おくすり110番
スポンサード リンク 投げ銭コ-ナ-

成分(一般名) ウラピジル
製品例 エブランチルカプセル15mg~30mg ・・その他(ジェネリック) & 薬価
区分 降圧剤/α遮断剤/排尿障害改善剤・降圧剤

  PR

   概説    作用    特徴    注意    効能    用法    副作用
概説 血圧を下げるお薬です。また、前立腺が肥大した人の尿を出しやすくします。
作用

【働き-1】

血管にある交感神経のα受容体を遮断して、血管を広げます。その結果、血液の抵抗が減り血圧が下がります。高血圧の治療に用います。

血圧を適切に保つことは、将来起こるかもしれない脳卒中や心臓病、腎臓病を防ぐことにつながります。

【働き-2】

尿道平滑筋にあるα受容体を遮断して、尿道をゆるめます。その結果、尿の出がスムーズになります。前立腺肥大症などに伴う排尿障害の治療に用います。
特徴
  • α遮断薬という系統です。降圧薬としては第一選択されませんが、糖尿病や脂質代謝異常のある場合に適します。喘息や排尿障害、レイノー症状のある人にも用いることができます。
  • 徐放製剤で、1日2回の服用ですみます。
注意
【診察で】
  • 持病やアレルギーのある人は、医師に伝えておきましょう。
  • 服用中の薬は、医師に伝えてください。

【注意する人】

この薬はおもに肝臓で代謝されるので、肝臓の悪い人は注意が必要です。高齢の人は、立ちくらみなどの副作用がでやすいので、少量より開始するなど慎重に用います。

  • 注意が必要なケース..肝臓の悪い人、糖尿病などで自律神経の弱っている人、高齢の人など。

【飲み合わせ・食べ合わせ】

他の降圧薬と併用することも多いのですが、血圧の下がりすぎはよくありません。とくに、ACE阻害薬やβ遮断薬と併用するときは、起立性低血圧(立ちくらみ)に注意します。シルデナフィルなど勃起不全の薬も、併用により低血圧を起こすおそれがあります。

  • 飲み合わせに注意..他の降圧薬、利尿薬、シルデナフィル(バイアグラ)、バルデナフィル(レビトラ)、タダラフィル(シアリス)など。

【使用にあたり】
  • 決められた飲み方、服用量を守ってください。徐放製剤ですので、多めの水でかまずに飲みましょう。
  • ふつう、少量から開始し、医師が効果や副作用をチェックしながら増量していきます。
  • 寝る前に飲むように指示があるかもしれません。めまいを防いだり、早朝高血圧に対処するためです。
  • 服用後、強いめまいや立ちくらみが起きたら、しばらく横になり休んでください。その後の服用については医師とよく相談しましょう。
  • 飲み忘れにも注意してください。万一飲み忘れた場合、2回分を同時に飲んではいけません。

【食生活】
  • とくに飲みはじめに、めまいや立ちくらみを起こしやすいです。急に立ち上がらないで、ゆっくり動作するようにしましょう。また、車の運転や高所での危険な作業には十分注意してください。
  • 本態性高血圧症では、生活習慣の見直しも大切。減塩などの食事療法、運動療法、肥満があれば体重を落とすだけでも血圧が下がるものです。軽い高血圧であれば、薬をやめられることもあります。できたら簡易血圧計で自宅で血圧測定をおこない、適切に血圧がコントロールされているかチェックすることをおすすめします。
効能

【効能A】

本態性高血圧症、腎性高血圧症、褐色細胞腫による高血圧症。

【効能B】

前立腺肥大症に伴う排尿障害。

【効能C】

神経因性膀胱に伴う排尿困難。
用法

【効能A】

通常成人は、ウラピジルとして1日30mg(1回15mg1日2回)より服用を開始し、効果が不十分な場合は1〜2週間の間隔をおいて1日120mgまで漸増し、1日2回に分割し朝夕食後経口服用する。なお、年齢、症状により適宜増減する。

【効能B】

通常成人は、ウラピジルとして1日30mg(1回15mg1日2回)より服用を開始し、効果が不十分な場合は1〜2週間の間隔をおいて1日60〜90mgまで漸増し、1日2回に分割し朝夕食後経口服用する。なお、症状により適宜増減するが、1日最高服用量は90mgまでとする。

【効能C】

通常成人は、ウラピジルとして1日30mg(1回15mg1日2回)より服用を開始し、1〜2週間の間隔をおいて1日60mgに漸増し、1日2回に分割し朝夕食後経口服用する。なお、症状により適宜増減するが、1日最高服用量は90mgまでとする。

※用法用量は症状により異なります。医師の指示を必ずお守りください。
副作用 とくに飲み始めに、めまいを感じたり、立ちくらみを起こすことがあります。これらは徐々になくなることが多いのですが、症状の強いときは早めに受診しましょう。

そのほかは少ないですが、特異な副作用として尿失禁が知られています。尿が漏れやすいときは、医師に相談してください。


【重い副作用】 ..めったにないですが、初期症状等に念のため注意ください
  • 肝臓の重い症状..だるい、食欲不振、吐き気、発熱、発疹、かゆみ、皮膚や白目が黄色くなる、尿が茶褐色。

【その他】
  • だるい、めまい、立ちくらみ
  • 動悸、頻脈、低血圧
  • 尿が漏れる、頻尿
  • 吐き気、鼻づまり、頭痛、眠気
   概説    作用    特徴    注意    効能    用法    副作用
  









用法用量は医師・薬剤師の指示を必ずお守りください。
すべての副作用を掲載しているわけではありません。いつもと違う「おかしいな」と感じたら早めに受診してください。
症状に合った薬が適正に処方され、また正しく使用するかぎり、重い副作用はめったに起こりません。まずは安心して、決められたとおりにご使用ください。
おくすり110番病気別の薬くすり本NAVIおくすり鑑定妊娠とくすり禁忌薬副作用薬価Drug Yaboo!

スポンサード リンク 投げ銭してネ !
Good luck & Good bye