おくすり110番
スポンサード リンク 投げ銭コ-ナ-

成分(一般名) クロルマジノン酢酸エステル
製品例 ルトラール錠2mg、エフミン錠25mg、プロスタール錠25、プロスタールL錠50mg ・・その他(ジェネリック) & 薬価
区分 卵胞ホルモン,黄体ホルモン/合成黄体ホルモン/経口黄体ホルモン剤

  PR

   概説    作用    特徴    注意    効能    用法    副作用
概説 黄体ホルモンを補うお薬です。婦人科領域で用いるほか、高用量製剤を男性の前立腺肥大症や前立腺がんの治療に使います。
作用

【働き-1】

黄体ホルモン(プロゲステロン)は、排卵後、卵胞から変化した黄体から分泌されます。そして、子宮内膜を充実させ、受精卵が着床しやすい状態にします。この期間は体温が上昇する高温期(黄体期)です。さらに、着床後も分泌が続き、妊娠を維持する働きをします。

このお薬は、黄体ホルモンとして働く「黄体ホルモン薬」です。黄体ホルモンの不足やバランスのくずれで起こるいろいろな症状を改善します。生理不順や無月経、機能性子宮出血(器質的に異常のない予定外の出血)、黄体ホルモンの不足による不妊症などに用います。

  • 生理不順、無月経..生理のリズムをとりもどすのに用います。まず、一定期間服用し子宮内膜を充実・維持させます。その後服用を中止し、生理(出血)を起こさせます。
  • 機能性子宮出血..子宮内膜を維持し剥がれにくくすることで、出血をおさえます。
  • 黄体機能不全による不妊症..黄体ホルモン補充療法です。黄体の働きが悪く、黄体期に体温上昇がみられないときや、黄体期が短い場合(10日以下)に用います。黄体ホルモンは、子宮内膜を分泌内膜に変えて、受精卵が着床しやすい状態にします。ふつう、排卵と合わせて服用をはじめます。
  • 女性ホルモン補充療法..更年期障害に対し、卵胞ホルモン薬の補助薬として用います。併用の目的は、子宮がん発生の危険性をなくすためです。
  • その他..医師の判断で、生理日の調整などに応用されるかもしれません。

【働き-2】

高用量製剤は、男性の前立腺肥大症や前立腺がんの治療に用いられています。黄体ホルモンの抗男性ホルモン作用にもとづく効能です。すなわち、男性ホルモンの働きをじゃましたり、男性ホルモンそのものの分泌を抑える作用により、肥大した前立腺を小さくしたり、あるいは前立腺がんの増殖を抑制するのです。前立腺肥大症では、もとの大きさの7割くらいに縮小する可能性があります。ただし、病気の原因そのものは治せないので、中止すると元に戻ってしまうことが多いです。
特徴
  • 合成黄体ホルモン薬です。天然の黄体ホルモンに近い自然な作用を示します(プレグナン型プロゲストーゲン)。
  • 高用量製剤(プロスタール等)は、抗男性ホルモン薬(抗アンドロゲン薬)として、男性の前立腺肥大症や前立腺がんの治療に古くから用いられています。
注意
【診察で】
  • 肝臓病など持病のある人は医師に伝えておきましょう。
  • 妊娠中もしくはその可能性のある人は、医師に伝えてださい。
  • 服用中の薬を医師に教えてください。

【注意する人】

重い肝臓病のある人は使用できません。この薬により病状が悪化するおそれがあるためです。

  • 適さないケース..重い肝臓病のある人。
  • 注意が必要なケース..心臓病、腎臓病、糖尿病のある人。

【使用にあたり】
  • 治療目的によって飲み方が違います。周期的投与法など変則的になることが多いですから、指示どおりに正しくお飲みください。
  • 卵胞ホルモン薬といっしょに飲むことがあります。
  • 飲み始めの吐き気は、徐々に慣れてなくなることが多いです。
  • 男性の前立腺肥大症においては、服用の目安を4カ月間とします。その後の継続は効果や副作用を考慮して決められます。

【検査】

長期に続けるときは、定期的に決められた検査を受けてください。肝機能や血糖値を調べたりします。
効能

【低用量製剤(2mg)】

無月経、月経周期異常(稀発月経、多発月経)、月経量異常(過少月経、過多月経)、月経困難症、機能性子宮出血、卵巣機能不全症、黄体機能不全による不妊症

【高用量製剤(25mg)】

前立腺肥大症、前立腺癌(ただし、転移のある前立腺癌症例に対しては、他療法による治療の困難な場合に使用する)

【高用量徐放製剤(L50mg)】

前立腺肥大症
用法

【低用量製剤(2mg)】

通常、成人はクロルマジノン酢酸エステルとして1日2〜12mgを1〜3回に分割経口服用する。

【高用量製剤(25mg)】
  • 前立腺肥大症..クロルマジノン酢酸エステルとして、1回25mg(1錠)を1日2回食後に経口服用する。
  • 前立腺癌..クロルマジノン酢酸エステルとして、1回50mg(2錠)を1日2回食後に経口服用する。なお、症状により適宜増減する。

【高用量徐放製剤(L50mg)】

通常、成人はクロルマジノン酢酸エステルとして1回50mg(1錠)を1日1回食後経口服用する。

※用法用量は症状により異なります。医師の指示を必ずお守りください。
副作用 飲み始めに多いのは、吐き気や嘔吐、乳房の張りや痛み、頭痛などです。これらは、2〜3カ月して体が慣れてくればたいてい軽快しますので、それほど心配いりません。また、人によっては、体がだるくなったり、気分が憂うつになることもあります。

男性で比較的多いのは、女性化乳房や性的機能の低下などホルモンにかかわる副作用です。人によっては乳房が大きくなったり、勃起障害、性欲低下などがあらわれるかもしれません。気になることがあれば、医師とよく相談してください。

重い副作用はまずありませんが、血栓症や肝障害の報告があります。高用量製剤服用時や、他のホルモン薬と併用しているときなど念のため注意してください。血栓症は、血液の固まりで血管が詰まることで起こります。生じる所はいろいろです。手足、とくにふくらはぎの痛みやシビレ、激しい頭痛、突然の息切れ、急に視力が落ちるといった症状が前触れとなります。万一、そのような症状があらわれたら、すぐ医師に連絡してください。


【重い副作用】 ..めったにないですが、初期症状等に念のため注意ください
  • 血栓症..手足とくにふくらはぎの痛み・はれ・むくみ・しびれ、突然の息切れ・息苦しい、胸の痛み、急に視力が落ちる、視野が欠ける、目が痛む、頭痛、片側のまひ、うまく話せない、意識が薄れる。
  • 心不全..息苦しい、息切れ、胸が苦しい、動悸、疲れやすい、むくみ、体重増加。
  • 肝臓の重い症状..だるい、食欲不振、吐き気、発熱、発疹、かゆみ、皮膚や白目が黄色くなる、尿が茶褐色。
  • 高血糖..異常にのどが渇く、水をがぶ飲み、多尿、頻尿。

【その他】
  • 乳房が張る、乳首の腫れや痛み、予定外の出血
  • 吐き気、吐く、食欲不振、腹痛、胃の膨満感、下痢
  • むくみ、体重増加、にきび
  • だるい、めまい、頭痛、眠気、不眠、気分の落ち込み
  • 発疹、肝機能の異常
  • 男性の女性化乳房、勃起障害、性欲低下
   概説    作用    特徴    注意    効能    用法    副作用
  









用法用量は医師・薬剤師の指示を必ずお守りください。
すべての副作用を掲載しているわけではありません。いつもと違う「おかしいな」と感じたら早めに受診してください。
症状に合った薬が適正に処方され、また正しく使用するかぎり、重い副作用はめったに起こりません。まずは安心して、決められたとおりにご使用ください。
おくすり110番病気別の薬くすり本NAVIおくすり鑑定妊娠とくすり禁忌薬副作用薬価Drug Yaboo!

スポンサード リンク 投げ銭してネ !
Good luck & Good bye