SION&URIKICHI
mobile


 

 

うりきち日記 2017年
uti

 

8月17日

今日もあまり動かずじ〜っと過ごすの巻。

「じ〜っとね」、、じ〜っとね。
「トイレには行くけどね」、、それは行かんとね。
「あとはほとんど」、、じ〜っとね。
「座ってるか横で」、、じ〜っとね。


「あ」、、なんすか。
「俺この夏まだスイカ食べてない」、、知らんがな。

 

 

 

8月16日

今日は横の日。

「はい」、、たまごと横の日。
「そうです」、、ひと坪スタジオに出社もしないのでたまごは嬉しそうで。
「窓の外を見に行ってそのまま寝たり」、、起きたらとことこ横にきてころんとしたり。
「やっぱ近くにいるのがあれなのかすら」、、安心なんでしょう。
「俺も安心でござる」、、ということで。
「のんびり」、、ごろごろ。


「そうだ、麻生の写真集『Tohru Asou × SION』届きました」、、いぇい!
「やっぱ100ページってかなりの厚みです」、、ですね。
「この写真集のためにどこかに撮影に行ったわけじゃないからどこかで見た写真が多いと思うけど10年ずっと撮り続けてくれた人は初めてだから」、、そうですね。
「麻生はアルバムジャケットだけじゃなくほんといろいろやってくれてて」、、ですよね。
「ほんといつもありがとう」、、ありがとうございます。


ところで。

「なにかな」、、今日は湯船は。
「なしで」、、止まったちゃぷん記録。
「シャワーも浴びてない」、、あらま。
「外に出ないしええやないの」、、あら始まった。
「ついでにアルコールもなしに」、、お、そっちはいいと思います。

 

 

 

8月15日

リハーサル4日目。

「今日は通しの途中2度ほど気が遠くなったりして」、、情けなか。
「危険が危なかった」、、久しぶりに聞く『危険が危ない』。
「でもなんとか完走」、、当たり前でござる。
「2連ちゃんのあと移動日1日でまた2連ちゃんはきますです」、、移動日って。
「明日は1日横でいますです」、、たまごと横。
「横なふたり」、、2横。
「休むど〜」、、休め〜い。


「ところで今日も湯船にちゃぷんしたでござる」、、湯船につかる時「あ゙〜」と声がが5日連続でござるな。
「あの瞬間がたまらんでござる」、、でも2分も入ってられないのはちょっとあれでござる。
「ですよね」、、ですよ。

 

 

 

8月14日

今日はリハーサル3日目。

「とにかくやらねばね」、、お腰とお首とお足とお喉に気をつけながら。
「やらねばね」、、やらねばね。


「そして3日目も完走」、、まっすぐ帰りましょ。
「少しだけクールダウンということでちょっと寄り道」、、でました。
「軽く呑み食いして帰ろうとしたら」、、店のマスターが「疲労回復に」と鰻ざくのお土産。
「泣いちゃうぞ」、、終わらない更年期。
「、、、」、、、、。


「そして今日も湯船にちゃぷん」、、4日連続とは。
「すごくない?」、、普通、かも。
「そうかすら」、、どうかすら。


「そして「美味っ」と鰻ざく食べながら軽く呑んでたら」、、雨が強くなってきて。
「そして」、、雨漏り。
「、、、」、、5箇所から。
「泣いちゃうぞ」、、泣いちゃうよね。

 

 

 

8月13日

午前中ちょっと出社するも小1時間で戻ってきて。

「また横」、、今日はほとんど横。
「そういえば」、、なんでしょ。
「今日も湯船につかった」、、いつもシャワーだけで湯船につかるのは1年に数回という。
「あは」、、あはなのかすら。
「でも今日で3日連続ですよ」、、湯船にちゃぷん。
「3日連続湯船につかるなんて40数年ぶりかも」、、まさかあ。
「それはないか」、、銭湯に行ってた時は入るでしょう。
「そっか」、、ほら。
「でも諸事情により毎日は行ってなかった気もする」、、不潔ぅ。

 

 

 

8月12日

リハーサル2日目。

「今日は昨日よりはあれでした」、、お腰お足お首お喉も。
「はい」、、よかった。
「いやほんと」、、でも調子に乗らないようにしましょう。
「はい」、、はい。
「MOGAMI、いいねぇ」、、いぇい。


「明日は1日横でゆっくりするぜい」、、横の達人たまご師匠と。
「達猫ね」、、もう時々人に見えます。
「あは」、、あはは。

 

 

 

8月11日 山の日

リハーサル初日。

「MOGAMI&スタッフ集合です」、、いぇい。
「が、まずはこんな大人数と会うのは久しぶりなんでまずは人になれないと」、、そこからかい。つうかそんな大人数でもないがな。
「自分Naked Tracks作業が長かったのと、その後の集合も4人くらいだったもんで」、、それにしても。
「あははのは」、、なかなかあれですなあ。
「元々人が好きで人が嫌いなあれですから」、、どれよ。


そして初日終了。
お腰お足お首お喉の調子はどうでしたかい。

「今日はけっこうきましたねぇ」、、あはは。
「さあ明日もぎゃんばりましょ」、、そうしましょ。

 

 

 

8月10日

「目がかすんでどうにもならんぜよ」、、寝起きの携帯は特にぼやけて見えんがなの巻。
「いやほんと笑ってしまうですよ」、、かすみちゃんの巻。
「なんだかなぁ」、、、、心の方はおかすみになられてないですかい。
「おかすみって」、、おかすみの巻。
「そっちはまだなんとか踏ん張っております」、、そらよかった。
「でもできたら目のおかすみもない方がいいんですけどね」、、それはあれですよ。
「どれですか」、、術と思えばいいんじゃないでしょうか。
「術って」、、わざ。技能ですな。
「なるほど」、、「おかすみの術」ですたい。
「俺は「おかすみの術」を持ってるんだぞと」、、そうです。
「どうだ!と」、、それです。
「でも」、、なんでしょ。
「すごくはないすよね」、、すごくはないよ。
「「いいなぁ」ってうらやましがられる技でもないすよね」、、ないよ。
「、、、」、、、、。


明日から野音のリハーサルが始まります。

「はい」、、お腰とお首とお足に気をつけながらぎゃんばりましょう。
「リハーサルではバク転はせんでおきます」、、はいはい。

 

 

 

8月9日

今日は37度まで上がったそうです。

「36度じゃなかったんだ」、、37歳。
「え?、37歳?、うわぁ、大歓迎!」、、37度。
「あっち行って」、、去年の今日も37度あったそうです。
「そうなんだ」、、はい。


「37歳かぁ」、、37度ね。
「戻れんもんだろうか」、、こればっかりはどんなお金持ちでも無理であります。
「お金がない人は?」、、倍速で歳をとります。
「ぬぁんだってい!」、、んなわきゃありません。これだけが唯一平等であります。
「、、、」、、たぶん。


たまごが来ましたぜ。

「しっぽ「ぴんっ!」として来た来た」、、あはは。
「かわゆいのぅ」、、たまらんのぅ。

 

 

 

8月8日

今日は夕方interFM「The Dave Fromm Show」に。

「前におじゃました時は『うぃすぱーひおんさん』で」、、今回は『へるにあんひおんさん』で。
「まったく」、、まったく。
「Daveさんもジョーも毎回呑む気まんまんなんだけど」、、あはは。
「次こそはということで」、、ですね。
「Daveさん、ジョー」、、ありがとうございました。


「そうそう終わって帰る時」、、下の喫煙所でタクシーを待ってて。
「来たから行こうとした時」、、社長がinterFMのお嬢さんと何か話してて。
「家族で俺の唄を聴いてくれてるそうで」、、両親がよく聴いてたから小さい頃から聴いてましたと。
「うれしいなぁ」、、うれしいねぇ。
「明日もぎゃんばるぜ」、、いぇい!

 

 

 

8月7日

「この腰、ずっとこのままなのかすら」、、痛みを薬であれしながらですね。
「バックレスベルトやサポーターで湖底して」、、固定ね。
「ひと坪スタジオで作業してる時は首も湖底してるからなんだかもうロボットみたいでござる」、、固定ね。そしてボロットね。
「はぁ〜、、」、、、、。
「なんでこんなことになってしもうたんかすら」、、痛い風はアルコールや食べ物からだけどヘルニアさんは加齢からが大きいんじゃないすかね。
「、、、」、、、、。
「インド加齢」、、ジャワ加齢。
「、、、」、、、、。
「なんとかならんかね」、、どうしたもんじゃろうのぅ。
「、、、」、、、、。


今週末には野音のリハーサルも始まります。

「そうなんです」、、曲順はだいたい決まったんですかい。
「まず決めた第1案を見ながら聴きながらまた考えております」、、がんばれボロット。

 

 

 

8月6日

「昼に出社して昨日の続きを」、、他にやることがあると思うんですけどねぇ。
「そして録れた感ず」、、ですね。
「なかなかいい感ず」、、もう一押しですかね。
「押忍」、、つうかそれより先にやることがあるんじゃないかなと。
「思う?」、、思う。
「僕も少し思う」、、じゃあそっちやりなさいよ。
「ここはもうちょっとこうだな」、、おい。


「ところで」、、なんでしょ。
「暑さがもうなんちゅうか、ちょっと違ってきたなと昨日あたり思ってたんだけど」、、これは秋が近いぞなんて。
「見くびっちょりました」、、ですね。
「夏は」、、まだまだ。

 

 

 

8月5日

ひと坪スタジオで野音の曲順を考えて第1案を送ったり、新曲を少し録音した以外は。

「ただただ横」、、たまごと横。
「呑んで横」、、食って横。
「横ちゃんと呼んで」、、呼ばない。


そして今日も残念な事が。

「トイレに行くついでにあれ取ってこようと」、、あれがなんか知らんがトイレに行ってと。
「トイレ出て取ってこようと思ったものを手に取って」、、それ持ってなぜかまたトイレに行って。
「出ん」、、そりゃそうだ30秒前に行っとるがな。
「、、、」、、どうしたもんじゃろうのぅ。

 

 

 

8月4日

午後1時、4人は猪苗代湖畔 天神浜に向かってれっつらごー。

「出発ゆっくりだからのんびりしてたらギリギリに」、、なんだかなぁ。
「そして出発」、、そして「あ」と。
「今回は一彦じゃなく俺だったりして」、、なに忘れた。
「チャンルーが1本足りない」、、あらま。
「出る時ばっと手に持って出たんだけどいろいろ持ってたから部屋か廊下かどっかに落ちたんだな」、、あらま。
「社長に電話してもらうことにして猪苗代湖畔 天神浜に向かって」、、れっつらごー。


「もっと遠いと思ってたらわりとすぐで」、、ふむふむ。
「到着です」、、緑が気持ちい〜。
「いやほんと」、、楽屋も一戸建てな感ずでかわゆい〜。
「景色がいいから散歩でもしたいが」、、お腰とお足の関係で楽屋にじ〜っと。
「まったく」、、どうしたもんじゃろうのぅ。
「トイレに行く時カメラマンの三浦と会ったから「本番50分この腰と足を治せん?」言うたり」、、同い年だ。
「目がどうした腰がどうしたとそんなその」、、爺ちゃん婆ちゃんの会話やん。


そして本番!
どうでしたかい。

「楽しかったねぇ」、、よかった。
「ステージの後ろに猪苗代湖」、、海みたいですよね。
「でかいっす」、、そしてきれい。
「バク転はやれんかったけど」、、はいはい。
「がっつり唄えました」、、よかった。
「たぶん俺たちを知ってる人は5人くらいだったと思うけど」、、あはは。
「聞いてくれて嬉しかった」、、ね。
「びっくりすることに遠征してくれた人もいて」、、ありがとうございました。
「楽しいステージでした」、、いぇい!
「『オハラ☆ブレイク』、イベンターの管、わたる、ありがとう」、、ありがとうございました。
「そうだわたるといえばもうひとりのわたるが楽屋に「わたるです」と顔を出してくれたんだけど」、、別のチームで来てた楽器担当選手ですね。
「そう、俺のツアーもやってもらったことがあるしハープマイクを直してもらったこともあるんだけどかなり痩せたみたいで分からんかった」、、おい。
「ごめんなわたる」、、まったく。


「本番終わって着替えてビールを1杯だけ飲んで東京に向かって」、、れっつらご〜。
「上甲自慢の新車で」、、れっつらご〜。
「1回サービスエリアでトイレ休憩とお土産タイム、そしてまた東京に向かって」、、れっつらご〜。
「一彦と上甲に「では野音のリハーサルで!」と握手して」、、たまご邸に。


「ここからは『オタマ☆ブレイク』です」、、あはは。
「お首とお腰とお足にはきつい小さな旅でしたが、なんだかほっこりのいい旅でした」、、いぇい!


ところでチャンルーはありましたかい。

「なかったそうです」、、あらま残念。
「きっと郡山が気に入ったのさ」、、かっこい〜。のか?

 

 

 

8月3日

「楽器&ハンドル担当上甲、社長と一彦と夕方郡山に向かって」、、れっつらご〜。
「晩飯ちゃんは郡山に着いてからにしましょということで」、、トイレと腰伸ばしを1回。
「そしてまた郡山に向かって」、、れっつらご〜。


「そして到着」、、ホテルにチェックインして晩飯ちゃんタイム。
「社長が俺の足腰のことを考えてくれてホテルの目の前の店に」、、社長も腰あれですから。
「ふたりして」、、どうしたもんじゃろうのぅ。
「そして「明日よろすくお願いします」と」、、乾杯。
「まったりのんびり楽しい酒でした」、、いいですねぇ。
「こういうの」、、いいですねぇ。
「去年の今日敬文が天国にいってしもうたので心の中で敬文とも」、、乾杯。

 

 

 

8月2日

今日はあさって4日『オハラ☆ブレイク』のお稽古に。

「一彦とは2度目の出動だね」、、『シオモン&カズファンクル』でござる。
「そのバンド名?ってどうなん?」、、あはは。
「まあそれは置いといて」、、どこに?
「どっか置けるとこよ」、、どこどこ?


「そして今日はまずは立って唄えるか」、、そうなりますか。
「大切なことです」、、そのお腰とお足じゃあ、はい。
「そして1曲ずつ確認しながらやって」、、はい。
「ちょいと休憩して通して終了」、、が、ある曲で。
「むむっ」、、絶対に出してはいけない声を出して1発で喉潰した人もいましたが。
「出さずにはおれんかったのだ」、、気持ちは分かるがアマチュアやのう。
「そこのなんというか、いってしまいたい気持ちを抑えられなかったのだ」、、子供やのう。
「子供にあの声は出せんぜよ」、、出したくもないぜよ。
「こりゃまた失礼しました」、、喉に優しゅうして屁こいて寝えや〜。


「屁こいて寝る前に昨日の細かい結果を聞きに」、、どうでしたか。
「昨日とまったく違う話になっておりました」、、なんじゃらほい。
「なんだかなぁ」、、が多すぎるのぅ。

 

 

 

8月1日

なんだか1日中あちゃこちゃ行かねばならなかったようで。

「歩くのがなかなかきついから全部車だけど、それでも痛い腰と足を引きずりながら痛くもないとこの検査だなんだであちゃこちゃあちゃこちゃですたい」、、10何年前から「これなんでだろ?」思ってたとこをあきお君命令で。
「はい」、、途中から雨降りだしちゃって。
「その前に今日は最初に行った病院から「これは気をつけねばならん1日になるぞ」と思ってましたから」、、あはは。
「こんな日ってあるんですよ」、、4回ばかし「おいこら」ありました。
「でも「よかよか」ですたい」、、大人〜。
「ひとついいこともありました」、、調べて行った病院が〇○の向かいと書いてあったからそこに行ったらなくて。
「歩いてる人に聞いたら親切に「この〇〇、前の場所です」と」、、移動というかしてたんすね。
「携帯の地図で親切に場所を教えてくれて」、、いい人だぁ。
「養子になろうかな思いました」、、なんのこっちゃい。


「ほんとあちゃこちゃ行ったり来たりであれでしたが」、、最初の病院、次の病院、撮影のための病院、DVD持ってまた病院の巻。
「でもこれがあれしたらかなりいいぜい」、、ですね。
「つうか腰の方が先だと思うんだけどなぁ」、、腰はどうしようもないからしょうがないがな。
「そうなん?」、、よう知らんけど。


そして今日麻生選手の写真集も完成ですか。

「いぇい!だぜい」、、麻生選手お疲れさまでした。
「いやほんとに」、、お疲れさまでした。
「10年俺を撮ってくれてる麻生の写真集です」、、いぇい!

 

 

 

7月31日

テイチク盤CD、LPのジャケット入稿です。

「麻生ありがとう」、、ありがとうございました。
「いぇい!だな」、、いぇい!です。


「なんというか」、、なんでしょ。
「今年はおいどんずっと動いてる気が」、、普通。
「あらまそう?」、、そう。


「そして次は麻生の写真集だ」、、そうです。
「麻生ほんと大忙し」、、他の仕事もあるわけですからね。
「大変だぁ」、、ほんとに。


「そして、明日から8月なのね」、、8月です。
「麻生の写真集が終わったら一彦との出動だ」、、福島の「オハラ☆ブレイク」です。
「なんで「オハラ☆ブレイク」っていうんでしょ」、、『オハラ=「小原庄助」+ブレイク=「休息」=オハラ☆ブレイク。猪苗代町のある会津地方では馴染みの深い民謡「会津磐梯山」の中で登場する人物「小原庄助」は、「朝寝、朝酒、朝湯が大好きで身上を潰した」と唄われていますが、実は、小原庄助の生き様は、福島県会津地方が誇るべきスローライフの原点なのではないか、と思うのです。何かと余裕がなく忙しい日本において、気ままに生きた小原庄助さんの休息のような、究極のピースな空間創りを目指しています』とのことです。
「そうなんだ」、、はい。
「なんかええね」、、ええね。

 

 

 

7月30日

昨日今日と少し気温が低いんでいいですね。

「とはいうてもエアコンないと溶けるがな」、、溶けはせんですけどね。
「絶対?」、、はい?
「絶対に絶対?」、、子供か。


そして夜中、本日3回目の出社。

「やっぱあれはこうした方がええな思うて」、、機材関係でっか。
「そう、カンテラマン出動さ」、、ヘッドランプとかヘッドライトいうそうでっせ。
「あっそ」、、そ。つうか重たいもの動かさんほうが。
「今重たいもん持ったらその場で石になるがな」、、そうでっせ。
「配線だけだからだいじょぶですたい」、、しゃがむ時立ち上がる時気をつけて。
「今気をつけんかったらその場で石になるがな」、、分かったから。

「そういえば昔」、、なに。
「子供の頃」、、だからなに。
「頭突きをやった覚えがある」、、いきなりなに。
「どっちが石頭かの対決やね」、、プロレスごっごやん。
「連戦連勝さ」、、それってもしかして。
「なに」、、石頭なんじゃなくてガマン強かっただけやないかと。
「まあそうともいう」、、子供の頃はガマン強かったんすね。
「なに」、、今はなんというか。
「ぼかぁ痛いなんて言いませんよ」、、顔に出てますやん。

 

 

 

7月29日

雨でまた天井が少しその。

「バカ言っちゃダメ」、、バカは言ってないっすけろ。
「このくらいの雨では心配ないはずよ」、、はずよ言われても天井。
「なによ」、、ほら、見てみ。
「イヤよ」、、イヤよ言われても。
「あたしはもう何も見たくないの」、、、、。
「イヤなの!」、、誰。


「ところで」、、なんでしょ。
「今月もあと明日とあさっての2日すか」、、ですね。つうか天井。
「ついに8月が来ますか」、、ですねぇ。
「来ますか」、、来ますね。
「ふむふむ」、、つうか天井。
「来ますか」、、天井は?

 

 

 

7月28日

夜中に出社してあれやこれや。

「やらねばなこともあるんですが」、、やりなさいよ。
「今やりたい方を選んでしまうんだなぁ」、、なんだかなぁ。
「録っておきたいものがあったりしてウィスパーひおんさんですたい」、、それはよかですねぇ。
「楽しかった」、、そういう時って痛いのちょっと忘れるでしょう。
「ですね」、、気持ちよ気持ち。
「ですよね」、、ですよ。
「外が明るくなってきて」、、天気はよかぁないですけど。
「それでも明るくなってくるのは気持ちいいですたい」、、新しい朝が来た。
「希望の朝かあ?」、、そうたい!
「いぇい!」、、もう腰なんかなんともないぜ!
「なんともないぜ!」、、いぇいいぇい!
「よし、コーヒー取ってくる」、、行けい!
「あ痛っ」、、弱虫ぃ。

 

 

 

7月27日

「腰をやったのが12日で」、、今日はもう27日というのにまだよろしくないということで。
「首を診てもらってる病院に」、、よたよたと。
「首と同じでヘルニアさんでした」、、いぇい。
「ではない」、、元々背骨がかなり曲がってはるから。
「その後の先生の言葉が笑ってしまいました」、、それと加齢からくる影響もありますからと。
「うっ、、」、、笑うてないやん。
「、、、」、、、、。
「インド加齢」、、ジャワ加齢。


なのに呑みに行くかねぇ。

「休憩せねばね」、、久しぶりの店に。
「そうそう、そこで呑んでてね」、、はい。
「この夏初めて蝉の声を聞きました」、、あらま。
「なんだろ、ちょっと嬉しいもんですね」、、そうですか。
「そんなこんなで、今日も悪くない1日でした」、、ですね。

 

 

 

7月26日

乗り換え案内で調べた電車に乗らねばと急ぐ56。

「どうしてこうギリギリになるんでしょ」、、ぼ〜っとしてるからかと。
「2ヶ月前から決めてた日だからあれなんだけど」、、どれよ。
「昨日「明日仕事が入ってしまいまして」と電話しようかなと思ったり」、、今日も電話してお休みしようか悩んでたの巻。
「なぜなら」、、足腰がとほほだから。
「そして仕事があるのはうそじゃないし」、、まあそうですが。
「でも行かねばと」、、そうですね。
「ということで急ぎ足で駅へ」、、時速1キロやがな。
「なんというか」、、なに。
「痛い腰と足を引きずって痛くもない歯を診てもらいに遠い遠い街まで行くってなにかすら思ったり」、、あはは。
「もう少し近かったらなぁ」、、しょうがないやないかい。
「支店を出してくれんもんだろうか」、、はよ歩け。


「やっと最後の乗り換えで座れたけど」、、ひと駅で降りないかん。
「よっこらしょと」、、ゆっくり立ち上がるの巻。
「そして歩け俺」、、歩くのだ。
「そしてギリギリ間に合いました」、、よかった。


「そして今日もしっかりやってもらいました」、、ボンドでガチッと止めてもらったし。
「行ってよかったっす」、、ね。

 

 

 

7月25日

今日からはテイチクアルバムのジャケット作業です。

「悩むところですたい」、、ふむふむ。
「フラの衣装も撮ったらよかったかな」、、いらん。
「砂浜でビキニのきゃぴきゃぴシーンとか」、、いらん。
「いらんか」、、そんなん見たら吐くがな。


「麻生ぎゃんばってくれてます」、、ほんとに。

 

 

 

7月24日

Naked Tracksのアルバムジャケット作業も終わったようで。

「麻生と毎日やっててついに完成だす」、、いぇい!
「アルバムタイトルは『しばらく月を見てなかった』だす」、、いぇい!
「今年の敏腕プロデューサー写真もいい感ずだぞ」、、たまご先生。
「この小さいとこまでの心配り」、、さすが麻生選手!
「麻生ありがとう!」、、ありがとうございました!でもすぐ次が。
「その次も」、、麻生選手もう大変。
「いやほんとに」、、ほんとに。


「そして今日は今年最初になってしまった会報の原稿を書きやした」、、もうすぐ8月ですよ。
「今月中にはなんとかと社長もぎゃんばっております」、、ふむふむ。
「ほんと遅くなってすみません」、、すみません。
「今回のプレゼントちょっと笑うぞ」、、なに。
「いひひ」、、いひひじゃ分からんがな。

 

 

 

7月23日

懐中電灯を口にくわえ、机の下に潜り込んでいたが歯に不安を感じた56、机の下から出て今度は引き出しの中をガサゴソ始めた。

「あったぜ」、、なにが。
「カンテラさ」、、頭にかぶるやつやん。
「俺の場合これが必要なのだ」、、のぞきか。
「ばか、配線関係の場所は暗いからだ」、、あっそ。


そしてまた机の下に潜り込んで「ごつん」と頭をぶつけたりしながら「痛っ、裏がなんにも見えんがな」「ごつん」「あ痛っ」を繰り返している。

「よし、これでCDで聴けるぜ」、、まだCDで聴けてなかったんかいな。
「CDデッキのヘッドホンで聴いてましてん」、、そうでっか。
「やっぱええなぁ」、、そりゃよかった。
「マスタリングが終わってやっと安心して聴けております」、、もう「ここは」とか考えなくていいという。
「決めたんだから」、、はい。
「そして最後に柴くんがビシッとキメてくれたから」、、いぇい!
「ええなぁこれ」、、よかったよかった。

 

 

 

7月22日

「今日も外は暑いのか?」、、廊下に出れば分かるかと。
「今日わしはたまご部屋から1歩も出ないぞ」、、ひと坪スタジオにも入らないので?
「今日はわしはたまご部屋から1歩も出ないと決めたのだわしは」、、わしわしうるさい。
「わしがわしのことわし言うて何が悪い」、、悪かぁないけど何回もわしわし言わんでよろしい。
「あっそ」、、そ。

「ところで」、、なに。
「今日も外は暑いのか?」、、だからこの部屋を出れば分かるって。
「だから今日わしはたま」、、分かったから。

「ところでわし」、、なんだわし。
「この夏まだ蝉の声を聞いてないぞ」、、そうなんだわし。
「今年は土から出てこんことにしたんだろうか」、、あきお君は聞いたそうだわし。
「ひいきではないか」、、知らんわし。

 

 

 

7月21日

57、マスタリングスタジオのある原宿に。

「まだ56ね」、、こりゃ失礼。
「日差しが眩しいぜ」、、昼間出るのは久しぶりだから。
「そして暑いぜ」、、夏だから。
「そして考え事してたら乗り越しそうになったぜい」、、ドアが閉まる前に気がついてよかったぜい。


そして原宿に到着。

「平日なのに人、多いすね」、、都会ですから。


そしてスタジオに。
そして聴くの巻。

「今回も柴くん素晴らしい!」、、いぇい。


そして曲間を決めて。

「ついに」、、完成だー!
「柴くんありがとう」、、ありがとうございました。


そしてみんなで軽く打ち上げに。

「いやあ嬉しい嬉しい美味しい酒でした」、、乾杯!
「できたー!」、、できたー!

 

 

 

7月20日

今日は音源をハードディスクとUSBメモリで渡す日です。

「もう聴かないと言うたものの」、、朝聴いたりして。
「何日くらい前からだろうか」、、通して聴こうとすると。
「なんというか」、、吐きそうになったりして。
「なんだこれ」、、知りもうさん。
「でもだいじょぶだった」、、よかった。


が、渡す数時間前にもう1度と聴く57。

「まだ56です」、、こりゃ失礼。


そして聴く56。

「、、、」、、どうした。
「この曲、もう少しその」、、もう耳も脳もバカなのに。
「でもやってみるだす」、、前のを消さないように気をつけなはれや。


と、渡すギリギリまでやったのであった。

「よし」、、だいじょぶかいな。
「前のと今日のとどっちでもだいじょぶ」、、ふむふむ。
「でも」、、でも。
「柴くんには申し訳ないけどこの曲は2つ渡して柴くんに選んでもらおう」、、なぜならもう。
「はい」、、はい。

「やったぜ」、、やったぜ。

 

 

 

7月19日

「よし!」、、よし!
「ついにやったぜ!」、、ミックス完了だぜ!
「やったぜい!」、、いぇいいぇい!
「ふぅ〜」、、やったぜい!
「、、、」、、、、。
「できた」、、できたぜい!
「、、、」、、、、。
「うっ」、、泣くな。
「長かった、、ほんとに長かった」、、よくがんばりました。
「もっと褒めて」、、まあこんくらいで。


真夜中、たまごを膝に聴くの巻。
ヘッドホンが開放型だから小さく漏れる音をたまごも聴くの巻。

「できたぁ」、、いぇい!
「これでもう聴くのやめよう」、、また気になるとこが出てきたりするから。
「そのたびにもうやってきたのだ」、、これで、これがいいのだ。
「そうだぜ」、、いぇい!
「、、、」、、、、。
「、、、」、、、、。
「できたぁ」、、できたぁ。

 

 

 

7月18日

明日2日酔いはないと昨日聞いた気がしますが。

「そんなこと言うたかすら」、、りっぱな2日の酔い子ちゃんやな。
「ちょびっとね」、、あ〜あ。


「こういう時って腹がへったりするのよね」、、汁物食べたくなるとかの。
「冷凍庫に具材入りチャンポンがひとつあったはずだと」、、冷凍チャンポン。
「ありました」、、でもそれけっこう前のでは。
「賞味期限は2017年4月7日」、、残念でした。
「まったく問題なし」、、ええぇ〜〜〜?
「美味しかったです!」、、そうですか。


「そしてさあ出社だ!と」、、行ってらっしゃい。
「だがしかし」、、なに。
「ちょっとというかかなりというか」、、なに。
「眠くなりまして」、、、、。
「どうして満腹になると人は眠くなるのでしょう」、、みんなをいっしょにしない。
「ということで居眠りミックスにならないよう、ここは睡眠の達人であるたまご師匠とひと眠りすることにしたのでした」、、たまごは嬉しいでしょうけど。


「と、すごい雷が」、、ず〜っと地響きのような感ずで。
「そして雨」、、なんか凄い音してました。
「しばらくして雨と雷さまは去ってくれました」、、よかった。
「かなりの雨だったからもしかしてと」、、天井ですな。
「でもまさかなぁ思いながら懐中電灯を持って見てみると」、、、、。
「、、、」、、雫が。
「、、、」、、、、。
「こ、このくらいならだいじょぶか」、、だいじょぶじゃないと思うけど。
「、、、」、、、、。
「、、、」、、、、。
「しかし次から次に」、、あちこち身体の痛みから今度は部屋の傷み。
「なかなかに」、、忙しいのぅ。

 

 

 

7月17日

「腰の痛みもひいてきて、杖なしで歩けるようになったのでちょいと外に」、、これだ。
「ちっちゃいお祝いということで」、、ちょっとよくなるとすぐこれだ。
「ず〜っとちゃいちいスタジオに籠もってちゃやっぱほら」、、なに。
「たまには外の空気を吸わなくちゃ」、、、、。


「楽しい酒でした」、、まあそれはよかったよかった。
「最後は店のマスターたちと呑み呑み」、、これは明日は2日酔い決定か。
「それはないですよ」、、聞きましたよ。

 

 

 

7月16日

「寝てたら向こうから手招きする老紳士が」、、誰すか。
「自分ですか?と聞くとゆっくり頷く老紳士」、、だから誰ですか?
「少し迷ったけど自分行きました」、、だからその老紳士誰ですかってば。
「老紳士は優しい目で僕を見つめ、両手で僕の両肩に手を置いたその時」、、なに。
「僕の身体に何かが走ったのです」、、ノミ?
「ばか、老紳士はノミ持ちなんかじゃない」、、でどうしたとですか。
「僕は家に帰りました」、、どこに行ってたのよ。
「そして飛行舎に入って「あれをあれしてこれをこれしたいな」とか思ったもののパワー切れで少し寝るかと飛行舎を出ようしたその時」、、今度は何。
「音がするから振り返ったら」、、爪切りでも落ちたんちゃうん。
「なななんと、勝手に動いてるではないですか」、、はい?
「僕がやりたいと、やらねばと思ったことをやってくれてるわけです」、、なになに。
「もうびっくりで」、、なんのことやら。
「僕はなにか凄い力をもらったのです」、、見知らぬ老紳士からですか。
「こんな凄い力をもらって、もうなんてお礼を言ったらいいのか」、、、、、。
「僕はこの奇跡をたまごに話しました」、、ついていけん。
「そしたらたまごはアクビをひとつ」、、、、。
「、、、」、、、、。
「そこで目が覚めたのでした」、、夢かい。

 

 

 

7月15日

帯広37.1度だったそうです。

「わやじゃん」、、わやです。


56の頭もわやなようで。

「気になりだしたらもうどれもこれもになって」、、毎年恒例ですな。
「痛い風とこの腰は予定外ですが」、、来る者拒まずで。
「ばか、呼んでないがな」、、ふだんの行いが痛いの呼んでるわけです。
「来ないで」、、ピンポ〜ン!
「2度と来ないで!」、、ピンポンピンポ〜ン!

 

 

 

7月14日

10日連続の真夏日だそうです。

「飛行舎朝から30度超えてますから」、、北海道の帯広は34度あったとか。
「うわっ」、、日本中暑暑です。
「、、、」、、はい。


腰の具合は。

「聞かないで」、、じゃあ聞かない。

 

 

 

7月13日

今日はジャケット撮影です。

「はい」、、杖だけど。
「、、、」、、歩くのも背中丸めてそろりそろりだけど。
「わたくし車寅次郎」、、違うよ。
「顔に出しませんから」、、そうかなぁ。
「今日はあきお君が助手をやってくれて助かりました」、、杖人はなんもでけませんから。
「すんません」、、なのに忘れ物して取りに戻ってもらったりまったく。
「すみません」、、まったくもう。


今回は久しぶりのスタジオ撮影。

「麻生とは初めてかも」、、リハーサルスタジオや店はあったですけどね。
「いつもそこら辺歩いて撮ってもらって」、、すぐに呑み。
「それでバッチリなんだからよいのです」、、麻生選手素晴らしい!


で、どうでしたかい。

「今回はこれをというのがあったからそれも撮って」、、ほう。
「いい感ずですたい」、、いぇい。
「今回はテイチクアルバム用もいっしょに撮りました」、、ふむふむ。
「麻生ありがとう」、、これからが大変なんだってば。
「2枚分のジャケットだ」、、そうですよ。
「どうかひとつ」、、よろしくお願いします。
「わたくし車寅次郎も」、、違うよ。

 

 

 

7月12日

56、作業中に腰が。

「なにこれ」、、、立てんがな。
「なになのこれ」、、座れんがな。
「なになのよぅ」、、背中丸めてそろりそろりと。
「まだ膝も完全復活じゃないのに」、、あんまり曲げられないのに。
「腰もって、、」、、背中丸めてそろりそろりと。
「、、、」、、かなりあちこち痛いお爺さんみたいでござる。

「しかしどうしたんだろうか」、、何かの時にひねったんですかね。
「うーむ」、、痛いの好きですねぇ。
「んなわきゃないだろうに」、、どうしたもんじゃろうのぅ。
「立ち上げるのも座るのも」、、歩くのも横になるのも。
「はぁ〜」、、どうしたもんじゃろうのぅ。
「、、、」、、またしても杖生活。
「またバチが当たったんだろうか」、、バチ多い〜。

 

 

 

7月11日

今日昼前鹿児島で震度5強の地震がありました。

「震度5強」、、はい。
「5と聞くともう」、、かなり怖いです。


そして今日もNaked Tracks作業。

「いろいろこんがらがってきます」、、気をしっかり持ってぎゃんばりましょう。
「押忍」、、押忍。


そして夜、吉祥寺で池畑さんと呑み。

「軽く1杯と思っていたんですが」、、それで終わるわきゃないですたい。
「あは」、、あはは。
「楽しい酒でした」、、いぇい!
「帰りは当然電車はない時間なんでタクシーに乗ったんですが」、、すごい運転手さんだったようで。
「いやぁたまげました」、、アイルトン・セナだ〜。

 

 

 

7月10日

「あれなんですよね」、、どれなんですかね。
「土日はあきお君がいるからたまごも寂しくないと思うんだけど平日は寂しいだろうなぁと」、、寝てますし。
「そうにしても起きた時誰かいたら安心でしょう」、、そりゃあそうですけど。
「ええ子に寝てるかなぁ」、、そしたらあきお君にいつも家にいてもらえばええやないですか。
「うっ」、、あ。
「、、、」、、甲斐性不足何思う。
「頑張ってはいるんですけど」、、なかなか厳しいのぅ。
「うっ」、、甲斐性足らず何思う。
「、、、」、、、、。
「呑んでお詫びします」、、そんなん聞いたことない。

 

しかし毎日暑いですなぁ。

「毎日真夏日でしょう」、、今月の2日からずっとですかねぇ。
「あちゃ〜」、、外で仕事の人は大変です。
「俺思いますもん」、、なにをすか。
「外に出た時配達の人を見るといつも、はい」、、宅配便の人たちですね。
「なんちゅうか、俺も頑張らなきゃと、思うのです」、、ふむふむ。

 

「あ」、、なに。
「話は変わりますが」、、なんでしょ。
「Macの書類のフォルダを見ててですね」、、はい。
「会報原稿のフォルダがあって」、、そりゃあるでしょう。
「しばらく会報原稿書いてないなぁと開いたっけびっくり」、、なになに。
「今年まだ書いてないことを知ったのす」、、うわっ、もう7月ですよ。
「飴ちゃんいなくなってやっぱあれなんかなぁ」、、社長さ〜ん。
「これからは俺も気にしてやりますので」、、会員のみなさま、ほんとに申し訳ありません。
「必ずちゃんと出しますから」、、もう来年からは何月と何月とというふうに決めておいた方がいいですね。
「いやほんとに」、、はい。
「ほんとすみません、もう」、、呑んでお詫びしますとかはやめてね。
「、、、」、、会員のみなさま、ほんとにすみません。

 

 

 

7月9日

「今日も早朝出勤」、、今日も暖めておきましたぜい。
「5時半で30度超えって」、、ひと坪スタジオ熱がこもりまくり。
「リモコンリモコン」、、エアコンエアコン。
「冷やさな溶けちゃう」、、煮えちゃう。
「焦げちゃう」、、茹だっちゃう。
「恋しちゃう」、、恋はせんやろ。
「ありゃま」、、こりゃま。
「夏じゃのぅ」、、夏じゃのぅ。
「夏老けしちゃう」、、なにそれ。
「よう知らんけど」、、、、。


ところでマスタリングまであと少しですがどんな感ずで。

「毎日ミックスぎゃんばっておりますよ」、、そらぎゃんばらな。
「はい」、、はい。
「耳がおバカになってきたら違うことをやったり」、、でないと危険でござる。
「はい」、、はい。
「今日はもう9日なんすね」、、そうですよ。
「ということは明日はもう10日なんすね」、、9日の次が20日じゃおかしいですからね。
「それは困る」、、とても困る。
「さてと、キンキンに冷えたビール飲みますか」、、プリン体カットのビール風なやつすけど。
「もうすっかり慣れてますから」、、慣れますなぁ。
「大概のことは慣れますなぁ」、、だがしかしどうしても慣れない事もあるでしょう。
「ありますなぁ」、、たとえば?
「教えない」、、けち。

 

 

 

7月8日

「出社したら飛行舎すでに30度超え」、、暖めておきました。
「ばか」、、エアコンエアコン。
「冷やさな溶けちゃう」、、煮えちゃう。
「焦げちゃう」、、茹だっちゃう。
「恋しちゃう」、、恋はせんやろ。
「ありゃま」、、こりゃま。
「夏じゃのぅ」、、夏じゃのぅ。
「イヤじゃのぅ」、、しょうがないのぅ。


「ところでたまごですが」、、なんでしょう。
「夜退社して満員電車に乗って帰るじゃん」、、ドアからドアまで数メートルやん。
「たまごは向こうのドアの前で待ってるわけですよ」、、シルエットで見えるやつですな。
「そしてドアを開けるとね」、、くるぞくるぞ。
「「おきゃえりなさぃぃぃ」と泣きそうな声で言うわけよ」、、きた。
「もうきゅんときてぎゅっときてたまらんですよぅ」、、はいはい。
「あぁ」、、、、。
「たまごぅ」、、、、。

 

 

 

7月7日

5時に出社。

「すごいやろ」、、眠くないですかい?
「晩飯ちゃん食ってひとこてしたしさっきもひとこてしたしすっきりですたい」、、居眠りミックスにならなきゃいいですが。
「心配無用の助たい」、、誰。

が、昼前目が3になった人が戻ってきた。

「あかん、ちょっと寝る」、、寝り。

小一時間寝て起きた56、再び出社。

「止めるなよ」、、止めんし。
「マスタリングまでまだ日にちあるし、余裕のよっちゃんだったんだけどほら」、、郵便受けになんか入ってましたなぁ。
「隣のお家」、、月曜から工事ですと。
「どんだけ工事すんのよって」、、ですねぇ。
「去年もこの時期ずっとドリルとトンカチでこれでもかってくらいにやられたのに」、、改装が趣味なんでしょうねぇ。
「半年に1回、いやもっとか」、、3ヶ月に1度は工事してはる。
「ほとんど1年中やん」、、わお。
「まったくなにやってんの?」、、工事。
「、、、」、、、、。
「、、、」、、工事。

 

 

 

7月6日

「昼くらいに真田さんに避難指示解除されましたか?とメールしたら」、、まだだと。酒飲んでるしかないと返事。
「それから5時間後くらいだったかさっき解除されましたとメール」、、これでゆっくり酒が飲めるとメール。
「まだまだ大変なとこが多いやろうけど真田さんが家に帰れるのはひとまずよかったです」、、はい。
「よくないのはあれです」、、どれです?
「酒飲んでるとかこれでゆっくり酒が飲めるとか、その字を見てるだけで飲みたくなる俺って」、、どうしたもんじゃろうのぅ。
「、、、」、、、、。
「もう今日は上がって飲んじゃうか」、、おい。ていうか昨日あたりから今回のアルバムとは関係ない曲やってません?
「分かる?」、、聴いたことない曲だからそら分かりまんがな。
「なんかね」、、なに。
「リップノイズとかその他のノイズとかとったりしてるじゃないですか」、、ペチャとかムニャとか唄の間に入ってちゃよろしくないですから。
「どうしてもとれないのもありますけどね」、、まあそうでしょうけどそれとどう関係が?
「つまんなくて」、、はい?
「こういう作業つまんない」、、毎回やってきてるでしょうに。
「まあそうですけど」、、アシスタントエンジニアいないんですから。
「たまごにできんかね」、、できん。
「、、、」、、、、。
「でこの曲どうよ」、、Naked Tracks終わってからにせい!

 

 

 

7月5日

下りの階段以外はもうわりと普通に歩けますな。

「任せなさい」、、任せはせんです。
「あっそ」、、なんせあれですから。
「どれですか」、、またいつ「うわっ」になるか分からんですし。
「それはもう勘弁願いたいでござる」、、でなきゃ困るでござる。
「いやほんとに」、、はい。
「ライブやレコーディング前だけはどうかひとつ」、、ちゅうかふだんもイヤですけど。
「あの痛いのが好きな人はおらんでござる」、、そりゃそうでござる。

「そうそう」、、なになに。
「夜テレビ見て福岡の雨にびっくりで」、、川がもうわやです。
「避難指示が出てるとこも多いとかで」、、はい。
「真田さんだいじょぶだろうかとメールしたらやっぱ避難指示が出て避難してました」、、久留米ですもんね。
「酒飲んでるしかないって」、、あらら。
「いっしょに飲みたいなあ」、、あはは。
(真田さん=デビューの時からずっと、途中何年か離れたけどまたいっしょにアルバムを作ってきたプロデューサー)

 

 

 

7月4日

外を何か言いながら自転車がゆっくり走っていきました。

「聞こえた?」、、聞こえた。
「あは」、、あはは。
「何がかは分からんけどよっぽど羨ましかったんだねぇ」、、あはは。
「なんかほっこりしたなぁ」、、あはは。

「いいなぁぁぁ〜」言いながら自転車こいで行かれました。

「何が羨ましかったんだろ」、、なんでしょうねぇ。

「いいなぁぁぁ〜」って誰かや何かを羨ましく思うことあります?

「しょっちゅうありますよ」、、たとえば。
「教えない」、、けち。

 

 

 

7月3日

もう唄わず弾かずのつもりだったがチャレンジャーひおんさんは自分に闘いを挑むのであった。

「もっとできるんじゃないかと」、、ぎゃんばって。


そして唄ってる途中で気がついた。マイクの位置が高いぞと。

「そうなんです」、、ここ数ヶ月でまた縮んだんすかね。
「うそお?」、、このままだと来月はヤクルトくらいになってるかもですね。
「、、、」、、唄うヤクルトおじちゃん。


そんなヤクルトは闘いにも敗れたようであった。

「あれなんすよね」、、どれすか。
「収まりはよくなっても最初の粗いけどなんというか力には勝てないことがあるのよね」、、大きい声ということじゃなくて?
「そういうあれじゃないです」、、分かってま。
「また違うところに行って「よし」となることもあるんだけどね」、、ふむふむ。
「この曲はこれでというかこれがいいのす」、、ヤクルトが言うならええんちゃう?
「ヤクルトではないけどね」、、まだ今月は。
「、、、」、、、、。
「ヤクルトってどんな味だっけ?」、、ヤクルトの味っす。

 

 

 

7月2日

午前1時前、今度は熊本で震度5弱の速報が。

「北海道の地震からそんな時間開いてなかったですよね」、、北海道が昨日の23時45分頃で熊本が0時58分頃だったとか。
「なんなんだろ」、、おっかないです。
「ほんとに」、、はい。


足はどんなですか。

「昨日より少しいいです」、、よかった。
「待ってろよ菜々緒」、、だからその意味分かりませんてば。

 

 

 

7月1日

「今日もはよから出社するものの」、、座ってるのもなかなかきつそうですなぁ。
「どうしたもんじゃろうのぅ」、、薬のもか。
「さっきのんだ」、、じゃあガマンしよか。
「ぎゃんばる」、、ぎゃんばり。

そして夜、北海道で震度5弱の速報が。

「地震」、、こわい。

 

 

 

6月30日

「出社して作業してたんですが」、、膝が。
「もうどうにもならんぞと」、、まだ歩けるうちに病院にと。
「これほんとに痛い風だけなのか?と」、、病院に。
「同じ杖のおばあさんに抜かれたりしながら」、、病院に。

どうでしたか。

「水がたまってますねぇと」、、ほう。
「レントゲンも撮って」、、骨は異常なしと。
「原因はプリン体だけなのか採血して」、、はい。
「処方箋もらって薬局に」、、他にどうしようもないですもんねぇ。
「そしてアリに抜かれたりしながらたまご邸に」、、あはは。
「さあ続きをやるぞと飛行舎に入ったものの」、、こりゃあ無理だと退社して。
「ロキソニンテープ貼って薬のんでたまごと横に」、、がんばれナースなたまご。

 

 

 

6月29日

「飛行舎で作業してたら夕方、また膝が痛くなってきて」、、腫れてきて。
「復活してまだそんなたってないのすよ?」、、復活言うてもまだくだりの階段はちょいとしんどかったですが。
「にしても、なして?」、、知らんがな。
「はぁ〜」、、とほほ〜。

 

 

 

6月28日

「朝出社しようとしたら」、、たまごの「やだやだ攻撃」で。
「たまごともうひと眠りして」、、出社。
「それにしても飛行舎が入ってる部屋も飛行舎も」、、散らかっちょるのぅ。
「どうしたもんじゃろうのぅ」、、これは片づければすむことじゃのぅ。
「それがなかなかのぅ」、、困ったもんじゃのぅ。

 

 

 

6月27日

昼前、みんなは東京に向かってれっつらご〜。

「今日は4人で東京に向かって」、、れっつらご〜。
「サービスエリアでチャンポンうどんをずずずっと」、、チャンポンうどん?
「これはちょっと」、、あれでしたか。
「あれでした」、、あはは。
「ドッグランを「わーい!」言うて走ってる子犬をみたり」、、一服したりして。
「また東京に向かって」、、れっつらご〜。

「そして思ったより早くたまご邸に到着」、、たまご邸って。
「たまごはいろんな気持ちが混ざった大歓迎」、、たった1日なのに。
「かわゆいのぅ」、、たまらんのぅ。

ところでシオモン&カズファンクル、おもしろいすね。

「2人でまたいろいろできそうな気がするね」、、いぇい。

 

 

 

6月26日

「昼前、楽器&ハンドル担当上甲と社長と俺の3人は」、、名古屋に向かってれっつらごー。
「一彦は弾き語りツアーで向こうにいるので」、、現地集合です。
「サービスエリアで塩ラーメンをずずずっと」、、ラーメンとは珍しい。
「そこのフードコートにはラーメンしかなかったのす」、、あ、上甲選手ピンチ。
「でもこれが美味しかった」、、よかった。
「そしてまた名古屋に向かって」、、れっつらごー。
「大きな渋滞も無く」、、到着。
「サウンドチェックまで時間があったからデパートをちょいと散歩」、、でも東館西館南館あって。
「そう」、、うろちょろしてたら帰れなくなってまうんでないかと。
「迷子になっちゃいかんぞと」、、迷オヤジね。
「すぐ戻るの巻」、、とほほ。
「そして一彦と合流して」、、サウンドチェック&リハーサル。
「いつだったかBSの収録で2曲やったことはあるけどふたりでライブは初めてで」、、シオモン&カズファンクル。
「SKIIじゃなくて?」、、シオモン&カズファンクルのほうが面白いじゃないすか。
「一彦そういうのうまいんだよな」、、あはは。

そして本番。どうでしたか。

「出たらいきなり大声援で」、、わお。
「うれしいですねぇ」、、いぇい。
「がモニターがわやでハウリング祭り」、、リハーサルではよかったのに。
「でもみんなの声と俺たちの鉄とひまわりの心で無事完走!」、、いぇい!
「モニター以外は最高だったなぁ」、、よかった。
「ほんと最高のお客さんでした」、、ありがとうございました。
「参戦遠征してくれたみんな、ありがとう!」、、ありがとうございました!

「終わったら俺たちはホテルで待機」、、ベッドにごろん。
「そして」、、打ち上げ〜。
「呼んでくれただいちゃん、ピストル、チャーリー&でっかい君、ありがとう」、、ありがとうございました。
「いい夜でした」、、いぇい!

 

 

 

6月25日

朝長野で震度5の地震がありました。

「夕方ニュースを見るまで知らなかったです」、、少し前大分でも震度5の地震がありましたよね。
「地震はとにかくいやだけど震度5の数字を見るとその」、、ですね。
「地震ほんとなんとかならんですかね」、、うーむ。

 

 

 

6月24日

今日はたまごの三種混合ワクチンに。

「今年も8時過ぎには出動です」、、はやっ。
「ここの先生、ワクチンは診察時間前なので8時過ぎには出動しなければ」、、そうでした。
「ということで今年も」、、たまごに悟られないように。
「いつもと同ぁ〜じ感を」、、出しちゃってるとこでもう気がつくんでしょうねぇ。
「そのようで」、、今年もベッドの下に隠れるの巻。
「もう食べ物にもおもちゃにもつられないたまご」、、ちっちゃい頃はすぐだったのに。
「出てきません」、、ということで今年もあきお君がベッドの下にもぐって。
「なんとかやっとこさ出てきたところを」、、56が「ひょいっ」との巻。
「たまごは「やだー、離しぇー」で」、、そのまますぐにキャリーバッグに。
「たまごは「やだー、出しぇー」ですが」、、「がんばろうね」と。
「そしてすぐに出動」、、たまごはずっと「やだー、帰るー」言うてはる。
「が、病院に着いたら」、、「、、、」と。
「こわいよねぇ」、、やだよねぇ。

そして無事終了。

「よくがんばりました」、、偉い。そして今日も言われたようで。
「今回は何日か前あきお君が予約の電話をした時「迎えに行きましょうか」とも言うて下さり」、、すごっ。
「去年は「だいじょぶですから」言うても奥さんが送って下さり」、、今日は「ほんとにだいじょぶですから」とささっと帰るの巻。
「先生ありがとうございました」、、明日の朝電話するの忘れないようにします。
(体調に変化がないか朝連絡をと毎回言われるのであった)

そして家に。

「たまご、よくがんばりました」、、よくがんばりました。

 

 

 

6月23日

リハーサル2日目。

「今日は確認したい曲をやったあとは1回通して終了ですたい」、、今回リハーサル1日でよかったかもですね。
「いや、今日もあってよかったと思うよ」、、ふむふむ。
「帰り、電車も混んでない時間でええ感ずっす」、、いぇい。で、足の方は。
「そちらはゆっくり休みながらということで」、、渋谷からの乗り換えがちょいと距離がありますから。
「はい」、、はい。
「もう少し近かったらなぁ」、、それはなかなかねぇ。
「今日もスタジオの大将に言うたんですが」、、まただ。
「うちの近所に支店を出してくださいよと」、、出せるかい。

 

 

 

6月22日

今日は名古屋のイベントのお稽古。

「はい」、、どうでしたか。
「なかなか面白いっす」、、ほぅ。
「なんだろ、僕たちもっと育つんじゃない?」、、はて。
「一彦も60になったし」、、はい?
「俺も今年47になるし、うん、なかなかええ感ずっす」、、え?
「まあそういうことです」、、どういうことよ。

 

 

 

6月21日

雨、雨雨雨。

「梅雨ですなぁ」、、梅雨ですなぁ。
「風もかなり強い時もあって」、、台風みたいでした。
「今日は明日の予習をちょいとしておりました」、、名古屋のイベントに一彦選手と二人で出動の。
「それです」、、はい。
「二人での出動はいつだったかBSの収録以来かな」、、ベッキーちゃん。
「そうそう、頭よくて助かったなぁ」、、でしたね。で、その時は2曲でしたが今回は何曲くらい。
「100曲くらいかな」、、はいはい。

「それにしてもよく降りますねぇ」、、梅雨ですからねぇ。
「そうだ」、、なんでしょ。
「明日は電車で行けそうです」、、よかった。
「階段なんかうさぎ跳びで」、、それは普通の時でも無理でやんす。
「あらやだ」、、やだやだ。

 

 

 

6月20日

出社して機材を立ち上げたものの、ただぼーっとの56。

「何時間もぼーっとしてたようであります」、、だいじょぶかいな。
「電源落としてたまごんとこに帰りました」、、そしてたまごと横。
「ただただ」、、横。
「昨日で9曲バウンスしたからちょっと気が抜けたのかも」、、まだ残ってるしバウンスした曲の直しも出てくるだろうから気を抜いてる場合ではないと思いますが。
「抜け作と呼んで下さい」、、やめなさい。
(バウンス=完成した楽曲のトラックのバランスをとってオーディオファイルに書き出すこと)

「でもまたギリギリまで何度もやり直したりするんだろうなぁ」、、やりすぎないように。というかまだやる曲があるでしょうに。
「押忍」、、押忍。
「でも今日は横ということで」、、大きいのと小さいのの横ふたつ。
「ころん」、、ころんころん。

「そうだ、階段以外はわりと普通に歩けるようになりました」、、やったぁ。
「待ってろよ菜々緒!、待ってろよウサイン・ボルト!」、、はいはい。

 

 

 

6月19日

56、朝もはよから出社。

「偉いだろう」、、ふつう。
「きびしいのぅ」、、ふつう。
「でも今日はいい1日でした」、、よくやりました。
「もっと褒めて」、、すぐ調子に乗るからだめ。
「乗りたい」、、はい?
「調子に乗りたいです」、、上がったり落ちたりが激しいですからなぁ。
「なんぜかすら」、、未熟者だからっす。
「、、、」、、ん?
「熟って字でちょっと「いひっ」てなるのってバカ?」、、バカ。

 

 

 

6月18日

「飴」、、雨ね。
「事務所の社長が迎えに来てくれて」、、下北に向かってれっつらごー。
「道も混んでなくて」、、さくっと到着。
「楽屋で小一時間みんなとバカ話して」、、楽しそうでした。
「あはは」、、そして出番。

どうでしたか。

「楽しかったぞ」、、よかった。
「俺のライブで見る顔があちこちに見えて嬉しかった」、、参戦ありがとうございました。
「天井が低くて杖が当たってこけそうになりましたが」、、おいおい。
「みんないい顔してて、ほんと楽しかった」、、いぇい。
「そうそう、ステージの横に大介もいてくれたし」、、すっ転んでもだいじょうぶ。
「お客さんと一彦とメンバーにありがとう言うて出番終了」、、そのまま車に乗って帰るの巻。
「なんかすんません」、、いたって杖おじさん邪魔なだけですから。
「あは」、、あはは。
「一彦、50歳おめでとう!」、、おめでとうございます!

 

 

 

6月17日

「ずっと出社してるじゃないですか」、、普通ですけど。
「厳しいのぅ」、、キッチンレコーディングはもうずっとないですね。
「それ」、、それで?
「なんと言いますか」、、なんでしょ。
「たまごがかわいそうで」、、あ、ひとりぼっちの時間が長いから。
「それ」、、ふむふむ。
「前は昼くらいからだったから7時間しないうちにあきお君帰ってくるし」、、はい。
「でも今は朝もはよから出社してるからほら」、、長い長いお留守番と。
「寂しいだろうなぁ」、、うーむ、どうでしょうねぇ。
「寂しいよぅ」、、冷蔵庫からチーズ出して食べてたりして。
「え?」、、テレビで寅さん観てるかもしれないし。
「はい?」、、出前で鰻とったりしてるかもしれない。
「その場合お金は?」、、たまごドルでしょ。
「、、、」、、、、。
「じゃあだいじょぶか」、、たまごもがんばらなきゃ。
「寂しくないかのぅ」、、寂しいのはそっちでは?
「俺かぁ」、、はい。
「、、、」、、、、。
「たまごぅ」、、仕事しろ。
「押忍」、、押忍。


だがしかし、今日も敗れ去ったのであった。

「ぼかぁ泣くよ」、、泣いていいのは8つまで。
「そうなん?」、、よう知らんけど。

ところであんよは。

「まだうーむ、な状態であります」、、残念であります。
「まあこればっかりは」、、まあそうですな。

 

 

 

6月16日

「あれですね」、、どれですか。
「この風って寝起きってびっくりするくらいまた痛いすね」、、がっかりするくらいまた痛いすねぇ。
「なんぜ?」、、血液のあれとか関係あるんすかね。
「あれってどれすか」、、あれはあれっすよ。
「どれよ」、、それか、あっちかな。
「どっち?」、、Mr.振り出し君ということで。
「、、、」、、でもしばらくすると「うそじゃろう」な痛みは減ってくれるでしょう。
「はい」、、ということは?
「寝なきゃいいんだ」、、それだ。
「いぇい!」、、いぇい!

「でも眠りたい」、、、、。
「やわらかな肌に包まれて眠りたい」、、黙れおやじ。

 

 

 

6月15日

「自分、、」、、また明日挑戦しましょう。
「もちろんですたい」、、方法はある。
「押忍」、、押忍。
「、、、」、、、、。
「でもこれはやっぱ難しいような気が」、、簡単なことなんてありゃあしませんぜ。
「たまごをこにょこにょするのは簡単ですが」、、それはまたその。
「鼻ほじだって簡単だし、いてっ」、、ワセリン塗りなはれ。


「でも今日はいいこともありました」、、足ですね。
「昨日より腫れも痛みも少し減りました」、、これはいぇい!ですたい。
「待ってろよ菜々緒!」、、はいはい。

 

 

 

6月14日

「食パン出荷したい」、、足の甲まで腫れあがってきました。
「もはや1斤どこじゃないぞ」、、1本半ですな。
「、、、」、、ここまで育ったら大したもんですたい。
「そう?」、、ではない。
「、、、」、、、、。
「どうしたもんじゃろうのぅ」、、はやく出てってくれるのを待つしかないのぅ。

 

 

 

6月13日

昨日もかなりのもんでしたが、今日の食パン昨日より大きく育ってますなあ。

「育ててるつもりはない」、、こりゃ失礼。
「しかしほんとこれ」、、すごっ。ですたい。
「事務所には今月は「足タレ」の仕事は入れないでねと言うときました」、、はいはい。
「ストッキングのCM、今回は諦める」、、はいはい。
「はぁ〜、また菜々緒に差を付けられちゃう」、、分かったからはよ出社して。
「ではモデル歩きで颯爽と」、、超低速のほふく前進やないかい。
「第1ほふくね」、、知らんがな。

 

 

 

6月12日

「今日は一彦祭りのお稽古でした」、、行きましたねえ。
「体は今日は動かん方がいいと言うてまして」、、足は動けん言うてました。
「今日のリハーサル音源を送ってもろてそれでとも思ったのですが」、、やっぱりねえ。
「行かねばよ」、、いぇい。

「タクシーのおじさまに住所をカーナビに入れてもらって」、、スタジオに向かってれっつらごー。
「が、どうもカーナビの案内が違うような」、、ありゃま。
「地図を渡して無事着きましたが」、、カーナビは最後まで違う方向へ行かせようとするの巻。
「「カーナビが古いんですかね」言うてみたり」、、「もうかなり古いですからねぇ」と運転手さん。
「「出始めた頃のカーナビの言うとおりに走ったら、そこ海ですよみたいのあったですもんねぇ」」、、「僕は今も信じませんねぇ」とおじいさん。じゃなかった運転手さん。
「もしかして住所を打ち間違えたとか」、、言うちゃいけません。
「言いません」、、自分も小さい文字見えなくなったし。
「とほ」、、とほほ。


そして到着。
地下のスタジオにはリフトで降りるの巻。

「2回目かも」、、とほほ。

「10分前には着いたんだけどスタジオに入ったらやってて」、、はい。
「そのまま参加して」、、あはは。
「録音のためにもう1回やって終了」、、はやっ。
「一彦やボブやヤスチカ、そしてミキオとはもの凄い久しぶりで」、、20年ぶりくらいだったりして。
「楽しかった」、、よかった。
「そして車に」、、さあ帰りましょ。
「運転手さんが「振動だいじょぶですか?」と」、、あら優しい。
「「だいじょぶです、でもふわっと飛んでもらえたらもっといいですね」と言うと」、、「ぷらっと飛んで行きたいですねえ」と。
「ぷらっとって」、、寅さんみたいすね。

ぷらっと飛んで行きたいとこありますかい。

「たまごと家がええ」、、それがええ。

 

 

 

6月11日

今日は5時前に出社。

「偉いだろう」、、痛いだろう。
「別に」、、寝れないから出社したんでしょう。
「そんなこたあないですよ」、、あっそ。
「でも飛行舎もう少し近かったらなぁ」、、歩く距離5メートルないがな。
「これが遠いんだって」、、自業自得だって。

「痛い風のこれ」、、はい。
「これまでって足のアキレス腱とか親指とか甲にきてたんだけど今回初めて膝にいらっしゃいまして」、、膝が食パンみたいになっております。
「食べる?」、、食べん。

「しかしこれってこんなにあれでしたっけ」、、もうどうにもならんくらいあれですよ。
「毎回新鮮にあれですねぇ」、、なんでこんなにあれなのに忘れるんですかねぇ。
「だって人間だもの」、、大きくひとくくりにして逃げない。

 

 

 

6月10日

今日も朝から出社。

「偉いだろう」、、普通。

が、この曲もまたまた同じ理由で躓く。

「それ以外ないがな」、、たしかに。
「悔しいです」、、方法はあるはずです。
「、、、」、、あるはずです。


あれやこれやとやってダメで、、汗だくで飛行舎から逃げる。

「逃げたわけではない」、、他に見えませんが。

そしてベッドにひっくり返る。
と、何か音が。
「なんだ?」と見たら音はポケットから聞こえる。

「ポケットに入れてた携帯のSiri が立ち上がったようで「すみません、聞き取れませんでした」って」、、尻からSiri鳴る。
「あはは」、、なんだかなぁ。
「おかげで笑ってひと眠りできました」、、えかったね。


そして再挑戦。

「どうよ」、、ふむふむ。
「これでいけるかもしれない」、、ふむふむ。
「いぇい」、、いぇい。


そして夜中。
いらっしゃいましたね。

「いらっしゃったようです」、、痛い風の本気の発作。
「でもこれでよかったような」、、はい?
「これならロキソニンとボルタレンで痛みが出てってくれるのを待てばええんやから」、、なんじゃそれ。
「「これはいったいなんなんだ?」な感ずがあったですから」、、なるほど。
「だから痛い風の発作で安心しました」、、ふむふむ。
「よかった」、、よかった。
「のかなぁ」、、違うと思う。

「そして本気のこれってめちゃくちゃ」、、痛いのぅ。
「うそじゃろうってくらい」、、痛いのぅ。

 

 

 

6月9日

今日は朝から出社。

「6時間も同じことやってできない自分にもう」、、そのあとの6時間でなんとか形になったやないですかい。
「俺はいったい何やってるんだ?」、、音楽。
「ちょっと違う気がするぞ」、、なんで。
「楽があまりに少なすぎる」、、でもできた時は嬉し楽しでしょうが。
「まあそうですけどもうちょっとなんちゅうか」、、遊びじゃないんだから。
「、、、」、、、、。
「ですよね」、、ですよ。
「ところで」、、なんでしょ。
「手も足も攣ってるのはなんぜ?」、、攣り上手ということで。
「なんだそっか」、、よう知らんけど。
「釣りかぁ」、、今は攣るって話。
「どんくらいしてないだろ」、、今日も攣ったやん。
「堤とか川でよく釣りしたなぁ」、、そうですか。
「竹で作った竿でフル装備のおじちゃんたちに勝ったもんです」、、あはは。

 

 

 

6月8日

「あれですね」、、どれですか。
「外で呑んだ次の日って、ほぼ100%ダメですね」、、そんなに呑んでないのに必ず二日酔いです。
「なんぜ?」、、家呑みと違ってペースが早いからじゃないかと。
「ですかねえ」、、ですよぅ。
「なんだかなあ」、、なんだかねぇ。
「、、、」、、、、。
「、、、」、、、、。
「前にも同じ話しました?」、、何度も。

 

 

 

6月7日

「また機材がフリーズしたりイヤな音が聞こえてきたり」、、昨日の雷は関係ないですよね。
「前からたまにこうなるから雷は関係ないと思うけど」、、となると学歴か。
「うそお」、、うそ。
「、、、」、、、、。
「あれかなあ」、、どれかすら。
「ちゃんと勉強してたら人生変わってたかなぁ」、、どうでしょうねえ。
「なんで僕は勉強せんかったんすか」、、きれいな先生がおらんかったから。
「それだ」、、あほだ。


そして今日、東京も梅雨入りしたのであった。

 

 

 

6月6日

0120とかじゃなくてタイトルのある曲をやるのでは?

「たまたま「これどんなんだっけ」と聴いたら好きなメロリィで」、、覚えてないんかい。
「覚えてないですよ、タイトルのない曲がどんだけあると思ってるのよ」、、知らんがな。
「ということで今日はこれをやりました」、、ふむふむ。
「、、、」、、どうしやした。
「俺」、、なに。
「今度7億当たるじゃん?」、、宝くじかいな。
「どうするんだろうなぁ」、、なにがすか。
「そったらお金入ったら攣った指に「動けい!」言うてぎゃんばったり「違うこうじゃない」と頭抱えてまだやるだろうか」、、どうでしょうねぇ。
「どうするんだろうなぁ」、、あのう。
「7億ですよ7億、どうする?、あは」、、当たってから考えましょうね。
「まいったなあ、あは、あはは〜」、、、、。


やると思いますよ。

「俺も」、、だって他に。
「はい」、、はい。

そして安心して下さい。

「え?」、、当たりませんから。

 

 

 

6月5日

アルバムの発売延期が決まりました。

「はい」、、はい。
「7月を楽しみにしてくれた人には申し訳ないです」、、そうです。
「すんません」、、すみません。
「、、、」、、、、。
「、、、」、、ふたりくらいいてくれたすかね。
「なにがすか」、、楽しみにしてくれてた人。
「、、、」、、じゃあ3人。
「やったぁ」、、いぇい。
「、、、」、、、、。
「ほんと申し訳ないです」、、すみません。


そして夕方もの凄い雨と雷でした。

「すぐやむだろうと思ったら」、、けっこう長かったです。
「ゴリラ豪雨」、、雷の音のでかさといったら。
「びっくりしたです」、、数も音もすごかったです。
「作業中だったけど電源落とそうか思ったですもん」、、部屋が揺れるくらいでしたから。
「これから増えるんだろうな」、、ゴリラ豪雨。

 

 

 

6月4日

「いい感ずで1曲形ができました」、、いぇい。
「この曲はもうこれでいいんじゃないかと思うんだけど」、、明日聴いたら「ここは」なとこがまた出てくるんでしょうねえ。
「MOGAMIやCSCとやったら4日で全曲録れるのになあ」、、それを言っちゃあおしめえよ。
「んだな」、、んだ。
「、、、」、、、、。
「おらめげね」、、まけね。
「足の痛みも腫れもなくなったし」、、いぇい。
「おらがんばる」、、がんばり。

 

 

 

6月3日

今日は早朝から出社したようで。

「押忍」、、押忍。
「そろそろNaked Tracksに入れる曲を決めていかねばね」、、ですね。
「0120とかの曲名じゃなくてもうタイトルついてるやつを選んでいかねばね」、、0120なんちゃららの〜きゅうれいろく〜。
「ではないよ」、、はい。
「、、、」、、、、。
「「ドーナツ祭り」入れちゃうか」、、やめなさい。
「でも」、、、、。
「いつか発表したい」、、ドーナツ祭り。

 

 

 

6月2日

足酷くなってないようで。

「腫れも痛みも少ないし」、、よかった。
「助かっただす」、、ちなみに今回はどちらに。
「左足の甲ちゃん」、、甲ちゃんて。
「ここんとこあんまりプリン体気にしてなかったから気をつけなさいねと知らせてくれたわけやね」、、それはどうか知らんけど。
「ありがとう気をつける〜」、、誰に言うとんのやら。

 

 

 

6月1日

午前3時頃、いきなり雷と雨。

「なんだなんだ?と」、、たまごもびっくり。
「その雷のせいじゃないと思うけど朝起きたら」、、足が。
「うーむ」、、どうしたもんじゃろうのぅ。
「でも本気の発作ではないから」、、、、。
「歩けるし」、、痛いくせに。
「このくらいなら問題なし」、、本気の発作じゃトイレ行くのも大変ですから。
「問題なし」、、ということで。
「今日はマスタリングです」、、天気予報ではいつ雨が降りだしてもおかしくない天気。
「でも」、、傘じゃなく杖を選んで出動。
「軽やかなスキップで」、、1歩1歩ゆっくり、よいしょ、よいしょ、やないかい。
「1歩1歩、これがわしの人生や」、、貧乏くさいのう。
「いやん」、、ばかん。

「そしてスタジオに到着」、、マスタリングエンジニアは柴君。
「レコーディングエンジニアの赤工もそうだけど、好きなエンジニアの作業を後ろから見てるのはええもんです」、、なんじゃそりゃ。
「それぞれの空気感があって、いいんだなぁ」、、ふむふむ。

「そして今回のアルバム完成」、、いぇい!
「ちょっと凄いですよ」、、おぅ。
「うれしいな」、、うれしいね。
「マスタリングエンジニアの柴君、みみたぶ社長大矢、ディレクター、うちの社長、ありがとう」、、ありがとうございました。
「MOGAMIのみんな、CSCのみんな、レコーディングエンジニアの赤工、飴ちゃん、ありがとう」、、ありがとうございました。
「できた〜!」、、いぇい!

そして恒例の乾杯に。

「楽しい酒で」、、うんうん。
「あとはジャケットを8日に麻生とだと」、、いぇい!
「いぇいいぇい!」、、がっはっはと。

「だがしかし」、、なに。
「みんなで笑って飲んでた時あるひと言で」、、なに。
「うーむ」、、なに。
「大事な話に行き違いがあったようで」、、なんですか。
「びっくりしました」、、なに。

「俺は店を出ました」、、、、。
「、、、」、、おい。
「、、、」、、お〜い。

 

 

 

5月31日

ゆで卵、よく食べてはりますなぁ。

「けっこう食べてます」、、はい。
「ゆで卵」、、ゆで卵。
「上から読んでも下から読んでもゆで卵」、、違うよ。

 

 

 

5月30日

「今日は頼まれた曲を書いて録音したりして」、、というか先にやることがあるような。
「でもなんだか楽しくなったからよいではないか」、、でも1日でとはすばらしい。
「ちょっと前からやってましたけどね」、、なるほど。
「それとほら」、、なに。
「曲と歌詞が伝わればいいからサクッと録ればいいし」、、なるほど。
「が」、、なに。
「笑ってしまう理由でなしになりました」、、あらま。
「あは」、、でよいのすか。
「理由がおかしくて」、、教えて教えて。
「あは、これは言えまへん」、、じゃあ聴きまへん。

「でも誰かに曲を書くのも楽しいもんです」、、その人が歌うのを想像して歌詞を書いたり。
「そう」、、メロディ作ったり。
「これ時と場合によっては悪くないのす」、、つっても出来た曲はいつものとそれほど変わらないすけど。
「なんかすんません」、、引き出し少なっ。
「やっぱ自分で唄える曲になってしまいますやん」、、引き出し少なっ。

 

 

 

5月29日

飛行舎作業はどんな感ずですか。

「暑いです」、、そうじゃなくて。
「えっと、今日はここ1週間くらいやってた曲がなんとか形になりました」、、よかった。つうかタイトル付けてやってかないとどれがどの曲か分からんことなるのでは。
「そうなんですよね」、、たとえば今日の曲なら「0529」じゃないすか。
「はい」、、どんな曲すか。
「これは今日やったからさすがに分かりますです」、、じゃあ他の日にちだけの曲は?
「音源を立ち上げて聴いて「あ、この曲か」と」、、、、。
「歌詞はあるけどタイトルはまた後でな曲がほとんどで」、、タイトル決めなさいよ。
「曲と歌詞ができたら次の曲に行く方が楽しくて」、、なんじゃそりゃ。
「なんじゃそりゃ言われましても」、、ぼちぼち清書録音しないとあれですよ。
「あれですよねぇ」、、どれか分かってます?
「あれでしょ?」、、どれ。
「どれ?、なんちゃって」、、、、。
「分かってますって」、、ならよろしい。

 

 

 

5月28日

「たまごの食欲がすごいっす」、、誰かみたいっす。
「俺そんなに食べてます?」、、夜中ちびちび呑みながらずっと食べてるような。
「そんなこたぁないと思いますけど」、、今度食べたものをメモしてみたらどうすかね、びっくりすると思いますよ。
「そういうのあったすね」、、レコーディングダイエットですかね。
「食べたものを書くだけという」、、それで痩せれるという。
「カップ麺食べたら何時何分カップ麺みたいな?」、、たぶん。
「おにぎりにゃんことか?」、、おにぎり食べたらおにぎりにゃんこの絵でもええんじゃないすかね。
「、、、」、、なに。
「絵を描きだすとうんこさん描きたくならない?」、、子供か。

 

 

 

5月27日

昨日は打ち上がりましたねえ。

「そんなでもないと思いますが」、、でもまだ寝ていたいでしょう。
「そらあまだ眠いすけど」、、でも起きてシャワー浴びて支度せな。
「分かっております」、、今日は病院でっせ。


そしてちょっとふらふらしながら出動。

「いい天気だぁ」、、昨日が雨の後どんよりどよよんでしたから今日の空、眩しいですねえ。
「昨日はスタジオに行く電車で久しぶりの人に会って、いろんな意味でびっくらこいたですからねえ」、、いやほんとに。
「ふぅ〜」、、ふぅ〜。

「いい天気だぁ」、、眩しぃ。


そして病院に到着。

「ここきれいだからいいですよね」、、まだわりと新しいですもんね。
「そして日頃の行いかなぁ、今日もすぐ呼ばれました」、、行いかどうかはあれですけどここ何回かはほとんど待たなくてすんでるような。
「いいですねぇ」、、いいですねぇ。
「そして今日も鼻からカメラを入れて診てもらうの巻」、、まだ酔ってるから気持ち悪かったでしょう。
「そんなこたぁないですけど、少し」、、ほら。


「この病院はいつ頃からだったかな」、、いつでしたかね。
「喉の調子が「え?、うそお?」なくらいおかしい時があって」、、それけっこうありますよね。
「出しちゃいけない声出した後とか」、、発声がなってないのと弱なのです。
「そうなっちゃう?」、、なっちゃう。
「で、それまでたまに行ってた病院とは違う病院にしてみようと行って」、、はい。
「そしたら初診の時の先生が「この病院には嗄声・発声障害専門の先生がいますから次はその先生の日に予約いれますね」と」、、すばらしい。
「「でもその先生は厳しい先生でタバコを吸う人は診てもらえません」と」、、あ。
「こりゃあ診てもらえないかもと思いながら予約の日に行ったんだけど」、、診てくれたと。
「ありがとうございます」、、ありがとうございます。
「で、それ以来このウグイスのような美声を守るため定期的に行ってるのでした」、、ウグイスの美声どこ?
「ここ」、、見えません。


「そして今日の診察が終わって」、、はい。
「そしたら先生が「来月でこの病院を離れます」と」、、あらら。
「でも先生が今度行く病院と、この近くで専門の先生がいる病院を紙に「〇〇線〇〇駅徒歩〇〇分と」書いてくれたのでした」、、優しい。
「うれしかったっす」、、でも今の先生が次に行く病院は遠いっす。
「でもぼかぁこのウグイスのような美声を守るため先生の病院に行きます」、、ウグイスどこ?
「ここ」、、見えません。

 

 

 

5月26日

今日はトラックダウン。

「前はミックスが終わるのをスタジオで1曲3時間とか4時間とか待って「お待たせしました」の声でスタジオに入って聴いて、そこで何かあれば「ここをもう少しこうで」とかやってたんだけど今回からはもう全曲ミックスしたのを1曲ずつ聴いて「いいですねえ」とか「ここもう少し」と進めるから早い早い」、、ふむふむ。
「一彦も来てくれて」、、いぇい。
「麻生も来てくれて」、、いぇい。
「そしてトラックダウン終了」、、いぇい。
「レコーディングエンジニアの赤工、社長の大矢、ありがとう」、、ありがとうございました。
「そしてみんなで打ち上げ〜」、、乾杯〜。

「みんなのおかげでまたええのができたですたい」、、いぇい。
「みんなありがとう」、、ありがとうございました。

 

 

 

5月25日

「昨日の夜から雨」、、けっこう降ってて。
「風も強くて」、、こういうの久しぶりかも。
「な」、、ね。
「、、、」、、、、。
「あ」、、なに。
「飛行舎が入ってる部屋の窓開けたままかも」、、あ。
「雨が炊き込んじゃう」、、吹き込んじゃうね。

急いで閉めに行くの巻。

だいじょぶでしたかい。

「炊き込んでなかった」、、吹き込んでなかったね。
「よかった」、、よかった。
「、、、」、、、、。
「、、、」、、、、。
「炊き込みご飯食べたい」、、炊き込めばよか。

 

 

 

5月24日

56、2ヶ月ぶりの歯医者さんに。

「あ、そうだ」、、なんだに。
「行くときの最初の電車に時間がギリギリで」、、はよ出んからや。
「いろいろあるやないの」、、忘れ物で戻るとか。
「そんなこんなで小走り56号となって駅に」、、かっこ悪。
「約束の時間に遅れる方がかっこ悪いでしょうが」、、まあそうですな。
「間に合いました」、、よかった。
「と、2回目の乗り換えの時に不思議なことが」、、なになに。
「次に乗るはずの電車より2本早い電車に乗れるという」、、遅れたりしてたんじゃないすか?
「それが違うんですよね」、、じゃあなんぜ。
「それが分からない」、、はて。
「そんなこんなで3回目の乗り換えも予定より早い時間で」、、ふむふむ。
「そして歯医者さんのある駅に着いて」、、時間、余裕ですな。
「余裕のよっちゃんさ」、、、、。
「で、改札の横にコンビニがあったから炭酸水でも買おうかと入って」、、はい。
「あれ?、この前はここにコンビニなかったですよね?」、、知りません。
「で、レジは長い列で」、、店員さんひとりで。
「そう」、、くじ引きやってて。
「そう」、、当たった賞品取りに行ったりしてるからますます列が長くなると。
「あのくじ引き、店員さん大変だよね」、、いつも思います。
「お疲れさまです」、、なんかすんません。
「、、、」、、、、。


「なんだっけ」、、歯医者さんに、です。
「そうだ、それでこりゃあまだまだ時間かかるぞと」、、せっかく早く着いたのに遅れちゃいやんと。
「炭酸水戻してコンビニを出て」、、はい。
「不思議ですよね」、、なにがすか。
「さっきはそうでもなかった炭酸水、どうしても飲みたくなったりして」、、なんじゃそりゃ。
「途中にまだ店があるから買って飲みながら歯医者さんに」、、それでも早く着いたようで。
「いぇい、でもどこであれだったのかすら」、、ね。


「そして今日もしっかりやっていただきました」、、ありがとうございました。
「歯磨き手抜きしてたから歯茎がちょっと」、、またまた磨き方教えてもらって「しっかりお願いしますね」と。
「自分の歯でもないのにありがとうございます&すみません」、、歯間歯ブラシや歯間ブラシでしっかり磨かなきゃ。
「そうです」、、はい。
「でもそれがなかなか」、、おい。

 

 

 

5月23日

「あれなんですよねえ」、、どれですかい。
「「よしこれだ」と思った数分後「やっぱ違うぞ」になったり」、、、、。
「歌ってなに?」、、 言葉に旋律やリズムをつけて声に出すもの。またその言葉。だそうです。
「ですよね」、、はい。
「言葉ってなに?」、、 人の発する音声のまとまりでその社会に認められた意味を持っているもの。感情や思想が音声または文字によって表現されたもの。言語。だそうです。
「その社会に認められた意味ってとこがちょっとあれだけど、ですよね」、、はい。
「、、、」、、、、。
「、、、」、、、、。
「今何時?」、、時計見ろ。

 

 

 

5月22日

「時間がない」、、はい?
「私には時間がないのよ」、、誰?
「どうも、ナンシー・プリンヌです」、、誰?

全然関係ないんですが。

「なにかしら」、、2016年の家計調査によると1世帯当たりの平均貯蓄額は前年比0.8%増の1820万円だったそうです。
「え?」、、4年連続で増加ですって。
「みんなそんなにですか?」、、平均ですけど。
「にしても、、すごっ」、、、、。
「、、、」、、、、。
「どういうことよ」、、貯めてるんですねぇ。
「貯めるもなんも元がないがな」、、、、。
「、、、」、、、、。
「、、、」、、、、。
「宝くじ買うてくる」、、、、。

 

 

 

5月21日

今日は31度の真夏日。
今日も闘いは続くのであった。

「厳しいのぅ」、、とその前に。
「なんすか」、、ひと坪スタジオ、散らかりすぎじゃありません。
「(キョロキョロ)」、、それじゃなくても狭いのにわやですやん。
「、、、」、、、、。
「うーむ、何処から手を付けていいのか」、、順番を決めたらわりと簡単かと。
「じゃあお願いします」、、おい。

 

「北谷はあっちで元気にしてるかなぁ」、、もう9年になるんですかねぇ。
「そんなになるかなぁ」、、たまには遊びに来ればいいのに。
「な」、、ね。

 

 

 

5月20日

朝もはよから出社したようで。

「7時前に」、、すごっ。
「だがしかし」、、くるか。
「居眠り演奏&酒気帯び演奏で昼には退社」、、きたダメオ君。
「、、、」、、、、。

今日はあと1度で真夏日になるとこでした。

「ちゅうかひと坪スタジオはいつも真夏日ですがな」、、録音してない時はエアコン入れなくては。
「人も機材も溶けてしまいます」、、はい。

 

深夜、「〇〇さんが天国にいってしまいました」と連絡が。

「うーむ」、、歳、同じじゃないですかね。
「うーむ」、、、、。

 

 

 

5月19日

「ずっとひと坪スタジオじゃ頭にも体にもよくないなと」、、まあそうですね。
「まだ明るいこの時間ならこの電車は空いてるしと」、、ふむふむ。
「ちょっと久しぶりの街を歩いてみるかと」、、ふむふむ。
「ひと坪スタジオから飛び出たのであった」、、ゆっくり歩いて出たけどね。
「シュワッチ!と」、、ドアにカギをかけたとこで忘れ物に気がついて戻ったり、今度はだいじょぶと出たけど数歩歩いてカギが心配になって戻ったりで、シュワッチ!ではないけどね。


「空いてる電車は気持ちええなぁ」、、そうですか。
「そして目的の駅に」、、ふむふむ。
「むむ」、、ん?
「むむむ」、、なに。
「なんだこの人人人は」、、人でしょう。
「お、多すぎる」、、都会だもの。
「、、、」、、、、。
「帰る」、、え?
「仕事じゃないんだから体がイヤがることはしません」、、、、。


これ、なんだったんでしょうか。
久しぶりの街も歩いてないし。

「駅まで歩いたし」、、なんもしてないし。
「駅でSuicaチャージしたし」、、、、。

 

 

 

5月18日

だからそんなことしてないで仕事しなさいってば。

「こうやっていろいろ考えているのです」、、テプラをピンセットで貼りながら?
「そうです」、、近くにあるハモニカには全部貼ったもんだから足の爪に貼り始めたりしちゃって。
「なんか貼りたくなりません?」、、なりません。
「左足の小指のCから始まるわけですよ」、、知らんがな。
「薬指がD♭、中指がD、人差し指がE♭、親指がEと」、、あっそ。
「そして右足の親指にいくわけですね」、、知らんてば。
「指が足りなくなるから右の小指の横に貼ってったりしてね、あは」、、、、。
「ペタッとな」、、仕事しなさい。
「だから考えているのです」、、、、。
「ずっと、考えているのです」、、たまごが毎日1回は自分のしっぽ追っかけるみたいな感ず?
「それとは違うかな」、、あっそ。
「あれかわゆいね」、、わかゆいね。

 

 

 

5月17日

初めて遠近両用メガネを作った56。
ちょっと急いでたので「ありがとうございました」と急ぎ足で店の外に。

「店の外に出たとたんグラグラしちゃって危なかったっす」、、めったに外では度付きのメガネもかけない人が初めての遠近両用かけて店出るかすら。
「はよ慣れよう思って」、、作る時に「慣れるまでは家の中や近所で」と言われたでしょうに。
「自分いつも辛い状況になんとか慣れて乗り越えてきたので」、、知らんがな。
「ということで気にせず小走りで出たら旦那に気がつかなくって」、、段差ね。
「大きな通りなのですっ転ばんでよかったっす」、、普段走らん人が小走りすんなっちゅうことです。
「ですよね」、轢かれるがな。
「それはダメ」、、なに。
「アルバムに入れなきゃいけない歌があるのす」、、はい。
「、、、」、、、、。
「やらねば」、、やらねば。

 

 

 

5月16日

そんなことやってないで仕事しなさいよ。

「これも仕事のうちですから」、、ハモニカにシール貼ることがすか。
「キーを表じゃなくて裏に書いてある種類のがあるのすよ」、、はい。
「ひっくり返さなきゃいけないからめんどくさいやないですか」、、でも今やらなくてもよいかと。
「テプラで打ってですね」、、、、。
「ハサミでちょうどいいサイズに切ってですね」、、指ぷるぷるさせながらピンセットで貼ってらっしゃる。
「ええやないですか」、、ぷるぷるしてるから傾いちゃったりして。
「そうなったら直してるやないですか」、、なんだかなぁ。
「ほら、きれいやで」、、もしかして。
「なに」、、何かから逃げてます?
「逃げてないですよ(長州さんの「キレてないですよ」風に)」、、やること山ほどあるのになぁ。
「、、、」、、、、。
「、、、」、、、、。
「あ、これ完璧に貼れたでい」、、えかったね。

 

 

 

5月15日

「ここんとこなんちゅうかその」、、物忘れがひどすぎますなぁ。
「今に始まったことじゃないんですが」、、かなり加速してますなぁ。
「もうびっくりの」、、がっかりです。
「はぁ〜」、、、、。
「泣いていい?」、、だめ。
「、、、」、、、、。
「はぁ〜」、、、、。
「、、、」、、、、。
「どうしたもんじゃろうのぅ」、、どうしたもんじゃろうのぅ。
「、、、」、、、、。
「、、、」、、、、。
「これって治るん?」、、たぶん治らん。

 

 

 

5月14日

56、早朝から出社。
気合入ってますねえ。
さすがじゃ。

と思ったら。

酒気帯び演奏、そして居眠り演奏で早退。

「俺、昨日呑み過ぎた?」、、知るかい。

 

 

 

5月13日

今日はけっこう本気な雨。

「だがしかし」、、行かねば。
「今日は魚のトラックに歌入れと」、、みんなで録った時の歌とハモニカのチェックでござる。
「飴なのに」、、雨ね。
「電話で唄うからそれをスタジオのマイクで録音しちゃお作戦は?」、、あるかい。

ということで出動。

「久しぶりに行くスタジオで乗り換えでばたばた」、、なにやってんだか。
「よっしゃと乗った電車は反対方向だったり」、、なにやってんだか。
「おっと危ないと降りて向かいの電車に乗ったら急行で慌てて降りたり」、、なにやってんだか。
「もうなんと言いますか」、、全体的にとほほが多い日々。
「どうしたもんじゃろうのぅ」、、指さし確認で暮らしましょう。

「そして全曲チェックして終了」、、いぇい。
「これであとはトラックダウンとマスタリングですたい」、、いぇい。
「またけっこう間が開きますが」、、みんな忙しいから。つうか56も山ほどやることありまっせ。
「そうでござる」、、そうでござる。

「ところで今日って寒かったっすよね」、、昨日より10度近く低くなったすから。
「冷たい飴に冷たい風」、、雨ね。
「飴はあれだけどちょい寒は」、、雨ね。
「暑いより好き」、、とても好き。

 

 

 

5月12日

今日も28度で夏日でござる。

「慣れた気がするでござる」、、さすがでござる。
「つうか録音してない時はエアコンつけてますけど」、、ですよねぇ。
「そしてすぐに真夏日な気温になるんでしょうねぇ」、、まあそうですねぇ。
「どうしたもんじゃろうのぅ」、、がんばりや。
「いやじゃ」、、、、。

「たまごの毛替えが増えております」、、1回ブラシするとちゃいちいボールができるでござる。
「大きい毛玉の」、、ちゃいちい毛玉。
「かわゆいのぅ」、、かわゆいのぅ。
「と思って写真と撮ると」、、そうでもなかったりして。
「ぶひ顔だったりして」、、おっさん顔だったりして。
「なんで?」、、ひいき目でござる。
「つうことは写真は」、、現実でござる。
「そんなはずはない、もっとかわゆいはずだ」、、ひいき目でござる。

 

 

 

5月11日

今日は27度でまた夏日に。

「ついていかな」、、気温差についていかな。
「なんともあれへんでぃと」、、ついていかな。
「、、、」、、、、。
「、、、」、、、、。
「あかん」、、どした。
「目が回る」、、目薬目薬。
「そういう問題?」、、よう知らんけど。
「、、、」、、、、。
「でもってなんだこの怠さは」、、水浴び水浴び。
「それも違うと思う」、、ぼくも。
「わたしも」、、どうしたもんじゃろうのぅ。

 

 

 

5月10日

なんか今日もちょっと涼しいというか。

「ちょっと寒いような気も」、、ですね。
「コタツまた出します?」、、そこまでじゃないかと。
「ストーブ出します?」、、服着ればよいかと。
「なんかあれですよね」、、体調崩さないよう気をつけましょう。
「ですね」、、ですよ。

 

 

 

5月9日

「あれっすね」、、どれっすか。
「短パン半袖じゃ寒かったりして」、、今日はそうっすね。
「長パン長袖に変身しなければ」、、変身せんでも着ればいいだけっす。
「変身したいじゃん」、、はい?
「変身」、、なんにすか。
「そうだなあ」、、、、。
「狼男」、、はい?
「ぼかぁ狼になってたまごと森で暮らします」、、はい?
「森に生きる二人です」、、、、。
「強く優しくたくましく支え合って生きるのです」、、ここじゃなく森で?
「森に生きる二人です」、、無理。
「そやろか」、、絶対無理。
「そうかすら」、、森にはコンビニないし。
「あ」、、病院もないし。
「、、、」、、居酒屋もないし。
「、、、」、、たまごのぷにょ肉球で森は歩けないし。
「、、、」、、猟なんて無理やし。
「、、、」、、布団も猫ハウスもないし。
「、、、」、、カリカリも焼酎もないし。
「、、、」、、、、。
「、、、」、、、、。
「ここで強く優しくたくましく支え合って生きていきます」、、がんばりや。

 

 

 

5月8日

ゴールデンウィークで昨日まで連休だった人は今日はしんどいでしょうね。

「でしょうねぇ」、、はい。
「黄金週間かぁ」、、まったくいつもと同じで。
「それがなにか」、、いえ別に。
「あ、老眼鏡作りに出たじゃない」、、なんか悲し。
「どこがよ」、、全体的に。
「やることがあるし遊びに行きたいとこはないんだからええやないの」、、地味。
「どこがよ」、、地味ぃしおんさん。
「そこはカタカナでお願いします」、、ジミー・シオンさん。
「なんかギター上手そうじゃない?」、、1曲録るのに何時間もかかるとは思えない感ず?
「、、、」、、泣くな〜。

 

 

 

5月7日

昨日あたりから短パン半袖でござるな。

「でござる」、、今からこれじゃあ夏が来たらどうするんでござるかな。
「『アキラ100%』でいくでござる」、、、、。
「どうよ」、、宅配便の兄さん困るでござる。
「あらやだ」、、やだやだ。
「というか」、、なんでござるかな。
「もし今年も暑暑の夏が来るというのであれば」、、そらあ来るですよ。
「わたしはですね」、、わたしって。
「イヤです」、、、、。
「イヤなのです」、、イヤ言われましても。
「そういうことです」、、何言うてはるのやら。


「どうしたもんじゃろうのぅ」、、、、。
「あ」、、なんでござるか。
「今から近くの川で少しずつ慣らしてですね」、、はい?
「7月からはお魚として川で暮らします」、、、、。
「ぎょぎょ魚!、なんちゃって」、、、、。
「あは」、、、、。
「楽しいな」、、、、。

 

 

 

5月6日

ところでレコーディングはどうなってるんでしょうか。

「毎日ぎゃんばってまんがな」、、MOGAMIやCSCの方でんがな。
「あ、そっち?」、、そっち。
「そっちはみんなとのレコーディングは終わってるけど、チェック日やトラックダウンまでぼっこり間が開いてまして」、、あらま、誰かのスケジュールのあれなんでしょうね。
「たぶん」、、はい。
「レコーディングが終わったらそのままトラックダウン、そしてマスタリングをやって終了!といきたいとこなんですが」、、ですねぇ。
「まあいろいろあれなんでしょ」、、あれなんでしょうね。
「、、、」、、、、。
「、、、」、、、、。
「どれよ」、、知らんがな。

 

 

 

5月5日 こどもの日

「年に二度だけメールのやり取りをする人が何人かいるんですけど」、、お互いの誕生日にですね。
「そうです」、、はい。
「最近はなんと言いますかその」、、なんですのん。
「返信がなかったりすると」、、「もしや」と。
「はい」、、やだなぁ。
「実際それあったですから」、、はい。
「、、、」、、、、。
「、、、」、、、、。
「元気でいてくれよぅ」、、お互いに。

 

 

 

5月4日 みどりの日

今日も気持ちいい天気でした。

「カラッとね」、、すてき〜。
「が、ひと坪スタジオは」、、蒸し蒸しでござる。
「だいじょぶなのか」、、知りもうさん。
「だいたいがやね」、、なんやね。
「こんな天気のいい日に薄暗いちゃいちい部屋にこもってちゃいかんがや」、、確かにもったいない。
「さあギターを置き外に出よう」、、行ってらっしゃい。
「、、、」、、、、。
「、、、」、、行かんのかいな。
「そんな場合ではない」、、やらねば。
「それに」、、なんでしょ。
「行くとこも行きたいとこもないがな」、、とほほ。


ところで今日、北海道は真夏日だったそうです。

「ね」、、そして日本で今日1番気温が高かったと。
「びっくり」、、ね。

 

 

 

5月3日 憲法記念日

56とあきお君はメガネを作りに出動。

「街に出たら人人人だろうから街から離れた地味〜な店に」、、あはは。
「ちゃんと視力を測ったのは久しぶりで」、、すくすく悪うなっとったすか。
「変な言い方はやめなはれ」、、近くも遠くも見えんはずじゃ。
「コンタクトができたらなぁ」、、前に挑戦した時何度やってもまぶたの上にペタッとしちゃうから諦めたやないですかい。
「あの頃は子供だったからね」、、40前だった気がしますが。
「、、、」、、、、。

「メガネメガネ」、、おでこにあるのは何かすら。
「あらやだ、一彦みたいなことやっちゃった」、、あらやだ。
「あはは」、、とほほ。

 

 

 

5月2日

「やることがありすぎるとあれだなぁ」、、どれでっか。
「何が何だか分からんことなるなぁ」、、忙しぶっちゃって。
「ぶっちゃわないよ」、、ぶっちゃってるよ。
「うーむ」、、まあ1個1個やね。
「そうやね」、、そうやで。
「、、、」、、、、。
「、、、」、、、、。
「とりあえず今日はもうプシュッとしちゃうか」、、それは違うと思うよ。
「そうかすら」、、まあ自分の事やから好きにすればいいですけど。
「そんなこと言っちゃいや」、、知らんがな。

 

 

 

5月1日

5月です。

「うそだね」、、うそやない。
「ほんとにい?」、、ほんとに。
「イヤだあ言うても?」、、5月です。
「、、、」、、、、。
「ならしゃあないな」、、お、やる気でた。
「わけではない」、、なんじゃい。
「何故なら自分」、、自分て。
「普通〜に常に、常にやる気満々だからさ」、、うそお?
「うそ」、、、、。

「ところで今日は忙しい天気だったすねえ」、、いい天気〜、で始まって。
「今日は夏日だな、な感ずで」、、と、午後1時くらいにいきなり空が暗くなって。
「あ、風だ」、、うわっ、雷だ。
「そして雨だ」、、いきなりなになに?、な。
「どういうこと?、な」、、と思ってたら1時間半後には明るくなって。
「なかなかに」、、忙しかったっす。

「そういうこともあって今日はキッチンレコーディング」、、そういうことってどういうことよ。
「雷鳴ってたし」、、はい?
「雷さまにたまごのヘソ取られちゃいけないし」、、なんじゃらほい。
「ということでちゃいち〜い声とちゃいち〜いギターでキッチンレコーディング」、、そこまで気を使わんでもよいと思いますが。
「俺がイヤなのす」、、そうでした。つうか猫のおヘソどこにあるか知ってますのん?
「ここかな?ってとこにあるのです」、、、、。
「ね」、、どこよ。

 

 

 

4月30日

「うーむ」、、どうしやした。
「飛行舎、ちょいと演奏するともう暑いぞ」、、今日はほぼ夏日ですしひと坪スタジオですから。
「これは急がねば」、、そうです。
「急ごう」、、急ぎ。
「あ」、、なに。
「急がば回れということわざもあるが」、、それは関係ないかと。
「なんで」、、回りようがないし。
「、、、」、、、、。
「うまいこと言うねぇ」、、言うよぅ。

 

 

 

4月29日

今朝6時過ぎ、ミサイル発射の報道を受けて東京メトロ全9路線が安全が確認されるまで停車したそうです。

「そうなんだ」、、ミサイル発射が判明した際、乗客の安全を確保するため運転を見合わせるようあらかじめ取り決めていたとかで『〇〇〇がミサイルを発射した影響で運転を見合わせています』と。
「そんな車内放送聞いたら「え?、、え?」になりますです」、、北陸新幹線も安全確認のため金沢駅と新高岡駅の間で一時運転を見合わせたとか。
「ふむふむ」、、ふむふむ。
「、、、」、、、、。
「、、、」、、、、。

「今日から黄金週間なのに」、、長い人は9連休とか。
「9連休かぁ、旅行に行く人も多いんだろうなぁ」、、家が好きな人もいますけど。
「俺?」、、あなた。
「9連休かぁ」、、9連休。
「俺も休みたいなぁ」、、休んでるやん。
「失礼な、そんなふうに見えると?」、、それ以外に見えんと。

 

 

 

4月28日

「夜テレビを見てたら焼き肉美味しそうに食べてて」、、焼き肉〜。
「焼き肉行ってないなぁ」、、じゅ〜っと焼いて。
「よっしゃと」、、もぐもぐ。
「最初のひと口がたまらんですよね」、、そこがピークですから。
「よし、明日は焼き肉行くど」、、行かないに200たまごドル。
「ですね」、、はい。

 

 

 

4月27日

今日はレコーディング3日目。

「今日はCSCレコーディングです」、、いぇい。
「CSCとはちょっと前に会ったような」、、おい、2週間前にツアー終わったばっかやないかい。
「知っとるがな」、、ええの録れましたかい。
「もちろん」、、いぇい。
「そして今日も写真を1枚」、、飴ちゃんも入ってもらってもう1枚。

(飴ちゃん=事務所の女子。いつだったかライブで北海道に行く時空港まで見送りにきてくれて、その時「ありがとう。おみやげ買うてくるからね。飴でええ?」から飴ちゃんになったのであった)

飴ちゃんは今月で東京を離れることになったのでした。

「飴ちゃんがいなくなったら事務所はどうなってしまうんだろうか」、、うーむ。
「腰痛持ちの社長と首痛&痛い風持ちのおいちゃんふたり、泣いちゃうぞ」、、おやじの涙は美しくないから泣いちゃだめ~。
「飴ちゃん、8年間本当にありがとう」、、ありがとうございました。
「ライブに遊びにおいでね」、、その時社長に「ちょっとこれお願い」言われても「聞こえませ~ん」言うんやで〜。
「そうやで〜」、、8年間本当にありがとうございました。

 

 

 

4月26日

「今日はわりと縦でいました」、、当たり前やないかい。
「これまで録ったのを聴いたり」、、はい。
「明日の準備をしたり」、、はい。
「偉い?」、、当たり前やないかい。
「ですね」、、ですよ。

「夕方ちょっと買い出しに出た時」、、ゆで卵を買いに行ったんやな。
「10個食うたろ思うて」、、食い過ぎやで。
「だつてたまごになりたいんだもの」、、ちっちゃい「っ」を使ってね。
「ゆで卵の話じゃなくて」、、、、。
「、、、」、、、、。
「、、、」、、、、。
「俺、、何を言おうとしたんだっけ」、、知りもうさん。

 

 

 

4月25日

今日はもしかしたらミサイルが飛んでくるんじゃないかと。

「まさかねと思いながらも」、、もしかしたらと。
「、、、」、、、、。
「うーむ」、、こわすぎます。

 

 

 

4月24日

今日の56はたまごと横、ただただ横。

「ころんころんとね」、、ごろんごろんとね。
「なでなでとね」、、こにゃこにゃとね。
「いいだろ〜」、、ええね〜。

「横ってしあわせ」、、そうですか。
「たまごと横が好き」、、ふむふむ。
「、、、」、、、、。
「ずっと横で暮らせんもんだろうか」、、バカもん!

 

 

 

4月23日

レコーディング2日目。

「今日の店長は一彦」、、いぇい。
「今日も気持ちいいのが3曲」、、すばらしい。
「いいですねぇ」、、うれしいですねぇ。

「MOGAMIレコーディングは今日で終了です」、、みんなありがとうございました。
「池畑さんに井上に魚に一彦、最高だぜい」、、いぇい。
「次に集まるのは野音のリハーサルですたい」、、はい。
「まだだいぶ先に思えるけど」、、これがすぐなんですねぇ。
「そうなんですよねぇ」、、それまでにNaked Tracks作業もありまっせ。
「押忍」、、押忍。

 

 

 

4月22日

レコーディング初日。
久しぶりのMOGAMI集結。

「今日の店長は魚です」、、いぇい。
「このスタジオに行く乗り換えさえもなんとも懐かしく」、、スタジオのある駅の長い階段の長ささえなんかこう。
「よかったっす」、、あははのは。
「サウンドチェックをやって」、、みんなでデモを1回聴いて。
「さあやりますかと」、、レコーディングスタート。

「いいのが3曲録れました」、、いぇい。
「いいですねぇ」、、うれしいですねぇ。

「思ったより早く終わったのでひとりでちょっと最上に顔を出そうかなと」、、雨が降ってたけど。
「雨の間をササッと走り抜けて」、、ずぶ濡れやったやん。
「が」、、お休みでした。
「店の前に立ち尽くすぼく」、、誰やねん。
「、、、」、、、、。
「さあ帰りますか」、、雨に濡れながら。
「はい」、、あれ?、雨の間をササッと走り抜けるんじゃなく?
「濡れて帰りましょ」、、ありゃま。

 

 

 

4月21日

明日からレコーディング始まります。

「明日のスタジオ、久しぶりでござる」、、昔はレコーディングといえばいつもそこで。
「贅沢な時代でした」、、あはは。
「そして終わったらいつも呑みで」、、最上すね。
「今も昔も同録だから1回か2回で録り終わることも多くてですね」、、いいですねぇ。
「だからダビングが少ない曲だったらすぐ次の曲へと」、、いいですねぇ。
「ということで録り5時間呑み8時間なんてこともあって」、、みんなで最上(蕎麦屋さん)を5時前から覗いたりして」、、「まだですよね」なんつって。
「なにやってんだか」、、呑兵衛祭り。
「最上が終わった後池畑さんちに移動してまた呑むなんてこともありました」、、呑み11時間や。
「昔はライブのリハーサルの後も必ず呑んでたという」、、打ち上げのリハーサルだ。
「みんな元気だった〜」、、若かった〜。
「さあレコーディング始まりまっせ」、、いぇい。

 

 

 

4月20日

電子タバコにして本数が増えたような。

「そう思う?」、、思う。
「普通のタバコの時は呑んだり曲を書いてる以外は1日10本も吸ってなかったんですが」、、2箱くらいになったような。
「ありゃま」、、こりゃま。
「ロフトの打ち上げの時ヒロキにまだ仙台でしか売ってない『glo』をたのんだらすぐ送ってくれて」、、『iQOS』と『glo』とスパスパ祭り。
「あはは」、、ではない。
「でも普通のタバコに比べたら吸った感が弱いからだいじょぶな気がするんですが」、、どうなんでしょうねぇ。

 

 

 

4月19日

宮城県の大崎市でミサイル発射の誤放送があったそうです。

「え?」、、午前8時半ごろ、市内全域の防災行政無線のスピーカーからですね。
「はい」、、「ミサイル発射情報。当地域に着弾する可能性があります。屋内に避難し、テレビ、ラジオをつけてください」という誤った内容の放送が流れたそうです。
「それはひどい」、、市の職員が誤りに気付いて、およそ6分後に訂正の放送を行ったそうですが。
「その6分間て、もうあわわわわわ〜!でしょう」、、いやほんと。

 

そのうち飛んでくるんですかねぇ。

「、、、」、、、、。

 

そしてもうすぐレコーディング始まります。

「そうです」、、はい。
「やることをやりましょう」、、やりましょう。
「みんなでいいの作りまっせえ」、、いぇい。

 

 

 

4月18日

今日も25度以上あってこれで東京は3日連続の夏日です。

「むむ」、、4月に3日連続で夏日になったのは、1998年以来19年ぶりだそうです。
「むむむ」、、これは今年の夏はかなりの暑さになりそうですねえ。
「むむむんむむむんむむむんむん!」、、、、。
「むんむんむむむんむんむむむんっ!」、、むん語はわからんですたい。
「さよか」、、さよよ。

「どうしたもんじゃろうのぅ」、、どうにもならんのぅ。
「思うのだが」、、何をかな。
「、、、」、、、、。
「、、、」、、、、。
「なんだっけ」、、はい?
「もういいや」、、こういう時諦めないで思い出そうとすることが脳にもその
「いやじゃ」、、いやじゃはやっ。
「もうなんもかんもいやじゃ」、、、、。
「おけとわりじゃ」、、お断りね。

 

 

 

4月17日

夜から雨。

「けっこう強くなってきました」、、明日の朝までかなり降るとか言うてはりました。
「うーむ」、、、、。
「(じー)」、、天井見てはる。
「見てしまうよなぁ」、、見てしまいますなぁ。
「今んとこだいじょぶ」、、でないと困りますよねぇ。
「いやほんとに」、、はい。
「、、、」、、、、。
「町内で雨漏りを心配してこうやって天井見てる人何人くらいおるやろ」、、たぶん56とあきお君とたまごの3匹かと。
「あらま」、、こりゃま。

「(じー)」、、まだ見てはる。

 

 

 

4月16日

今日は今年最初の夏日になりました。

「まだ4月の16日なんですけど」、、26度。
「いやや」、、いややゆうても。
「いやや!」、、、、。
「いややいやじゃいやいじゃじゃー!」、、うるさい。

「なんとかならんかね」、、ならんのよ。
「いやじゃ」、、、、。
「夏日なんていやじゃ」、、、、。
「そして真夏日の夏が来るんじゃろ?」、、そりゃ来ますわな。
「おけとわりじゃ」、、お断りね。
「おら夏はいらんほんとにいらん」、、、、。
「ほんとにほんとにほんとにいらんのだーだーだー!」、、うるさい。

 

 

 

4月15日

今日もいい天気。

「いいですねぇ」、、いいですねぇ。
「朝ほんのちょっと暖房つけただけで」、、もういらないですたい。
「いいですねぇ」、、いいですねぇ。
「たまごのコタツのポカポカマットしまいました」、、春〜。

「春といえば春休みですよね」、、もう春休み終わって新学期始まってます。
「あらま」、、こりゃま。
「どうしたもんじゃろうのぅ」、、まずはレコーディングの準備と。
「すぐらしいですもんね」、、すぐっすよ。
「そしてNaked Tracks作業にも戻らねば」、、そうです。
「でもその前に軽井沢の別荘で一週間くらいゆっくりと」、、寝言は寝て言いましょう。
「じゃあ熱海の温泉に一ヶ月ばかし」、、バカは休み休み言いましょう。

 

 

 

4月14日

 

黙とう。

 

 

 

4月13日

午後3時に出動。

「道も混んでなくてすぐにロフトに到着」、、お花と差し入れありがとう。
「楽屋でトランクを開けて衣装をハンガーに」、、衣装つうてもふだん着てるやつやん。
「衣装の帽子とブーツを出して」、、いつも被って履いてるやつやん。
「手を洗ってイソジンでうがいをして」、、それはいいですね。
「スロートコートにマヌカハニーを入れてゆっくり飲んで」、、それもいいですね。
「さて一服するかと」、、そうですか。
「あ」、、忘れたな。
「で、ロフトの大塚に「さすがにアイコスはこの辺でもすぐにはあれだよなあ」と言うたら」、、すぐに手に入れてきてくれました。
「さすがじゃ」、、さすがじゃ。
「そしてコーヒーを飲んでたら「あ〜っ!」と」、、一彦選手。
「どうした?聞いたらコップを差し出して「これで飲んでました、、」と」、、そこには「使用済みスプーン」と書いてありました。
「さすがじゃ」、、さすがじゃ。

サウンドチェックとリハーサルをやって。
そして本番!
どうでしたかい。

「今夜も楽しい嬉しい夜だったぜい」、、いぇい。
「ボーカルとハープのモニターに少々難はあったけど初土俵から40年、そんなん問題なか」、、いぇい。
「参戦してくれたみんな、ありがとう」、、ありがとうございました。
「遠征してくれたみんな、ありがとう」、、ありがとうございました。

そして打ち上げ。

「新宿ロフト大塚、店のみんな、ありがとう」、、ありがとうございました。
「乾杯!」、、乾杯〜!
「けっこう呑んだかも」、、つうか長い。
「だからみんなにはもう帰りなさい言いながら吞んでたでしょうに」、、まあそうですが。

S&CSCツアー2017、終了しました。

「ツアーに参戦&遠征してくれたみんな、ありがとうね」、、ありがと〜!
「一彦、清水、ヒロキ、上甲、お疲れさまでした」、、お疲れさまでした。
「CSC、次はレコーディングで集合だぜい」、、いぇい。

 

 

 

4月12日

「いい天気でござる」、、22度あったでござる。
「すごっ」、、春〜。
「できたらこんくらいで9月くらいまでいってほしく」、、10月まで最高気温22度で?
「それでお願いしたいです」、、それは無理。
「22度のステキな夏」、、絶対ない。
「ないか」、、ない。
「ないの?」、、「の?」言うてもないの。
「無理か」、、無理。

そして今日も声を出す時は『うぃすぱーひおんさん』なのであった。

「さすがじゃ」、、普通じゃ。

 

 

 

4月11日

雨が降ってたけど。

「夜はきれいな星が出てたとか」、、そうみたいすね。
「バシッとした星、見てないなあ」、、メガネメガネ。

「まあそんなこんなで」、、どんなこんなよ。
「『ういすぱーひおんさん』な1日です」、、明日もそれで。
「ほふゅ」、、はい?
「押忍のつもりでござる」、、押忍。

 

 

 

4月10日

11時、みんなは東京に向かってれっつらご〜。

「一彦は朝帰ったのでヒロコとヒロキと上甲と社長の4人で」、、東京に向かってれっつらご〜。
「ご〜ご〜」、、ヒロコって誰。
「ヒロコとヒロキの方が語呂がええやん」、、、、。
「サービスエリアで桜エビ天ぷらうどんを」、、ずずずっと。
「一服してドッグランのきゃわゆい犬くんをちょっと見て」、、そしてまた東京に向かってれっつらご〜。
「渋滞がなかったのと休憩は飯休憩の1回だけのもあって」、、なんと思ってたより1時間も2時間も早く到着。
「すばらしい」、、いぇい!
「みんなと「じゃあロフトで!」と別れ家に」、、お怒りお嬢ちゃんの待つ家に。
「いや、もう俺の事なんか忘れてますよ」、、と?
「嬉しいのとぷんぷんが混ざった大歓迎をしていただきました」、、あはは。
「たまらんのぅ」、、かわゆいのぅ。

 

 

 

4月9日

昼、『チームS&CSC』は大阪に向かってれっつらごー。

「今日は移動が短いから」、、いいですね〜。
「が、短い移動でも昼には腹が減る」、、ということで。
「サービスエリアで近江牛うどんを」、、ずずずっと。
「これがまた美味かったのす」、、あらステキ。
「今回今んとこ2回とも美味かったぞ」、、すごっ。
「そしてまた大阪にむかって」、、れっつらごー。
「会場の近くに桜がいっぱい咲いてるとこがあって」、、それも満開な感ずで。
「じゃあ今日は花見をしてゆっくり休んで明日頑張るということでと」、、毎回こういうおバカ言いますよね。
「だつて移動日好きなんですもの」、、はい始まりました。そしてちっちゃい「っ」を使ってね。
「毎日が移動日のツアーがええなあ思いますもの」、、だからそれは旅行いいますの。

そして会場に。

「ん?、店の名前が」、、違いますやん。
「『TRAD』って」、、AKASOどこ行ったと〜。
「でも会場の中も人も同じやし」、、はい。
「そういえば昔、会場に着いたら「場所が変更になりました」と張り紙があったことがありました」、、うそじゃろ〜!でござる。
「みんなきょとんの巻」、、僕たち何処に行けばええのすかの巻。
「帯広だったと思うけど」、、なんでこげなことが。
「だいたい分かるけど」、、言いますまい。

「そしてサウンドチェック&」、、リハーサル。
「今日もいらっしゃいました」、、本番20分とか30分前に。
「「腹へったぁ」な人数名」、、「弁当食べようかなぁ」な人数名。
「あは」、、あはは。
「俺は2時間前とかに食ってもダメです」、、そりゃそうです。
「そんなんしたら本番始まったらすぐ出てしまうきに」、、出てしまうきにぃ。
「なぜなら2分に1回はバク転するし」、、それは見たことないし。

そして本番。
どうでしたか。

「今日のみんなも声出てたなあ」、、いいですねえ。
「今日も嬉しい楽しい夜だったぜい」、、いぇい。でも最後の方で。
「なにかな」、、一瞬膝から崩れ落ちた人がいたような気が。
「なんのことやら」、、でも戻ってよかった。
「当たり前じゃないですかい」、、ですよねえ。
「まああれです」、、どれです。
「いつも心に花を」、、分かるような分からんような。
「そしてステージにエアコンを」、、はい?
「ステージにエアコン欲しかぁ」、、更年期だからぁ。
「ばか、そんなんじゃないわよ」、、じゃあどんなのよ。
「だからバク転しすぎたのよ」、、、、。

「いい夜だったぜい」、、いぇい。
「参戦してくれたみんな、ありがとう」、、ありがとうございました。
「遠征してくれたみんな、ありがとう」、、ありがとうございました。
「差し入れも、そしてたまごにもプレゼントありがとう」、、たまご〜。

「そして打ち上げ〜」、、乾杯〜。
「そこでAKASOがなぜに名前が変わったのか聞いたり」、、いろいろあります。
「それは分かったけどなぜにTRADなん?と」、、こら。
「ずっと青木がやってんだから「青木荘」がいいじゃんとか」、、おい。
「でも来年また違う名前にしようかな言うてはったで」、、ほんまかいな。
「今日も楽しい打ち上げでした」、、いぇい。あ、清水選手は明日はよから用事があるのでライブ終わって帰ったんですよね。
「そうそう」、、はい。
「イベンターの清水、青木荘のみんな、ありがとう」、、ありがとうございました。で、青木荘じゃなくてTRADです。

 

 

 

4月8日

朝、『チームS&CSC』は名古屋に向かってれっつらごー。。

「楽器&ハンドル担当は」、、上甲選手です。
「ということで上甲に命を預けて」、、れっつらごー。
「すると途中から雨」、、かなり強くなったりして。
「うーむ」、、いけずぅ。

「が、大雨でも腹は減る」、、ということで。
「サービスエリアで天ぷらうどんを」、、ずずずっと。
「美味かったっす」、、いつも期待してないから美味しいと嬉しいっすよね。
「そうでござる」、、はい。
「全体的にそういう感ずで暮らしておりますから」、、あはは。
「ネギも美味かったぜい」、、気をつけんと歯にネギがやでい。

「そしてまた名古屋に向かって」、、れっつらごー。
「そして会場に」、、到着。
「この会場は初めてだったんだけど」、、ですね。
「まず楽屋が広くてきれいで」、、いいですね〜。
「トイレもすっごい広くてきれいで」、、いいですね〜。
「これかなり気持ちいいんですよね」、、狭くてきちゃないとこが多いすから。
「ほら、僕って昔からきれい好きじゃん」、、よう知らんけど。

「サウンドチェックをやって」、、リハーサルをやって。
「そしてさあ」、、本番!

どうでしたか。

「嬉しい楽しい夜だったぜい」、、よかった。
「みんな声出てたなあ」、、いいですねえ。
「いいですねえ」、、いぇい。
「参戦してくれたみんな、ありがとう」、、ありがとうございました。
「遠征してくれたみんな、ありがとう」、、ありがとうございました。
「差し入れと、そうだたまごにもプレゼントありがとう」、、ありがとうございました。

「そして打ち上げ〜」、、乾杯〜。
「リハーサルと本番以外は『ういすぱーひおんさん』でのはずだったんですが」、、メートル上がっちゃって。
「だめよぅ」、、だめだめ。
「そして奥歯にネギ発見」、、昼のネギ付けたままやったんかい。
「以後気をつけます」、、ネギはだめよぅ。
「前にこんなんあったすね」、、どんなん?
「「大声で、怒鳴った社長の、歯にネギが」ちゅうのが」、、とほほ〜。

「イベンターのでっかい君、名古屋伏見 JAMMIN’のみんな、ありがとう」、、ありがとうございました。

 

 

 

4月7日

風は強いけど陽は差してて。

「ぽかぽかですたい」、、春ですたい。
「今日もじっとしとこうと思ったけど」、、ちょっと花見散歩に。
「やっぱきれいだな」、、きれいやね。
「咲いちょる」、、咲いちょる咲いちょる。
「平日なんだけどけっこうな人で」、、金曜日だし夜はすごい人になるのでは。
「ですね」、、はい。
「早い時間にさっと行っといてよかった」、、でござる。
「それでも久しぶりに長めの花見散歩だったような」、、ですね。
「明日からの旅の無事を桜に川にお願いしたりして」、、お寺にもお願いしたりして。
「はい」、、はい。

 

 

 

4月6日

夕方から強い風。

「そして夜は雨」、、雨雨雨。
「ほんと毎年桜が咲くと風や雨が多いですよねぇ」、、いやほんと。
「やめたげてよね」、、せっかく咲いたんだからぁ。
「まったくもう」、、いけずぅ。

ところで、たまごに「誕生日おめでとう」メールやコメントをいっぱい頂きました。

「嬉しいな」、、本人は何のことやらでしょうが。
「あは」、、あはは。
「たまごにおめでとうをありがとう」、、ありがとうございました。

 

 

 

4月5日

「今日は久しぶりというか気持ちいい目覚めでした」、、ほう。
「ぐっすり寝た〜、な」、、それはよかった。
「こんなん何年ぶりやろ」、、なんじゃらほい。
「気持ちよかったぁ」、、そらよかったぁ。

「そしてスタジオに」、、今日はリハーサル最終日です。
「押忍」、、で、どうでしたかい。
「だいじょぶたい」、、よっしゃ。
「そしてみんなに「お疲れさまでした。じゃあ土曜日に!」とスタジオを出て』、、気をつけて帰りましょ。
「『どこでもドア』で」、、はないから電車でれっつらご〜。
「そうそう、苦手な乗り換えのホームがあってですね」、、駅じゃなくホームすか。
「まあお気に入りのホームなんてないすけどね」、、あはは。
「特にイヤなホームということで」、、はい。
「そのホームで電車を待ってると胸が苦しくなるなるというか気持ち悪くなるというか」、、あらやだ。
「まあどのホームでもそんな感ずなんですけどそのホームは特にね」、、ふむふむ。
「でも早く帰りたいからいつもそこで乗り換えるんだけど今日はちょっとやめとこうと」、、そうですか。
「ちょいと遠回りになるけど違う駅で乗り換えたのでした」、、ふむふむ。
「そしたらその電車から今年初めての桜を見れたのでした」、、ソメイヨシノさん。
「ちょっと嬉しかったっす」、、それはよかったっす。

そして今日はたまごの12歳の誕生日でした。

「12歳かぁ」、、12歳。
「いい子だね〜」、、いい子だね〜。
「12歳もいっぱい食べて」、、いっぱい寝て。
「いっぱい遊んで」、、元気でいるんだぞ〜。
「たまご、誕生日おめでとう」、、12歳おめでと〜。

 

 

 

4月4日

今日はリハーサル3日目。

「さすがに『うぃすぱーひおんさん』というわけにはいかないので」、、でも無理して出さないように。
「そこなんです」、、これまでは少々痛めてもというかそしたらなおさら意地になってやってたけど。
「ね」、、もう10代じゃないんだから。
「ね」、、20代でもないんだから。
「ね」、、30代でも40代でもないんだから。
「ね」、、60前なんだから。
「そこは50代なんだからでお願いします」、、それにしてもいったい何が原因だったんすかね。
「うーむ、初土俵から40年、未だ声が定まってないのかすら」、、なんじゃそれ。
「それかもしかしたら声変わりの時期なんかな」、、はい?
「声変わり」、、声変わりは思春期ですが。
「だからそれ」、、思春期は児童期から青年期への移行期ということになりますが。
「そうそう」、、そして異性への関心が高まる年頃ですが。
「あらやだ」、、止まらない幼児化と老人力。

 

 

 

4月3日

今日は夕方InterFMに。

「品川に着いたら雨が降ってて」、、そのうち土砂降りに。
「あんど雷」、、うわっ。
「でありました」、、はい。

本番、声はだいじょぶでしたかい。

「『うぃすぱーひおんさん』として出ましたから」、、誰。
「Daveさんもジョーも気を使ってくれて」、、迷惑かけちゃって。
「でも楽しかったぞ」、、野音前におじゃまする時は呑みありでと。
「あは」、、あはは。
「Daveさん、ジョー、ありがとう」、、ありがとうございました。

InterFMの帰りは必ず1杯だったりするのだがさすがに今日はまっすぐ。

「帰りの山手線」、、今年1番の激混みだったようで。
「いやあ見せてあげたかった」、、いいです。
「乗せてあげたかった」、、いやです。
「そしてたまごの待つ家に」、、「んにゃ〜」とお迎え。
「いい子だね〜」、、たれ目だね〜。
「さあ明日のために」、、喉の薬のんで静か〜にしてましょ。

 

 

 

4月2日

横さん、東京は今日桜(ソメイヨシノ)の満開発表がありました。

「そうなんだ」、、日曜日だし陽もあるし花見散歩日和ですねえ。
「、、、」、、あ、すんまへん。
「(もそもそ)」、、背中むけちゃったよ。
「、、、」、、、、。
「たまごの桜を見てるからいいっす」、、桜色の鼻ね。

「あ、そうだ」、、なんだべ。
「明日はS&CSCツアーの宣伝をばとInterFMさんにおじゃまするのだ」、、声出んやないかい。
「ふふ」、、え?
「ふふふ」、、なに。
「方法はある」、、どのような。
「今も話す時はささやき声でしょう」、、そうすね。
「それでいこうと思うのす」、、声ちっちゃ言われますよ。
「そこはあれですよ」、、どれですか。
「『うぃすぱーひおんさん』ということで」、、誰。
「、、、」、、、、。
「それにしても」、、どうしたんじゃろうのぅ。

 

 

 

4月1日

今日もどんよりどよよん天気。
あんど小雨。

「なんだかねぇ」、、まあ天気よくても出れないですけど。
「まあそうですけど」、、はい。
「今日も横」、、横横横の1日。
「横さんと呼んで」、、はい。

横さん。

「なにかな」、、横さんはやっぱ横になってる時が1番楽しいのすか?
「縦さん」、、わたし?
「わたくし横、好きで横になってるわけではないのよね」、、そうでした。
「起きてやりたいこともやらなきゃなこともあるのよね」、、ですよね。
「悲しみの横さん」、、悔しい横さん。
「横」、、横横横。
「それでは、おやすみなさい」、、おやすみなさい。
「縦さんいい夢をね」、、横さんも。

 

 

 

3月31日

3月も今日で終わりです。

「ほんとうですかい」、、ほんとうですたい。
「まったくもぅ」、、でたおばちゃん。
「早すぎるわよぷんぷんっ!」、、ぷんぷん言うても明日から4月ですたい。
「なんというか」、、なんでしょう。
「10年くらい早い気がするのよね」、、え?
「明日はほんとは2007年の4月1日なんじゃないのぉ?」、、はい?
「、、、」、、、、。
「違うか」、、違う。
「ですよね」、、ですよ。
「、、、」、、、、。
「しかし喉、なんとかならんもんかいのぅ」、、うがいして薬飲んで水飴なめてじっとしちょき。
「ガチャっと取り外して新しいのガチャっと付けられたらええのにのぅ」、、それはうちの店には置いてまへん。
「ないか」、、おまへん。

ところでプロ野球開幕しました。

「いいですねぇ」、、いいですねぇ。
「それはいいんだけど桜が咲きだしてから寒かったり雨だったりが多すぎません?」、、そうですねぇ。
「まったくもぅ」、、ぷんぷん!
「今日も午後から小鮫だったし」、、小雨ね。

 

 

 

3月30日

「ガスファンヒーターは時々換気しないと頭がボワァ〜ンとなります」、、ほれ窓開けて。
「空気空気」、、「寒っ」言いながらたまごと窓のそば。
「でも今日は昼間はわりとあったかかったすね」、、18度くらいあったみたいすから。
「桜もけっこう咲いてるみたいで」、、見に行ったりは。
「まだいいかな」、、動かんのう。
「今日は横の日なのだ」、、昨日呑み過ぎるからだ。
「なんのことやら」、、外で呑んだ次の日は100%二日酔いでござるな。
「なぜかしら」、、ガバガバ呑むからでしょう。
「そうなっちゃう?」、、それ以外ない。あ。
「なに」、、帰ってからまた家呑み始めるってのも大きいでござるな。
「それかすら」、、それですわ。呑んで帰ったらもう寝ちゃえばいいのだ。
「居酒屋たまごに悪いじゃない」、、なんのこっちゃい。
「、、、」、、、、。
「酒やめるかな」、、次に呑み始めるまで。

 

 

 

3月29日

リハーサル2日目。

「今日もどかっとがっつり」、、お稽古お稽古。
「そうそう、昨日終わって帰る時飴が降ってた話をして」、、雨ね。
「そしたら降ってなかったですと」、、スタジオを出た時間も少し違ったでしょうし。
「それだ」、、それか。
「なに」、、56の上だけ降ってたのかも。
「え?」、、傘くらいの大きさの雨雲が頭の上に。
「俺の上だけ?」、、いっしょに帰りましょと。
「いやん」、、ばかん。

 

 

 

3月28日

リハーサル初日。

「始まりました」、、始まりました。
「さあ」、、お稽古お稽古。
「黙々と」、、お稽古お稽古。
「一彦ジャラ〜ン!と」、、いぇい。
「清水ブィ〜ン!と」、、いぇい。
「ヒロキスタタタタンッ!と」、、いぇい。
「俺はるんるるる〜ん!と」、、誰。

「そして初日終了」、、お疲れさまでした。
「明日もよろすくねとスタジオを出たら飴」、、雨ね。
「さあ帰るぞと」、、びゅ〜んとたまごの待つ家に。
「びゅ〜んとはいかんのだなぁ」、、鮨詰め祭り〜。
「『どこでもドア』ちょうだい」、、『どこでもドア』ないの。

耳キ〜ン喉ビビビ〜ンで帰ってきた56。

「ということで声は出さないの巻」、、「たまご、ただいま」とささやき声の巻。
「恋の笹巻き」、、なにそれ。
「ありそうじゃない?」、、ないと思う。

「あ、そうだ」、、なにかすら。
「今日スタジオかなり混んでて」、、ふむふむ。
「久しぶりの佐藤のタイジ」、、ふむふむ。
「なにかお願いされそうになったから聞く前に「いやだ!」と言うといた」、、あはは。
「そうそう、ものすっごい久しぶりに浅野の忠信くんにも会った」、、ほう。
「なんだか顔を見ただけで嬉しくなったよ」、、あはは。
「俺の曲を唄ってくれてるとかで、これまた嬉しかっただす」、、いぇい。

 

 

 

3月27日

「今日も寒かったぞ、どないなっとうねん」、、知らんがな。
「3時くらいまで冷たい飴やし」、、雨ね。
「寒い」、、最低気温2度で最高気温も8度までしか上がらんかったですきに。
「まったくもう」、、、、。
「寒い」、、うるさい。
「、、、」、、、、。
「眠い」、、寝ろい。

明日からツアーのリハーサル始まります。

「そうであります」、、CSC集合は久しぶりっすかね。
「ARABAKI以来すかね」、、久しぶりだぁ。
「よっしゃ」、、よっしゃ。

 

 

 

3月26日

雨、1日中雨雨雨。

「そして」、、寒い寒い。
「冬やん」、、な感ずすね。
「桜が咲き始めたらたいていこうですよね」、、ぐっと冷えたり雨降ったり。
「いけずぅ」、、いけずぅ。

「ところで稀勢の里、すごかったすね」、、いくら横綱でも片腕ではと、休場した方がとの意見が多かったようです。
「ですよね」、、先もありますしと。
「いやあ凄かった」、、舞の海さんは「この10年でこれだけの大歓声は初めてです」言うてました。
「ほんと凄かった」、、表彰式で「君が代」が流れると、横綱涙、です。
「やっとあれなんだろうね」、、ね。
「そしてその後のインタビューで「自分の力以上のものが最後は出ました。諦めないで最後まで力を出してよかったです」と」、、ぐっときたっす。

 

 

 

3月25日

今日は早い時間にここんとこ1ヶ月に1度の病院に。

「そんなに行かなくてもとも思ったりもするんですが」、、先生が来なさいおっしゃるんだから診てもらわなきゃでしょうに。
「はい」、、はい。
「1時間は待つのを覚悟してるんだけど今日も待ち時間ほとんどなしで診てもらえました」、、この前もわりとすぐだったような。
「行いかすら」、、それは違うと思う。
「そうかすら」、、たぶん。

午後はお食事会。

「緊張しました」、、あはは。
「でも楽しい嬉しい時間でした」、、ね。
「ほんとに」、、はい。

 

 

 

3月24日

「寒い」、、昨日よりは気温高いですけどね。
「そうなんですか」、、でも札幌は雪が64センチも積もってるとか。
「テレビ見てびっくり」、、雪雪雪っす。

「ところで」、、なんでしょ。
「今日もたまごがおもしろいっす」、、毎日いろいろやってくれるっす。
「あれやこれや」、、寝てても起きてても。
「かわゆいのぅ」、、たまらんのぅ。

 

 

 

3月23日

「寒いぞ」、、気のせいちゃいます?
「そう?」、、たぶん。

そしてWBC、アメリカが優勝しました。

「ね」、、ここまで負けなしだったプエルトリコに8-0です。
「この点差はびっくり」、、やっぱ一発勝負はちょっとした流れでどっちに転ぶか分からんですね。
「いやほんと」、、はい。
「それにしてもプエルトルコのキャッチャーかっちょいいっすね」、、セントルイス・カージナルスのヤディアー・モリーナ選手ですね。
「男前でござる」、、2008年から2015年まで8年連続ゴールドグラブ賞受賞でっせ。
「すご」、、2009年から7年連続オール・スター選出でっせ。
「すごっ」、、すごいのす。
「大リーグは日本選手の情報をスポーツニュースで見くらいだからさっぱりでござる」、、それじゃあ日本のプロ野球は詳しいみたいに聞こえますが。
「失礼しました。どっちもさっぱりです」、、お風呂に入ってさっぱりして寝ましょ。
「あ、そうだ、WBCベストナインに千賀投手が選ばれたんですね」、、ほんと風呂きらいすね。
「だつてめんどくさくて」、、ちっちゃい「っ」を使ってね。

 

 

 

3月22日

侍ジャパン、負けてしまいました。

「でも今日までいい試合見せてもらいました」、、はい。
「すごい試合をいっぱい見せてもらいました」、、いぇい!
「お疲れさまでした」、、ありがとうございました。

そして今日は歯医者さんに。

「外に出て天気の良さにびっくり」、、すっごい晴れ〜。
「風は強いけど」、、すっごい晴れ〜。
「駅に向かって歩いてると」、、電車が来る感ず。
「でも乗り換え案内ではまだ時間じゃないから違う電車だろうと」、、思ったものの。
「ちょいと不安になったりして」、、走ったりして。
「乗れました」、、よかった。
「が、乗り換え案内ではまだ来ないはずなんだが」、、ということでもう一度見てみるの巻。
「あらやだ」、、あらやだ。
「これってこの前帰るときに調べたやつやん」、、この前歯医者さんから帰る時に調べたやつですかい。
「そうでやんす」、、じゃあ今日行く時間を調べたのは。
「携帯じゃなくてMacで調べたのでした」、、とほほ。
「なんだかなぁ」、、でもまあ早い分にはよいではないですか。
「ですね」、、はい。
「そして今日もしっかりやっていただきました」、、歯の磨き方から。
「すんません」、、先生今日もありがとうございました。
「あ、そうそう」、、なになに。
「院長先生の息子さんが顔を出してくれて」、、10年くらい前にみんなで呑んだ時に膝にのってくれたりしたちびちゃんですね。
「もう二十歳だって」、、わっ、そりゃあ57も歳をとるはずだ。
「ですよねぇ」、、ですよぅ。
「、、、」、、、、。
「なぜ人は歳をとるのかすら」、、生きてるからでしょうに。
「そやね」、、そやよ。

「帰りにあきお君と待ち合わせて久しぶりの店に」、、この店に行くのは2年ぶりくらいですかね。
「だからすんません〜な感ずで」、、あは。
「なんかそうなるっすよね」、、あはは。その店に何度か行くようになったころ名前を聞かれて。
「次に行ったら名前入りの箸を作ってくれたりしてて」、、その箸まだとってくれてたようで。
「なんかすんません」、、すんません。

そして呑みすぎたと。

「すんません」、、なんだかなぁ。
「あは」、、あはやあらへん。

 

 

 

3月21日

雨、雨雨雨。

「午前2時くらいでしたか」、、もう少し前からでしたか。
「降りだしました雨」、、雨雨雨。
「そしてほぼ1日雨」、、雨雨雨。
「時々かなり強い雨」、、雨雨雨。

でも今日東京で桜の開花が発表されました。

「ね」、、今年は日本で東京が最初とか。
「開花は南や西からな気がしますけどね」、、でも前にもあったそうですよ。
「言うてはりましたね」、、東京の都心では20日までの数日間が4月上旬から中旬並みの暖かさが続いたことからソメイヨシノの開花に向けた準備が急速に進んだと見られると。
「はい」、、今後1週間から10日程度で満開になる見込みですよと。
「2ヶ月前に花見散歩したような気がするけど」、、1年たったとです。
「花見散歩」、、というても10分くらいのような。
「でしたっけ?」、、たぶん。
「うちに桜の花あるしね」、、たまごの鼻ね。
「つついちゃろ」、、つついちゃろ。

 

 

 

3月20日 春分の日

今日は春分の日です。

「ですね」、、「自然をたたえ、生物をいつくしむ」ことを趣旨としているそうです。
「え?」、、知らんかったすね。
「あ、そうだったそうだった」、、、、。
「、、、」、、知らんかったすね。

今日は「春?」な感ずで気温もわりと高かったすね。

「春だなぁって感ずで」、、最低気温も7度あって最高気温は19度でした。
「いいですねぇ」、、いいですねぇ。
「でも明日はまた寒くなるようなことをお天気ねえさん言うてはりました」、、言うてはりましたね。
「あったかいかっこして出かけます」、、すぐそこのひと坪スタジオやん。
「迷子にならないかすら」、、迷オヤジになれる距離やない。
「そやろか」、、すぐそこや〜ん。

 

 

 

3月19日

今日も予定してたことと違うことをやってたようで。

「そうなんですよね、なんで?」、、知らんがな。
「まず今やってるのをなんとかしたいというあれなのかすら」、、どれ?
「よう知らんけど」、、アホや。
「あは、あは、あははははは〜🌸」、、、、。

「、、、」、、、、。
「しかしこれ、どうしたもんじゃろうのぅ」、、まあゆっくりがんばりなはれ。
「がむばってるつもりなんだがなぁ」、、これがなかなかでござると。
「もうござるのかごやよぅ」、、お猿ね。

 

 

 

3月18日

今日は朝からバタバタしてたようで。

「ちょいバタな感ずかな」、、ちょいバタですか。
「ちょいバターって食べ物ありそうやね」、、ない。
「仮面ライダーバタバタ」、、ない。
「、、、」、、、、。
「出社します」、、行ってらっしゃい。
「止めない?」、、止めない。

そして居眠り演奏。
おい。

「夜中に録画してた海外ドラマをちょっと観てたから睡眠がちょいと足りなかったようで」、、10話くらいを9時くらいまで観てたのを見ましたぜ。
「あらやだ」、、やだやだ。

 

 

 

3月17日

出社しなかったようで。

「行こうと思ったし行こうとしたのよ」、、でしたっけ?
「ほら、たまご型ポットにお湯も入れたじゃない」、、それは見ました。
「今日はスーツはしんどいからこのままでいいかと」、、スーツは見たことない。
「そして荷物を持ってだね」、、荷物って。
「ポットさんにコップさんにMacさんに携帯さんに俺さんにといろいろあるじゃない」、、俺さんもすか。
「それを持って行こうとしたその時ですよ」、、なに。
「たまごが「みぃ〜」って」、、、、。
「そして「んにゃ〜ん」て」、、またや。
「なに」、、またたまごのせいにするつもりや。
「、、、」、、たまごが「みぃ〜」言うからとか。
「、、、」、、「こんなつぶらなたれ目でじ〜っと見てるこの子を置いてはいけません」とか言うてたまごのせいにするつもりや。
「そんなことありました?」、、ありました。
「、、、」、、、、。
「2回くらいはあったかな」、、、、。
「3回だったかな」、、、、。
「、、、」、、、、。
「ええやん」、、なにが。
「今日は土曜日やし」、、今日は金曜日。

 

 

 

3月16日

「夜勤明けで今日は少々頭がぼ〜っとしたまま出社」、、夜勤て。
「夜間に勤務することですたい」、、それは知ってまんがな。
「なかなかいい感じだったので次のもと始めたんですが」、、はい。
「やっぱあれっすね」、、どれっすか。
「夜はちびちび呑みながらぼ〜っと海外ドラマとか観てたほうがいいみたいっす」、、夜勤の結果は思ったほどよろしくなかったと。
「そんなこともあるようなないような」、、どっちかいな。
「こっちがが聞きたいがな」、、ぽんよよよ〜ん。
「そんなこんなで夜は久しぶりに外に食べに出ました」、、よう分からんけどそうですか。
「食べた食べた」、、呑んだ呑んだ。
「、、、」、、、、。
「、、、」、、明日は休むに200たまごドル。

 

 

 

3月15日

WBC、今日はイスラエル戦です。

「よっしゃ」、、ビールプシュッとやって応援だ。
「千賀投手よかったですねえ」、、5回までビシッと抑えてくれました。
「いいですねえ」、、でも両チームとも点が入らずなかなか重い空気でした。が。
「さすが筒香選手」、、「ここで一発ほしいですね」と解説の人が話してたら「どっか〜ん!」とホームラン!
「この一発で空気は侍JAPANですたい」、、すごかったですたい。
「9回ちょいとひやっとしましたが」、、8−3で勝ちました。
「いぇい」、、これで6連勝ですよ。
「すごいですよ」、、すごいです。
「準決勝はアメリカでですか」、、ロサンゼルスでござる。
「よし」、、行くと?
「行きたいなぁ」、、トランク好きの旅嫌いが何を言う。
「すんません」、、はい。
「この『どこでもドア』が使えたらなぁ」、、残念でした。
「それにしても菊池選手の守備はすごいすね」、、すごいっす。
「俺も守備うまくなりたい」、、守備も攻撃もまるでへたっぴ。
「俺って何?」、、とほほ丸でござる。
「とほ」、、とほほ。

「あ、雪降らんかったね」、、降らんかったね。

 

 

 

3月14日

今日は第2ラウンドキューバ戦です。

「よっしゃ〜」、、ビールプシュッとやって応援だ。
「いきなり山田選手ホームランだぜい」、、いぇい。
「が菅野投手が今ひとつ」、、逆転されてしもうたです。
「それでも後のピッチャーが踏ん張って」、、小林選手筒香選手内川選手やってくれて逆転。
「そして最後に山田選手のホームラン!」、、8ー5で侍JAPAN勝ちました!
「すごいなぁ」、、たまらんなぁ。
「今日もありがとうございました!」、、言いたくなりますです。

 

 

 

3月13日

「なんだろ」、、なにがすか。
「寒い気がする」、、そらぁまだ寒いですよ。
「いやそのなんちゅうか」、、なんちゅうの?
「そらぁまだ寒いでしょうけど今日は背中とか足がゾクゾクする感ずで」、、まさか風邪とか。
「そんなはずはない」、、ですね。
「ん?」、、バカは風邪ひかない。
「、、、」、、、、。
「ににんが5」、、4ね。

「しかしなんでだろ」、、まだ冬だから。
「そうじゃなくて」、、明日の朝は雪かもねとお天気ねえさん言うてはりましたし。
「雪?」、、雪。
「そらぁ冷えるはずだ」、、あさってだったかな。
「あさって?」、、言うてはりました。
「雪かぁ」、、雪。
「ってそうじゃなくてだね」、、じゃあなんだね。
「、、、」、、、、。
「なんだっけ」、、知らんがな。

ところで今日は重役出勤、からの早退だったようで。

「それだ」、、なに。
「それ言おう思うとったとです」、、はい。
「それ関係っていうんかな」、、だからなに。
「、、、」、、、、。
「なんだっけ」、、、、。
「、、、」、、、、。
「、、、」、、、、。
「さぶろく17」、、18ね。

 

 

 

3月12日

「今日も出社」、、普通です。
「毎日出社」、、普通です。
「、、、」、、普通です。
「腕痛です」、、、、。
「首痛です」、、うるさい。

そして今日はWBCオランダ戦。

「オランダ強っ」、、おちょろしい打線。
「2回に1点取ったら」、、その裏ホームランですぐ追いつかれ。
「3回に中田選手の2ランとかで4点とって、これでかなり楽になると思ったら」、、その裏あっちゅう間にまた追いつかれ。
「うわっ」、、でござる。
「5回に小林選手の中前適時打で勝ち越したら」、、9回裏に追いつかれ。
「うわぁわっ」、、でござる。
「そして延長10回は両チーム点が入らず」、、11回からタイブレーク方式ですたい。
「無死1・2塁からって」、、ドキドキでござる。
「そこでもやってくれました中田選手」、、レフトへ2点適時打!
「いやあすごい」、、そしてその裏。
「なんとか抑えて」、、8-6で勝ちました!。
「ほんとにもう最後までドキドキで」、、凄い試合でした。
「しびれました」、、すごかった。
「侍JAPAN!」、、いぇい!
「それにしてもこの緊張感」、、おちょろしいっす。

 

 

 

3月11日

午後2時46分

黙とう。

 

 

 

3月10日

WBC第3戦です。

「よっしゃと7時に退社しました」、、ビールプシュッとやって応援だ。
「小林選手のホームランはびっくり」、、大盛り上がりでした。
「嬉しいねぇ」、、楽しいねぇ。
「中田選手も2ランホームラン」、、いいですねぇ。
「といつものように観ていたのですが」、、途中ちょっと寝てしまうの巻。
「すんません」、、でも7−1で勝ちました。
「ということは」、、3戦全勝で2次ラウンド進出ですたい。
「いいですねぇ」、、いいですねぇ。

ところで。

「なんでしょう」、、やっこに醤油をかけたつもりが。
「、、、」、、焼き肉のタレかけちゃったですよね。
「なんのことやら」、、なにやってんだか。

 

 

 

3月9日

「そうそう」、、なになに。
「7日のWBCの試合でホームランと思われた山田選手の打球を観客の少年がフェンス手前でキャッチして」、、2塁打になったあれですね。
「その少年、ボールをとった瞬間は喜んでいたんだけどビデオ判定で2塁打になってしまってからは」、、どうしようってなりますよね。
「その後の試合ちじこまって観てたらしいんだけど」、、はい。
「それを知った山田選手がその少年に言葉を送ったそうです」、、ほう。
「「僕は全然気にしてない。だから野球を嫌いにならず、またグラブを持って応援に来てほしい」と」、、さすがだぁ。
「「これも何かの縁だし、将来プロ野球選手になって、一緒に『あんなことがあったね』と懐かしい話ができるように頑張ってほしい。僕も完璧なホームランを打てるように頑張ります」と」、、かっちょい〜。
「俺がそうだったらやっぱ同じ言葉を送るだろうなぁ」、、うそこけ。
「「かまわんよ」と」、、言わんね。
「「ナイスキャッチ」と」、、言わん言わん。
「そうかすら」、、はい。
「俺ってそんなにちゃいちい感ず?」、、ちゃいちいちゃちい。
「、、、」、、、、。
「東京に来た時は190センチだったんだけどなぁ」、、はいおやすみ。

 

 

 

3月8日

今日も6時半にはテレビの前。

「ビールとつまみを出してテレビの前」、、ビールぷしゅっとしてテレビの前。
「この時間の楽しいこと」、、プリン体カットビアですが。
「そんなん関係あらへん」、、誰。

そしてオーストラリア戦、始まりました。

「菅野投手、球数制限で5回途中で降板になったけど1点で抑えて」、、よかったです。
「その後の岡田投手がストライク入らなくて大ピンチの時のスタンドからの声援」、、すごかったです。
「な」、、ね。
「そして押さえて」、、いぇい。
「その後6回の千賀投手の3つの三振」、、やりますねえ。
「そして7回、出ました中田選手の1発」、、ホームラン!
「8回は筒香選手の2ランホームラン」、、いぇい!
「4−1で今日も勝ちですたい」、、やりました。
「嬉しいねえ」、、楽しいねえ。


「ところで」、、なんでしょ。
「今朝って寒かったですよね」、、最低気温0度でしたから。
「よかった」、、なんで?
「なんでこんな寒いんだろ思うたから」、、なんじゃらほい。
「体温が20度くらいになったんかな思うて」、、あるかい。

 

 

 

3月7日

作業の調子はどうでっか。

「するっとできたりぴたっと止まったり、またちょっと進んだりですが」、、なんかうんこみたいやね。
「やめてよね」、、すんずれいしました。
「はい」、、はい。
「でもまあいい感ずです」、、ふむふむ。
「でもこれを本ちゃん用に録り直すという大作業がありますが」、、ギター侍にならねば。
「これがなかなか」、、これがかなり。
「はい」、、はい。
「でも今はまず形が録れたら次にやりたい曲を進めておりますです」、、ふむふむ。
「ふむふむ」、、ふむふむふむ。

「そして今日からWBC!」、、始まりました。
「今日はキューバ」、、ドキドキだぁ。
「でもやってくれました」、、いぇい。
「1回に筒香選手の適時打で先制」、、よっしゃ。
「その後同点にされたけど、4回に山田選手の適時二塁打で勝ち越し」、、その二塁打。
「我が家では絶対にホームランでしたが」、、あはは。
「5回には松田選手の3ランとかで5点追加ですたい」、、いぇい。
「がその後また追い上げられたけれども」、、7回に筒香選手が2ランホームラン。
「男前〜!」、、菊池選手や青木選手の守備もよかったすねぇ。
「素晴らしい!」、、そして11-6で勝利!
「ちょいと点を取られすぎたけどまず初戦を勝ったという」、、そうですたい。
「しかしあれですね」、、どれでしょう。
「選手やチームのみんなの嬉しそうな顔はほんといいですね」、、いやほんと。
「嬉しいなぁ」、、いぇい!

「あ」、、なんでしょ。
「今日もちょっと子鮫が降りました」、、小雨ね。

 

 

 

3月6日

今日はどんよりどよよんでした。

「小鮫も降ったみたいで」、、小雨ね。
「気がつかんかったっす」、、そっすか。
「飛行舎防音だし」、、井戸端会議のおばさま達の笑い声より小さかったんですね。
「え?」、、小雨の音。
「、、、」、、、、。
「あ」、、なに。
「もしちっこい鮫が降ってきたらどうする?」、、子鮫?
「子鮫ちゃん」、、降ってきませんから。
「降ってきちゃったらそれはそれで心配だなぁ」、、、、。
「ちびチョウザメちゃんだったら川に連れてってあげれば助かるかもだけど、数がなぁ」、、、、。
「ホオジロザメのちびちゃんだと海までは連れて行けないなぁ」、、、、。
「自転車しかないし」、、、、。
「、、、」、、、、。
「どうしたもんじゃろうのぅ」、、降ってこない子鮫ちゃんの心配はいいから自分の心配をしなさい。
「自分のすか」、、そうです。
「子鮫ちゃんじゃなくて?」、、子鮫ちゃん降ってきませんから。
「自分の心配を?」、、そうです。
「うーむ」、、、、。
「、、、」、、、、。
「心配したらもっと心配になっちゃうから心配停止、なんちゃって〜」、、、、。
「、、、」、、、、。
「、、、」、、、、。
「、、、」、、、、。
「自分仕事に戻ります!」、、そうしなさい。

 

 

 

3月5日

「今日も出社」、、普通です。
「毎日出社」、、普通です。
「ああでもないこうでもないと」、、いいことです。
「繰り返しです」、、いいことです。
「そうかすら」、、よう知らんけど。
「おい」、、、、。

そうだ、WBCが始まります。

「そうですねえ」、、7日からです。
「あさってだ」、、強化試合は今ひとつだったようですが。
「本番はだいじょぶ」、、押忍。
「初戦はキューバですか」、、ですね。
「楽しみですたい」、、はい。

「WBC、やっぱ2009年が一番観たなぁ」、、原侍JAPAN。
「夢中で観たですもん」、、一喜一憂で大忙し。
「終わったらへとへとたい」、、あはは。
「凄かったなぁ」、、最後はバンザ〜イ!でした。
「いやあしびれました」、、DVDとか箸とか買ったような。
「『かっとばし!!』ですたい」、、まだ使ってないような。
「けち?」、、いいと思います。

 

 

 

3月4日

今日は長い時間カラスが鳴いてました。

「ひと坪スタジオでもはっきり聞こえました」、、え?
「え?」、、車や工事の音ならまだあれとしてカア君の声まで聞こえるとなるとその。
「なにか」、、え?
「井戸端会議のおばさま達の笑い声も聞こえますけどなにか」、、え?
「え?」、、防音。
「え?」、、ひと坪スタジオの防音はその役目を果たしてない感ずって感ず?
「あ」、、なに。
「カア君やおばさま達の声は違うとこで聞いたのかな」、、あ。
「なに」、、認めたくないんだ。
「なに」、、これだけ場所とってだけど中は狭くてカアくんの声やおばさま達の笑い声も聞こえちゃっちゃあそりゃあねぇ。
「なによ」、、なんでもありましぇん。
「、、、」、、泣かないで。
「僕は泣いたことありません」、、え?
「ちょっぴりしょっぱい水が目のあたりから出たことがあるだけです」、、涙じゃん。
「、、、」、、、、。
「涙くん」、、さよなら。

 

 

 

3月3日

「朝ホームページを見ようと思ったら」、、繋がらない。
「5時くらいだったかな」、、もう少し前かも。
「繋がらない」、、はて。
「でもブログや他のホームページは見れる」、、ということは。
「プロバイダーはん?」、、ですかね。
「あらら」、、あらららら。
「朝「ホームページ見てみよ」って人が繋がらなくて「あれ?なんで?」となったら申し訳ないやないですか」、、おらんと思いますけろね。
「二人くらいは」、、一人かな。
「ということで問い合わせメール」、、はい。
「電話もしてみたりして」、、はい。
「昼過ぎだったか」、、やっと繋がりました。
「よかった」、、はい。
「たまにありますよね」、、あるんですよね。
「いやよぅ」、、いやいや。

 

 

 

3月2日

雨、雨雨雨。

「雨とたまごと横の巻」、、今日のたまごの甘えっぷりはすごかったようで。
「いやほんとまいったまいった」、、嬉しいくせに。
「あは」、、あはは。
「あれなんかすら」、、どれかすら。
「雨でちょっと寂しくなったんかな」、、そうかもめ。
「よしよし」、、なでなで。
「生きてると「きゅ〜っ」と寂しくなる時があるからね」、、56にはないでしょうが。
「バカ」、、バカて。
「あのね」、、なんね。
「若い時は若い時の寂しさがあるけど、年取ったらその歳なりの寂しさがあるとです」、、そうですか。
「もう苦しくなっちゃうんだから」、、なっちゃう言われても。
「息が出来ないくらいになっちゃうんだから」、、なっちゃう言われても。え?
「目の前真っ暗になっちゃうんですからぁ」、、それは違う病気では。
「生きるって大変なことなのよぅ」、、、、。
「働いて食べていくってことはそらあもう」、、分かりましたから。
「みんな大変なんすからあ」、、分かりましたからあ。

 

 

 

3月1日

3月です。

「数え間違いとかは?」、、ない。
「勘違いとかは?」、、ない。
「ないですか」、、ないです。
「、、、」、、3月です。


「昨日ひと坪スタジオで「これはあれだなぁ」とか「うーむ」とかやってたら」、、グラグラッと。
「モニターがグラグラ揺れてスピーカーの横と裏に貼ってる吸音材がボトッと落ちて」、、午後5時前、宮城県で震度5弱の地震です。
「地震、ほんとおっかない」、、ほんとに。


3月です。

「数え間違いとかは?」、、ない。
「勘違いとかは?」、、ない。
「ないですか」、、ないです。
「3月かぁ」、、3月です。

「今日はちょいと二日酔いだったから明日は休肝日にしてみるかな」、、いいですねえ。
「えっへん」、、て今日は呑むんかい。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

SION NEWS
uritama

 

☆「SION-YAON 2017 with THE MOGAMI」!
もうすぐ!

2017年8月19日(土)
日比谷野外大音楽堂 ※雨天決行
開場 17:30 / 開演 18:00
プレイガイド :2017年4月1日(土)から前売りチケット販売開始。
問い合わせ先:HOT STUFF PROMOTION 03-5720-9999

 

 

☆『しばらく月を見てなかった〜Naked Tracks10〜』
8月19日野音&通販発売!

できたできました!

01. やるだけやったら
02. あの唄を耳にすると
03. 痩せ我慢ピエロ
04. あの日のまんま
05. 道は聞かなかった
06. どっちを選ぶよ
07. しばらく月を見てなかった
08. 夢と言えば夢
09. 一番新しい傷から
10. 分かってるだろ
11. 抱きしめてるのは俺だが

 

 

 

☆DVD「SION-YAON 2016 with THE MOGAMI」発売中!

収録曲

サイレン
ブーメラン
ONBORO
傘いらんかん
夏の終わり
ありがてぇ
遊ぼうよ
好きで生きていたい
俺の声
ガラクタ
12号室
元気はなくすなよ
お前がいる
後ろに歩くように俺はできていない
ノスタルジア
春よ(新曲)
パニック
新宿の片隅から
マイナスを脱ぎ捨てる
お前の空まで曇らせてたまるか
サラサラ
Hallelujah
今さらヒーローにはなれやしないが(新曲)
このままが

Vocal:SION / Drums:池畑潤二 / Keyboards:細海魚 / Guitar:藤井一彦 / Bass:清水義将
収録:2016年8月11日 日比谷野外大音楽堂

 

 

 

 

☆「Hello~大切な記憶~」
Naked Tracks 9発売中!

01.春の陽をあびて
02.洒落た日々から遠く離れて
03.大好きで
04.春よ
05.今さらヒーローになれやしないが
06.これきりに憧れ
07.追っつかない
08.デジャビュのあやとり
09.ひとり綱引き
10.Hello ~大切な記憶~

です。

全16ページのブックレット、かなりのボリュームです。よ。

 

 

 

 

 

 

☆「30th milestone」6月22日発売!

30周年記念限定盤

35曲のスタジオ音源(Disc-1、Disc-2)
デビュー前の貴重なライブ音­源15曲(Disc-3)
未発表映像を含むライブ映像とビデオクリップを合わ­せて20曲収録した特典DVD(Disc-4)
音源、映像全部合わせて70曲収録。
全曲リマスタリング
SHM-CD×3、DVD×1(4枚組)
LPサイズ・スペシャルケース入り(シリアルナンバー入り)
LPサイズ歌詞 & フォトブック(20P)封入


CD Disc-1(30周年記念限定盤:TECI-1500 / 通常盤:TECI-1503 共通)
新宿の片隅から(「SION」 / 1986年)
俺の声(「新宿の片隅で」 / 1985年)
SORRY BABY(「SION」 / 1986年)
風来坊(「風来坊」 / 1987年)
12月(「春夏秋冬」 / 1987年)
このままが(「春夏秋冬」 / 1987年)
サイレン(「SIREN」 / 1988年)
カーテン(「Strange But True-Strange side」 / 1989年)
記憶の島(「Strange But True-True side」 / 1989年)
夜しか泳げない(「夜しか泳げない」 / 1990年)
12号室(「夜しか泳げない」 / 1990年)
夢を見るには(「かわいい女」 / 1991年)
蛍(「蛍」 / 1992年)
月が一番近づいた夜(「I DON'T LIKE MYSELF」 / 1993年)
ありがてぇ(「I DON'T LIKE MYSELF」 / 1993年)
彼女少々疲れ気味(「SION 10+1」 / 1994年)
金魚(「抱きしめて」 / 1995年)
全17曲収録 / 収録時間 76:18

CD Disc-2(30周年記念限定盤:TECI-1500 / 通常盤:TECI-1503 共通)
がんばれがんばれ(「フラフラ」 / 1997年)
通報されるくらいに(「SION comes」 / 1998年)
お前がいる(「SION comes」 / 1998年)
薄紫(「DISCHARGE」 / 1999年)
砂の城(「好きな時に跳べ!」 / 2001年)
雪かもな(「UNIMELTY FLOWERING」 / 2002年)
キャスト(「ALIVE ON ARRIVAL」 / 2003年)
ガラクタ(「ALIVE ON ARRIVAL」 / 2003年)
たまには自分を褒めてやろう(「東京ノクターン」 / 2005年)
夏の終わり(「東京ノクターン」 / 2005年)
マイナスを脱ぎ捨てる(「20th milestone」 / 2007年)
Hallelujah(「住人~jyunin~」 / 2008年)
鏡雨(「鏡雨~kagamiame~」 / 2009年)
お前の空まで曇らせてたまるか(「鏡雨~kagamiame~」 / 2009年)
燦燦と(「燦燦と」 / 2010年)
気力をぶっかけろ(「Kind of Mind」 / 2012年)
後ろに歩くように俺はできていない(「不揃いのステップ」 / 2014年)
ONBORO(「俺の空は此処にある」 / 2015年)
全18曲収録 / 収録時間 79:54

CD Disc-3(30周年記念限定盤:TECI-1500 のみ)
SION LIVE 1986 at SHIBUYA LIVE INN(収録:1986年6月17日 渋谷ライブ・イン)

風向きが変わっちまいそうだ
やるせない夜
コンクリート・リバー
春夏秋冬
ハード・レイン
ダーリン
SORRY BABY
TONIGHT
俺の声
レストレス・ナイト
はやく慣れることさ
ハングリー・ナイト
街は今日も雨さ
KNOCK ON THE HEART
クロージング・タイム
全15曲収録 / 収録時間 76:03 / M-8,M-10以外は未発表音源

DVD Disc-4(30周年記念限定盤:TECI-1500 のみ)
SION LIVE & CLIPS

1986年2月28日 渋谷ライブ・イン / RARE LIVES
風向きが変わっちまいそうだ(未発表映像)
俺の声
12月
1988年5月29日 汐留PIT / RARE LIVES
バラ色の千鳥足(未発表映像)
パニック
ノスタルジア(未発表映像)
1989年3月2日 NISSIN POWER STATION / RARE LIVES
もの悲しい風(未発表映像 / モノラル音声)
こんな大事な夜に(未発表映像 / モノラル音声)
カーテン(未発表映像 / モノラル音声)
STRANGE CLIPS
春夏秋冬
サイレン
元気か?
水の中にいるようだ
SION-YAON with THE MOGAMI 2010>2015
住人(SION-YAON 2010)
遊ぼうよ(SION-YAON 2010)
どけ、終わりの足音なら(SION-YAON 2011)
コンクリート・リバー(SION-YAON 2013)
月が一番近づいた夜(SION-YAON 2014)
お前の空まで曇らせてたまるか(SION-YAON 2015)
このままが(SION-YAON 2015)

 

 

 

 

 

☆「Naked Live 2014~SION + Sakana Hosomi & Kazuhiko Fujii~Naked Tracks 8」6月14日発売!

【収録曲】
Disc 1
01.雪かもな
02.ウイスキーを1杯
03.それさえあれば
04.いつでもどこでも会いたい
05.バッカス
06.休みたい
07.バラックな日々
08.test
09.地下街
10.泡沫の世を飛ぶ
11.胸を張れ
12.人様
13.お前を信じてる
14.お前の空まで曇らせてたまるか
15.ONBORO

Disc 2
01.気力をぶっかけろ
02.後ろに歩くように俺はできていない
03.マイナスを脱ぎ捨てる
04.Machiko(弾き語り)
05.12月(弾き語り)
06.諦めを覚える前の子供みたいに
07.jabujabu
08.お前がいる
09.Hallelujah
10.月が一番近づいた夜
11.このままが

 

 

 

☆「俺の空は此処にある」3月4日発売!

01 ONBORO
02 唄えよ讃えよ
03 jabujabu
04 けちってる陽だまり
05 水色のクレヨン
06 いつでもどこでも会いたい
07 休みたい
08 人様
09 俺の空は此処にある
10 諦めを覚える前の子供みたいに

 

 

☆「Naked Tracks7~泡沫の世を飛ぶ~」


01 泡沫の世を飛ぶ
02 水色のクレヨン
03 人様
04 ONBORO
05 jabujabu
06 けちってる陽だまり
07 0点
08 諦めを覚える前の子供みたいに
09 バラックな日々
10 いつでもどこでも会いたい

 

 

☆「不揃いのステップ」発売中でござる!

 

 

☆「Naked Tracks6~後ろに歩くように俺はできていない~」

6月29日野音発売!

01 胸を張れ
02 川の向こう
03 お前を信じてる
04 この雨を慕いて
05 後ろに歩くように俺はできていない
06 休みたい
07 輝美(悪夢ちゃん)
08 顔
09 人
10 路肩の花
11 長い間

通信販売は7月1日からになります。

Naked Tracks6

 

 

 

 

☆「Naked Tracks 5 "Naked Live 2011~SION with Bun Matsuda~"」
                   

収録曲

Disc 1
01 雪かもな
02 この街の力まで塞がないでくれ 
03 気力をぶっかけろ
04 恥を知れ
05 もう奪わないでくれ
06 不揃いのステップ
07 風が出てきた
08 彼女少々疲れ気味
09 こんなに天気がいいからよ
10 お前の空まで曇らせてたまるか
11 Darling
12 午前3時の街角で
13 遊ぼうよ
14 お前がいる
15 ハード・レイン
16 Hallelujah
17 マイナスを脱ぎ捨てる
18 元気はなくすなよ

Disc 2
01 ちょっといいな(弾き語り)
02 Machiko(弾き語り)
03 12月(弾き語り)
04 赤鼻のトナカイ(弾き語り)
05 俺の声
06 バラ色の夢に浸る
07 たまには自分を褒めてやろう
08 そして あ・り・が・と・う
09 このままが

こちらから購入できます。
http://shopping.deli-a.jp/item_List.php?c1=19&c2=1117

 

 

 

☆「Kind of Mind」

収録曲
01 まるで誰かの話のようだね
02 ひと笑い
03 独り善がりのアウトローより
04 気力をぶっかけろ
05 何処かへ行きたい
06 同じ空の下、違う屋根の下で
07 タイトルなし
08 奈落をぶち破れ
09 お前が好きなんだ・Bang!
10 バラ色の夢に浸る

【限定盤DVD収録曲】("SION-YAON 2011 with THE MOGAMI"公演より)
01 どけ、終わりの足音なら
02 鬼は外
03 Slide
04 タイトルなし
05 同じ空の下、違う屋根の下で
06 一瞬
07 ハード・レイン
08 ちょっとでいいんだ
09 マイナスを脱ぎ捨てる
10 忘れられない人のひとりくらい
11 バラ色の夢に浸る

 

 

☆「Naked Tracks 4 ~同じ空の下、違う屋根の下で~」発売中!

4
「Naked Tracks4~同じ空の下、違う屋根の下で~」

01 不揃いのステップ
02 ウィスキーを1杯
03 kira kira 
04 タイトルなし
05 恥を知れ
06 もう奪わないでくれ
07 気力をぶっかけろ
08 同じ空の下、違う屋根の下で
09 左と右へ
10 試されるように続いている
11 風が出てきた
12 この街の力まで塞がないでくれ
13 バラ色の夢に浸る

こちらから購入できます。
http://shopping.deli-a.jp/item_List.php?c1=19&c2=1117

 

 

☆25th ANNIVERSARY ALBUM 「燦燦と」2010.10.20発売!


収録曲

(オリジナル盤)
01 石塊のプライド
02 勝たなくていいのさ
03 自分の胸は自分ではうまく温められない
04 からっぽのZEROから(SION & The Cat Scratch Combo Ver.)
05 狂い花を胸に
06 そして あ・り・が・と・う(SION with THE MOGAMI Ver.)
07 カラスとビール
08 どんなに離れてたって傍にいるから
09 ちいさな君の手は
10 燦燦と

(お祝い盤)
01 俺の声 / BRAHMAN
02 調子はどうだい / 藤井一彦
03 がんばれがんばれ / Ken Yokoyama
04 SORRY BABY / 花田裕之
05 早く帰ろう / SAICO

 

 

☆アルバム「Naked Tracks 3 ~今日が昨日の繰り返しでも~」


収録曲

01 カラスとビール
02 あの子の部屋の窓は叩くな
03 どんなに離れてたって傍にいるから
04 ひとり遊び
05 水
06 18000回以上も
07 狂い花を胸に
08 自分の胸は自分ではうまく温められない
09 お前のちょっと前を
10 キャラバン
11 観覧車
12 痛いくらいに強く想っていても
13 二人は
14 金色のライオン
15 燦燦と

 

☆アルバム「Naked Tracks 2 ~鬼は外~」発売中!


収録曲

01 もうひとり分強くなる
02 やるせない夜2009
03 Teardrop
04 お前がいなけりゃ
05 放つ
06 ちいさな君の手は
07 ライダース
08 kitatani
09 頑張ってればたまに
10 鏡雨
11 花はいらんかね
12 誰も見てなくても
13 今日の全部を
14 鬼は外

Naked Tracks の第二弾です。
このアルバムは通販かライブ会場での販売となります。

 

 

☆ALBUM
「鏡雨 ~kagamiame~ 」2009年7月15日発売!


収録曲

01 鏡雨
02 おまえの空まで曇らせてたまるか
03 お前がいなけりゃ
04 放つ
05 鬼は外
06 雨に混ざらず
07 karan
08 Slide
09 Teardrop
10 今日の全部を
11 磨りガラス越しのオレンジ


 

☆ALBUM
「Naked Tracks ~光へ~」


収録曲

01.住人
02.どけ、終わりの足音なら
03.暦
04.なるようにしかならないが
05.ジョニーデップ以外は
06.Hallelujah
07.karan
08.いつか海を見て
09.Slide
10.宝物
11.表に
12.光へ
13.磨りガラス越しのオレンジ  

このアルバムは通販かライブ会場での販売となります。