ジャンルをクイックし、次に一覧から選択してください。

環境社会主義    総会決議等        政治経済情勢   労働運動       市民運動・他

インターナショナル ロシア・ヨーロッパ 中近東・アフリカ アジア・オセアニア 南北アメリカ

ロシア・ヨーロッパ        ホームへ戻る    索引へ戻る

 EU議会選
新自由主義、ポピュリスト右翼を傍らに従える
―歓迎すべき例外、ポルトガルの躍進― 
 フランソワ・サバド  2009年 第232号
EU議会選挙
ユーロ規模で反資本主義キャンペーン
 
   2009年   第231号 
イギリス労働党の崩壊
     慢心の火だるま
 
 フィル・ハース 2009年    第231号
 フランス
新反資本主義党、前途有望な誕生
 ギローム・リエガル 2009年   第230号
ヨーロッパ
反資本主義の極をめざして
ジャン・マリウスキー 2009年 第229号
パレスチナ連帯とドイツ、そして左翼党
ドイツにおける公開石打刑
レイモンド・ディーン 2009年 第229号
フランス
左翼の別の選択肢
ジョセフ・マリア・アンテンタス 2009年 第228号
フランス・反資本主義新党の創立
      反資本主義者の希望
ピエール・フランソワ・グロンド 2009年 第228号
フランス
LCRからNPAへ―LCR古参世代の寄稿
ダニエル・ベンサイド他 2009年 第227号
フランス
新たな反資本主義政党の創出に向けて
ピエール・ルッセ 2009年 第226号
ガザ攻撃   イスラエル糾弾行動各地で
イギリス社会主義者のアピール
レスペクト 2009年 第226号
フランス―カタロニアからの視点
新たな反資本主義政党、左翼を揺るがす
エスサー・ビバス/ジョセフ・マリア・アンテンタ 2008年 第225号
フランス特集
6・28―29NAP全国会議報告
フランソワ・デュバル/イングリッド・ヘイ 2008年 第221号
イタリア総選挙、とりあえずの回答
    右翼の勝利―問題は何か
リディア・シリロへのインタビュー 2008年 第220号
68年とパリ
ヨーロッパ反資本主義左翼国際集会
ジョセップ・マリア/ラウル・カマルゴ 2008年 第220号
イギリス
レスペクトとイングランド・ウエールズ地方選挙
 
アラン・ソーネット/ニック・ラック 2008年 第219号
ベルギー
政府はもはや統治の仕方が分らない
―ベルギー支部での討論―
ダヴィド・デッサー 2008年 第217号
同盟全国大会報告 フランソワ・デュバル 2008年 第216号
フランス  LCR(革命的共産主義者同盟)      反資本主義新党を呼びかける 2008年 第216号
LCRの論争に広範な関心
―大会に出席して―
フランソワ・デュバル 2008年 第216号
ルモンド、ブザンスノーを語る シルビア・ザッピ 2008年 第216号
スパニッシュ・ステート(スペイン―編集部)
エスパシオ・アルタナティヴォ
連邦協議会、成功
2008年 第215号
ポーランド
炭鉱労働者のストライキ続く
              連帯が急がれる
ジャン・マレウスキ 2008年 第215号
イタリア
共産主義再建党よ、「さようなら」
シニストラ・クリティカ(批判的左翼) 2008年 第215号
ロシア
フォード・ヴセヴォロイスクでのストライキ
独特で例示的な闘い
キャリーン・クレメント 2008年 第214号
イギリス・レスペクトの危機
 社会主義労働者党(SWP)レスペクトを分裂
アラン・ソーネット 2007年 第213号
イタリアの議論
反資本主義左翼のフェミニズム
リディア・キリロ 2007年 第211号
ドイツ
左翼2党、正式に合同
マヌエル・ケルナー 2007年 第209/10号
イギリス
ブラウン無競争当選
今や、労働党左翼の行くところは?
ソーシャリスト・レジスタンス 2007年 第208号
 デンマーク・赤―緑連合大会
左翼において選択すべきもの
フランソワ・デュバル 2007年 第207号
フランス   サルコジ選出に対するオリビエ・ブザンスノーの声明 2007年 第207号
フランス大統領選挙
右翼の勝利    迎え撃つ左翼の闘いが課題に
2007年 第206号
イタリア
PRCの除名決定に抗する編集部声明
われわれ全員がフランコ・テュリグリアットだ
批判的左翼 2007年 第205号
フランス
大統領選挙は政治を日々腐らせている
ダニエル・ベンセード 2007年 第204号
オランダ議会選挙
―高まる新自由主義への反感―
社会党の大躍進、有権者は左翼へ
     
コーエン・ハーゲンス 2007年 第202号
    フランス
マリー・ジョルジュ、アルレット、ジョゼ
 ―もし我々が語り合うとすれば、それは何か
オリビエ・ブザンスノー
 
2006年 第196号
イギリス
年金防衛で100万人がストライキ
2006年 第194号
フランス反CPE闘争
政府は白旗を上げた
ミューレイ・スミス 2006年 第194号
イタリア総選挙
取り急ぎのバランスシート
サルバトーレ・カンナボ/フランコ・トゥリグリアット 2006年 第194号
 フランス
CPE反対闘争、決定的段階に突入
ミューレイ・スミス 2006年 第193号
資料―デンマークのムハンマド風刺画論争
イギリスの報道改革運動の反応
2006年 第192号
イギリスレスペクト大会―後退と好機 ソーシャリスト・レジスタンス 2006年 第190号
フランス 燃え広がる反乱に直面し、右翼政府、非常事態を宣言 ミューレイ・スミス 2005年 第189号
訃報
ピエール・ブルーエ死去(1926―2005)
ミューレイ・スミス 2005年 第187号
―フランス―
LCR、バカンス明けを上々のすべり出し
2005年 第187号
―ドイツ―
左翼、選挙で躍進
2005年 第187号
ロンドンでの爆弾「テロ」に対する二つの声明 2005年 第185/6号
―ドイツ―
社会民主党(SPD)の危機と新たな「左翼党」
マヌエル・ケルナー 2005年 第185/6号
 イギリス  レスペクト、新たな挑戦を準備 2005年 第184号
=ドイツ―ノルトライン・ウェストファリア州議選
社会民主党(SPD)惨敗―背景と今後
サディアス・パト 2005年 第183号
―フランス国民投票―
「ノー」は、左翼の立場から
ミューレイ・スミス 2005年 第183号
 イタリア再建党内部で「批判的左派」創設 2005年 第183号
=フランス=高まる社会と政治の緊張
闘争の新しい波と、EU憲法案反対という妖怪
ミューレイ・スミス 2005年 第182号
=速報・ポルトガル総選挙=
社会党完勝、「左翼ブロック」大躍進
2005年 第180号
=デンマーク=
赤緑連合(RGA)、総選挙で六議席獲得
アーゲ・スコフリント 2005年 第180号
EU・ヨーロッパ左翼党の創立
二つの左翼の展望―重なりと分岐
フランソワ・ベルカマン 2005年 第178号
―チェコ共和国―
チェコ共産主義者のヨーロッパへの道
マーク・ジョンソン 2004年 第177号
フランス
     拒絶と忍耐
アラン・レクレック/フランソワ・グロンドゥ 2004年 第176号
イタリア
ベルルスコーニの後退、左翼の希望
サルバトーレ・カンナボ 2004年 第176号
イタリア
共産主義再建党(PRC)の新転換
フラビア ダンジェリ 2004年 第175号
ドイツ 政治的大流動の予兆
―社会民主党(SPD)と労働組合の断裂―
ティース・グライス 2004年 第173.4号
―イギリス―新しい、代わりとなる勢力 アラン・ソーネット 2004年 第170号
スペイン―エスパシオ・オルタナティボの声明 2004年 第170号
フランス―LCRの新たな闘い フランソワ・サバド 2004年 第168号
ヨーロッパ社会フォーラム(ESF)二〇〇三 ミッシェル・ルーショウ 2004年 第167号
危機にある私有化―保線、再国有化へ 2004年 第166号
労組バグダッド派遣団報告 アレックス・ゴードン 2004年 第166号
フェミニズムと運動 ナディア・デ・モンド 2003年 第165号
前進への新たな一歩 レオン・アギュレ 2003年 第165号
フランスLCR十五回大会 グレッグ・タッカー 2003年 第165号
第六回ヨーロッパ反資本主義左翼大会 フランソワ・ベルカマン 2003年 第163号
特集 公共サービス私有化―医療と教育
       イギリスは今                  
2003年 第161号
スコットランド社会主義者、選挙で前進 ゴルドン・モルガン 2003年 第160号
―ヨーロッパ社会フォーラム― 2002年 第153号
イタリア共産主義再建党  再建の再形成 リビオ・マイタン 2002年 第148号
変化を見せ始めたロシア労働運動 アレクサンドル・ブズガーリン 2002年 第148号
イギリス地方選 社会主義連合高得票 アラン・ソーネット 2002年 第147号
LCR大統領候補 オリビエ・ブザンスノー 2002年 第147号
イギリス社会主義連合全国会議 アラン・ソーネット/テリ・コーンウエイ 2002年 第147号
LCRからのLOへの返事 2002年 第147号
LOからの手紙 2002年 第147号
シラクおよび経営者に対決する共同を LCR 2002年 第147号
フランス大統領選挙速報 2002年 第146号
列車乗務員は依然攻勢にある グレッグ・タッカー 2002年 第146号
ストライキの波ブレアを直撃 2002年 第144号
極右に支えられる新政府―デンマーク総選挙結果 マーグ・スコフリント 2002年 第144号
アメリカの戦争とEU フランソア・ベルカマン 2002年 第143号
テロ攻撃へのイタリア社会運動の対応 フラヴィア・ダンジェリ 2002年 第142号
ジェノバは抗議する スーザン・ジョージ 2001年 第139号
イタリア総選挙が生み出したもの リビオ・マイタン 2001年 第137号
委任なき政府―イギリス総選挙と左派 アラン・ソーネット 2001年 第137号
PRC上院議員に聞く ジージ・マラバルバ 2001年 第136号
イタリア共産党再建派(PRC)次回党大会へ論争始まる リビオ・マイタン 2001年 第136号
フランス地方選  連立政権左翼の後退  ジャン・マレウスキ 2001年 第134号
反資本主義左翼欧州会議宣言(パリ) 2001年 第131号
欧州連合反資本主義左翼が会合 フランソア・ベルカマン 2001年 第131号
欧州連合首脳会議南仏ニースで重要な決定 アラン・トールネット 2001年 第131号
プラハ宣言   二〇〇〇年九月二十八日 2000年 第129号
ロシア大統領選挙 ヤン・マレウスキー 2000年 第124号
イタリア左翼民主党大会 あらたな転換点 リビオ・マイタン 2000年 第123号
ポルトガル 新しい時代、新しい左翼 フランソワ・ベルカマン 2000年 第122号
EUは世界的な権力になれるか フランソワ・ベルカマン 2000年 第120号
ドイツ 赤と緑連合政府 一年間のバランスシ               ート ビンフリート・ボルフ 1999年 第117号
ポルトガル 東ティモール連帯運動 1999年 第116号
欧州連合(EU) 永続化するヨーロッパ反失業           行進 1999年 第116号
オランダ トマト党の圧倒的な成長 バレント・デボークト 1999年 第116号
フランス 革命的な欧州議会議員が誕生 アラン・マシュー 1999年 第114号
欧州議会選挙  社民党の危機を反映 フランソワ・ベルカマン 1999年 第114号
アラン・クリビーヌ欧州議会へ 1999年 第113号
イタリア  共産党再建派大会報告 リビオ・マイタン 1999年 第112号
ロシア 共産主義青年同盟全国大会を開催 レンフリー・クラーク 1999年 第112号
コソボ危機  左翼がノーと言う理由 タリク・アリ 1999年 第111号
ヨーロッパ社民党政府  敵と仲良しだが フランソワ・ベルカマン 1999年 第110号
欧州議会選挙 LO・LCR共同選挙綱領 1999年 第109号
LCRとLOが共同候補者名簿作成 ラファエル・デュフルー 1998年 第106号
ロシア国家は破産したか A・V・ブスガーリン   A・L・コルガーノフ 1998年 第105号
欧州の労働組合左翼  その現状と展望 フランソワ・ベルカマン 1998年 第105号
フランス  地方選後の政治地図とLCRの課題 クリスチアン・ピケー 1998年 第100号
共同アピール    欧州社会運動を築こう 1998年 第96号
イタリア  共産党再建派大きなチャンスを逃す リビオ・マイタン 1997年 第95号
三年目に入ったリバプール港湾労働者の闘い グレン・ボリス 1997年 第95号
欧州連合の交通政策批判 1997年 第93号
反失業ヨーロッパ行進、アムステルダムに到着 ジャン・デュポン 1997年 第92号
イギリス総選挙―保守党の惨敗 ローランド・ランス 1997年 第91号
マーストリヒト条約でないもう一つのヨーロッパを 1997年 第91号
ヨーロッパ反失業闘争   アムステルダムヘ大行進 プランソア・ベルカマン 1997年 第90号
イギリス    労組内左派の協同強まる フレッド・レプラット 1997年 第89号
スカンジナビア諸国最大の労組で左派が前進      変革を求めるボルボ労働者 ペーター・リンドグレン 1997年 第89号
ユーゴスラビア   ミロセビッチの計略 カトリーヌ・サマリー 1997年 第88号
労働党大会報告 ブレア政権を準備 ニール・マーレイ 1996年 第84号
ロシア共産党はなぜ敗北したのか A・V・ブスガーリン   A・L・コルガーノフ 1996年 第82号
ネオリベラリズム反対の欧州会議 ブラウリオ・モロ 1996年 第81号
ロシア大統領選挙第一回投票が示したもの リビオ・マイタン 1996年 第81号
ドイツ型モデルは死んだ マヌエル・ケルナー 1996年 第81号
イギリス  社会労働党(SLP)創立大会 マーク・ジョンソン 1996年 第80号
スカーギル    新党結成を呼びかける 1996年 第79号
ミリタント紙(社会主義労働党)                     新社会主義政党を結成すべき時か ニック・ラック 1996年 第79号
パクス・アメリカーナ下のボスニア・ヘルツェゴビナ 第四インターナショナル国際執行委員会 1996年 第77号
ヨーロッパ連合   少数者のための共通通貨 フランソワ・ベルカマン 1996年 第76号
フランス――闘いの三週間 フランソア・オリビエ 1996年 第75号
フランスの三週間 クリスチアン・ピケ 1996年 第75号
ボスニア和平   アメリカ主導の平和 カトリーヌ・サマリ 1996年 第75号
フランス公務員労働者 ゼネストに突入 1995年 第73号
オランダ支部、全国大会を開催 1995年 第72号
フランスの核実験反対 ジャン−ルイ・ミシェル 1995年 第70号
東欧・旧ソ連圏の経済改革の五年間 カトリーヌ・サマリー 1995年 第68号
イタリア共産党再建派     原点に帰れ リビオ・マイタン 1995年 第67号
エリツィン 新ナポレオンか? ポール・フンダー・ラーセン 1995年 第67号
高揚するロシア反戦運動 1995年 第67号
ヨーロッパ各国共産党を襲う危機   スペイン ハイメ・パストール 1995年 第66号
ロシアのチェチェン介入を許すな 1995年 第65号
ヨーロッパの極右勢力隠れ場から飛び出したネズミ 1994年 第61号
ドイツの極右勢力   総選挙にひそむ危険性 ダーフィト・ミュラー 1994年 第61号
ロシア政治情勢  ペレストロイカ後の左翼 ポール・フンダー・ラーセンダビッド・マンデル 1994年 第59号
第四インターフランス支部第11回大会を開催 1994年 第59号
資料欧州議会選挙アピールヨーロッパの連帯を求めて 第四インターナショナルヨーロッパ各国支部 1994年 第58号
フランス 右翼政府を後退させた青年の闘い  R.クリシナン 1994年 第57号
スペイン ゼネストを敢行 ホアキン・ニエト 1994年 第56号
ポルトガル  リスボン市議会選挙で左翼連合が大勝利 1994年 第54号
新たなヨーロッパのために労働時間の大幅短縮を マキシム・デュラン 1994年 第53号
ロシア エリツィン・クーデター                          新しいツァーが生まれた ポール・F・ラーセン 1993年 第51号
エリツィンの「王様の革命」と独裁 佐久間邦夫 1993年 第50号
欧州共同体 通貨統合計画を台無しにした七月危機 クロード・ガブリエル 1993年 第50号
解説 第一回ヨーロッパ左翼会議 1993年 第47号
ヨーロッパ   重要なイニシアティブ クロード・ガブリエル 1993年 第47号
フランス総選挙の結果が示すもの クリスチアン・ピコー   フランソア・オリビエ 1993年 第45号
英国      資本主義の危機と政治再編 フィル・ハース 1993年 第43号
ロシアで新しい労働者政党を設立 1993年 第41号
ドイツ   支配階級の対人種差別二面作戦 ダーフィト・ミューラー 1992年 第39号
ドイツ   ファシズムと資本家の統一 アンゲラ・クライン 1992年 第39号
旧ユーゴスラビア 持続する戦争 カトリーヌ・サマリ 1992年 第36号
西ヨーロッパ選挙結果から 変革なしの改革か インターナショナル・ビューポイント 1992年 第33号
ゴルバチョフの否応なしの破産 エルネスト・マンデル 1992年 第31号
エリツィンマイナスゴルバチョフ=? リュードミラ・テレン 1992年 第30号
ブレスト条約と今後を展望する モスクワニュース紙 1992年 第29号
ミハイル・ゴルバチョフとのインタビュー レン・カルピンスキー 1991年 第28号
もはや連邦は存在せず、だが共同体も形成されていない アンドラニク・ミグラニヤン 1991年 第27号
突破口は切り開かれた バシル・バイコフ 1991年 第26号
世論調査         私有化に反対なし リリヤ・ババーイェヴァ 1991年 第25号
落ち込む生産 破局は避けられるか レオニード・グリゴレイエフ 1991年 第23号
職があるのに増える失業 ナターリヤ・ダヴィドーヴァ 1991年 第23号
困窮の信号を出しているソ連財政 ウラジミール・グレヴィッチ 1991年 第23号
シェワルナゼへのインタビュー イーゴル・ヤコブレフ 1991年 第18号
背後に誰が潜んでいるのか モスクワニュース紙 1991年 第18号
一九九一年度予算について モスクワニュース紙 1991年 第18号
ソ連邦はゴドーを待てない モスクワニュース紙 1990年 第16号
最近の世論調査から モスクワニュース紙 1990年 第14号
第一回全連邦炭鉱労働者会議の結果 モスクワニュース紙 1990年 第12号
ソ連共産党第二八回党大会の諸結果 モスクワニュース紙 1990年 第12号
エリツィンは語る  大統領との一致を求めて モスクワニュース紙 1990年 第11号
赤の広場のメーデー 何が起きたのか モスクワニュース紙 1990年 第10号
ソ連共産党の現状はいかに モスクワニュース紙 1990年 第9号