おくすり110番
スポンサード リンク 投げ銭コ-ナ-

成分(一般名) ラクツロース
製品例 モニラック・シロップ65%、モニラック原末、ピアーレDS95%、カロリールゼリー40.496% ・・その他(ジェネリック) & 薬価
区分 他の代謝性医薬/高アンモニア血症用剤/経口用二糖類製剤

  PR 人気の薬系書籍ベスト30 「くすり本NAVI 」

   概説    作用    特徴    注意    効能    用法    副作用
概説 便通をよくし、血液中のアンモニアを減らすお薬です。
作用

【作用-1】

肝硬変などで肝臓の働きが低下すると、体内のアンモニアを代謝できなくなり、血液中のアンモニアが増えてきます。その影響で、眠気や気分の変化、さらに意識の乱れ、けいれん、昏睡などの重い脳症状があらわれることがあります。肝性脳症です。

このお薬は、血液中のアンモニアを減らす働きをします。そのしくみは、乳酸菌を増やして腸内を酸性に、悪玉のアンモニア産生菌を減らすことによります。さらに便通もよくなるので、アンモニアの吸収がおさえられます。

そのような作用から、肝硬変にともなう高アンモニア血症の治療に用いられています。アンモニアを減らすことで、肝性脳症の予防や改善につながります。

【作用-2】

腸内の水分を増やして、便をやわらかくなります。また、乳酸菌により分解をうけて乳酸や酢酸がつくられ、その刺激で腸の運動がよくなります。便秘症に有効です。
特徴人工的に合成された糖類の仲間です。肝硬変にともなう高アンモニア血症の治療に用いることが多いです。
注意
【診察で】
  • 持病のある人は医師に伝えておきましょう。
  • 服用中の薬を医師に教えてください。

【注意する人】

糖分が含まれますので、糖尿病のある人は気をつけてください。

【飲み合わせ・食べ合わせ】

糖尿病治療薬のαグルコシダーゼ阻害薬(グルコバイ、ベイスン、セイブル等)といっしょに飲むと、腸内ガスの発生や下痢の副作用が起こりやすくなる可能性があります。

【使用にあたり】

症状や年齢によって、飲む量や飲み方が違います。指示どおりに正しくお飲みください。一般的には、少量より開始し、便通の具合に注意しながら増量していきます。
効能
  • 高アンモニア血症に伴う次の症候の改善//精神神経障害、脳波異常、手指振戦。
  • 産婦人科術後の排ガス・排便の促進。
  • 小児における便秘の改善。
用法
【シロップ(モニラックシロップ等)】
  • 通常、成人1日量30〜60mL(ラクツロースとして19.5〜39g)を高アンモニア血症の場合3回、産婦人科術後の排ガス・排便の目的には朝夕2回に分けて経口服用する。年齢、症状により適宜増減する。
  • 小児便秘症の場合、通常1日0.5〜2mL/kg(ラクツロースとして325〜1300mg/kg)を3回に分けて経口服用する。服用量は便性状により適宜増減する。

【散(モニラック散)】
  • 通常、成人1日量19.5〜39.0gを高アンモニア血症の場合3回、産婦人科術後の排ガス・排便の目的には朝夕2回に分けて経口服用する。年齢、症状により適宜増減する。
  • 小児便秘症の場合、通常1日0.33〜1.30g/kgを3回に分けて経口服用する。服用量は便性状により適宜増減する。

【ドライシロップ(ピアーレ)】
  • 高アンモニア血症に伴う下記症候の改善。精神神経障害、手指振戦、脳波異常。通常、成人1日量20.5〜41.1gを3回に分け、用時溶解して経口服用する。年齢、症状により適宜増減する。
  • 産婦人科術後の排ガス・排便の促進。通常、成人1日量20.5〜41.1gを朝夕2回に分け、用時溶解して経口服用する。年齢、症状により適宜増減する。
  • 小児における便秘の改善。通常、1日0.34〜1.37g/kgを3回に分け、用時溶解して経口服用する。服用量は便性状により適宜増減する。

【ゼリー(カロリール等)】

通常、成人1日量として、本剤48.1〜96.2gを高アンモニア血症の場合3回、産婦人科術後の排ガス・排便の目的には朝夕2回 に分けて経口服用する。年齢、症状により適宜増減する。

【ラクツロース末・P 】

通常成人1日量18〜36gを2〜3回に分けて用時、水又は湯水に溶解後経口服用する。なお、本剤の服用により、下痢が惹起されることがあるので少量より服用を開始して漸増し、1日2〜3回の軟便が見られる量を服用する。

※用法用量は症状により異なります。医師の指示を必ずお守りください。
副作用 下痢が多いほうですが、高アンモニア血症の治療においては、軽い軟便くらいのほうが、効果的にむしろ好ましいです。ひどい下痢が続くときは早めに受診してください。糖分が有効成分ですので、重い副作用はありません。

  • 下痢、お腹の張りやゴロゴロ、腹痛
   概説    作用    特徴    注意    効能    用法    副作用
  









用法用量は医師・薬剤師の指示を必ずお守りください。
すべての副作用を掲載しているわけではありません。いつもと違う「おかしいな」と感じたら早めに受診してください。
症状に合った薬が適正に処方され、また正しく使用するかぎり、重い副作用はめったに起こりません。まずは安心して、決められたとおりにご使用ください。
おくすり110番病気別の薬くすり本NAVIおくすり鑑定妊娠とくすり禁忌薬副作用薬価Drug Yaboo!

スポンサード リンク 投げ銭してネ !
Good luck & Good bye