索引
ホーム トピックス 最新号 既刊号 索引 投書・投稿 リンク集

 

ジャンルをクイックし、次に一覧から選択してください。

環境社会主義    総会決議等        政治経済情勢   労働運動       市民運動・他

インターナショナル ロシア・ヨーロッパ 中近東・アフリカ アジア・オセアニア 南北アメリカ

 

環境社会主義 

反帝東アジアの政治経済共同体を 高木 圭 2002年 第143号
「同時多発テロ」は何をつくりだしたか 織田 進 2002年 第142号
二十一世紀における社会主義の復権のために 高木 圭 2000年 第130号
連載七 環境社会主義と労働時間短縮 神谷哲治 2000年 第124号

連載六 環境社会主義と労働時間短縮

神谷哲治 2000年 第123号
連載五 環境社会主義と労働時間短縮 神谷哲治 2000年 第122号
連載四 環境社会主義と労働時間短縮 神谷哲治 2000年 第121号
連載三 環境社会主義と労働時間短縮 神谷哲治 2000年 第120号
連載二 環境社会主義と労働時間短縮 神谷哲治 2000年 第119号
二一世紀社会主義を展望する 高木 圭 2000年 第118号
連載一 環境社会主義と労働時間短縮 神谷哲治 2000年 第118号
現代資本主義から環境社会主義へ 高木 圭 1998年 第100号
現実との格闘から社会主義の復権を 高木 圭 1998年 第97号
新時代の枠組みに応える環境社会主義を提唱する 小平 宏 1997年 第85号
ロ シ ア   エリツィン体制と改革の未来 織田 進 1994年 第52号
スターリニズムの敗北と崩壊 織田 進 1993年 第48号
寄稿  ロシア革命、過渡期、社会主義(下) 城山 隆 1993年 第44号
寄稿  ロシア革命、過渡期、社会主義(中) 城山 隆 1993年 第43号
寄稿  ロシア革命、過渡期、社会主義(上) 城山 隆 1993年 第42号
ロシアはどこへ向かうか 織田 進 1993年 第40号
「人々の合意にもとづく社会主義」を 木下三郎 1992年 第38号
社会主義の未来と日本トロツキズム運動 高木 圭 1992年 第37号
エコロジー問題再考 山本 悟 1992年 第37号
社会主義の再建のために 織田 進 1992年 第36号
ネップと社会主義建設――トロツキーの社会主義建設論 内藤 治 1992年 第34号
「トロツキーのネップ論」にふれて 織田 進 1992年 第33号
ソ連邦の解体とトロツキズム 高木 圭 1992年 第32号
ソ連邦の解体・20世紀社会主義の敗北 織田 進 1992年 第29号
低開発の理論(2) 織田 進 1991年 第26号
低開発の理論(1) 織田 進 1991年 第24号
湾岸戦争後の世界と北方領土問題 織田 進 1991年 第22号
社会主義の危機と経済学再建の課題(その5) 織田 進 1991年 第21号
社会主義の危機と経済学再建の課題(その4) 織田 進 1991年 第20号
社会主義の危機と経済学再建の課題(その3) 織田 進 1991年 第19号
社会主義の危機と経済学再建の課題(その2 織田 進 1991年 第18号
社会主義の危機と経済学再建の課題(その1) 織田 進 1991年 第17号
ソ連邦の危機とスターリニズムの終焉 川端康夫 1991年 第17号
トロツキー・シンポを傍聴して 織田 進 1991年 第16号
世界政治情勢の変容とトロツキズム 高木 圭 1990年 第14号
ソ連・東欧の事態をどうとらえるのか 早川謡児 1990年 第13号
現代の社会主義とプロレタリアート 織田 進 1990年 第10号
総括討論のために女性差別問題とレーニン主義 川端康夫 1990年 第9号
最近のソ連の事態が提起する若干の諸問題について 織田 進 1990年 第8号
ソ連・東ヨーロッパ反官僚革命の現在の局面とわれわれの課題 織田 進 1990年 第5号
「政治革命の勝利」は始まったか 外山節男 1989年 第4号
ペレストロイカ=上からの民主革命を考える 織田 進 1989年 準備号

総会決議等

『労働者の力』紙停刊、共同機関紙『かけはし』発行に当たって
新たな21世紀の反資本主義左翼政党形成をめざそう
 
川端康夫  2009年   第232号 
 本紙停刊のお知らせと、共同発行週刊「かけはし」ご購読のお願い     国際主義労働者
全国協議会
 
2009年    第232号
  −機関紙共同発行に関する−
国際主義労働者全国協議会運営委員会コミュニケ
   2009年  第230号
第20回総会コミュニケ 2008年 第225号
【第18回総会議案・世界情勢報告】世界的枠組の動揺と「もう一つの世界」への挑戦 寺中徹 2006年 第197.8号
第18回総会コミュニケ   2006年 第197.8号
第17回総会議案  急展開する東アジア 川端康夫 2005年 第185.6号
第17回総会決議-1億円カンパ   2005年 第185.6号
第17回総会コミュニケ   2005年 第185.6号
新しい左派の社会的位置と政治的輪郭
―運動の統一と組織統合のために―
寺中徹 2004年 第173.4号
第16回総会コミュニケ   2004年 第173.4号
民衆の国際的抵抗と左派結集の必然性   2003年 第161号
第十五回総会コミュニケ                     2003年 第161号
日本政府は日朝国交正常化に全力を注げ 第15回総会決議 2003年 第161号
危険に満ちた世界の幕開けと革命派の責任(5)   2002年 第155号
危険に満ちた世界の幕開けと革命派の責任(4)     2002年 第153号
危険に満ちた世界の幕開けと革命派の責任(3)   2002年 第152号
危険に満ちた世界の幕開けと革命派の責任(2)   2002年 第151号
危険に満ちた世界の幕開けと革命派の責任(1)   2002年 第149号
第十四回総会コミュニケ   2002年 第149号
「テロ」攻撃と米軍の報復戦争についての声明 運営委員会 2001年 第139号
第十三回総会コミュニケ   2001年 第137号
第十三回総会―政治情勢と課題   2001年 第137号
第12回全国総会コミュニケ 運営委員会 2000年 第125号
コミュニケ 第十一回総会開催について 運営委員会 1999年 第114号
一九九九年年頭にあたって 運営委員会 1999年 第107号
第一〇回国際主義労働者全国協議会総会文書 運営委員会 1998年 第103号
労働者の力百号にあたって 編集委員会 1998年 第100号
第九回総会コミュニケ 1997年 第92号
機関紙『労働者の力』の新発行体制について 1997年 第92号
合宿所女性差別問題と旧第四インター日本支部問 川端康夫 1997年 第89号
第八回全国総会を開催 編集委員会 1996年 第81号
第七回全国総会開催 1995年 第70号
アラン・クリビンヌ氏を迎えた討論 1994年 第61号
第六回総会議案から 1994年 第59号
第五回総会コミュニケ 運営委員会 1993年 第47号
第五回総会の議題から――政治再編と任務 1993年 第47号
第四インターナショナルのソ連・東欧基金にご協力をお願いします 1991年 第27号
第四回総会コミュニケ 1991年 第22号
第四インターナショナル13回世界大会決定について 1991年 第22号
第四回総会決議 1991年 第22号
第13回世界大会決定について 運営委員会 1991年 第19号
第二回総会「民主集中制」とわれわれの課題 外 山  節 男 1990年 第15号
全国協議会、第二回総会を開催 1990年 第13号
全国協議会結成総会第4議題 1989年 第2号
声明 「14回大会」とその決定を認めない 1989年 第2号
結成総会アッピール 1989年 創刊号
各地から仲間が集まって全国協議会結成総会を実現 1989年 創刊号
第一議題ペレストロイカと社会主義の変革 1989年 創刊号
第二議題日本支部の『綱領的破産』と再生      の基本方向 1989年 創刊号
第三議題  参議院選挙と全労協 1989年 創刊号
全国協議会をめざす第二回懇談会 1989年 準備号

労働運動

自由と生存のメーデー09
若者の「異議ありコール」響き始め
    
  2009年   第230号 
 第80回日比谷メーデー
闘いの活力映し出す
 
   2009年  第230号 
全ての労働者に均等待遇を!
4/23 中小・非正規労働者、集中行動に続き銀座をデモ
   2009年 第230号  
 派遣法抜本改正   5・14 再度大結集へ!
 「今やらずにいつやる!4/13集会」呼びかける
  2009年  第230号 
JR採用差別解決めざし  4・1集会に1500名
                解決責任を政治に迫る
2009年 第229号
東北全労協東北キャラバン
        22ヵ所で要請行動
2009年 第229号
3/19 非正規の均等待遇、賃上げめざし全支部で第1波スト 電通労組 2009年 第229号
09春闘
「未曾有の危機」だからこそ要求は譲れない!
雇用も賃上げも! 資本から社会へ「富」を取り戻せ!
危機への労働者民衆の回答は、要求貫徹の中から
坂本二郎 2009年 第228号
京浜ホテル闘争
   不退転の闘い宣言
    1/28 連帯集会に200名以上結集
2009年 第227号

民衆の大逆襲へ09春闘・東北キャラバンの準備進む

仙台・八木隆 2009年 第227号
12・4集会実現へ       労働者派遣法の抜本改正をめざす共同行動発進 2008年 第225号
使い捨て許すな!求めるものは抜本改正だ!
2000名以上で集会、国会請願
2008年 第225号
JR採用差別10・24中央大集会
    強雨の中11、200名
2008年 第224号
労働者派遣法
 名ばかり偽装改正を許さず、抜本改正へ
    9.24厚労省前に怒りの拳
2008年 第223号
電通労組NTT11万人リストラ裁判
     8/28 東京高裁、不当判決
       勝利めざしさらなる闘いへ
2008年 第221号
労働者派遣法
   名に値する改正実現を!
   秋、湧き上がるような大衆行動で
2008年 第221号
4・3,全日ストでけんり春闘行動
フィリピンの労働者も共に
2008年 第217号
3・13―14,4・3
電通労組、連続的にストライキ
2008年 第217号
4/3 けんり春闘中央総行動
日本経団連前、霞ヶ関デモに700名
2008年 第217号
08春闘  反貧困、反非正規化
社会的に目に見える形で、賃上げを!抜本的派遣規制を!
坂本二郎 2008年 第215号
11/20
今こそ派遣法改正を!第二波院内集会
2007年 第213号
11/30
政府の責任で「JR採用差別」を全面解決せよ!
2007年 第213号
労働契約法成立阻止!
        11月7日、共同の国会前集会
2007年 第212号
反労働ビッグバン闘争の課題
   秋、労働契約法阻止へ!
坂本二郎 2007年 第209/10号
不当判決糾弾!―NTT反リストラ裁判―
   この怒り、この悔しさを控訴審へ!
原告団長 横澤 仁志 2007年 第209/10号
NTT反リストラ裁判 7・25判決を前にして 原告団長 横澤 仁志 2007年 第208号
寄稿
遂に勝利!次につなげたい
名古屋哲一(郵政4・28ネット、免職者 2007年 第205号
3・23けんり春闘総行動の一翼を担い、
電通労組、N関労との統一スト決行
2007年 第205号
国鉄労働者1047名解雇争議の早期解決を!2600名の結集で3・30中央集会 2007年 第205号
3・23 労働ビッグバンを許さない!
        全労働団体共同で集会・デモ
2007年 第205号
国鉄労働者1047名JR不採用から20年
今こそ解決を!
2.16総決起集会に1350名
2007年 第204号
2.14、NTT反リストラ裁判結審、7.25に判決言い渡し
家族と暮らす権利を今こそ社会規範へ!
2007年 第204号
―格差社会と「労働法制国会」― 坂本 次郎 2007年 第203号
労働時間ドロボー横行の追認など許せるか!!12/5 労働規制解体を阻むため、ナショナルセンターを越え統一集会 2006年 第201号
NTT反リストラ裁判証人尋問を終えて   2006年 第200号
提訴3周年!10・17NTT反リストラ裁判闘争報告集会 2006年 第200号
NTT、成果主義賃金制度全面化策動 高橋喜一 2006年 第199号
NTT11万人リストラ反対!
決意をあらたに10・17集会へ!
2006年 第199号
NTT労組が「政治団体アピール21」結成
        ―翼賛化純化に邁進―
電通労組組合員・高橋喜一 2006年 第194号
労働基準解体徹底化が狙われている 遠藤一郎 2006年 第194号
国鉄闘争に勝利する4・4全国集会に4、600人
1047名の大同団結による闘い、さらに一歩進む!
2006年 第193号
NTT反リストラ裁判を闘う電通労組の挑戦
労働の社会的基準解体への反攻へ
2006年 第193号
JR採用差別事件の勝利解決をめざす!2・16総決起集会 2006年 第192号
労働者の生活基準壊しの先兵、NTTのつまづき       労働者の抵抗が撃つNTT「リストラ」 電通労組組合員・高橋喜一 2006年 第192号
「意図された二極化」を打ち破る社会運動へ
賃金と社会保障をセットにした、生きる権利の具体的要求を基礎に
全国一般全国協書記長、遠藤一郎さんに聞く 2006年 第192号
国鉄問題についての基本的立場 国際主義労働者全国協議会運営委員会 2005年 第189号
解雇をめぐる労働相談の現状と課題 宮城合同労働組合執行委員長 星野憲太郎 2005年 第188号
NTTリストラ裁判証人尋問始まる 2005年 第184号
JR西日本での大惨事について、鉄産労でインタビュ 2005年 第182号
電通労組首都圏支部―連続ストライキ闘争に決起 2005年 第181号
社会的貧困のすざましい進行に           反撃できる労働者の闘争を 遠藤一郎さんに聞く 2005年 第179号
評価制度を根源的に問いかけ、電通労組首都圏支部「見せしめD評価」撤回連続スト 2005年 第178号
韓国と日本の労働運動をむすぶ全国連鎖行動        ―東京・仙台― 2004年 第175号
ソウルの熱い六月行動 高橋 喜一 2004年 第172号
電通労組、政治的報復評価と対決 2004年 第172号
電通労組員、新たな闘いを語り合う 2004年 第167号
電通労組10・17東京集会!
九名の原告団、不当配転取消しを提訴
2003年 第164号
電通労組 新たな闘いへ 
10・17東京地裁に不当配転取消しを提訴!
2003年 第163号
鉄産労闘争勝利報告集会 2002年 第146号
鉄産労,十五年の長期闘争に勝利 2002年 第144号
労働時間規制を労働者の手に取り戻せ 坂本二郎 2002年 第144号
NTT十一万リストラ白紙撤回! 2001年 第140号
NTT11万人リストラ反対の全国闘争を!  2001年 第139号
資料 福井県での中国人女性たちの女工哀   史 と大争議 2001年 第131号
進行する労働構造の第三次産業化 坂本二郎 2001年 第131号
ネオリベラリズムと労働運動 坂本二郎 2000年 第127号
NTT大リストラを労使合意 電通労組全国協            議会 本社抗議を闘い抜く 2000年 第121号
鉄産労、仙台駅強制配転攻撃に勝利 宮城支局 2000年 第120号
郵政合同労働組合十周年をむかえて 的場 良生 2000年 第120号
2000年春季闘争のポイント 中小ネットの闘い 坂本二郎 2000年 第119号
政府・資本の「三つの過剰」論との対決を 坂本二郎 1999年 第113号
鉄産労、高裁で画期的逆転勝利 宮城支局 1999年 第111号
激増する倒産・失業に抗して  99春闘の課題 坂本二郎 1999年 第108号
見え始めた労働運動再生の息吹 坂本二郎 1998年 第100号
労基法改悪阻止へ全国キャラバン始まる 1998年 第99号
労働者の社会構想を掲げ、大量失業時代の闘争に挑もう 坂本二郎 1998年 第96号
労働の規制緩和との闘い 1997年 第95号
11・27労働基準法改悪反対全国集会の成功へ        日本版サッチャリズムとの闘い 1997年 第94号
反撃に転じた欧米の労働運動 坂本二郎 1997年 第93号
ヨーロッパを訪れ   英仏労働運動の再興       を実感 高木 圭 1997年 第93号
さらけだされた連合運動の惨状 坂本二郎 1997年 第89号
崩壊する「春闘」 激化する賃金抑制、労働法制の解体攻撃 坂本二郎 1997年 第86号
94春闘敗北から「春闘のリストラ」へ動く連合 1994年 第56号
新しい政治勢力の結集とわれわれの課題  坂本 実 1994年 第50号
全労協 第五回大会を開催 1993年 第47号
矛盾をさらけだす連合 1993年 第43号
新たな労働運動を考える全国討論集会 1992年 第38号
全労協第四回大会を開催 1992年 第35号
全国一般全国協第二回大会を開催 1992年 第35号
国労――中労委斡旋案拒否 1992年 第34号
第63回メーデー全労協系、日比谷野音に二万人 1992年 第33号
中労委の公約違反を許すな 1992年 第32号
92春闘の状況と労働運動の課題 坂本次郎 1992年 第31号
鉄道産業労組の三九人、抗議し返還 1991年 第28号
国労56回大会と闘争団労働者の闘い 1991年 第26号
資料 全国一般全国協議会結成の呼び掛け 1991年 第25号
郵政全労協結成される 都川敬作 1991年 第24号
第六十二回メーデー全労協、一万八千人を結集 1991年 第21号
国鉄の分割・民営化      4周年を検証するシンポ 1991年 第20号
3/20国労闘争団中央集会へ 1991年 第19号
「連合反対!明日の労働運動を担う全国労働者討論集会」を開催 1990年 第15号
国労第55回金国大会が間いかけたもの 1990年 第13号
結成から半年の全労協を強化するために 1990年 第11号
韓国スミダ労組、勝利的解決を実現 1990年 第11号
韓国スミダ労組の決死の闘いに応えよう 1990年 第9号
解雇撤回・JR復帰を求める国労闘争団結成 1990年 第9号
千名の大争議団を支えぬく全国体制の構築を 川端康夫 1990年 第8号
全労協地域活動者会議に参加して 1990年 第7号
国労三月闘争を全力で支えよう 早川謡児 1990年 第7号
全労協結成される 1990年 第5号
年頭のアピール 鉄産労 他 1990年 第5号
電通労組結成10周年集会 1990年 第5号
12.2郵政合同労組、元気に出発 1989年 第4号
郵政労働者は全労協に結集して闘おう 津田敬 1989年 第4号
国労11.22集会三万数千の大結集 1989年 第4号
90年代への飛躍をかけ全労協の主体的推進へ 1989年 第3号
基調討論と分科会の報告 1989年 第3号
10月集会に参加して 大内 他 1989年 第3号
清算事業団労働者の大量首切りを許すな 1989年 第3号
全労協の大衆的発展をめざし10月集会の成功をかちとろう 川端康夫 1989年 第2号