おくすり110番
スポンサード リンク 投げ銭コ-ナ-

成分(一般名) ベザフィブラート
製品例 ベザトールSR錠100mg~200mg ・・その他(ジェネリック) & 薬価
区分 高脂血症用剤/フィブラート系/高脂血症治療剤

  PR 人気の薬系書籍ベスト30 「くすり本NAVI 」

   概説    作用    特徴    注意    効能    用法    副作用
概説 血液中のコレステロールや中性脂肪を減らすお薬です。高脂血症の治療に用います。
作用

【働き】

高脂血症は、血液中のコレステロールや中性脂肪が多すぎる状態です。自覚症状がなくても、長い間に動脈硬化が進み、狭心症や心筋梗塞の原因にもなりかねません。このお薬でコレステロールや中性脂肪を減らせば、将来起こるかもしれない心筋梗塞の危険性を少なくすることができます。

【薬理】
  • 中性脂肪(トリグリセリド)低下作用..中性脂肪の消失速度を早めたり、生合成を抑制します。
  • 総コレステロール低下作用..肝臓でのコレステロールの合成を抑制し、また胆汁中への排泄を促進します。悪玉コレステロール(LDL)が減少する一方、善玉コレステロール(HDL)はむしろ増加します。
  • 血中脂質動態を改善することで、動脈硬化を抑制します。

【臨床試験】
  • 高トリグリセリド血症で狭心症など心臓病のある人を対象にした予後改善効果を調べた海外の研究があります。そのようなリスクの高い人では、この薬の服用により、心筋梗塞や心臓死が約4割減少することが示されました。
  • コレステロール値が平均250の男性1万人を2つのグループに分け、同系のクロフィブラートとプラセボ(にせ薬)の効果を比較した古い研究があります。4年目の総死亡率は、クロフィブラートを飲んでいた人のほうが、かえって高いという意外な結果でした。
  • 心筋梗塞の少ない日本人の長期予後における有用性についてはまだ十分検証されていません。
特徴
  • 第二世代のフィブラート系抗高脂血症薬です。この系統は、とくに中性脂肪を低下させる作用が強いので、中性脂肪が多いタイプ(高トリグリセリド血症)に向いています。コレステロール値だけが高い高脂血症には、第一選択されません。
  • 同類薬のなかでも作用が強力で、広く処方されています。海外で大規模臨床試験がおこなわれており、心臓病を予防するなど予後改善効果が示されています。
注意
【診察で】
  • 持病やアレルギーのある人は、また妊娠中の人は、医師に伝えておきましょう。
  • 服用中の薬は、医師に伝えておきましょう。

【注意する人】

腎臓の悪い人は普通の人に比べ副作用がでやすいので、使用できないことがあります。高齢の人も、少量にするなど慎重に用います。

  • 適さないケース..腎不全など重い腎臓病、人工透析を受けている人、妊娠中の人など。
  • 注意が必要なケース..腎臓病、肝臓病、胆石、高齢の人など。

【飲み合わせ・食べ合わせ】

他のスタチン系のコレステロールの薬といっしょに飲むと「横紋筋融解症」という筋肉の副作用がでやすくなります。とくに腎臓の悪い人は、原則的に併用しないことになっています。また、抗凝血薬のワルファリンや血糖降下薬の作用を強めるおそれがあります。

  • 飲み合わせに注意..スタチン系コレステロール低下薬(メバロチン、リポバス、リピトール、ローコール)、ワルファリン、血糖降下薬(SU薬、ナテグリニド)、シクロスポリンなど。

【使用にあたり】
  • 症状や体質によって飲む量が異なります。指示どおりに正しくお飲みください。高齢の人や腎臓の働きの悪い人は、より少量となることがあります。
  • 徐放錠ですので、かみ砕いてはいけません。そのなまま、多めの水で飲んでください。
  • 長期に飲み続けることが多いです。

【検査】

定期的に決められた検査を受け、効果や副作用をチェックするようにしましょう。とくに、肝機能、腎機能、血液の検査が大事です。

【食生活】

食事療法、運動療法、適切な体重の維持、禁煙なども大切です。これらをきちんとおこなえば、薬を飲まなくて済むことが多いものです。薬を飲みはじめても、不摂生をしては意味がありません。

【備考】
  • コレステロールは、臨床的意義により大きく2つのタイプに分類されます。一つは悪玉とされるLDLコレステロール、もう一つは善玉のHDLコレステロールです。LDLは肝臓からコレステロールを全身の組織に運ぶ役目をしているのですが、多すぎると血管内壁に入り込み動脈硬化をすすめます。一方、善玉とされるHDLは、全身の組織から余分なコレステロールを回収し肝臓に戻します。このHDLコレステロールが少なすぎるのも良くないので、脂質異常症(高脂血症)のひとつの判定基準になります。
  • 中性脂肪(トリグリセリド)も脂質異常症の主要な判定基準です。中性脂肪はエネルギー源として体に蓄えられるのですが、必要以上に多いと動脈硬化をすすめる危険因子となってしまいます。
  • 薬を飲む必要があるかは、単にコレステロールや中性脂肪の値だけでは判断できません。喫煙、肥満、年齢、高血圧、糖尿などがあり、心筋梗塞を起こす危険性の高い人は、より低い値でも服薬をすすめられるものです。逆に、コレステロール値が多少高いだけで、その他のリスク要因が少ないのであれば、必ずしも薬物治療を必要としません。とくに、もともと心筋梗塞の少ない日本人女性での有用性については議論のあるところです。
  • コレステロールは体に必要なものです。免疫細胞やホルモンを作るのにも欠かせません。やみくもにコレステロール値を下げればよいというものではありません。
効能 高脂血症(家族性を含む)。
用法 通常、成人はベザフィブラートとして1日400mgを2回に分けて朝夕食後に経口服用する。なお、腎機能障害を有する患者及び高齢者に対しては適宜減量すること。

※用法用量は症状により異なります。医師の指示を必ずお守りください。
副作用 注意したいのは、筋肉が障害を受ける「横紋筋融解症」です。まれな副作用ですが、とくに腎臓の悪い人、高齢の人は注意が必要です。また、別のスタチン系のコレステロール低下薬といっしょに飲むと起こりやすいといわれます。足のふくらはぎなどに筋肉痛があらわれたら、すぐに受診してください。

そのほか、わりと多いのは腹痛や吐き気など胃腸症状です。また、特異な副作用として胆石や肝障害もあります。決められた検査を受け、副作用のチェックしてもらうことが大切です。


【重い副作用】 ..めったにないですが、初期症状等に念のため注意ください
  • 横紋筋融解症..手足のしびれ・けいれん、力が入らない、筋肉痛、歩行困難、赤褐色の尿。
  • ショック、アナフィラキシー..気持ちが悪い、冷汗、顔面蒼白、手足の冷え・しびれ、じんま疹、全身発赤、顔や喉の腫れ、ゼーゼー息苦しい、めまい、血圧低下、目の前が暗くなり意識が薄れる。
  • 肝臓の重い症状..だるい、食欲不振、吐き気、発熱、発疹、かゆみ、皮膚や白目が黄色くなる、尿が茶褐色。
  • 重い皮膚・粘膜障害..発疹、発赤、水ぶくれ、うみ、皮がむける、皮膚の熱感や痛み、かゆみ、唇や口内のただれ、のどの痛み、目の充血、発熱、全身けん怠感。

【その他】
  • 腹痛、吐き気、食欲不振
  • 胆石..右上腹部から右背部にさしこむような痛み。
  • 脱力感、性欲の低下、発疹
   概説    作用    特徴    注意    効能    用法    副作用
  









用法用量は医師・薬剤師の指示を必ずお守りください。
すべての副作用を掲載しているわけではありません。いつもと違う「おかしいな」と感じたら早めに受診してください。
症状に合った薬が適正に処方され、また正しく使用するかぎり、重い副作用はめったに起こりません。まずは安心して、決められたとおりにご使用ください。
おくすり110番病気別の薬くすり本NAVIおくすり鑑定妊娠とくすり禁忌薬副作用薬価Drug Yaboo!

スポンサード リンク 投げ銭してネ !
Good luck & Good bye