最新号ジャンルをクイックし、次に一覧から選択してください。

環境社会主義    総会決議等        政治経済情勢   労働運動       市民運動・他

インターナショナル ロシア・ヨーロッパ 中近東・アフリカ アジア・オセアニア 南北アメリカ

政治・経済情勢          ホームへ戻る    索引へ戻る

    社会の立て直しと共生のアジアをめざし
要求し、闘い、実現する時代を自らの手で切り開こう
   闘いを手に  自公政権打倒の完遂を
      共産党、社民党の前進を
 寺中徹 2009年  第232号 
 支配階級の確信不在が強いられる転進を踏み越え    「もう一つの世界」を闘いの中で引き寄せよう  寺中徹 2009年   第231号
資本活動への規制・監督強化に踏み切ったG20首脳会議
反資本主義の全面的行動展望を築こう
2009年 第229号
生きさせろ!
変革の時代、どこから始めるか
寺中徹 2008年 第226-号
麻生自・公内閣の総選挙引き延ばしを許すな
自・公政権の新自由主義政策にとどめを!
川端康夫 2008年 第224号
目前の総選挙   具体的要求実現の水路を切り開こう!
新自由主義と対テロ戦争一体化路線の転換めざし自・公政権を必ず倒そう!共産党、社民党の躍進を!
寺中徹 2008年 第223号
福田首相の突然の辞任・自公連立の行き詰まりの露呈
総選挙で自公政権打倒を!
川端康夫 2008年 第221号
SHUT DOWN G8サミット
G8対抗アクション、成功裏に実現
電通労組・高橋喜一 2008年 第220号
地球温暖化問題 排出量取引は有効か?
大胆な排出規制値の確定が先だ!
神谷哲治 2008年 第219号
完全に行き詰った福田の打倒を!
自民党は政界再編の狙いを公然化
川端康夫 2008年 第218号
新自由主義路線との本格的な闘いの開始
―政治混迷の深部―
寺中徹 2008年 第217号
左翼勢力の歴史的再生に向けて
―参院での与野党逆転が突出すもの―
川端康夫 2008年 第216号
動き出した変革胎動の不可避的継続を見据え
福田政権打倒!
寺中徹 2008年 第214号
進路を見出せない福田政権と次への課題 寺中徹 2007年 第213号
新テロ特措法案廃案!自公政府打倒による悪政の転換を!
テロとの闘いではなく、貧困との闘いへ
寺中徹 2007年 第212号
生活建直し・反改憲の闘いの課題
来る衆議院選をはっきり射程にとらえた闘いへ
寺中徹 2007年 第211号
「構造改革」・対テロ戦争一体化の道に楔を! 寺中徹 2007年 第209/10号
再度訴える
参院選を安倍政権に対する怒りの一票一揆に!
寺中徹 2007年 第208号
改憲問題への視点
      グローバリゼーション下の改憲
寺中徹 2007年 第207号
民衆の手で安倍不信任を!
9条改憲阻止!共・社・護憲候補に投票を!
寺中徹 2007年 第207号
統一地方選と参院補選
排除に立ち向かう闘いへの願いが
寺中徹 2007年 第206号
東京都知事選―政治流動化の焦点に急浮上
石原打倒!都政に民主主義の再生を!
寺中徹 2007年 第204号
世界を作り直す闘争の時代と民衆的希望の再生
安倍への怒りと抵抗を民衆的世直しへ
寺中徹 2007年 第202号
―北朝鮮の核実験と安倍新政権の1ヶ月―
露わになり始めた現実対処能力のあやうさ
寺中徹 2006年 第200号
破綻を内包した安倍政権に民衆の手で早々に引導を! 寺中徹 2006年 第199号
 小泉外遊の足下で ユーラシア大陸とアメリカ―構造変化のダイナミズム   世界の一断面 2006年 第197.8号
北朝鮮のミサイル発射訓練について 寺中徹 2006年 第196号
政治―新たな季節の徴候
飛ぶ鳥あとをにごす―小泉時代の終り
川端康夫 2006年 第195号
米軍の世界的再配置と日米同盟の変質
狙いはアジア太平洋全域での共同軍事行動
川端康夫 2005年 第188号
自衛隊はイラクから即座に撤退せよ
混迷きわまるイラク、多国籍軍に撤退の動き
川端康夫 2005年 第187号
自民圧勝・民主惨敗―第44回総選挙
警戒要する第3次小泉内閣の攻撃
川端康夫 2005年 第185.6号
衆議院で5票差―小泉内閣の終わりが始まった     参院での郵政民営化法案の廃案を 川端康夫 2005年 第184号
石原都政を追撃せよ 7月都議選 2005年 第183号
東アジアとの断絶に踏み込みつつある小泉 川端康夫 2005年 第183号
 戦後六〇年
日本政府はアジア民衆に真摯に向き合え
川端康夫 2005年 第180号
民営化反対!郵政事業の争奪戦を許すな! 2005年 第180号
日米同盟に抗し、東アジアの共同体形成をめざそう 川端康夫 2005年 第178号
小泉内閣はイラク派兵の継続を止めよ 川端康夫 2004年 第177号
米国大統領選挙―ブッシュの辛勝  深刻化する米国民衆の分裂そして日本政治の混迷 川端康夫 2004年 第176号
ブッシュのポチを演ずる小泉がねらう日米同盟の悪無限的拡大 川端康夫 2004年 第175号
9.11から3年、占領軍はイラクから撤兵せよ 2004年 第173.4号
参院選―小泉の敗北               政治再編の激化は不可避 川端康夫 2004年 第172号
日朝ピョンヤン宣言の実行、国交正常化を急げ 川端康夫 2004年 第171号
七月参院選が改めて突きつけるもの 川端康夫 2004年 第171号
イラク派兵に反対し憲法を生かす共同候補擁立運動   一時休止を確認                  川端康夫 2004年 第170号
ファルージャからの米軍撤退―軍事的限界を暴露 川端康夫 2004年 第170号
反占領反乱状況に入ったイラク 川端康夫 2004年 第169号
七月参議院選挙に左派の共同戦線を 川端康夫 2004年 第168号
アメリカの支配と対決する民衆の世紀 織田 進 2004年 第166号
小泉内閣のイラク派兵反対! 川端康夫 2003年 第165号
衆議院選挙―小泉自民党の後退と菅民主党の躍進 川端康夫 2003年 第164号
アメリカ一辺倒の小泉内閣を打倒しよう
社民党、共産党へ投票
川端康夫 2003年 第163号
イラクへの自衛隊派兵反対!北東アジアの平和構造をめざせ!小泉内閣の軍事的暴走を阻止しよう 川端康夫 2003年 第160号
英米支配下のイラクへの自衛隊海外派兵を許すな 川端康夫 2003年 第159号
03年統一地方選挙の示したもの 川端康夫 2003年 第158号
フセイン政権に代わる英米支配を許すな 川端康夫 2003年 第157号
全世界を席巻するイラク戦争反対の声
小泉内閣のアメリカ荷担を阻止しよう
川端康夫 2003年 第156号
二十一世紀のマルクス主義 高木 圭 2003年 第154号
イラク民衆を殺すな!ブッシュ政権のイラク攻撃を止めさせよう! 川端康夫 2003年 第154号
小泉内閣は日朝国交回復交渉を急げ 川端康夫 2002年 第153号
漂流の度を深める日本政治 川端康夫 2002年 第152号
小泉第二次内閣の成立と日朝国交交渉 川端康夫 2002年 第151号
アメリカの覇権主義と小泉訪朝 川端康夫 2002年 第149号
戦争への同盟?カルガリー・サミット 川端康夫 2002年 第148号
有事法制廃案に向け、6.16全国大集会に結集を 川端康夫 2002年 第147号
有事法制阻止、郵便事業二法の成立阻止! 川端康夫 2002年 第146号
政権末期の様相を呈する小泉連立内閣 川端康夫 2002年 第145号
むき出しのブルジョア攻勢を代表した小泉 川端康夫 2001年 第141号
アフガン戦争を即時停止せよ 2001年 第140号
参議院選挙小泉の似非改革路線と闘う政党・候補者に投票を 川端康夫 2001年 第136号
ブッシュ政権とEUのアジア本格登場 川端康夫 2001年 第135号
小泉内閣の成立と改憲論の大合唱 川端康夫 2001年 第134号
新しい歴史教科書をつくる会の検定合格を糾弾する 川端康夫 2001年 第133号
森のあいまいな退陣表明と世界同時株安 川端康夫 2001年 第132号
加藤の挫折と第二次森内閣の発足 川端康夫 2000年 第129号
加藤の倒閣宣言と断末魔の森内閣 川端康夫 2000年 第128号
2000年衆院選 川端康夫 2000年 第124号
南北首脳会談と日本の政治 川端康夫 2000年 第123号
選挙をめぐる状況と政治的立場 川端康夫 2000年 第122号
森新内閣成立と自由党分裂 川端康夫 2000年 第121号
日程に上り始めた大増税 川端康夫 1999年 第117号
普天間基地の名護市移設を許すな 川端康夫 1999年 第116号
自民党と民主党の党首選 川端康夫 1999年 第115号
自自公連立の暴走  国旗・国歌法制化、有    事立法の動きと対決を 川端康夫 1999年 第112号
99統一地方選挙     自自公の登場と無党派層 の増大 川端康夫 1999年 第111号
新ガイドライン関連法案の廃案を! 川端康夫 1999年 第110号
統一地方選挙で左派候補の躍進を 川端康夫 1999年 第109号
沖縄知事選の意味したもの 川端康夫 1998年 第106号
限りなく不透明な臨時国 川端康夫 1998年 第105号
与野党五会派、改悪労基法国会成立を強行 川端康夫 1998年 第104号
改悪労基法の参院通過を許すな! 1998年 第103号
参院選 自民の大敗と橋本退陣 川端康夫 1998年 第102号
衆議院東京四区補欠選挙の示すもの 神谷哲治 1998年 第99号
民主党と野党連合新党構想 川端康夫 1998年 第98号
自社さ連立の危機の始まり 川端康夫 1997年 第93号
「保保」・「自社さ」の対立を越えて 川端康夫 1997年 第92号
都議選――健闘した市民の声・東京 川端康夫 1997年 第91号
特措法改悪−暫定使用の永久化と沖縄の闘い 川端康夫 1997年 第90号
沖縄の願いを拒絶 特措法改悪を強行 川端康夫 1997年 第88号
橋本の特措法改悪の暴挙を許すな 川端康夫 1997年 第87号
SACO最終報告を許さず沖縄連帯闘争の高揚を! 川端康夫 1996年 第84号
連立時代の「勝者なき」総選挙  1996年 第83号
「米軍用地強制使用特別立法」阻止の百万人署名の成功を 1996年 第81号
沖縄県民投票の勝利を 川端康夫 1996年 第80号
六月「沖縄発全国キャラバン」の成功を 川端康夫 1996年 第79号
市民派勢力の全国ネットワークの強化を推進しよう 川端康夫 1996年 第78号
「日米安保再定義」−集団的自衛権への道 川端康夫 1996年 第77号
住専予算を撤回せよ 1996年 第76号
住専への税金投入に反対する 1996年 第75号
橋本政権発足 政治再編の後半戦の始まり 川端康夫 1996年 第74号
新春放談会   どんづまりの資本主義の時代をど             う生きるか 1996年 第74号
村山内閣、沖縄代理署名問題を法廷に 1995年 第73号
村山クリントン会談による安保再定義を許すな 川端康夫 1995年 第72号
フランスの核実験強行弾劾!安保破棄・米軍基地の撤去を! 1995年 第71号
橋本自民党と社会党の新党移行 1995年 第71号
95参院選挙総括と今後の展望 川端康夫 1995年 第69号
選挙ブロック・新政党「平和:市民」始動す 川端康夫 1995年 第68号
七月参院選のための全国懇談会が開催さる 1995年 第67号
95統一地方選 東京に青島、大阪に横山知事の誕生 1995年 第67号
社会党分裂騒動の終わりと無党派候補の衝撃 川端康夫 1995年 第66号
既成政党離れの衝撃 1995年 第66号
日本資本主義の迷路と方向性なき総与党化 川端康夫 1995年 第65号
新党「連帯」(仮称)準備会の発足と今後の課題 川端康夫 1995年 第64号
アジア民衆と共生する日本民衆の政治勢力の形成へ          敗戦後五〇年 川端康夫 1995年 第63号
特集 連合新党をめざしての大きな一歩 1994年 第62号
「平和憲法の会21」結成への評価と見解 川端康夫 1994年 第62号
平和憲法の会21の基本政策に思う 高山徹 1994年 第62号
ポスト社会党をめぐる革新、護憲をめぐる争いのはじまり 川端康夫 1994年 第61号
社会党の歴史的解体局面 川端康夫 1994年 第60号
社会党大会 路線転換を承認 川端康夫 1994年 第59号
政治の総保守化のはじまり 川端康夫 1994年 第58号
羽田内閣を打倒せよ 1994年 第57号
羽田政権、はやくも危険な性格を露呈 川端康夫 1994年 第56号
細川の自滅と内閣総辞職 川端康夫 1994年 第55号
北部朝鮮の「核疑惑」をつうじた米日韓の軍事同盟化と戦争準備 川端康夫 1994年 第55号
第二期に突入した細川政権 川端康夫 1994年 第54号
小選挙区制強行と消費税率大幅アップ 川端康夫 1994年 第53号
社会主義の再生にむけた主体的踏み出しを 川端康夫 1994年 第52号
細川連立政権――絶頂から一転して危機へ 川端康夫 1993年 第51号
活動家討論  新たな民衆の政党をめざして            1993年 第51号
民主主義を嘲笑する悪法                            小選挙区比例代表制の導入に反対する 川端康夫 1993年 第49号
平和運動と地域共闘の前進をめざす全国連絡会議」結成と「新党」論について 宮城・亀谷保夫 1993年 第49号
小沢路線主導の細川連立政権 川端康夫 1993年 第48号
政治再編とわれわれの闘いについて 宮城 加藤 滋 1993年 第48号
社会党左派・護憲派、共産党候補への投票を! 運営委員会 1993年 第46号
保守二党化をめざす小選挙区制に反対する 川端康夫 1993年 第45号
公然たる戦争へ突き進むカンボジア 川端康夫 1993年 第44号
日本新党政策大綱を批判する 1993年 第42号
カンボジアPKO第二次派兵反対 1993年 第42号
日本政治の転換期にあたって 1993年 第40号
「国際貢献」論にもとづく政治再編論の浮上 川端康夫 1992年 第39号
右翼・暴力団と金――自民党政治を打倒しよう 1992年 第38号
進む自衛隊の海外侵攻軍化 1992年 第36号
佐川マネーと自民党政治の腐敗 川端康夫 1992年 第36号
参院選  東京、広島で相次いで反PKO法の       候補擁立 1992年 第35号
参議院選挙に対する基本的態度 1992年 第34号
PKO法案を廃案へ 1992年 第33号
PKO法案修正論議を断ち切ろう 1992年 第33号
PKO法案採決への動きと政界再編 川端康夫 1992年 第32号
国連安保理サミットと核軍縮 川端康夫 1992年 第30号
自治・連帯・共生の社会主義をめざす政治連合の結成をかちとろう 川端康夫 1992年 第29号
PKO法案阻止へ! 1991年 第27号
PKO協力法案阻止の全国行動を 1991年 第26号
新しい世界情勢とソ連クーデターの失敗 運営委員会 1991年 第25号
PKOへの自衛隊派遣を許すな 川端康夫 1991年 第24号
自民党支配の完成をねらう小選挙区比例代表並立制の粉砕を 川端康夫 1991年 第23号
自民党政府による自衛隊の海外派兵を糾弾する 1991年 第21号
統一地方選挙前半戦、東京都知事選の結果について 川端康夫 1991年 第20号
帝国主義のアラブ制覇を許すな 1991年 第19号
米軍はイラクへの戦争を即時中止せよ 1991年 第18号
バルト三国の民族自決への弾圧を即時停止せよ 1991年 第18号
湾岸危機――11・29国連決議に反対する 川端康夫 1990年 第16号
即位の礼―大嘗祭反対 1990年 第15号
イラクはクウェートから撤退せよ  多国籍軍の即時解体 川端康夫 1990年 第14号
天皇制賛美の一環――第四五回福岡国体 松本 桂 1990年 第12号
日本共産党の困惑と党内論争 1990年 第11号
90年衆議院選挙−自民党の安定多数と社会党の躍進 1990年 第7号
社会党、共産党に投票を 1990年 第6号
「即位の礼・大嘗祭」反対運動を 1990年 第6号
地球規模の危機の克服をかけ社会主義のための闘争を 1990年 第5号
政治情勢の転換を主体的に闘いとろう 運営委員会 1989年 第4号
89年参院選はなにを明らかにしたか 川端康夫 1989年 準備号