うりきち日記 2018年7月

Mail Magazin

7月19日

「野音に差し入れくれた人の中に最上のマスターもいて」、、野音来てくれたんですね。
「嬉しいなぁ」、、ね。
「そこに名刺が入ってたんだけどその裏に「近々に閉店することにしました」と書いてあって」、、びっくりで。
「うーむ」、、前は野音の打ち上げは最上でやってたんですよね。
「MOGAMIって名前を付けたのが最上でだったから」、、はい。
「でも何年か前から最上でできなくなったんだよなぁ」、、最上からでは帰りが遠くなってという人が多くて。
「俺だって遠いけどなんというか、最上でやりたかったです」、、寂しかったすね。
「俺だけ最上で打ち上げやればよかった」、、それはちょっと。
「最初に行ったのはいつだったかなぁ」、、最上の近くでレコーディングしてたんですよね。
「デビューして20何年かはやってたのかなぁ。あ、今でもたま〜に使える時あるけど」、、そのスタジオすんばらしいから贅沢な時代でした。
「録り5時間呑み8時間なんてこともあったですもん」、、店は5時からなんだけど4時過ぎにレコーディング終わってみんなで店の前うろうろしたりして」、、マスター「入っていいよ」言うてくれたり。
「酒もつまみも最高で」、、マスターも最高で。
「、、、」、、、、。
「さみしいなぁ」、、、、。

 

7月18日

「去年も暑さってこんなでしたっけ」、、ここまでじゃなかったような気も。
「ですよねぇ」、、西日本豪雨で大変な思いをした人たちやボランティアの人たちはこの暑さの中で、です。
「、、、」、、、、。
「、、、」、、、、。
「16日に上甲にLINEした時、「まだ水が出ないので長期戦です」と」、、うーむ。
「、、、」、、、、。

 

7月17日

「トイレに行こうとドアを開けるたびに「もわ〜」っと」、、暑暑。
「これってやっぱかなり危険が危ないのではと」、、危険が危ないレベルです。


「トイレから戻ってドアを開けたら」、、たまごが飛び出した。
「が」、、すぐ立ち止まるの巻。
「だつて」、、暑すぎるもの。ちっちゃい「っ」を使ってね。


立ち止まってるとこをひょいと抱っこされて帰宅なたまご。

「かわゆいのぅ」、、たまらんのぅ。

 

7月16日 海の日

あれ?

「なにかすら」、、キッチンレコーディングは?
「、、、」、、、、。
「、、、」、、来た来た来ましたどっと来ました。でござるな。
「動、、けん」、、はい。
「首が」、、腕が。
「腰が」、、足首が。
「指が」、、足の指が。


そういえば13日、1週間くらいまえに打った足の指の痛みも腫れも引かないから病院に行ったのであった。
レントゲンを撮ってそれを見ながら「先生だいじょぶですよね」と。
先生は「だいじょぶじゃないですよ」と。「ここほら、折れてますよ」と。

「そんなこともあったなぁ」、、、、。
「とにかく、動、、けん」、、ち〜ん。

 

7月15日

「今日もかなりのあれやね」、、暑さでございます。
「これってもう危険よね」、、昨日もそうでした。
「がんばれエアコン」、、負けるなエアコン。


そして、ギターをポロリンしながらキッチンレコーディングを始める57。
なんかわりと元気っすね。

「Naked Tracks12に取りかかろう思って」、、え?
「ローリン」、、と、携帯にメモ録音をするのであった。
(メモ録音=鼻歌を録音しておく。この鼻くそじゃなかった鼻歌からほとんどの曲は生まれるのであった)

 

7月14日

14日13時40分、

「ほんとは13時半だったんだけど」、、支度が間に合いそうになかったので「40分にお願いします」と。
「そして社長達が迎えに来てくれた車で」、、野音に向かってれっつらごー。
「が、車」、、倉庫みたいですやん。
「冷房」、、後ろの座席にないですやん。
「サウナですやん」、、汗、滝ですやん。
「迎えに来てくれたんだから文句言っちゃあいかんと思いながらも」、、「冷房ぉ」と声が出るの巻。
「携帯とiQOS忘れたことにすぐ気がつきましたけど」、、引き返してもらうの悪いから。
「ただ」、、暑さに口開いたまま。
「野音に着くのを」、、待つの巻。
「そして野音まであと400メートルくらいのとこだったか」、、セミの声が。
「野音でこの夏最初の」、、セミの声聞くはずでしたやん。
「そして野音に到着」、、イベンターの石川選手と。
「よろすくねと」、、握手。


そしてサウンドチェック&リハーサル。

「気がつかないふりしてたけど」、、かなりのお暑さで。
「今日は来てくれる人も大変だぞと」、、はい。


終わって楽屋でぼ〜っとしてたら。

「あきお君が持ってきてくれた携帯とiQOSが」、、よかった。
「携帯ないとなんというか」、、することないしLINEやメールに返信もできんし。
「いやほんとに」、、はい。


そして本番!
どうでしたかい?

「いやぁ暑かったけど熱かった!」、、あはは。
「嬉しい楽しいごきげんな夜でした」、、いぇい!
「嬉しいな」、、嬉しいね。
「去年の雨と雷もわやだったけど」、、今年の暑さもわやでした。
「そんな中来てくれたあなた」、、あなたあなた。
「本当にありがとう!」、、ありがとうございました。
「また来年ここで会えるようぎゃんばります!」、、また来年会いましょう!


「終わったら楽屋でとにかくしばらくぼ〜っと休みたいのですが」、、関係者のみなさまとの乾杯が。
「昔はそういうの気にしないというか気がつかなかったというアホで」、、自分のペースでしばらく休んでからトランクに荷物を詰め込むというアホで。
「が今は待たせては悪いと」、、汗だくで髪も乾かさないでふらふらしながら着替えて片づけて乾杯の楽屋横の場所に。
「最初に美嘉ちゃんの顔見て目の前明るくなると」、、はいはい。
「今年も来てくれてぼかぁ嬉しい!」、、あはは。
「そしてみんなに「ありがとう」とお礼を言うて行くんだけど」、、はい。
「持ってるビールが3回だったか「すっ」と手から落ちるという情けなさ」、、ヘルニアンで腕指力がぁの巻。
「とほ」、、とほほ。
「恥ずかしい」、、情けない。


「そして打ち上げの店に」、、メンバーやスタッフのみんなと。
「ありがとうございました!」、、乾杯!
「そして」、、ゆっくりほどけていくの巻。
「池畑さんと「これは食べたいけどあれやね」」、、「プリンが多いからダメやね」と。
「ツーフタンズの会話をしながら」、、呑んで。
「美味しい楽しい酒でした」、、いぇい!


「今年の俺の夏終わりました」、、お疲れさまでした。
「参戦してくれたみんな、遠征してくれたみんな、ほんとにありがとう!」、、ありがとうございました。
「MOGAMIのみんな、スタッフのみんな、イベンターの男石川、ありがとう!」、、お疲れさまでした。

 

7月13日

今日はやっぱ行っとかねばなとこがあったようで。

「へい」、、へいって。
「行ってきました」、、どうでしたかい。
「それはまた今度ということで」、、なんでやねん。


「それにしても」、、暑いでござるな。
「まことに」、、暑い。

 

7月12日

「最近時々思うんだよなぁ」、、何をすか。
「、、、」、、、、。
「なんだっけ」、、、、。
「、、、」、、、、。

だいじょぶでっか?

「え?」、、だいじょぶですかい?
「わたす?」、、あなた。
「うーむ、人にだいじょぶな時ってありますのん?」、、うわぁお。
「ぐわぁお」、、びゅわぁお。
「でもだいじょうぶい!」、、ぶいぶいV!


「あ」、、なんでしょ。
「この夏まだセミの声を聞いてない」、、あきお君は今日信号待ちの時に聞いたって言うてましたぜ。
「負けたぜよ」、、なんにぜよ。
「あれだね」、、どれだね。
「俺のこの夏初めてのセミの声は野音だね」、、あ、そっすね。

 

7月11日

「外はどえらいことになっとるで」、、暑暑で溶けてまうがな。
「わややで」、、こういう時にいつも思うのはあれや、宅急便とか配達の人たちのすごさや。
「いやほんま」、、なのに俺はなにをやってんねんと。
「いや、今日は俺休みやし」、、この怠け者の役立たずがと。
「そこまではその」、、ボケッ!カスッ!このチンポコリンッ!がと。
「チンポコリンてなん?」、、よう知らんけど。


「しかしほんま思うわ」、、なんをや。
「ワシ夏いらんさかい」、、んなこと言うてもやな。
「前から言うとんのや」、、なんをや。
「夏が好きな信じられんのがおるやろ」、、そらいっぱいおるやろ。
「ワシの夏もろてくれへんかと」、、そら無理や。
「と」、、ジェネリック関西弁は続くのであった。

 

7月10日

たまごの甘えっぷりがすごいようで。

「いつものことですたい」、、なんでこんなに甘えん坊なんでしょうねぇ。
「それはね」、、それは?
「甘えん坊に育てたからです」、、あはは。
「だつて」、、ちっちゃい「っ」を使ってね。
「かわゆいんですもの」、、やわこいんですもの。
「「うん」とか「ん?」とか「おきゃえりなさいぃぃ」とか話すんですもの」、、、、。
「なに」、、それは親バカかと。
「ほんとだって」、、親バカかと。

 

7月9日

57、今日はリハーサル最終日。

「本日も無事終了です」、、足や首や腕はだいじょぶでしたかい?
「俺たちアスリートはみんなケガや病気を黙らせて闘っているのです」、、はい?
「2020年東京オリンピックまで走り続けるのです」、、そ、そうですか。
「押忍」、、ちなみに東京オリンピックには何の競技で。
「自分パンケーキとコサージュで金狙います!」、、、、。

 

7月8日

足の指ちゃんたちはどうですかい。

「ぷっくり紫っちょるけどだいじょぶだすよ」、、でも足引きずってはりますが。
「痛い風で年に60日は引きずってるからなんちゃあないぜ」、、さっすがぁ。
「そやろ」、、ではない。
「でも痛みも昨日ほどじゃないから問題なし」、、さっすがぁ。
「そやろ」、、だからそうではない。
「明日にはボールも蹴れるぜ」、、蹴らんでいいしボールないし。
「はて」、、はて。


明日はリハーサル最終日です。

「押忍」、、スタジオ変わるから間違えないように。
「やだなぁ、そんなお間抜け三太郎じゃないぜい」、、前に何回かあっただけだから心配してないぜい。お間抜け三太郎って誰。

 

7月7日

明け方トイレに行こうとした時、たまごの爪とぎがあったのでよけたらテーブルの脚に蹴躓いて(たまごはそこにはいません)「うわっ」とよけたらバランス崩して大きくこける57。

「かなり危険が危なかったっす」、、しばらくしたら足の指が紫色に。
「どこで打ったんだろう」、、だからテーブルの脚でしょうねえ。
「でした」、、他はだいじょぶですかい。
「そう言われたらわたす」、、なに。
「だいじょぶなとこ1個もないような」、、あらやだ。
「いやん」、、ばかん。
「なんだかなぁ」、、3本ほどぷくぷくになってきてますが。
「かわいいじゃろ」、、痛いじゃろ。
「なんともないね」、、あきお君は「病院土曜は午前中だけだからすぐ行った方がいい」と。
「でもDr.ひおんさんは「たぶん折れてないからだいじょぶ」と」、、骨折はかなり経験あるから分かるらしいDr.ひおんさん。
「どや」、、どやって。

 

そしてここんとこテレビはほとんど見てなかった57、ニュースで西日本の大雨のことを初めて知るという。

「こんな酷いことになってたんだ」、、大変です。
「一彦に「田舎だいじょぶか」とLINEして」、、はい。

「自然災害って、なんというか」、、うーむ。
「人をだましたりズルしたりの人のとこだけにはできんのかな」、、うーむ。

 

7月6日

リハーサル4日目。

「本日もドカッ!と」、、そして繊細に。
「気持ちよかった」、、みんな素晴らしいっす!
「ごきげんだぜい」、、いぇい!


でも帰り道でそのごきげん「ひゅ〜っ」と引くようで。

「だけど激混みの時間じゃないからまだいいっす」、、が、最寄り駅に着いた時には。
「休憩なしではもう歩けまへん帰れまへん」、、とかなんとか言って軽く1杯。
「許してちょんまげ」、、ちょんまげて。
「あれだなぁ」、、どれだな。
「もう電車と徒歩やめたいでござる」、、まあそうでしょうけど。
「俺も池畑さんみたいな攻めまくりのハーレー買おうかね」、、買えんがな。
「むむ」、、むむむ。
「じゃあ攻めまくりのブーツにするかね」、、歩けんがな。
「とほ」、、徒歩歩。


そしてリハーサルも残すとこあと1回です。

「そうですね」、、そうですよ。
「ぎゃんばる」、、ぎゃんばり。

 

7月5日

リハーサル3日目。

「今日もどかっと」、、お稽古お稽古。
「押忍」、、押忍。
「でも俺んとこのお稽古、時間はそんなに長くないですよ」、、気になったりこうしようって曲をやったらもう頭から通しちゃうという。
「そしてまた気になったりな曲をやったら「今日はこんくらいで勘弁してやりますか」と」、、終了。
「あれなんすよね」、、どれなんすかね。
「だらだらやるのはイヤなのす」、、レコーディングもそうですね。
「集中してどかっと」、、やると。
「はい」、、でも時間はそんなに長くなくても終わった時はもう。
「なに」、、かなりヘロヘロの57。
「なこたぁないっすよ、ぼかぁ何回通したっていいっすよ」、、うそつきました?
「はい!」、、ちゃんちゃん。


「そうそう」、、なになに。
「スタジオでDr.kyOnに久しぶりに会ったよ」、、名乗ってもらうまで気がつかないという。
「まあそれはいつものことで」、、あきまへんなぁ。
「たま〜にこうやって会うんだけど」、、みたいすね。
「レコーディングやったのはもう30年くらい前かなぁ話したり」、、ほんに時は矢のように。
「でござるの籠屋」、、なんじゃらほい。
「池畑さんと3人で話してなんだかほんわか楽しかったよ」、、いぇい。

 

7月4日

なんかうれしそうじゃありません?

「わちき?」、、わちきって。
「そりゃ嬉しいですよ」、、なんぜ?
「だつてお休みですもの」、、そういうことすか。でちっちゃい「っ」を使ってね。
「なに、お休み以上に嬉しいことってありますかい?」、、いっぱいあるような気がしますが。
「たとえば?」、、Naked Tracksの予約が止まらないとか。
「うわぁお、それはかなりかなりすっごい嬉しいぞ!」、、残念、予約とかありません。


ということで今日はリハーサル音源を聴きながら「ふむふむ」「おぅ」「いぇい」「ここはこうかすら」「ちゃんとしなさい俺」とかとか。

「ですね」、、はい。
「今日はとにかく食って寝て」、、あんど喉に優しく。
「そんな」、、1日。

 

7月3日

リハーサル2日目。

「ぼかぁ最初の駅に行くだけでもう」、、分かったから。
「しかし暑いのぅ」、、今日で9日連続真夏日ですたい。
「いやん」、、ばかん。


「そして今日も」、、ただただお稽古。
「MOGAMI いいぜぇ」、、いぇい!
「でも今日は自分、最後の方気が遠くなってしまいまして」、、あらら。
「こんな自分が嫌いだ」、、次は最後まで納得いくよう唄えるように。
「押忍」、、押忍。


「それにしてもたまご、かわゆくて」、、あはは。
「たまらんのぅ」、、かわゆいのぅ。

 

7月2日

57,リハーサルに出動。

「あ、暑い」、、34度ですきに。
「やめて」、、ここんとこずっと真夏日ですきに。
「ぼかぁ最初の駅に行くだけでもう」、、なに。
「最初の乗り換えの時なんてもう」、、なに。
「次の乗り換えの時なんてもう」、、だからなに。
「スタジオに着いた時はもうあれですよ」、、どれ。
「今日はもう飯食って寝る以外無理っす状態っす」、、みんなそうでしょうに。
「みんなは車ですきに」、、57もすごい車いっぱい持ってるでしょうに。
「あれはミニカーですきに」、、乗れんですきに。
「あらやだ」、、あらやだ。


「そしてとにかくお稽古お稽古っす」、、よっしゃ。
「やらねば」、、やらねば。
「スタジオは涼しいから嬉しいっす」、、本番は暑いんだからあんまり涼しくしない方がいいんでないすか?
「やだ」、、やだって。
「絶対やだね」、、、、。
「あ、そうだ」、、なんでしょ。
「今回は清水参戦です」、、ですね。
「いい音出してます」、、いぇい!

 

7月1日

7月です。

「聞いてない」、、え?
「俺は今日から7月なんて誰からも聞いてないど」、、誰も誰にも言わんですもん。
「じゃあなんぜ今日から7月なのだ」、、それは。
「それは?」、、7月だから。
「、、、」、、、、。
「大人ってずるい」、、おやじが言うな。


明日からリハーサル始まります。

「そうなんですよね」、、お稽古のお稽古しましたかい?
「明日何をやるのかは確認してですね」、、前に自分で決めたんでしょうに。
「君」、、君って。
「あの日の僕は前の僕なのさ」、、知らんがな。
「今の僕はあの日から2万光年は離れたあのそ」、、うるさい。
「、、、」、、、、。
「でも明日忘れ物しないように、明日持っていくものはもう玄関に出しときました」、、なんか。
「なにかな」、、それはそれでなんというか。
「なに」、、とほほやのぅ。

 
 

2018年6月 2018年5月 2018年4月 2018年3月 2018年2月 2018年1月 2017年12月 2017年11月 2017年10月 

2017年9月 2017年8月 2017年7月 2017年6月 2017年5月  2017年4月 2017年3月 2017年2月 2017年1月 

2016年12月 2016年11月 2016年10月 2016年9月 2016年8月 2016年7月 2016年6月 2016年5月 2016年4月