おくすり110番
スポンサード リンク 投げ銭コ-ナ-

成分(一般名) セファレキシン
製品例 ケフレックスカプセル250mg、L-ケフレックス顆粒、L-ケフレックス小児用顆粒、ケフレックスシロップ用細粒100~200、ケフレックスシロップ用細粒100 ・・その他(ジェネリック) & 薬価
区分 主にg陽性,陰性菌用剤/セフェム系抗生物質/持続性

  PR 人気の薬系書籍ベスト30 「くすり本NAVI 」

   概説    作用    特徴    注意    効能    用法    副作用
概説 細菌を殺菌するお薬です。細菌が原因のいろいろな病気に用います。
作用

【働き】

感染症は、病原微生物が人の体に侵入し悪さをする病気です。腫れや発赤を生じ、ときに化膿し、痛みや発熱により苦痛をもたらします(実は、このような症状は病原微生物と戦うための体の防衛システムでもあるのです)。

病原微生物には、細菌やウイルス、真菌(カビ)などが含まれますが、このお薬が有効なのは“細菌”による感染症です。グラム陽性菌のほか、一部のグラム陰性菌にも有効です。病原菌が死滅すれば、腫れや発赤がおさまり、痛みがとれ、熱があれば解熱します。

いろいろな細菌に有効なので、呼吸器や耳鼻科領域を中心に各科で広く使われています。のどの痛みや発熱をともなう“かぜ”にも処方されます。本来、インフルエンザを含め一般的なウイルス性の“かぜ”には無効なのですが、細菌による二次感染時やその予防のために用いることがあります。

【薬理】

細菌の細胞壁の合成を抑えることで、殺菌的に作用します。
特徴
  • セフェム系の第1世代の代表的な抗生物質です。グラム陽性菌を中心に、大腸菌などグラム陰性菌の一部にも有効です。インフルエンザ菌や、緑膿菌、セラチアには効果がありません。最近は、第2・第3世代のセフェム系の処方頻度が多くなり、使用される機会は少なくなっています。
  • 副作用の少ない安全性の高い抗生物質です。ショックなどのアレルギー症状もペニシリン系に比べれば少ないです。
  • カプセルのほか、持続性顆粒(L)、シロップ用細粒などの製剤があります。
注意
【診察で】
  • アレルギーを起こしやすい人は、必ず医師に伝えておきましょう。
  • 今までに薬を飲んで発疹などアレルギー症状を起こしたことのある人は、その薬の名前を医師に教えてください。
  • 喘息、じん麻疹、腎臓病など持病のある人は、医師に伝えてください。
  • 服用中の薬は、医師に伝えましょう。

【注意する人】
  • この系統(セフェム系)の抗生物質で、じん麻疹などアレルギー症状を起こしたことのある人は、基本的に用いません。
  • 喘息やじん麻疹などアレルギー性の病気のある人は慎重に用います。腎臓の悪い人、高齢の人も副作用がでやすいので、服用量、服用間隔などに配慮が必要です。

【飲み合わせ・食べ合わせ】

持続性顆粒(L)と胃腸薬(制酸剤)の同時服用は避けます(2時間以上間隔をあければ大丈夫)。

【使用にあたり】
  • 決められた飲み方を守ってください。症状、年齢、製剤によって用法用量が異なります。症状が重いときは、多めになることがあります。
  • 時間毎(6時間毎等)のほか、食事に合わせて食後に飲むことも多いです。
  • カプセルや持続性顆粒(L)は噛まないで、コップ1杯ほどの水で飲んでください。子供用の細粒(ドライシロップ)は、ふつう、1包を適量の水で溶いてから飲みます。大きい子供は、そのままでもかまいませんが、多めの水で飲ませてください。
  • 指示された期間きちんと続けましょう。症状によっては、少し長めになるかもしれません。自分だけの判断で止めてしまうと、再発したり治りにくくなるおそれがあります。
  • ふつう、3〜4日も飲めば治ってきます。もし、効果がなかったり、かえって悪化する場合は、早めに受診してください。薬が合っていないかもしれません。

【その他】
  • 下痢の予防に、乳酸菌の整腸薬と併用することがあります。
  • 尿糖検査が不正確になることがあります。

【備考】

抗生物質の効きにくい細菌が増えています。ある調査によると、中耳炎を起こす肺炎球菌の7割が抵抗力を持っていたそうです。このような耐性菌を増やさないため、欧米では抗生物質の安易な使用は慎まれています。
効能
【一般】
<適応菌種>

本剤に感性のブドウ球菌属、レンサ球菌属、肺炎球菌、腸球菌属、淋菌、大腸菌、クレブシエラ属、エンテロバクター属、プロテウス属、モルガネラ・モルガニー、プロビデンシア属、インフルエンザ菌
<適応症>
  • 表在性皮膚感染症、深在性皮膚感染症、リンパ管・リンパ節炎、慢性膿皮症
  • 外傷・熱傷及び手術創等の二次感染、乳腺炎
  • 骨髄炎、筋炎
  • 咽頭・喉頭炎、扁桃炎、急性気管支炎、肺炎、慢性呼吸器病変の二次感染
  • 膀胱炎、腎盂腎炎、前立腺炎(急性症、慢性症)、精巣上体炎(副睾丸炎)、淋菌感染症
  • 子宮頸管炎、バルトリン腺炎、子宮内感染
  • 涙嚢炎、麦粒腫、角膜炎(角膜潰瘍を含む)
  • 外耳炎、中耳炎、副鼻腔炎、化膿性唾液腺炎
  • 歯周組織炎、歯冠周囲炎、上顎洞炎、顎炎、抜歯創・口腔手術創の二次感染
  • 注:製剤により多少異なる

【持続製剤(L)】
<適応菌種>

本剤に感性のブドウ球菌属、レンサ球菌属、肺炎球菌、大腸菌、クレブシエラ属、プロテウス・ミラビリス
<適応症>
  • 表在性皮膚感染症、深在性皮膚感染症、リンパ管・リンパ節炎、慢性膿皮症
  • 外傷・熱傷及び手術創等の二次感染、乳腺炎
  • 咽頭・喉頭炎、扁桃炎(扁桃周囲炎を含む)、急性気管支炎、肺炎、慢性呼吸器病変の二次感染
  • 膀胱炎、腎盂腎炎、前立腺炎(急性症、慢性症)
  • バルトリン腺炎
  • 涙嚢炎、麦粒腫
  • 外耳炎、中耳炎、副鼻腔炎
  • 歯周組織炎、歯冠周囲炎、顎炎、抜歯創・口腔手術創の二次感染
  • 注:製剤により多少異なる

【小児用細粒・ドライシロップ】
<適応菌種>

本剤に感性のブドウ球菌属、レンサ球菌属、肺炎球菌、腸球菌属、大腸菌、クレブシエラ属、インフルエンザ菌
<適応症>
  • 表在性皮膚感染症、深在性皮膚感染症、リンパ管・リンパ節炎、慢性膿皮症
  • 外傷・熱傷及び手術創等の二次感染
  • 咽頭・喉頭炎、扁桃炎、急性気管支炎、肺炎、慢性呼吸器病変の二次感染
  • 膀胱炎、腎盂腎炎
  • 涙嚢炎、麦粒腫
  • 外耳炎、中耳炎、副鼻腔炎
  • 歯周組織炎、顎炎、抜歯創・口腔手術創の二次感染
  • 猩紅熱
  • 注:製剤により多少異なる
用法

【一般】

通常、成人および体重20kg以上の小児はセファレキシンとして1回250mg(力価)を6時間毎に経口服用する。重症の場合や分離菌の感受性が比較的低い症例に対しては、セファレキシンとして1回500mg(力価)を6時間毎に経口服用する。ただし、症状、体重、年令などにより適宜増減する。

【持続製剤(L)】

通常、成人及び体重20kg以上の小児は、セファレキシンとして1日1g(力価)を2回に分割して、朝、夕食後に経口服用する。重症の場合や分離菌の感受性が比較的低い症例に対しては、セファレキシンとして1日2g(力価)を2回に分割して、朝、夕食後に経口服用する。なお、年齢、体重、症状により適宜増減する。

【持続製剤(L小児用)】

幼小児は、通常、体重kg当りセファレキシンとして1日25〜50mg(力価)を2回に分割して、朝、夕食後に経口服用する。重症の場合や分離菌の感受性が比較的低い症例に対しては、体重kg当りセファレキシンとして1日50〜100mg(力価)を2回に分割して、朝、夕食後に経口服用する。ただし、年齢・体重・症状により適宜増減する。

【小児用細粒・ドライシロップ】

通常、幼小児はセファレキシンとして体重kgあたり1日25〜50mg(力価)を分割して6時間ごとに経口服用する。重症の場合や分離菌の感受性が比較的低い症例には、体重kgあたり1日50〜100mg(力価)を分割して6時間ごとに経口服用する。なお、年齢、体重、症状により適宜増減する。

※用法用量は症状により異なります。医師の指示を必ずお守りください。
副作用 わりと多いのは「下痢」です。とくに小さい子供は、便がやわらかくなりやすいです。これは、抗菌作用により、腸内細菌のバランスが乱れるためです。軟便くらいでしたら、たいてい心配いりませんが、ひどい下痢が続くときや血便がみられるときは受診してください。

人によっては、小さいブツブツした「発疹」ができます。ときに、発熱をともなうこともあります。この場合、いったん服用を中止し、医師の指導を受けてください。ショックに至るような重いアレルギー症状(アナフィラキシー)を起こすことはまずないですが、万一、ひどい「じん麻疹」ができたり、顔や口が腫れてゼーゼーしてくるときは、すぐに受診してください。

そのほか重い副作用として、腎不全、血液障害、大腸炎、皮膚障害の報告もあります。これらは、きわめてまれな副作用ですが、とくに高齢の人、また長期服用時においては注意が必要です。


【重い副作用】 ..めったにないですが、初期症状等に念のため注意ください
  • アナフィラキシー・ショック..じんま疹、全身発赤、顔や喉の腫れ、ゼーゼー息苦しい、冷汗、顔が白くなる、手足のしびれ、脈が弱い、血圧低下、目の前が暗くなり意識が薄れる。
  • 急性腎不全..尿が少ない・出ない、むくみ、尿の濁り、血尿、だるい、吐き気、頭痛、のどが渇く、けいれん、血圧上昇。
  • 溶血性貧血..だるい、疲れやすい、めまい、息切れ、動悸、顔色が悪い、頭痛、黄疸(皮膚や白目が黄色)。
  • 大腸炎..激しい腹痛、頻回な下痢、発熱、血液便、下血。
  • 重い皮膚・粘膜障害..発疹、発赤、水ぶくれ、うみ、皮がむける、皮膚の熱感や痛み、かゆみ、唇や口内のただれ、のどの痛み、目の充血、発熱、全身けん怠感。
  • 間質性肺炎..から咳、息苦しさ、少し動くと息切れ、発熱。
  • 肝臓の重い症状..だるい、食欲不振、吐き気、発熱、発疹、かゆみ、皮膚や白目が黄色くなる、尿が茶褐色。

【その他】
  • 発疹(小さな赤いブツブツなど)、じん麻疹(プックリと赤く腫れる)
  • 軟便、下痢、腹痛、吐き気
  • 長期服用で、菌交代症(口内炎、カンジダ症)やビタミンK欠乏症(出血傾向)
   概説    作用    特徴    注意    効能    用法    副作用
  









用法用量は医師・薬剤師の指示を必ずお守りください。
すべての副作用を掲載しているわけではありません。いつもと違う「おかしいな」と感じたら早めに受診してください。
症状に合った薬が適正に処方され、また正しく使用するかぎり、重い副作用はめったに起こりません。まずは安心して、決められたとおりにご使用ください。
おくすり110番病気別の薬くすり本NAVIおくすり鑑定妊娠とくすり禁忌薬副作用薬価Drug Yaboo!

スポンサード リンク 投げ銭してネ !
Good luck & Good bye