おくすり110番
スポンサード リンク 投げ銭コ-ナ-

成分(一般名) アログリプチン安息香酸塩・メトホルミン塩酸塩
製品例 イニシンク配合錠 ・・その他(ジェネリック) & 薬価
区分 糖尿病用剤/配合剤/選択的DPP-4阻害薬・ビグアナイド系薬配合剤

  PR 人気の薬系書籍ベスト30 「くすり本NAVI 」

   概説    作用    特徴    注意    効能    用法    副作用
概説 血糖を下げるお薬です。糖尿病の治療に用います。
作用

【働き】

血液中の糖分「血糖」は、膵臓から分泌されるインスリン・ホルモンで調節されます。糖尿病は、そのインスリンの量が不足したり、働きが悪くなることで血糖値が上がってしまう病気です。そのまま放置すると、手足のしびれ(神経障害)、目の病気(網膜症)、腎臓病(腎症)などいろいろな合併症を引き起こします。さらには動脈硬化が進行し、心臓病や脳卒中をまねくおそれもあるのです。

このお薬には、2種類の血糖降下薬が配合されています。1つは、インクレチン関連薬(DPP-4阻害薬)のアログリプチン(ネシーナ)。インクレチンという消化管ホルモンの分解を防ぎ、その濃度を高めることでインスリンの分泌を促します。血糖依存性なので、血糖値が高いときによく効くのが特徴です。もう1つは、ビグアナイド系のメトホルミン(メトグルコ)です。こちらは、インスリン抵抗性改善薬の部類になります。肝臓での糖の生成を抑えたり、筋肉での糖の利用を増やすことで血糖値を下げます。

作用機序が違うこれら2成分の併用により、インスリン分泌不全とインスリン抵抗性の2つの病因が改善され、単独療法を上回る血糖改善効果が得られるのです。このため、適応となるのは2型糖尿病(インスリン非依存型糖尿病)で、単独療法では血糖コントロールが不十分な場合です。日々の血糖値を適切に保つことは、将来起こるかもしれないさまざまな合併症の予防につながります。

【臨床試験】

アログリプチンとメトホルミンの併用効果を検証する2つの試験がおこなわれています。1つめの試験に参加したのはメトホルミン単独では効果不十分な患者さん約200人、2つめの試験に参加したのはビルダグリプチン単独療法で効果不十分な2型糖尿病の患者さん約200人です。そして、そのまま単独療法を続ける人と、アログリプチンとメトホルミンによる併用療法をおこなう人に分かれ、3カ月または6カ月後のHbA1cの変化量を比較するのです。HbA1cは一定期間の血糖の状態を示す重要な指標です。

その結果、1つめの試験でメトホルミン単独療法を続けた人達のHbA1cは平均0.22上昇(8.00→8.21)、アログリプチンを追加し併用療法をおこなった人達では0.64低下(8.02→7.38)しました。また、2つめの試験でアログリプチン単独療法を続けた人達のHbA1cは平均0.17上昇(7.77→7.95)、併用療法としてメトホルミンを追加した人達では0.49低下(7.82→7.33)しました。単独療法ではほとんどHbA1cの変化がなく高いままだったのに対し、併用療法では明らかに低下しより良好な血糖コントロールが達成できたわけです。
特徴
  • インスリン分泌促進系のDPP-4阻害薬‘アログリプチン’とインスリン抵抗性改善系のビグアナイド薬‘メトホルミン’を配合した2型糖尿病治療薬です。作用機序が異なるこれらの併用により、血糖降下作用のいっそうの増強が見込めます。DPP-4阻害薬によるインスリン分泌促進作用は血糖依存性なので、低血糖の発現リスクも比較的低いです。この組み合わせは、実際の医療現場でも汎用されています。
  • 原則として、第一選択薬とはしません。まずは、単剤での治療を優先します。処方対象となるのは、いずれか1剤で効果不十分な場合、あるいは2剤以上の多剤併用をすでにおこなっている場合です。
  • 配合剤ですので、2剤による併用療法が簡便におこなえます。以前のように別々に飲む必要がなく、服薬回数も1日1回で済みます。
注意
【診察で】
  • 持病やアレルギーのある人は医師に伝えておきましょう。
  • 妊娠中、または可能性のある人は申し出てください。
  • 発熱や下痢をふくめ体の調子が悪いときは、医師に報告してください。また、体調不良時の飲み方「シックデイルール」を確認してください。
  • 飲み合わせに注意する薬がたくさんあります。服用中の薬は、すべて報告しておきましょう。
  • 注意事項や副作用について十分説明を受けてください。とくに乳酸アシドーシスと低血糖症の対処法については、ご家族を含め心得ておくことが大事です。
  • 治療中に低血糖症を起こした場合は、必ず医師に報告してください。
  • CT検査や心臓カテーテル検査をふくめX線造影検査(レントゲン)をおこなうさいは、服薬の継続について相談しておきましょう。

【注意する人】

インスリン注射が適用となる1型糖尿病や、インスリン分泌能力が著しく低下している重い糖尿病には向きません。また、乳酸アシドーシスや低血糖を起こす可能性が高い場合は処方を控えることがあります。たとえば、腎臓病や肝臓病、心臓病のある人、あるいは体調がひどく悪いときなどです。造影剤を用いて検査をおこなうさいは、一時休薬しなければなりません。

  • 適さないケース..乳酸アシドーシスになったことのある人、中等度以上の腎臓病、重い肝臓病、重い心臓病、肺に重い病気がある人、アルコール摂取量の多い人、脱水症のある人、脱水症が心配される激しい下痢や嘔吐、重症ケトーシス、糖尿病性昏睡、1型糖尿病、重い外傷や感染症、手術前後,、脳下垂体機能不全、副腎機能不全、栄養不良状態、衰弱状態、妊娠中、ヨード造影剤使用時など。
  • 注意が必要なケース..腎臓病、肝臓病、感染症のある人、腹部手術または腸閉塞の既往、高齢の人、不規則な食事や食事摂取量の不足、激しい筋肉運動をおこなう場合など。

【飲み合わせ・食べ合わせ】

薬の飲み合わせによっては、この薬の作用が強まり、低血糖や乳酸アシドーシスの副作用がでやすくなります。逆に効果が弱くなってしまう飲み合わせもあります。他の薬との併用は、医師の判断で慎重におこなわなければなりません。使用中の薬は忘れず医師に報告しておきましょう。

  • 他の血糖降下薬といっしょに飲むときは、低血糖に注意が必要です。とくにスルホニルウレア薬(SU薬)、またはインスリン注射薬と併用するさいは、それらの減量を考慮しなければなりません。よく使われるスルホニルウレア系薬剤には、グリベンクラミド(オイグルコン、ダオニール)、グリクラジド(グリミクロン)、グリメピリド(アマリール)などがあります。
  • ほかにも、血糖降下作用を強める薬剤があります。たとえば、高血圧や心臓の病気に用いるβ遮断薬やACE阻害薬、解熱鎮痛薬としての高用量アスピリン、フィブラート系高脂血症治療薬(ベザトール、リピディル、トライコア等)、血栓の薬のワルファリン(ワーファリン)、胃薬のシメチジン(タガメット)などです。
  • 逆に、血糖降下作用を弱める薬剤として、ステロイド薬(プレドニン等)、甲状腺ホルモン薬(チラーヂン等)、女性ホルモン薬、利尿薬、結核の薬のイソニアジド(イスコチン)、フェノチアジン系の安定薬などがあげられます。
  • 利尿薬や利尿作用をもつ血糖降下薬のSGLT2阻害薬(スーグラ等)と併用する場合は、脱水症の発現に注意が必要です。脱水は乳酸アシドーシスを起こしやすくします。
  • 緊急な場合は別として、ヨード造影剤を使用して造影検査(レントゲン)をおこなうさいは、一時的に服薬を中止することになります。とくに大量の造影剤を用いる心臓カテーテル検査などにおいては適切な対応が必要です。服用再開は検査後2日目以降になります。
  • アルコールは乳酸アシドーシスの危険要因です。また、血糖値を乱し、ときに低血糖発作を誘発します。できるだけ控えてください。飲酒を希望するのなら、医師とよく相談のうえにしましょう。

【使用にあたり】
  • 1日1回、1錠を食直前または食後に服用します。飲む時間は医師の指示どおりにしてください。
  • 飲み忘れた場合は、気づいたときに 、次の食事に合わせて1回分を飲んでください。ただし、翌日に気づき次に飲む時間が近い場合は、1回分は抜かし次の通常の時間に1回分を飲んでください。決して2回分を一度に飲んではいけません。
  • 体調が悪く食事がとれていないとき、下痢や嘔吐、発熱時、あるいは激しい運動の前後、疲労のひどいときなど、服薬を一時止めたほうがよいことがあります。このようなときの対処法(シックデイルール)を守ってください。
  • 低血糖(副作用の項参照)に注意しましょう。低血糖症状があらわれたら、すぐに甘いもの(糖分)をとるようにします。糖分としては、吸収の良い砂糖がおすすめで10〜20gをとるようにしてください。外出のときにも持ち歩くようにしましょう。そのほか糖分の多いジュースなどでもかまいませんが、アメ玉は溶けるのに時間がかかるので向いていません。なお、αグルコシダーゼ阻害薬(グルコバイ、ベイスン、セイブル等)を併用している場合は、病院から渡されるステイックシュガー(ブドウ糖)をとるようにしてください。糖分をとれば15分くらいで治ってきますが、早めに医師に報告することも忘れないように。
  • 低血糖には注意が必要ですが、こわがりすぎて血糖値を高いままにしてはいけません。

【検査】

血糖値やHbA1cをはじめ、必要な検査を定期的に受け、効果や副作用をチェックしましょう。副作用予防にとくに大事なのが腎機能検査と肝機能検査です。

【妊娠授乳】

妊娠中は使用できません。動物実験で催奇形作用が報告されているためです。飲み薬ではなく、インスリン注射薬による治療を優先します。

【食生活】
  • この薬を飲みはじめても、食事療法や運動療法をきちんと続けるようにしてください。
  • 過度な飲酒はよくありません。できるだけ控えましょう。
  • 低血糖によるめまいやふらつきを起こすおそれがあります。車の運転をふくめ危険をともなう機械の操作や高所作業のさいは十分注意してください。
  • 万一の重い低血糖症状にそなえ、糖尿病手帳やカードを身につけているとよいでしょう。

【備考】
  • 2型糖尿病では、食事療法や運動療法がとても大切です。アメリカでおこなわれた「糖尿病予防プログラム(DPP)」でも、その重要性が示されています。糖尿病の一歩手前の人(IGT)約3200人を、@プラセボ(にせ薬)を飲む人、A糖尿病治療薬のメトホルミンを飲む人、B食生活を改善する人(強化食事・運動療法)の3つのグループに分け、糖尿病の発症予防効果を比較した試験です。試験の結果、もっとも予防効果があったのはBの「食生活を改善するグループ」でした。
  • 2型糖尿病や境界型の人は、まず食事療法や運動療法からはじめます。医師や栄養士とよく相談のうえ、自分に適したやりかたで日々続けることが大切です。このような基本療法だけで血糖値が十分に下がれば薬を使う必要はありません。けれど不十分な場合は、飲み薬やインスリン注射による薬物治療が必要となってきます。基本療法は、薬を飲みはじめても続けるようにしてください。
効能 2型糖尿病

ただし、アログリプチン安息香酸塩及びメトホルミン塩酸塩の併用による治療が適切と判断される場合に限る。
用法 通常、成人は1日1回1錠(アログリプチン/メトホルミン塩酸塩として25mg/500mg)を食直前又は食後に経口服用する。

※用法用量は症状により異なります。医師の指示を必ずお守りください。
副作用 とくに他の血糖降下薬と併用する場合は、低血糖症の発現に十分注意してください。低血糖とは、必要以上に血糖値が下がってしまう状態です。おおよそ血糖値が50mg/dl以下になると低血糖特有の症状があらわれてきます。ふるえ、さむけ、動悸、冷や汗、強い空腹感、力の抜けた感じ、目のちらつき、イライラ、ぼんやり、さらに重くなると、気が遠くなり、けいれんを起こしたり意識を失うこともあります。すぐに糖分を補給しましょう。

ビグアナイド系のメトホルミンで多いのは、下痢や吐き気、食欲不振、腹痛などです。このような胃腸症状は脱水症につながりますし、以下のような重篤な乳酸アシドーシスの初期症状として現れることもあります。症状が強い場合は医師と連絡をとり、継続の可否を含め指示を仰いでください。

乳酸アシドーシスはビグアナイド系に特有な副作用で、血液中に乳酸がたまり血液が酸性になった状態です。もともと肝臓病、腎臓病や心臓病などの持病のある人、体の弱っている人、高齢の人、脱水時、あるいは薬の飲み始めや量を増やしたときに起こりやすいです。初期症状として、吐き気、下痢、筋肉痛、息苦しさ、過呼吸などがみられます。

そのほか、DPP-4阻害薬のアログリプチンの重い副作用として、急性膵炎と肝機能障害の報告があります。頻度はごくまれですが、念のため注意が必要かもしれません。激しい腹痛、嘔吐などが続く場合は、急性膵炎の疑いありです。また肝障害の症状としては、皮膚や白目の黄染、尿の色が茶褐色、食欲不振、吐き気、全身けん怠などがあげられます。このような症状があらわれたら直ちに受診してください。


【重い副作用】 ..めったにないですが、初期症状等に念のため注意ください
  • 低血糖..力の抜けた感じ、ふるえ、さむけ、動悸、冷や汗、強い空腹感、頭痛、不安感、吐き気、目のちらつき、イライラ、眠気、ぼんやり。さらに重くなると、異常な言動、けいれん、昏睡(意識がなくなる)。
  • 乳酸アシドーシス..吐き気、吐く、腹痛、下痢、けん怠感、筋肉痛、手足の震え・脱力、歩けない、動悸、急激な体重減少、息苦しい、息が荒い、深く大きい呼吸、意識低下。
  • 膵炎..吐き気、吐く、上腹部〜背中の激しい痛み。
  • 肝臓の重い症状..だるい、食欲不振、吐き気、発熱、発疹、かゆみ、皮膚や白目が黄色くなる、尿が茶褐色。
  • 重い皮膚・粘膜障害..発疹、発赤、水ぶくれ、うみ、皮がむける、皮膚の熱感や痛み、かゆみ、唇や口内のただれ、のどの痛み、目の充血、発熱、全身けん怠感。
  • 横紋筋融解症..手足のしびれ・けいれん、力が入らない、筋力低下、筋肉痛、歩行困難、赤褐色の尿。
  • 腸閉塞..お腹が張る・膨れる、吐き気、吐く、便秘、腹痛。
  • 間質性肺炎..から咳、息苦しさ、少し動くと息切れ、発熱。

【その他】
  • 下痢、便秘、食欲不振、吐き気、嘔吐、腹痛
  • 乳酸上昇
  • 発疹、かゆみ
   概説    作用    特徴    注意    効能    用法    副作用
  









用法用量は医師・薬剤師の指示を必ずお守りください。
すべての副作用を掲載しているわけではありません。いつもと違う「おかしいな」と感じたら早めに受診してください。
症状に合った薬が適正に処方され、また正しく使用するかぎり、重い副作用はめったに起こりません。まずは安心して、決められたとおりにご使用ください。
おくすり110番病気別の薬くすり本NAVIおくすり鑑定妊娠とくすり禁忌薬副作用薬価Drug Yaboo!

スポンサード リンク 投げ銭してネ !
Good luck & Good bye