*FI16回世界大会議案                 

*反資本主義的労働運動の再組織化と再建を*


*第四インターナショナルの役割と任務(国際委員会の決議草案)*




 第四インターナショナルは二〇一〇年の前半に、第十六回世界大会を準備して
いる。次回世界大会は、二〇〇三年の第十五回大会で打ち出した反資本主義的で
革命的な新しい党とインターナショナルに向けた挑戦をさらに一歩前に進めるこ
とを課題としてしている。LCR(革命的共産主義者同盟・第四インターフラン
ス支部)が解散し、NPA(反資本主義新党)を結成したことは、フランスの国
内のみならず国際的にも未踏の領域への挑戦として大きな注目を集めている。こ
こに掲載する決議草案に続き、本紙では順次大会の諸議案を掲載していく予定で
ある。(編集部)

 次回世界大会の準備は、グローバルな経済危機と世界的なエコロジー危機のか
つてない組み合わせを特徴とする情勢の中で進行している。これは重大な転換点
である。この二重の危機は資本主義システムの失敗を示すものであり、反資本主
義的労働者運動の再組織化と再建を課題とするものである。

 (1)

 民衆的諸階級に対する社会的・経済的攻撃と、新自由主義的「反動改革」が強
化されようとしている。さらに多くの戦争と紛争が生じるだろう。エコロジー的
破局が幾百万人もの人びとを直撃するだろう。新しい歴史的時代が地平線に姿を
現している。世界経済と政治をめぐる帝国主義諸国間の新しい力関係が、中国、
ロシア、インド、ブラジルといった新しい資本主義諸国の登場を伴って形成され
ている。米国の覇権の弱体化と、欧州・ロシア・アジア・米国の間での資本主義
間競争の激化の結びつきも、NATOの役割の増大と新しい国際的緊張を伴いつ
つ、新しい政治的・軍事的勢力配置の中で地政学的・戦略的影響を有している。
 近年アメリカ帝国主義は、その経済的衰退を世界の四隅における軍事的覇権の
再配置によって埋め合わせてきた。その社会的・経済的諸矛盾は、米国において
さえG・W・ブッシュを取り巻く共和党チームの信用失墜をもたらした。オバマ
の当選は、この信用失墜に対する、米帝国主義にとっての代案的解決策としての
対応である。彼の当選が、いずれ失望することになるだろう米国社会の一部の層
の変革への願望に応えるものであったとしても、それが現実なのである。
 つまるところこの危機は、解決策を提示できない新自由主義イデオロギーの失
敗を明らかにしている。この社会システムに固有のすべての矛盾は、社会民主主
義や中道左派が適切な対策を打ち出すことができないまま、爆発的なものになっ
ていく。いずれにせよ採用されることのなかった新ケインズ主義的措置でさえ、
危機を解決するには十分ではない。

(2)

 社会的反撃の闘いは世界的規模で発展し続けているが、それはきわめて不均等
な形をとったものであり、依然として防衛的である。グローバル・ジャスティス
運動は二〇〇四年まで保持していた力学を失った。にもかかわらずベレン
WSF(世界社会フォーラム)は、国際的合流の必要性と可能性を示している。
しかし闘いがさらに細分化・分散化しているという枠組みにおいてなのである。
▼一部の欧州諸国――フランス、ギリシア、ドイツ、ポーランド、イタリア――で
は、社会的闘争が政治の場に中心的影響を持っているが、こうした闘争は資本の
攻撃と危機の影響という基本的傾向を阻止し、転換させるには不十分である。こ
うした闘争は労働者の分裂と細分化のプロセスを克服することに成功してはいな
い。こうした闘争は依然として防衛的なものである。これらは、反資本主義的意
識の面での表現をいまだ見出してはいない。反資本主義左翼の不在というこの枠
組みの中では、反動的、さらには外国人嫌悪症的・レイシスト的オルナティブや
傾向が強力になりうるのである。
▼中東では、パレスチナ、イラク、レバノンで、民衆は西側諸国とイスラエルに
よる侵略と占領に抵抗して闘い続けている。レバノン侵攻の二年後にシオニスト
政権がガザで行った殺人的侵略は、抵抗運動を打ち負かすことができなかった。
今やハマスとヒズボラが、この抵抗の主要な政治勢力として取り上げられるが、
自らの行動を民族解放であると共に社会的文脈の中に位置づける勢力も存在する。
▼ラテンアメリカは、アルゼンチンやブラジルのように不均衡で限界を持った諸
国もあるとはいえ、依然として最も社会的に爆発的な情勢をかかえた大陸であ
る。とりわけベネズエラ、ボリビア、エクアドル、パラグアイのように帝国主義
との部分的決裂を経験した諸国もある。
▼一連の新興資本主義国、ないし資本主義の復活がもたらされた諸国――中国、イ
ンド、ロシア、旧東側ブロック――では、グローバリゼーションの旋風が幾億人も
の人びとをプロレタリア化する傾向にある。しかし、来るべき数年のうちに中心
的役割を果たしうるこの新しい社会的パワーは、このグローバルな再組織化の挑
戦に対峙しうる、労働組合、アソシエーション(社会組織)、政治組織などの大
衆的な独立組織をいまだ形成していない。
▼巨大な資本主義的多国籍企業の利益のためのアフリカにおける資源の収奪は、
現在の諸政権との共謀の下で拡大している。近年のサハラ砂漠以南アフリカでの
GDPの継続的成長は、住民の利益のためになっておらず社会的不平等を拡大し
ているだけである。生活水準の悪化に直面して、ギニアのゼネスト、トーゴのデ
モ、南アの公共部門でのゼネストなどに見られるように大きな闘いが起こってい
る。二〇〇八年末の食糧危機は、多くのデモに火をつけた。
 しかし、ギニア、カメルーンでそうであったように、政治的オルタナティブの
不在は、こうした闘いの成功にとって巨大な妨げとなっている。それらは、マダ
ガスカルでのように後見を受けたブルジョア政治組織によって脇道にそらされた
り、ナイジェリアやコンゴ民主共和国のように宗教的袋小路によって自らを見
失ったり、さらに悪いことにはケニアや南アのようにエスニック的・レイシスト
的袋小路に陥っている。
▼ソビエトブロックの分解と金融的グローバリゼーションが結びついた長期的影
響は、アジアにおいて継続的に見られるところである。「熱い戦争」の中心(ア
フガニスタン、スリランカ、フィリピンのミンダナオ島)、国際的紛争地帯(朝
鮮半島、パキスタン、インド)、以前の地政学的な力の均衡への挑戦(東南アジ
ア、中国、日本)、以前に勝ちとられた民主主義的空間の縮小(タイ、フィリピ
ン、インドネシア……)などである。
 こうした不均衡は、今や金融・経済危機と食糧危機によって激しくなり、現存
するさまざまな分野――反戦・反核、債務反対・食糧主権、社会的・エコロジー的
諸権利の防衛――での地域的調整と、社会的反撃の運動のいっそうの合流を推し進
めている。

(3)

 資本主義的グローバリゼーションと現在の危機の力学は、伝統的左翼の進化と
展開の枠組をも変化させた。改良主義官僚指導部は、その余裕を大きく失ってし
まった。一連の支配的諸国や開発途上国で、社会民主主義やそれに類する勢力
が、「改良なき改良主義から「反動的改革をもたらす改良主義」へと転化したこ
とは、社会自由主義への転換を経験しているということである。つまりこうした
勢力は、直接に新自由主義的ないし新保守主義的政策に同意を与えているのだ。
 さまざまな度合いで社会自由主義や中道左派と政治的・制度的につながったす
べての勢力は、労働者運動のこうした質的変化に引き込まれ、危機から抜け出る
プランを定式化する能力を持たない。さらに重大なことは、ブラジルのルラ政権
の政策に見られるように、エコロジー的危機をいっそう悪化させていることである。
 伝統的な共産党は長期的後退を続けている。彼らは、リベラル左派の指導的勢
力や制度的機構にすがりついたり、彼らのノスタルジックで自己確認的な立場に
舞い戻ることにより、この衰退を押しとどめようとしている。ギリシアの「シナ
スピスモス」のように反資本主義的諸勢力と共に社会運動を築き上げようと願う
部分や潮流が存在しているが、彼らはその改良主義的性格のために矛盾と分裂を
運命づけられている。社会的抵抗と伝統的左翼機構のこうした変化の結びつき
は、ラディカル左派にとって新たな空間を切り開いている。これは労働者運動の
新たな基盤での再組織化と再建、つまり反資本主義とエコ社会主義の下での再組
織化と再建を課題に載せるものである。

(4)

 われわれは、今世紀の挑戦と労働者運動の再建、その構造、階級意識、政治
的・文化的レベルでのブルジョアジーからの独立に対応できる新しい左翼を創出
するための再組織化に参加しようと思う。それは次のような左翼である。
?反資本主義的・国際主義的・エコロジスト的・フェミニスト的左翼。
?社会民主主義とその政府に対して明確なオルタナティブとなる左翼。
?自主管理的で民主主義的で、そこに向かうための一貫した綱領を持つ、二十一
世紀の社会主義をめざして闘う左翼。
?この目標のためには資本主義やその論理と決別しなければならず、資本主義は
そこからの決裂を望む勢力と共に統治できないということに意識的である左翼。
?社会運動ならびに労働者の戦闘性を統合した職場での闘い、女性と
LGBT(レズビアン、ゲイ、バイセクシャル、トランスジェンダー)の自由と
解放をめざす闘い、エコロジー的闘争に根ざした複数主義的左翼。
?労働者の解放は労働者自身の任務であるという原則に立脚したプロレタリアー
トと被抑圧者の自己組織化戦略に基づく非制度圏左翼。
?ベレンの世界社会フォーラムで表現されたような新しい社会セクター、新しい
テーマ、とりわけ新しい世代を統合する左翼。古い材料で新しいものを作ること
はできないからである。
?支配体制と戦争に反対して闘い、大衆的な民主主義的インターナショナルの枠
組みを提示する国際主義的・反帝国主義的左翼。
?フェミニズム、エコ社会主義、ラテンアメリカの先住民族運動の発展を伴った
批判的で革命的なマルクス主義の貴重な遺産と結合できる左翼。
?危機に対決し、労働者とすべての被抑圧者の権利、成果、願いのための最大限
に広範な統一行動で闘う独立した階級闘争的左翼。

(5)

 これは、第四インターナショナル、新しい反資本主義諸政党、そして新しい国
際潮流の建設という問題が、そこにおいて提起されている大きな希望である。わ
れわれは一九九二年以来、自らの方法でそのことを表明し、過去二回の世界大会
(1995年の14回世界大会と2003年の15回世界大会)の文書で、「新しい時
代、新しい綱領、新しい党」という三本柱を発展させてきた。われわれは前回の
二〇〇三年世界大会で、広範な反資本主義政党の建設に関して、われわれの選択
の基本要素を確認している。
 第四インターナショナルは、あらゆる形で新しい局面に立ち向かっている。革
命的マルクス主義の活動家、その中核、潮流、組織は、労働者階級の新しい独立
した政治的代表を確立するという展望の下に、反資本主義的で革命的な政治組織
の建設という問題を提起しなければならない。各国のレベル、そして国際的レベ
ルでこのことは真実である。
 この十年間における階級闘争の経験、グローバル・ジャスティス運動、防衛的
闘争、反戦の動員の発展、とりわけブラジルPT(労働者党)やイタリアの共産
主義再建党の転換、フランスの反リベラル左翼の討論から導かれる教訓を基礎
に、革命的マルクス主義者はこの数年間、ブラジルのPSOL(社会主義と自由
党)、イタリアの批判的左翼、フランスの反資本主義新党、イギリスの
RESPECTの建設に関与してきた。この展望の中で、われわれはポルトガル
の左翼ブロック、デンマークの赤と緑の連合の経験を積み重ね続けてきた。
 異なった道を通じた共通の目標は、広範な反資本主義政党である。そのこと
は、組織統合や革命的潮流単独で、という古い公式を取り上げるという問題では
ない。大きな希望は、単なる革命的組織の枠を超えた諸勢力の結集である。それ
は、反資本主義政党の建設にはっきりと賛成する勢力を結集するプロセスの支え
となりうる。
 結集のそれぞれのプロセスは各国の特殊性や力関係を考慮したものになるた
め、モデルは存在しないが、かくしてわれわれの目標は、社会民主主義や中道左
派から独立した広範な反資本主義的政治勢力の建設、階級協調主義的政府、今日
では社会民主主義や中道左派の政府へのいかなる参加・支持政策をも拒絶する組
織の建設を追求することでなければならない。われわれが採用しなければならな
い方針は、こうした展望を基礎にしたものである。われわれが知っているアフリ
カとアジアでの差異と再組織化の経験は、同じ方向を指し示している。われわれ
が新たな前進をなしとげられるのは、この過程を通じてである。第四インターナ
ショナルの次回大会の枠組みを形成しなければならないのは、この問題である。

(6)

 これは、われわれが第四インターナショナルの建設と、国家レベル、大陸レベ
ル、国際レベルでの反資本主義的結集の政策との関係という問題にアプローチす
る際の枠組みなのである。われわれは、新しい国際的な組織結集という展望に
とって有効な手段にするために第四インターナショナルをいかに強化し、変革す
るかを討議しなければならない。その成果はいまだ限定的であることは認めなけ
ればならないが、こうしたことは反資本主義左翼会議やその他の国際会議の中
で、われわれがすでにスタートさせていることである。
 国際的レベルでは、われわれはこの政治的基礎の上に国際的合流と結集のため
の多くの会議やイニシアティブに参加した。ポルトガルの左翼ブロック、デン
マークの赤と緑の連盟、スコットランド社会党と共に欧州反資本主義左翼
(EACL)を形成した。われわれは英国SWP(社会主義労働者党)などの組
織と共に活動した。イタリア共産主義再建党や「シナスピスモス」(ギリシア)
のように時には「左」への政治的進化を見せた左翼改良主義組織も、こうした会
議に参加した。またわれわれは、インドのムンバイやブラジルのポルトアレグレ
で開催された世界社会フォーラムのおりに、革命的、反資本主義的諸組織の会議
を開催した。このレベルでわれわれは、ルラのPT(労働者党)と決裂したブラ
ジルのPSOL(社会主義と自由党)との連帯の絆を作り上げた。われわれは、
わがイタリアの同志たちがイタリア共産主義再建党の政策に対する反資本主義的
オルタナティブを建設する努力を支援してきた。
 こうした幾つかの要素は、われわれが実行したいと考えている方針のタイプを
示している。今年、パリやベレンで行われるようなさまざまな会議は、数多くの
欧州の反資本主義的諸組織や潮流による共同行動と討論の必要性と可能性を示す
ものである。今や、戦略的・綱領的思考に関する公開の会合や会議、国際的な動
員のキャンペーンやイニシアティブを通じた共同行動の政策を継続することが必
要なのである。
(7)

 第四インターナショナルとその各支部は、当面する綱領と諸要求、社会主義へ
の過渡的綱領と諸要求の双方を擁護し、促進し、実現する路線において決定的に
重要な役割を果たしてきたし、現在もなお果たしている。労働者とその諸組織の
大衆的動員をめざす統一戦線政策、民族的・国民的ブルジョワジーとのあらゆる
タイプの戦略的同盟にも反対する、労働者階級の統一と独立のための政策、一切
の国際主義を放棄して国家と資本主義経済を管理するにすぎない、先進資本主義
国での政権参加への反対、などである。
 第四インターナショナルは、革命的マルクス主義潮流の歴史を生きたものと
し、「世界を理解」し、革命的活動家・潮流・諸組織の分析と経験に正面から対
処し、同一の戦略的ビジョンや、革命的基盤に基づく広範な合流という選択を共
有する諸組織、潮流、活動家を結集するために、有用な役割を果たしてきたし、
現在も果たしている。「政治について考える」ことを可能にする国際的枠組みの
存在は、革命家たちの関与にとって何ものにも代えがたい財産である。一貫した
国際主義は、国際的枠組みという問題を提起しなければならない。
 しかし歴史的理由から言って、第四インターナショナルは、自ら分析してきた
ように、それ自身としてわれわれが必要とする新しい大衆的インターナショナル
を代表する正統性を持っていないのである。したがって、反資本主義勢力の結集
を前進させることが問題になるとき、とりわけ欧州やラテンアメリカでは、こう
した新しい組織は、自らを第四インターナショナルと自認するあれこれの潮流を
結びつけたり、そこに参加するということでは不可能である。その依拠する点が
何であろうと、さまざまなモレノ派(アルゼンチン、ブラジルなどラテンアメリ
カ諸国を中心にした別のトロツキスト組織)やランベール派(フランスを中心に
した別のトロツキスト組織)、SWP(英国の社会主義労働者党)などのさまざ
まな類のトロツキストにもこれはあてはまることである。しかし、第四インター
ナショナルとこれらの傾向の相違は、政治的立場以上に、各国支部と活動家の民
主主義的同権と協力に基づいたものであるというところに存在しており、それこ
そわがインターナショナルの信頼の基盤なのである。
 これら他の国際的諸テンデンシーは「国際的分派」であり、とりわけ党内のテ
ンデンシーの権利など民主主義的機能のルールを尊重しない「党分派」に基づく
組織運営を行っている。こうした国際「トロツキスト潮流」の歴史的限界は、他
の元マオイストや元スターリニスト潮流と同様に、現在、新しい国際的合流の結
晶化の前進を妨げている。チャベスなどによる新しいインターナショナルの呼び
かけは、同一の領域に位置づけられているわけではない。それらが根本的な政治
問題を提起しているのは明らかだが、国家と諸組織の関係という問題をも提起し
ている。
 現在の力関係においては、大衆的インターナショナルに向かって進む政策は、
むしろ中心的な政治的諸問題――活動、特別のテーマ、議論――に関する、公開の定
期的な会合という道をとるべきであり、それは反資本主義的で革命的な極の合流
と登場を可能にする。数年のうちに形成される可能性があり、反資本主義的オル
タナティブの探求に最も関与してきた諸セクターの戦闘性、経験、意識を表現す
る新しい反資本主義諸政党の中で、新しいインターナショナルの問題が提示され
ており、また提示されることになるだろう。われわれは、その問題が分岐・分裂
をもたらすことになりそうなイデオロギー的ないし歴史的選択として提示されな
いように行動しているし、これからもそうし続ける。それは一方では国際的関与
の課題での現実の政治的一致、他方ではさまざまな出自の潮流――各種のトロツキ
スト、リバタリアン(自由至上主義)、革命的サンディカリスト、革命的民族主
義者、左翼改良主義者――を結集しなければならない新しい組織の複数主義という
二重のレベルで提起しなければならない。
 したがって一般的には、新しい政党への具体的一歩を踏み出したときには、わ
れわれはテンデンシーや潮流の権利を持つ新しい広範な反資本主義政党を提起
し、またこの新党の中で第四インターナショナルの支持者はそれぞれの党の個別
の特殊条件にしたがって決められるやりかたで、自らを組織することを提起して
きた。左翼ブロック内のわがポルトガルの同志、赤と緑の連盟内のわがデンマー
クの同志、PSOL内のわがブラジルの同志は、第四インターナショナル潮流と
して、あるいは他の政治的傾向と共に階級闘争潮流として、それぞれに特有の方
法で組織されている。

(8)

 この運動の中で、われわれは一国レベルの党建設と、新しい国際的なグループ
化との時期的不一致に直面している。現在の情勢の中で、あるいはここ数年のう
ちに、一連の諸国で新しい反資本主義政党が作られる可能性があるが、新しい国
際的勢力の登場は、現段階では予見できない。新しいインターナショナルについ
てはなおさらのことである。新しいインターナショナルは長期に及ぶ共同行動
と、さまざまな出来事と資本主義打倒の任務への共通の理解の結果としてのみ存
在しうる。
 他方われわれは国際的合流の政策を確認する。それは第四インターナショナル
の固有の責任を確認させるものであり、第四インターナショナルの強化を必要と
する。われわれは、われわれと同一の政治的構想を共有する革命的諸組織のため
に、魅力のある民主主義的な組織的枠組みを示すよう追求できるし、現に追求し
ている。この力学の中にフィリピンの同志たちが位置し、パキスタンの同志やロ
シアの同志たちが位置している。そして、明日にも、例えばポーランドやマリの
同志たちも同じようになりうる。

(9)

 実際のところ、われわれはさまざまな政治潮流が認める固有の役割を有してい
る。われわれはおそらく、さまざまに異なった政治勢力を合流させうる唯一の存
在である。このことはたとえばラテンアメリカにおいて、ボリバール主義プロセ
スの左派に属するベネズエラの同志たちがわれわれに語ったことである。それは
また、EACL(欧州反資本主義左翼)と他の潮流との関係の枠組みの中でも同
様である。したがって次回の世界大会は、こうした勢力すべての会合への重要な
ステップとならなければならない。
 この大会は第四インターナショナルの大会であり、現段階において組織的拡大
はないだろう。しかしわれわれは第四インターナショナルが、新しいインターナ
ショナルの結集という展望において「ファシリテーター」としての役割を果たす
ことを望んでいる。

(10)

 結果として、われわれ自身を強化し、そしてこの役割を果たすために第四イン
ターナショナルのすべての機関を強化しなければならない。定期的会議、国際委
員会、支部間の相互訪問と交流などである。インターナショナルがこの数年間に
配置した活動の強化が必要である。第四インターナショナルの指導機関――ビュー
ロー、欧州政治局会議――の定期的機能化などである。約三十の組織が出席し毎年
開催されてきた国際委員会(IC)会議は、わが国際潮流の組織的連続性を保障
するものでなければならない。
 約五百人の同志たちが参加して毎年開催されてきた青年キャンプは、わが欧州
各国支部の青年活動の中心的役割を果たさなければならない。
 教育機関は新鮮な刺激を与えてきた。いまやわれわれは学校とセミナーの開催
を保障し、経営と組織化の均衡を確保している。第四インターナショナルは、そ
の会合と教育・研究機関を開放していかなければならない。教育・研究機関は、
各支部のカードルの教育だけではなく、諸潮流とさまざまな国際的経験の交流に
貢献する上で、中心的な位置を占めている。一連の国際的専門家に開かれた気候
変動についてのセミナーは、その良い例である。他の会合と同様、それは反資本
主義・革命的潮流が取り組んでいる不可欠の諸問題の綱領的な精緻化にとって、
われわれがそのるつぼとなる必要性と可能性を指し示している。女性、青年、労
働組合活動家たちの会合も他の人びとに開かれたものとなり、この展望の中で変
革されなければならない。
 要約すれば、次の時期、新しい国際的勢力、そして新しいインターナショナル
の建設をめざした方針において、国際的枠組みとしての第四インターナショナル
は、革命的マルクス主義の不可欠な資産となっているのである。
(「インターナショナルビューポイント」09年3月号)

------------------------------------------------------------------------
*かけはし2009.4.13,20日号より転載


    ホームへ戻る トピックスへ戻る