おくすり110番
スポンサード リンク 投げ銭コ-ナ-

成分(一般名) レトロゾール
製品例 フェマーラ錠2.5mg ・・その他(ジェネリック) & 薬価
区分 その他の腫瘍用薬/アロマターゼ阻害薬/閉経後乳癌治療剤(アロマターゼ阻害剤)

  PR 人気の薬系書籍ベスト30 「くすり本NAVI 」

   概説    作用    特徴    注意    効能    用法    副作用
概説 乳がんを治療するお薬です。
作用

【働き】

乳がんは、女性ホルモンのエストロゲン(卵胞ホルモン)の影響を受けて大きくなる性質があります。エストロゲンは、閉経前は卵巣でたくさん作られるのですが、閉経後は副腎のアンドロゲンからできてきます。このエストロゲンの影響を低減させることにより、乳がんの増殖を抑制しようとする治療法がホルモン療法(内分泌療法)です。

このお薬は、副腎からのエストロゲン産生を抑制します。その作用特性から、閉経後のホルモン療法として用いられます。よい適応となるのはホルモン反応性が高い女性ホルモン受容体陽性乳がんです。このような場合、高い有効率が期待でき、予後の改善にもつながります。進行乳がんに用いるほか、手術後の再発予防目的に補助療法として用いることも多いです。

【薬理】

閉経後のエストロゲン生成ルートは、アロマターゼという酵素を介し副腎のアンドロゲン(男性ホルモン)から転化生成されます。この薬は、アロマターゼのヘム鉄に可逆的に結合し不活化することで、エストロゲンへの転化を抑制します。このような作用機序からアロマターゼ阻害薬あるいはアロマターゼ不活化薬と呼ばれています。
特徴非ステロイド性アロマターゼ阻害薬です。閉経後で、女性ホルモン受容体(HR:ER・PgR)が陽性の場合に優先される標準的な治療薬です。そのような患者さんの術後補助療法において、抗エストロゲン薬のタモキシフェン(ノルバデックス)をしのぐ臨床成績が報告されています(BIG1-98試験)。また、手術後5年間のタモキシフェン治療完了後の投与においても有用性が示されています(MA.17試験)。
注意
【診察で】
  • 持病のある人は医師に伝えておきましょう。
  • 服用中の薬を医師に教えてください。

【注意する人】

妊娠中は禁止です。重い肝臓病や腎臓病のある人は慎重に用います。

【飲み合わせ・食べ合わせ】

尋常性白斑治療薬のメトキサレン(オクソラレン)やアゾール系抗真菌(イトリゾール等)といっしょに飲むと、この薬の血中濃度が上昇するおそれがあります。逆に、乳癌治療薬のタモキシフェン(ノルバデックス等)や、抗結核薬のリファンピシン(リファジン)との併用により、この薬の代謝が促進され血中濃度が低下する可能性があります。

【使用にあたり】

決められた飲み方を守ってください。きちんと続けることが大事です。

【検査】

副作用や効果をチェックするため、定期的に検査を受けなければなりません。肝機能や骨密度に異常がないか調べることがあります。

【食生活】

まれに、めまいや眠気を起こすことがあります。車の運転をふくめ危険を伴う機械の操作や作業のさいは注意してください。

【備考】

乳がんでは切除による根治を目指しますが、薬の効き目がよいので薬物治療も大事です。薬物治療には大きく2つのやり方があります。ホルモン関連薬によるホルモン療法(内分泌療法)と、一般的な抗がん薬による化学療法の2つです。そして治療目的や乳がんのタイプ、年齢(閉経前・後)、進行具合、悪性度などにより使い分け、ときに併用します。基本的には、女性ホルモン受容体(HR:ER・PgR)が陽性ならばホルモン療法を、そうでなければ化学療法を優先します。実際には約7割は前者に属し、ホルモン療法が適用されるケースが多いです。アロマターゼ阻害薬(この薬)は、閉経後のホルモン療法として標準的に用いらています。
効能 閉経後乳癌
用法 通常、成人はレトロゾールとして1日1回2.5mgを経口服用する。

※用法用量は症状により異なります。医師の指示を必ずお守りください。
副作用 ときどき起こるのは、ほてり、頭痛、吐き気、関節痛、めまいなどです。長期服用時は、骨密度低下にともなう骨粗鬆症や骨折に念のため注意してください。そのほかで、服用を中止するほどの重い副作用はまずありません。


【重い副作用】 ..めったにないですが、初期症状等に念のため注意ください
  • 血栓塞栓症..手足とくにふくらはぎの痛み・はれ・むくみ・しびれ、爪の色が紫、突然の息切れ・息苦しい、深呼吸で胸が痛い、急に視力が落ちる、視野が欠ける、目が痛む、頭痛、片側のまひ、うまく話せない、意識が薄れる。
  • 狭心症、心筋梗塞、心不全..胸の痛み・違和感・圧迫感、冷汗、締め付けられるような胸の痛み、息苦しい、むくみ、体重増加。
  • 肝臓の重い症状..だるい、食欲不振、吐き気、発熱、発疹、かゆみ、皮膚や白目が黄色くなる、尿が茶褐色。
  • 重い皮膚・粘膜障害..発疹、発赤、水ぶくれ、うみ、皮がむける、皮膚の熱感や痛み、かゆみ、唇や口内のただれ、のどの痛み、目の充血、発熱、全身けん怠感。

【その他】
  • ほてり、頭痛、、関節痛、めまい、眠気
  • 吐き気、嘔吐
  • 発疹、かゆみ、多汗
  • 肝機能値の悪化、コレステロール上昇
  • 骨粗鬆症、骨折
   概説    作用    特徴    注意    効能    用法    副作用
  









用法用量は医師・薬剤師の指示を必ずお守りください。
すべての副作用を掲載しているわけではありません。いつもと違う「おかしいな」と感じたら早めに受診してください。
症状に合った薬が適正に処方され、また正しく使用するかぎり、重い副作用はめったに起こりません。まずは安心して、決められたとおりにご使用ください。
おくすり110番病気別の薬くすり本NAVIおくすり鑑定妊娠とくすり禁忌薬副作用薬価Drug Yaboo!

スポンサード リンク 投げ銭してネ !
Good luck & Good bye