薬局おたすけ工房へようこそ!
 



新「薬局おたすけ工房」の設置について
●これ までの活動案内は、開発グループの総合力でハードからソフトまであらゆる分野を対象に、おたすけ工房を紹介してきました。
今後は薬局システムを、薬局のみなさんと相談しながらサポートする、おたすけ工房を主に紹介できたらと考えています。


 
これまでの活動実績
●薬局システムの薬情印刷から、サポートを開始しました。
当初は薬情印刷のみでしたが、薬袋印刷・お薬手帳印刷・一包化印刷と機能アップしました。
(千葉県・埼玉県への薬剤師登録等の資料作成機能も付けましたが未使用)
●続いて薬局POSのサポートを開始しました。
薬情印刷サポートより患者情報をもらい、会計処理として窓口以外に施設患者にも対応し、同時にOTC販売にも対応しました。
●埼玉県薬剤師会に薬情印刷サポートと薬局POSを参考出品させて頂きました。
(薬局POSは未完成で、プロトタイプでの紹介)

●オプション処理として、簡易薬歴管理・棚卸しサポート等を開始しました。
(簡易薬歴管理は、分包機用の出力指示機能のみ使用)

 ●薬情印刷サポート・薬局POSサポートの入力インターフェースとして、福岡県薬剤師会が提案するNSIPSを採用することにより、接続機種を自由に選択することが可能になりました。
NSIPSに対応した機種間の接続が可能)
 


 
NSIPSの採用について
●これまで、レセコンと現状の内部システム接続する場合、レセコンの機種が変わる度に、インターフェースを作成。試験を実施する必要ありました。
NSIPSに準拠した、インタフェースを作成することで、今後の機種更新等が楽になります。

  
NSIPSとは、日本薬剤師会が提案する薬局向けコンピュータシステム間の連携システムです。
NSIPSは、社団法人福岡県薬剤師会の登録商標です。(商標登録 第5214610号)



 
薬情印刷サポートについて
●レセコンより送られてくるNSIPS準拠のデータにより、以下の示す各種印刷をすると同時に、外部のサポートシステムに各種指示データを出力します。
1.薬情報印刷(6種類)・薬袋印刷(9種類)・薬手帳印刷(6種類)・一包化印刷(6種類)
  患者の性別・年齢等に応じた注意、混合剤の作成印刷、ピクトグラム印刷等が可能
2.薬局POSサポート用データ作成・薬歴サポート用データ作成が可能
3.薬局POSよりの指示で、薬情・薬手帳印刷が可能
 


 
薬局POSサポートについて
●レセコンより送られてくるNSIPS準拠のデータ(薬情印刷サポートより のデータも含む)により、会計精算処理を実施します。
1.患者会計データにより、調剤会計精算処理を実施すると同時にOTC販売会計精算も実施
  (未収金が発生した場合は、内部に未収金登録・薬の引き取り無しの患者も登録)
2.患者薬剤データにより、薬剤の在庫管理が可能(現在は未活用)
3.レセコンと未接続状態で、患者名を手入力することで、会計処理可能
4.OTCのみの販売も可能(容器等の非課税商品の販売も可能)
5.施設患者に対しての会計処理可能(施設に請求する場合と個人に請求する場合あり)
  請求書フォームは施設によって2種類から選択・締日の設定・現金/振込等の指定可能

 


 
shinichi@mouse.interq.or.jp
現在、上記薬局サポートシステムは市販していませんが、システム完成度を良くして、早く皆さんに提供・評価できればと考えています。
先頭ホームページの「問合せ」指定で、簡単に問合せできます。
 


 
 先頭ホームページに戻ります。