。
そのひとつが「根」です。
ビアーフレンズが、いま取り組んでいる地域で「根」を張る活動はとても大切なものだと確信しています。また障害者野球の普及や発展につながるものと…。
選手一人ひとりの思いをプレーでぜひ伝えていってほしい。この思いを胸に活動していきます。

すべては、あの夢からはじまった!!

私が野球部に入会まもない、ある大会遠征先でのお話です。
大会初日の夜、いつものように野球談議で盛り上がっていました。
 …
「障害者野球も、いよいよ選手権がはじまって、競技スポーツとして本格化するで」
「その選手権、参加したいなあ!」
「地区大会で優勝せんと、アカンねんで」
「そりゃ、無理やなあ!」
 …

そして、あの夢を見ました。夢にしては、とてもリアルでした。

翌日二日目、今日もチームは負け。暑さもあって、ぐったりです。
暑い暑い球場スタンドで他カードを観戦しながら、また野球談議がはじまりました。
 …
「昨日、夢を見たねん」
「寝てたら夢も見るわなあ。よう寝とったで」
「そんなことより、まあまあ。(地区大会で)優勝、するねん」
「どこ(のチーム)が?」
「京都やねん」
「ほんまに夢やなあ。ほんで、いつするねん?」
「10年後やねん。ほんまに優勝するねん。選手権に出るねん」
「はい、はい」

そんなアホなことを言い続けて10年。
チームは、ほんまに地区大会で優勝を果たし、選手権の切符を手にすることとなりました。

その後、選手権での足跡
◆選手権初勝利! 第13回大会(2011年)
◆選手権準優勝!! 第14回大会(2012年)
◆7年連続選手権出場中! 第10回大会(2008年)から


サイトメニューへもどる

Kyoto Beer Friends