おくすり110番
スポンサード リンク 投げ銭コ-ナ-

成分(一般名) クロモグリク酸ナトリウム(外用)
製品例 インタールカプセル外用20mg、インタール吸入液1%、インタールエアロゾル1mg ・・その他(ジェネリック) & 薬価
区分 気管支拡張剤・他/抗アレルギー/喘息・アレルギー性鼻炎治療剤

  PR 人気の薬系書籍ベスト30 「くすり本NAVI 」

   概説    作用    特徴    注意    効能    用法    副作用
概説 アレルギーをおさえるお薬です。喘息やアレルギー性鼻炎の治療に用います。
作用

【働き】

アレルギーの発症には、ヒスタミンやロイコトリエンなどいろいろな体内物質が関与しています。このお薬は、そのような物質が出てくるのをおさえ、アレルギー症状を改善します。

おもに喘息に用いますが、アレルギー性鼻炎にも適応します。喘息においては、気道過敏性の亢進が抑制され、喘息発作が起こりにくい状態になります。また、アレルギー性鼻炎では、くしゃみや鼻水の症状が緩和されます。ただし予防的な薬ですので、速効性はありません。また、アレルギーの原因そのものを治すことはできません。

【薬理】

気道や鼻粘膜に存在する免疫系のマスト細胞に作用し、ヒスタミン等の化学伝達物質の遊離を抑制します。そのような作用から化学伝達物質遊離抑制薬(ケミカルメディエーター遊離抑制作用)と呼ばれています。
特徴抗アレルギー薬のうちの「化学伝達物質遊離抑制薬」に分類されます。吸入薬や噴霧薬をはじめ各種の製剤があり、さまざまなアレルギー症状に広く使われています。古くからある、この系統の草分け的な薬です。
注意

【診察で】

正しい吸入方法の説明を受けておきましょう。

【使用にあたり】
  • カプセルは、専用の吸入用器具(スピンヘラー)を用いて吸入します。飲み薬ではありませんので、注意してください。飲んでも効果はありません。
  • アンプルの吸入液はネブライザーを用いて吸入します。
  • 携帯用のエアロゾルは、説明書にそって正しく吸入してください。新しいボンベは、最初の4噴霧分は吸入せず空気中に空噴霧します。
  • 予防薬として毎日規則的に吸入します。十分な効果がでるまでに、数週間かかります。
  • 花粉症(アレルギー性鼻炎)では、予防的に飛散1〜2週間前から開始することがあります。その後も決められた期間続けてください。
  • 起きている喘息発作を止めることはできません。発作時には、他の速効性の吸入薬(気管支拡張薬)を用います。
  • 喘息発作がたびたび起こる場合は早めに受診しましょう。

【食生活】

人により原因は異なりますが、アレルギーは花粉やほこり、ダニやカビなどで生じます。原因がはっきりしたら、その原因物質(抗原)をできるだけ避け、また取り除くようにします。
効能

【カプセル】

気管支喘息、アレルギー性鼻炎。

【吸入液・エアロゾル】

気管支喘息。
用法
【カプセル】
  • 気管支喘息..朝、昼及び就寝前ないしは朝、昼、夕及び就寝前1回1カプセル(クロモグリク酸ナトリウムとして20mg)ずつ、1日3〜4カプセルを本剤専用の吸入用器具を用いて吸入する。症状の緩解が得られれば、その後の経過を観察しながら1日2〜3カプセルに減量すること。
  • アレルギー性鼻炎..朝、昼及び就寝前ないしは朝、昼、夕及び就寝前1回1カプセル(クロモグリク酸ナトリウムとして20mg)ずつ、1日3〜4カプセルを本剤専用の鼻用噴霧器を用いて両鼻腔内に交互に噴霧吸入する。症状の緩解が得られれば、その後の経過を観察しながら減量すること。

【吸入液】

朝、昼及び就寝前ないしは朝、昼、夕及び就寝前1回1アンプル(クロモグリク酸ナトリウムとして20mg)ずつ、1日3〜4アンプルを電動式ネブライザーを用いて吸入する。症状の緩解が得られれば、その後の経過を観察しながら1日2〜3アンプルに減量すること。

【エアロゾル】

1回2噴霧(クロモグリク酸ナトリウムとして2mg)、1日4回(朝、昼、夕及び就寝前)吸入する。症状の緩解が得られれば、その後の経過を観察しながら1日2〜3回に減量すること。

※用法用量は症状により異なります。医師の指示を必ずお守りください。
副作用 安全性が高く、副作用はほとんどありません。ときに、刺激を感じることがありますが、たいてい心配いりません。気になるときは吸入後に水を飲むとよいでしょう。

ごくまれですが、かえって喘息発作を誘発してしまうことがあります。そのほか、PIE症候群(アレルギー性の肺炎)やアナフィラキシー様症状(重いアレルギー症状)の報告もあります。これらは、きわめてまれな副作用ですが、初期症状に念のため注意してください。


【重い副作用】 ..めったにないですが、初期症状等に念のため注意ください
  • 喘息発作の誘発..咳き込む、ぜいぜい息をする、息をするときヒューヒュー音がする、息切れ、呼吸しにくい。
  • 肺の異常(PIE症候群)..咳、痰、息苦しさ、発熱。
  • アナフィラキシー様症状..じんま疹、全身発赤、顔や喉の腫れ、息苦しい(ゼーゼー)。

【副作用】
  • 使用部位の刺激感
  • 吐き気、発疹
   概説    作用    特徴    注意    効能    用法    副作用
  









用法用量は医師・薬剤師の指示を必ずお守りください。
すべての副作用を掲載しているわけではありません。いつもと違う「おかしいな」と感じたら早めに受診してください。
症状に合った薬が適正に処方され、また正しく使用するかぎり、重い副作用はめったに起こりません。まずは安心して、決められたとおりにご使用ください。
おくすり110番病気別の薬くすり本NAVIおくすり鑑定妊娠とくすり禁忌薬副作用薬価Drug Yaboo!

スポンサード リンク 投げ銭してネ !
Good luck & Good bye