おくすり110番
スポンサーも訪れて下さいネ 投げ銭コ-ナ-

成分(一般名) ラモセトロン塩酸塩
製品例 イリボー錠2.5μg~5μg、イリボーOD錠2.5μg~5μg ・・その他(ジェネリック) & 薬価
区分 他の消化器官用薬/5-HT3受容体拮抗剤/下痢型過敏性腸症候群治療剤

  PR

   概説    作用    特徴    注意    効能    用法    副作用
概説 下痢や腹痛をおさえるお薬です。男性の下痢型過敏性腸症候群に用います。
作用

【働き】

過敏性腸症候群は、器質的な病変がないのに、普段から腸の調子が悪く、腹痛や排便異常を頻繁に起こす病気です。その症状から、下痢型、便秘型、両方を繰り返す交替型の3つのタイプに分かれます。原因はよく分かっていませんが、精神的なストレスをはじめ、いくつかの要因から 腸の神経が過敏になっていると考えられます。

このお薬の効能は、下痢型の過敏性腸症候群に対するものです。腸の運動を亢進させるセロトニン(5‐HT3)という神経伝達物質をおさえることで、下痢や腹痛、腹部不快感などの消化器症状を改善します。ただし、処方は男性に限ります。女性においては効果不十分なうえ、男性よりも副作用が出やすいことが確認されているためです。

【薬理】

セロトニン(5‐HT3)受容体を選択的に阻害します。消化管運動亢進を助長するセロトニンの伝達経路を遮断することで、大腸輸送能亢進あるいは大腸水分輸送異常にもとづく排便亢進や下痢症状を改善します。また、大腸痛覚伝達を抑制して、知覚過敏や腹痛をやわらげます。
特徴
  • 男性向け下痢型過敏性腸症候群治療薬です。便秘型に対する効能はありません。また、女性では、血中濃度が上がりやすく、便秘などの副作用が起こりやすいことが臨床試験で示されています。このため、女性には適応しません。
  • 作用機序からは、セロトニン(5‐HT3)受容体拮抗薬に分類されます。この系統は化学療法における制吐薬としても広く用いられています。有効成分のラモセトロンは、既存の制吐薬のナゼアと同一です。イリボー錠は、過敏性腸症候群を新効能として新たに承認されました。
注意
【診察で】
  • どのような症状があるのか、医師によく話してください。
  • 市販薬を含め使用中の薬を医師に伝えてください。

【注意する人】
  • 便秘型や交替型の過敏性腸症候群には適応しません。便秘を起こすことのある人は医師に話しておきましょう。
  • 腹部手術歴がある場合は、イレウスの発現に注意するなど慎重に用いる必要があります。

【飲み合わせ・食べ合わせ】
  • 抗うつ薬のフルボキサミン(デプロメール、ルボックス)との併用により、この薬の血中濃度が上昇し副作用が増強するおそれがあります。
  • 抗コリン作用をもつ薬剤、たとえば腹痛止めの胃腸薬、フェノチアジン系の安定剤、三環系抗うつ薬などといっしょに飲むと、便秘や硬便などの副作用が出やすくなるおそれがあります。
  • 下痢止めのロペラミド(ロペミン)、あるいはコデインやモルヒネなどアヘンアルカロイド系薬剤との併用により、ひどい便秘を起こす可能性があります。アヘンアルカロイド系薬剤は、下痢止めとして用いるほか、咳止めや痛み止めとしても処方されますので注意してください。

【使用にあたり】
  • 指示どおりに正しくお飲みください。自分だけの判断で、用量を調整したり、飲むのを止めてはいけません。
  • かえって腹痛が悪化したり、便秘になってしまう場合は、医師に連絡してください。
  • 症状が安定している場合は、服用後3カ月を目安に、治療を続けるか終了するかを医師が決めます。
効能 男性における下痢型過敏性腸症候群
用法 通常、成人男性はラモセトロン塩酸塩として5μgを1日1回経口服用する。なお、症状により適宜増減するが、1日最高服用量は10μgまでとする。

※用法用量は症状により異なります。医師の指示を必ずお守りください。
副作用 一番多いのは便秘です。まれに重症化することがありますので、便秘がちなったり、腹痛が続くようでしたら、早めに医師に連絡してください。そのほかの副作用は少ないです。


【重い副作用】 ..めったにないですが、初期症状等に念のため注意ください
  • ショック、アナフィラキシー様症状..気持ちが悪い、冷汗、顔面蒼白、手足の冷え・しびれ、じんま疹、全身発赤、顔や喉の腫れ、ゼーゼー息苦しい、めまい、血圧低下、目の前が暗くなり意識が薄れる。
  • 重い便秘..便秘が続く、便が固い、排便できない、お腹が膨らむ、激しい腹痛、吐き気、吐く。
  • 虚血性大腸炎..激しい腹痛、血液便。

【その他】
  • 便秘、便が固い、お腹が張る、腹痛
   概説    作用    特徴    注意    効能    用法    副作用
  









用法用量は医師・薬剤師の指示を必ずお守りください。
すべての副作用を掲載しているわけではありません。いつもと違う「おかしいな」と感じたら早めに受診してください。
症状に合った薬が適正に処方され、また正しく使用するかぎり、重い副作用はめったに起こりません。まずは安心して、決められたとおりにご使用ください。
おくすり110番病気別の薬くすり本NAVIおくすり鑑定妊娠とくすり禁忌薬副作用薬価Drug Yaboo!

スポンサーも訪れて下さいネ 投げ銭してネ !
Good luck & Good bye