トップページに戻る


各種治療方法の効果

 

  右の図は南福岡病院で、治療前後で、無呼吸・低呼吸の回数(1時間あたり)の変化を調べたもので、
鼻CPAPはほぼ100%、
歯科装具は約90%の方で
充分の効果が認められました。

 耳鼻科手術の有効率は一般的には約50%といわれていますが、
高度の扁桃肥大を伴う例では有効率が高いとされています。
また逆に肥満が高度の例では有効率が低いようです。



進む 戻る