おくすり110番
スポンサード リンク 投げ銭コ-ナ-

成分(一般名) ビラスチン
製品例 ビラノア錠20mg ・・その他(ジェネリック) & 薬価
区分 他のアレルギー用薬/抗ヒスタミン薬/アレルギー性疾患治療剤

  PR 人気の薬系書籍ベスト30 「くすり本NAVI 」

   概説    作用    特徴    注意    効能    用法    副作用
概説 アレルギーの症状をおさえるお薬です。
作用

【働き】

アレルギーの発症には、ヒスタミンという体内物質が関与しています。このお薬は、ヒスタミンの受容体をブロックし、その働きをおさえることで アレルギー症状を緩和します。花粉症などの季節性アレルギー性鼻炎、ダニやハウスダストで起こる通年性アレルギー性鼻炎、じんま疹、湿疹のかゆみなどに有効です。ただし、対症療法薬ですので、アレルギーの原因そのものは治せません。

【薬理】

抗原の刺激でアレルギー反応がはじまると、免疫系の細胞(肥満細胞)からヒスタミンなどの化学伝達物質が放出されます。そして、ヒスタミンは神経受容体のひとつ‘H1受容体’と結合、その刺激によりさまざまなアレルギー症状が誘発されるのです。この薬は、H1受容体に先に結合し、ヒスタミンの結合を遮断することにより、抗アレルギー作用を発揮します。一般的には抗ヒスタミン薬、専門的にはヒスタミンH1受容体拮抗と呼ばれています。

【臨床試験-1】

この薬の効果をプラセボ(にせ薬)および類似薬のフェキソフェナジン(アレグラ)と比較する試験がおこなわれています。フェキソフェナジンは国内外で使用されている代表的な抗ヒスタミン薬です。参加した通年性アレルギー性鼻炎の患者さん約750人のうち、第1のグループはこの薬を服用、第2のグループはフェキソフェナジンを、第3のグループはプラセボを服用します。ここで大事なのは、グループ分けはくじ引きでおこない、薬の中身を患者さんにも医師にも伝えないことです(プラセボ対照無作為化二重盲検並行群間比較試験)。

効果の判定は、4つの鼻症状を点数化しておこないます。具体的には、くしゃみ、鼻汁、鼻閉、鼻内そう痒感の4項目を各0〜4点(そう痒感は0〜3点)で評価し、その合計点(0点〜15点)の変化量をもって比較するのです。患者さんには規定通りに日記をつけてもらい、服薬10〜13日目の鼻症状点数をもとに検証します。点数が低ければ軽症、高いほど重症です。ちなみに試験に参加した患者さんの服薬前の鼻症状合計点の平均は7.4点くらいでした。

その結果、この薬を使用した人達は平均1.0点低下(7.5点→6.5点)、フェキソフェナジンの人達も1.0点低下(7.4点→6.4点)、プラセボの人達は0.6点低下(7.3点→6.7点)しました。この薬のほうがプラセボより0.4点ほど下げ幅が大きく、統計学的にププラセボに対する優越性が認められました。この薬の通年性アレルギー性鼻炎に対する有効性が確かめられ、また従来品のフェキソフェナジンと同程度の効果が示されたわけです。

【臨床試験-2】

この薬の蕁麻疹に対する効果をプラセボ(にせ薬)と比較する試験がおこなわれています。参加したのは、蕁麻疹の患者さん約200人です。効果の判定は、蕁麻疹の諸症状(痒み、赤み、盛り上がり)を点数化し、その合計点の変化量でおこないます。点数が低ければ軽症、高いほど重症です。ちなみに試験に参加した患者さんの服薬前の合計点の平均は4.5点くらいでした。

服薬8〜14日目の平均点数を調べたところ、この薬を使用した人達は平均3.0点低下(4.5点→1.5点)、プラセボの人達は1.5点低下(4.5点→3.0点)しました。この薬のほうがプラセボより1.5点ほど下げ幅が大きく、統計学的に有意な差が認められました。この薬の蕁麻疹に対する有効性が確かめられたのです。
特徴
  • 広く抗アレルギー薬に分類される第2世代の抗ヒスタミン薬(ヒスタミンH1受容体拮抗薬)です。第2世代の特徴は、ヒスタミン受容体に対する選択性が高く、抗コリン作用などよけいな作用が減弱されている点です。このため、第1世代に多い口の渇きや排尿障害などの副作用がほとんどみられません。
  • 非鎮静性です。脂溶性が低く脳に入りにくいため、眠気の副作用もほとんどないとされます。実際、国内外臨床試験における傾眠の発現率と程度は、プラセボ(にせ薬)とほとんど変わりません。また、路上での自動車運転能力を評価した海外試験で、運転能力の低下は認められませんでした。このため車の運転をふくめ眠気に関する制限事項がありません。
  • 薬物間相互作用を起こしにくく、飲み合わせの心配がそれほどありません。ただし、食事の影響で薬の吸収が悪くなるため、食後を避け空腹時に飲む必要があります。
  • 比較的速効性で、持続時間も長いほうです。1日1回服用で、すぐ効果があらわれ1日をとおして効きます。とくに くしゃみと鼻水によく効き、鼻づまりや目のかゆみにもそこそこ効きます。皮膚科領域では、蕁麻疹に有効性が高く、基本的治療薬として位置付けられます。アトピー性皮膚炎では、かゆみの軽減が期待できます。
注意
【診察で】
  • 持病やアレルギーのある人は医師に伝えておきましょう。
  • 別に薬を飲んでいる場合は、その薬を医師に教えてください。

【注意する人】

腎臓や肝臓の悪い人、また高齢の人は血中濃度が上昇するおそれがあります。

【飲み合わせ・食べ合わせ】

抗生物質のエリスロマイシン(エリスロシン)、心臓病や高血圧の治療に用いるジルチアゼム(ヘルベッサー)などに注意が必要です。併用により、ビラスチン(この薬)の血中濃度が上昇する可能性があります。

【使用にあたり】
  • 通常、1日1回、1回に1錠を服用します。食事の前後は避け空腹時にしてください。おおよその目安は、食事の1時間以上前または食後2時間以上あとです。
  • すぐに効いてきますが、十分な効果がでるまでに数日かかる場合があります。このため、花粉症では予防的に花粉の飛び始める直前から開始することがあります。その後も決められた期間続けてください。
  • 飲み忘れた場合は、気付いたときに すぐ飲んでください。ただし、次に飲む時間が近い場合は、1回分は抜かし次の通常の時間に1回分を服用してください。2回分を一度に飲んではいけません。
効能 アレルギー性鼻炎、蕁麻疹、皮膚疾患(湿疹・皮膚炎、皮膚そう痒症)に伴うそう痒
用法 通常、成人はビラスチンとして1回20mgを1日1回空腹時に経口服用する。

※用法用量は症状により異なります。医師の指示を必ずお守りください。
副作用 副作用は少ないほうです。従来の抗ヒスタミン薬に多くみられる眠気の副作用も軽減されています。長く飲み続けるときは定期的に肝機能検査を受けたほうがよいかもしれません。

  • 眠気、頭痛
  • 口内の渇き
  • 肝機能値の異常
   概説    作用    特徴    注意    効能    用法    副作用
  









用法用量は医師・薬剤師の指示を必ずお守りください。
すべての副作用を掲載しているわけではありません。いつもと違う「おかしいな」と感じたら早めに受診してください。
症状に合った薬が適正に処方され、また正しく使用するかぎり、重い副作用はめったに起こりません。まずは安心して、決められたとおりにご使用ください。
おくすり110番病気別の薬くすり本NAVIおくすり鑑定妊娠とくすり禁忌薬副作用薬価Drug Yaboo!

スポンサード リンク 投げ銭してネ !
Good luck & Good bye