おくすり110番
スポンサード リンク 投げ銭コ-ナ-

成分(一般名) レバミピド
製品例 ムコスタ錠100mg、ムコスタ顆粒20% ・・その他(ジェネリック) & 薬価
区分 消化性潰瘍用剤/その他/胃炎・胃潰瘍治療剤

  PR

   概説    作用    特徴    注意    効能    用法    副作用
概説 胃の粘膜を丈夫にするお薬です。胃炎や胃潰瘍の治療に用います。
作用

【働き】

胃の粘膜が弱ると、胃酸の刺激で、胃炎や胃潰瘍(胃粘膜の傷)を起こしやすくなります。

このお薬は、胃の粘膜を丈夫にします。そして、胃酸に対する抵抗力を高め、胃炎や胃潰瘍の治りをよくします。また、鎮痛薬など他の薬による胃の荒れを予防します。

【薬理】

胃を守る粘液を増やしたり、胃粘膜の血流をよくすることで、胃酸に対する防御機能を高めます。傷ついた組織の修復を助ける作用もあります。
特徴
  • 胃酸に対する「防御因子増強薬」です。強い作用があるとはいえませんが、副作用はほとんどありません。この部類で、一番よく処方されています。
  • 胃炎や胃潰瘍の治療に広く用いられています。鎮痛薬など他の薬による胃の荒れを予防する目的で、いっしょに処方されることも多いです。
注意

【診察で】

持病のある人や、服用中の薬は医師に伝えておきましょう。

【使用にあたり】

指示どおりにお飲みください。ふつう、1日3回飲みます。他の薬と併用することも多いです。
効能

【効能A】

胃潰瘍

【効能B】

次の疾患の胃粘膜病変(びらん、出血、発赤、浮腫)の改善//急性胃炎、慢性胃炎の急性増悪期
用法

【効能A】

通常、成人は1回レバミピドとして100mg(ムコスタ錠100:1錠、ムコスタ顆粒20%:0.5g)を1日3回、朝、夕及び就寝前に経口服用する。

【効能B】

通常、成人は1回レバミピドとして100mg(ムコスタ錠100:1錠、ムコスタ顆粒20%:0.5g)を1日3回経口服用する。

※用法用量は症状により異なります。医師の指示を必ずお守りください。
副作用 安全性の高いお薬です。副作用はまずありません。ショックや血液障害、肝障害の報告がありますが、頻度的にきわめてまれです。


【重い副作用】 ..めったにないですが、初期症状等に念のため注意ください
  • ショック、アナフィラキシー様症状..気持ちが悪い、冷汗、顔面蒼白、手足の冷え・しびれ、じんま疹、全身発赤、顔や喉の腫れ、ゼーゼー息苦しい、めまい、血圧低下、目の前が暗くなり意識が薄れる。
  • 重い血液成分の異常..発熱、喉の痛み、口内炎、だるい、皮下出血(血豆・青あざ)や歯肉出血など出血傾向。
  • 肝臓の重い症状..だるい、食欲不振、吐き気、発熱、発疹、かゆみ、皮膚や白目が黄色くなる、尿が茶褐色。

【その他】
  • 発疹、かゆみ
   概説    作用    特徴    注意    効能    用法    副作用
  





用法用量は医師・薬剤師の指示を必ずお守りください。
すべての副作用を掲載しているわけではありません。いつもと違う「おかしいな」と感じたら早めに受診してください。
症状に合った薬が適正に処方され、また正しく使用するかぎり、重い副作用はめったに起こりません。まずは安心して、決められたとおりにご使用ください。
おくすり110番病気別の薬くすり本NAVIおくすり鑑定妊娠とくすり禁忌薬副作用薬価Drug Yaboo!

スポンサード リンク 投げ銭してネ !
Good luck & Good bye