おくすり110番
スポンサード リンク 投げ銭コ-ナ-

成分(一般名) 溶性ピロリン酸第二鉄
製品例 インクレミンシロップ ・・その他(ジェネリック) & 薬価
区分 無機質製剤/鉄剤/鉄欠乏性貧血治療剤

  PR

   概説    作用    特徴    注意    効能    用法    副作用
概説 鉄分を補給するお薬です。鉄不足による貧血などに用います。
作用鉄は赤血球の原料です。欠乏すると鉄欠乏性貧血を起こします。鉄分の多い食事をすることも大切ですが、一度、体内の鉄分が枯渇すると、食事だけではなかなか回復できません。このような場合に、このお薬で鉄分を補給してあげるわけです。

また、鉄は体内でフェリチンとして蓄えられ、体のいろいろな反応にかかわる酵素の働きにもかかわります。このため、貧血を起こすほどではなくても、フェリチンの減少にともない体調が悪くなることがあります。たとえば、うつ、不眠、めまい、むずむず足、肌荒れといった症状です。このような鉄不足に起因する諸症状にも応用されます。
特徴鉄分を含有する鉄剤の一種です。シロップ剤ですので、乳幼児や飲み込みが困難な高齢の人に処方されます。
注意
【診察で】
  • 胃腸の悪い人など持病のある人は医師に伝えておきましょう。
  • 市販薬も含め、服用中の薬を医師に教えてください。

【注意する人】

胃潰瘍や大腸炎など胃腸に病気のある人は、慎重に用いる必要があります。

【飲み合わせ・食べ合わせ】

薬の飲み合わせによっては、お互いの吸収が悪くなります。たとえば、ニューキノロン系抗菌薬や、テトラサイクリン系抗生物質、これらの薬効を減弱させるおそれがあります。服用時間を2〜3時間あければ大丈夫です。

また、お茶でこの薬を飲むと、多少吸収が悪くなる可能性があります。それほど気にしなくていいのですが、濃いお茶やコーヒーと同時に飲むのは避けたほうがよいかもしれません。

  • 飲み合わせに注意..ニューキノロン系抗菌薬(クラビットなど)、テトラサイクリン系抗生物質(ミノマイシンなど)、セフジニル(セフゾン)、胃腸薬(制酸薬)、甲状腺ホルモン薬(チラーヂン)、濃いお茶類など。

【使用にあたり】
  • 空腹時や寝る前に飲むと吸収はよいのですが、胃を荒らすことがあります。医師の指示によりますが、胃の弱い人は食後に飲んだほうがよいでしょう。
  • まもなく貧血症状が改善されますが、その後も2〜6カ月間は続けます。鉄分の体内貯蔵量を十分にするためです。

【その他】
  • 鉄分の吸収を高めるためビタミンCといっしょに飲むことがあります。
  • 薬の影響で便の色が黒っぽくなるかもしれません。また、便潜血反応で偽陽性となる可能性があります。
  • 一過性に歯が黒っぽく着色することがあります。

【食生活】

鉄分は、体内に一定量が貯蔵され、寿命のきた赤血球から再利用されます。したがって、ふつう、不足することはありません。ただ、育ち盛りの女子、妊娠中の女性などは不足しがちです。鉄が不足すると、氷など変なものを食べたくなることがあります(異食症)。鉄は、肉類、レバー、ウナギ、ひじき、しじみ、あさり、のり、大豆、ほうれん草などに含まれます。良質なタンパク質といっしょにとることが大切です。バランスのよい食事を十分にとるようにしましょう。

【備考】
  • 血液中の赤血球は、体に酸素を送る役目をしています。貧血は、この赤血球の減少や異常により起こります。ひどくなると顔色が悪くなり、息切れ、疲れ、動悸、めまい、頭が重い感じ・・といった症状がでてきます。いろいろなタイプの貧血がありますが、一番多いのは鉄分の不足による「鉄欠乏性貧血」です。鉄は、赤血球の原料なのです。
  • 鉄欠乏性貧血の原因として、体内でなんらかの出血が続いている可能性があります。出血は体内の鉄分を失うことでもあるのです。女性に貧血が多いのは、生理により血液が失われるためです。
効能

【適用】

鉄欠乏性貧血

【応用】

鉄不足に起因する諸症状(うつ、不眠、レストレスレッグ症候群など)
用法 通常次の量を1日量とし、3〜4回に分けて経口服用する。なお、年齢、症状により適宜増減する。
  • 1歳未満:2〜4mL
  • 1〜5歳:3〜10mL
  • 6〜15歳:10〜15mL

※用法用量は症状により異なります。医師の指示を必ずお守りください。
副作用 わりと多いのは、吐き気や腹痛、下痢や便秘などの胃腸症状です。徐々に慣れてくることが多いのですが、ひどいときは受診するようにしてください。空腹時や寝る前に飲んでいるときは、食後に変えることで胃の負担を軽くすることもできます。

重い副作用はまずありませんが、誤って大量に飲んだりすると、胃腸から出血したり、鉄の中毒症状を起こすおそれがあります。とくに、子供の誤飲には注意が必要です。

  • 吐き気、吐く、食欲不振、腹痛、下痢、便秘
  • 発疹、じん麻疹、かゆみ
   概説    作用    特徴    注意    効能    用法    副作用
  









用法用量は医師・薬剤師の指示を必ずお守りください。
すべての副作用を掲載しているわけではありません。いつもと違う「おかしいな」と感じたら早めに受診してください。
症状に合った薬が適正に処方され、また正しく使用するかぎり、重い副作用はめったに起こりません。まずは安心して、決められたとおりにご使用ください。
おくすり110番病気別の薬くすり本NAVIおくすり鑑定妊娠とくすり禁忌薬副作用薬価Drug Yaboo!

スポンサード リンク 投げ銭してネ !
Good luck & Good bye