おくすり110番
スポンサード リンク 投げ銭コ-ナ-

成分(一般名) クロミフェン クエン酸塩
製品例 クロミッド錠50mg ・・その他(ジェネリック) & 薬価
区分 他のホルモン(抗ホルモン含む)/その他/排卵誘発剤

  PR 人気の薬系書籍ベスト30 「くすり本NAVI 」

   概説    作用    特徴    注意    効能    用法    副作用
概説 排卵を生じさせるお薬です。排卵障害による不妊症に用います。
作用

【働き】

性腺刺激ホルモンが不足すると、排卵しにくくなります。この薬の作用は、その性腺刺激ホルモン(卵胞刺激ホルモン)の分泌を増やすことです。十分な性腺刺激ホルモンにより卵胞が大きく育ち、排卵できるようになります。生理のみられる無排卵周期症の場合で、排卵の成功率は70〜80%以上、第1度無月経でも60〜70%くらい有効です(妊娠にいたる例はこれほど高くありません)。

なお、医師の判断で男性不妊症に応用されることがあります。この場合、性腺刺激ホルモンは睾丸に作用します。男性ホルモンの分泌がよくなり、精子形成の促進効果が期待できます。

【薬理】

次のようなステップで排卵を起こします。@脳に働きかけて、性腺刺激ホルモン放出ホルモンの分泌促進 → A性腺刺激ホルモン(卵胞刺激ホルモンと黄体形成ホルモン)の分泌増加 → B卵胞刺激ホルモンにより卵胞が成熟し、黄体形成ホルモンにより排卵がうながされる。
特徴
  • 代表的な排卵誘発薬です。同類薬のシクロフェニル(セキソビット)よりも作用が強力で効果が確実です。排卵がない場合、まず最初にこの薬が試みられるものです。
  • 欠点として、頚管粘液の分泌抑制や子宮内膜への悪影響があげられます。
注意
【診察で】
  • 持病やアレルギーのある人は医師に伝えておきましょう。
  • 排卵誘発薬を用いると、二子の可能性が少し高まります(5%)。そのことも含め注意事項や副作用について十分説明を受けてください。薬の性質をよく理解し、同意のうえで治療にあたりましょう。

【注意する人】
  • 乳がんや子宮がん、卵巣がん、あるいは卵巣腫大がある場合、使用できないことがあります。肝臓病がある人も控えるようにします。
  • 子宮筋腫や子宮内膜症、乳がんの既往歴、乳房結節、乳腺症のある人は、病状の悪化に注意するなど慎重に用いる必要があります。
  • 妊娠中は禁止です。とくに妊娠初期の不注意な服用を避けるため、基礎体温を必ず記録するなど十分な対策をとる必要があります。

【使用にあたり】
  • 治療スケジュールにそって正確に飲みましょう。一般的には、生理開始の5日目から1日1錠を5日間服用します。服用終了後、1〜2週間で排卵が起こります。排卵の有無を確認するため、必ず基礎体温を記録してください。排卵がみられなかった場合、次回は2錠に増やします。
  • いつもと違う症状があらわれたら、すぐに医師に相談してください。

【食生活】
  • 治療スケジュールを守りましょう。
  • 毎日、基礎体温を記録してください。
  • 目がかすむことがあります。服用中は車の運転など危険な作業は控えましょう。

【備考】

不妊の原因は、男性不妊も含めさまざまです。個々のケースにより治療方法が異なります。原因をきちんと見きわめたうえで治療することが大切です。排卵誘発薬が有効なのは、性腺刺激ホルモンの低分泌による排卵障害が原因の不妊症です。無効な場合、性腺刺激ホルモンそのものの注射による治療法がおこなわれます。
効能

【適用】

排卵障害にもとづく不妊症の排卵誘発。

【応用】

医師の判断で、別の病気に応用されるかもしれません(男性不妊症など)。
用法
  • 無排卵症の患者に対して本剤により排卵誘発を試みる場合には、まずGestagen、Estrogen testを必ず行って、消退性出血の出現を確認し、子宮性無月経を除外した後、経口服用を開始する。
  • 通常第1クール1日クロミフェンクエン酸塩として50mg5日間で開始し、第1クールで無効の場合は1日100mg5日間に増量する。用量・期間は1日100mg5日間を限度とする。

※用法用量は症状により異なります。医師の指示を必ずお守りください。
副作用 副作用は少ないほうですが、効きすぎると卵巣が腫れてくることがあります。もし、下腹部に張りや痛みを感じたら、すぐ医師に連絡してください。そのほか、吐き気、頭痛、ほてり、いらいら感、倦怠感、目のかすみなどもみられます。視覚症状が強い場合、念のため目の検査が必要です。


【重い副作用】 ..めったにないですが、初期症状等に念のため注意ください
  • 卵巣過剰刺激症候群(卵巣腫大)..下腹部の張りや痛み、顔のほてり、息苦しい。

【その他】
  • 視覚症状..物がかすんで見える
  • 吐き気、吐く、食欲不振
  • 頭痛、いらいら感、だるい
  • 顔の潮紅、尿が増える、口が渇く
  • 発疹
   概説    作用    特徴    注意    効能    用法    副作用
  









用法用量は医師・薬剤師の指示を必ずお守りください。
すべての副作用を掲載しているわけではありません。いつもと違う「おかしいな」と感じたら早めに受診してください。
症状に合った薬が適正に処方され、また正しく使用するかぎり、重い副作用はめったに起こりません。まずは安心して、決められたとおりにご使用ください。
おくすり110番病気別の薬くすり本NAVIおくすり鑑定妊娠とくすり禁忌薬副作用薬価Drug Yaboo!

スポンサード リンク 投げ銭してネ !
Good luck & Good bye