【うみねこ】 − ”ドゥローレンコントロール”

 自身で発動した《王宮のお触れ》と《王宮の弾圧》《異次元の境界線》などのカードを《氷結界の虎王ドゥローレン》によってコントロールするデッキです。非常に個性的なギミックを持ち、扱う事の難しいデッキですが、その制圧ギミックは見惚れるほど流麗です。

モンスターカード ( 18枚) 魔法カード ( 4枚) 罠カード ( 18枚)
2《X−セイバー エアベルン》
2《スノーマンイーター》
2《レスキューキャット》
2《コアラッコ》
2《E・HERO オーシャン》
2《ディープ・ダイバー》
1《ゾンビキャリア》
1《N・ブラック・パンサー》
1《E・HERO エアーマン》
1《E・HERO アイス・エッジ》
1《クリッター》
1《魔導戦士 ブレイカー》
3《異次元の境界線》
1《貪欲な壺》
3《神の宣告》
3《王宮のお触れ》
3《王宮の弾圧》
2《次元幽閉》
2《魔宮の賄賂》
2《くず鉄のかかし》
1《転生の予言》
1《聖なるバリア−ミラーフォース−》
1《グラヴィティ・バインド−超重力の網−》

パワー スピード スタミナ C
安定性 C 制圧力 P難度
総合力 C+ 魅力

 解説・運用に際して

 このデッキは【引きこもり】などと呼ばれる、ロック傾向の非常に強いデッキに、独特のギミックを仕込んだものです。相手ターンのみ攻撃や特殊召喚を完全に封じ、こちらのターンでは《氷結界の虎王ドゥローレン》を軸にそれらのカードを回収し特殊召喚を行うなどして相手に攻撃を仕掛けていくという、非常に一方的なギミックを持ちます。
 なおかつ【引きこもり】と呼ばれるようなデッキとは異なる非常に強い攻撃性を持ち、《レスキューキャット》の持つ【シンクロ猫】としてのギミックや《E・HERO オーシャン》などによる【HEROビート】としてのギミックを併用し、攻撃を封じなくとも相手を圧倒する攻撃力を見せます。
 攻防一体の非常に優れたデッキです。若干事故率が高い事を除けば、殆ど付け入る隙の無いデッキコンセプトです。そのコンセプトは【フィフティ・フィフティ】とも呼べるでしょう。


 プレイング解説

 《王宮のお触れ》《王宮の弾圧》《異次元の境界線》を《氷結界の虎王ドゥローレン》の効果で回収しロックを外し攻撃を仕掛けましょう。それまでは《異次元の境界線》や《グラヴィティ・バインド−超重力の網−》で相手の攻撃を遮断したり、《E・HERO オーシャン》などを利用したビートダウンを繰り広げていてもいいでしょう。
 シンクロ召喚を行う前に《王宮の弾圧》を発動していたとしても《王宮のお触れ》を張る事で《王宮の弾圧》を無効にできます。わざわざ相手に《王宮の弾圧》を発動させライフを払わせた後《王宮のお触れ》を発動すると良い具合に鬼畜です。
 《氷結界の虎王ドゥローレン》は《X−セイバー エアベルン》+《ディープ・ダイバー》あるいは《スノーマンイーター》か、《ゾンビキャリア》+《E・HERO オーシャン》によってシンクロ召喚しましょう。

 《氷結界の虎王ドゥローレン》でロックを解除し相手を攻撃するような段階になったら、そこで改めて《レスキューキャット》や《ゾンビキャリア》の効果を駆使してシンクロ召喚を行いさらなる追撃を加えていくといいでしょう。《氷結界の龍 ブリューナク》は様々なカードを除去するカードとして強力です。《ナチュル・ビースト》も後の展開に重要なカードとなる場合があります。
 《氷結界の虎王ドゥローレン》で攻撃を行う場合、《王宮のお触れ》をその効果で戻してしまわなければこちらは返しのターン防御に徹する事ができません(《ナチュル・ビースト》と《異次元の境界線》で場を守れば《王宮のお触れ》があっても大丈夫ですが)。メインフェイズ2に効果を発動して《王宮のお触れ》を回収するのが理想ですが、そうすると今度は《異次元の境界線》を取り除けない。このデッキは《王宮のお触れ》を《氷結界の虎王ドゥローレン》の攻撃を通すためには利用できない事に注意してください。《氷結界の虎王ドゥローレン》が2体いれば可能ですが、それは想像しがたい光景です。


 弱点・ルール上の注意点など

 《王宮のお触れ》にとても弱いです。《魔導戦士 ブレイカー》や《E・HERO エアーマン》の効果を使って積極的に守っていきましょう。それ以外では負ける要素がありません。墓地の再利用は殆ど考えていないので除外にも強く、むしろ除外が相手なら《異次元の境界線》を墓地に送られる事が無く安心かも。


 また騙されたな!!

 このデッキレシピはかなり劣化させたデッキレシピである事をご了承ください。本物の……もとい、きちんと練りこんだ【海猫】はさらに強力です。気になった方はこのレシピを元に独自に改造を加えさらなる強化を目指してみてください。このデッキは練りこめば練りこむほど強くなるデッキで、主流のデッキに勝ち続ける事も可能です。


レシピ集に戻る