おくすり110番
スポンサード リンク 投げ銭コ-ナ-

成分(一般名) ファムシクロビル
製品例 ファムビル錠250mg ・・その他(ジェネリック) & 薬価
区分 抗ウイルス剤/その他/抗ヘルペスウイルス剤

  PR 人気の薬系書籍ベスト30 「くすり本NAVI 」

   概説    作用    特徴    注意    効能    用法    副作用
概説 ヘルペスウイルスの増殖をおさえるお薬です。単純疱疹や帯状疱疹の治療に用います。
作用

【働き】

ウイルスは、細菌とは別の微生物です。細菌より小さく、他の生物の細胞内で増殖します。このうち、ヘルペスウイルスの仲間は、‘水ぶくれ’を作るのが特徴的です。代表的なのは単純ヘルペスウイルスと水痘・帯状疱疹ウイルスによるもので、皮膚や粘膜に発赤や水ぶくれを生じ、ピリピリと激しく痛むこともあります。

このお薬は、そのような悪さをするヘルペスウイルスに効く抗ウイルス薬です。単純疱疹(口唇・顔面ヘルペス、カポジ水痘様発疹症、性器ヘルペス)や帯状疱疹などヘルペスウイルスが原因の皮膚病に効果があります。ウイルスの増殖をおさえますので、ウイルスの少ない発症初期に用いると効果的です。初期治療により 病状の悪化がおさえられ、治癒が早まります。

【薬理】

服用後速やかにウイルス活性をもつペンシクロビルに代謝されます。さらに、ペンシクロビルはヘルペス群ウイルス感染細胞内で特異的にリン酸化され、ペンシクロビル3リン酸となります。これが、ウイルスDNA鎖の伸長を停止させ、DNAの複製を阻害することにより、ヘルペスウイルスの増殖を抑制します。
特徴
  • プリン骨格をもつ新規の抗ヘルペスウイルス薬です。略号はFCV。体内で抗ウイルス作用を持つペンシクロビルに変換されてから効果を発揮します(プロドラッグ)。
  • ペンシクロビルそのものよりも吸収性がよく、効率的かつ持続的に作用します。そのため、服用回数を1日5回から3回に減らすことに成功しています。
注意
【診察で】
  • 持病やアレルギーのある人は医師に伝えておきましょう。
  • 服用中の薬を医師に教えてください。
  • 妊娠中や、その可能性のある人は申し出てください。

【注意する人】

腎臓の悪い人や高齢の人は、薬の排泄が遅れがちです。減量や投与間隔を延長するなど慎重に用いるようにします。

  • 注意が必要なケース..腎臓病、高齢の人など。

【飲み合わせ・食べ合わせ】

痛風の薬のプロベネシド(ベネシッド)との併用により、この薬の排泄が遅れる可能性があります。

【使用にあたり】
  • 診察後、すぐに飲み始めてください。早期服用が大事です。通常1日3回服用ですが、食後服用にこだわることはありません。
  • 服用期間は単純疱疹の治療で原則5日間、帯状疱疹で7日間です。症状が少しもよくならないときは、医師と相談してみてください。

【食生活】

車の運転をふくめ危険をともなう機械の操作、高所での作業のさいは十分に注意してください。多くはありませんが、まれに精神変調や意識障害を起こすことがあるためです。

【備考】

子供の水痘(水ぼうそう)は、水痘・帯状疱疹ウイルスによる感染症です。治癒後、このウイルスは、体の中に静かに潜んでいます。ところが、年齢をかさねて体の抵抗力が弱ってくると、再び増えだし帯状疱疹を引き起こすことがあります。

一方、口唇・顔面ヘルペスやカポジ水痘様発疹症、性器ヘルペスは、単純ヘルペスウイルスによるものです。口唇ヘルペスは、カゼなどで体調の悪いときによくでてきます。ごくまれですが、単純ヘルペスウイルスは角膜炎や脳炎を起こすことがあります。

治療薬には、飲み薬のほか塗り薬や注射薬があります。症状によって、それらを使い分けします。帯状疱疹や水痘、性器ヘルペスには飲み薬を、唇にできる口唇ヘルペスには軟膏もよく使われます。ヘルペス角膜炎には、専用の眼軟膏があります。ヘルペス脳炎など重症例では、点滴による治療が必要です。
効能

【効能A】

単純疱疹

【効能B】

帯状疱疹
用法

【効能A】

通常、成人はファムシクロビルとして1回250mgを1日3回経口服用する。

【効能B】

通常、成人はファムシクロビルとして1回500mgを1日3回経口服用する。

※用法用量は症状により異なります。医師の指示を必ずお守りください。
副作用 副作用は少ないほうです。あるとすれば、下痢や吐き気などの胃腸症状、発疹などの皮膚症状、めまいや眠気、頭痛などです。

重い副作用はまずありませんが、意識障害など精神神経症状が現れる可能性がなくはありません。とくに、腎臓の働きが落ちている人、高齢の人など要注意です。


【重い副作用】 ..めったにないですが、初期症状等に念のため注意ください
  • 重い精神神経症状..もうろう状態、幻覚、混乱・興奮、けいれん、意識がうすれる。
  • 重い皮膚・粘膜障害..発疹、発赤、水ぶくれ、うみ、皮がむける、皮膚の熱感や痛み、かゆみ、唇や口内のただれ、のどの痛み、目の充血、発熱、全身けん怠感。
  • 急性腎不全..むくみ、尿の濁り、血尿、尿が少ない・出ない、だるい、吐き気、頭痛、のどが渇く、けいれん、血圧上昇。
  • 横紋筋融解症..手足のしびれ・けいれん、力が入らない、筋肉痛、歩行困難、赤褐色の尿。

【その他】
  • 下痢、軟便、吐き気、腹痛
  • めまい、ふらつき、眠気、頭痛
  • 発疹、かゆみ
   概説    作用    特徴    注意    効能    用法    副作用
  









用法用量は医師・薬剤師の指示を必ずお守りください。
すべての副作用を掲載しているわけではありません。いつもと違う「おかしいな」と感じたら早めに受診してください。
症状に合った薬が適正に処方され、また正しく使用するかぎり、重い副作用はめったに起こりません。まずは安心して、決められたとおりにご使用ください。
おくすり110番病気別の薬くすり本NAVIおくすり鑑定妊娠とくすり禁忌薬副作用薬価Drug Yaboo!

スポンサード リンク 投げ銭してネ !
Good luck & Good bye