山洋子 ・・・
■ HOME
■ Tokyo Performance Doll
■ CD SHOP
■ 最新のレビュー

■ 1980年
■ 1981年
■ 1982年
■ 1983年
■ 1984年
■ 1985年
■ 1986年
■ 1987年
■ 1988年
■ 1989年
■ 1970年代
■ 1990年代
■ おニャン子クラブ

B0001ZX9GQ

■サイト内検索
Venus


■ Victor
■ VDR-1351
■ '87.2.1
VENUS ( English Version )
TWO OF HEARTS
MR. MONDAY
I LIKE YOU
SUNNY
PAPA DON'T PREACH
GIVE ME UP
TAKE MY BREATH A WAY
VENUS ( Extended Version )

ヴィーナスのヒットでブレイクを予感させた頃にリリースされた全曲カバー曲で構成されたアルバム。「ヴィーナス」の英語ヴァージョンで幕を開け当時ヒットしていた洋楽ポップスを鷺巣詩郎の見事なアレンジと力強い彼女のボーカルで表現している。安定したボーカルで安心して聞くことが出来るのだが楽曲の統一感が今ひとつといったところ。どうしても寄せ集め感を強く感じてしまう。また日本語の訳詞もメロディーにきれいに乗れずに違和感がでてる曲もあって残念には思う。個人的にはVenusのExtended Remixが収録されていることだけでOKなんですけどね。
[ Review by you ]
ニューヨーコ・タイムス


■ Victor
■ 最高位 : 36位
■ 売上枚数 : 1.3万枚
春はSA-RA SA-RA
シャボン
密やかにときめいて・・・
瞬間はファンタジー
ゴールドウィンド
素顔のままで
雲にのりたい
ヴィーナス
ユア・マイ・ラブ
悲しき恋人たち
ハートに火をつけて
哀愁の瞳
ゲンキ天国
星に願いを (Christmas Version)

今や演歌界の若き女王として君臨している長山洋子がアイドルポップスを歌っていた頃にリリースされたベスト盤。

歌唱力に関しては好き嫌い抜きにしても文句のつけようがないんですよね。楽曲に関してはかなり迷走してますが・・・。ASKAが楽曲提供した名曲「ゴールドウィンド」(ホントにイイ曲 !!)、黛ジュンのリメイク「雲にのりたい」、カバーはカバーでも180度違う「ヴィーナス」。この「ヴィーナス」が彼女のターニングポイントになってるのは確かだとは思います。ただ、同様の方法論で成功を収めた荻野目洋子とはまた違った展開になったのは興味深いところではあるのですが。 
[ Review by you ]
TOKYO MENU


■ Victor
■ VDR1488
■ '88.3.9
反逆のヒーロー
ショウ・ミー
トイ・ボーイ
ふたりの世界
ギヴ・ミー・アップ
ニュー・デイ・フォー・ユー
イングリッシュマン・イン・ニューヨーク
ドミノ
ユー・ウィン・アゲイン

「ヴィーナス」のスマッシュヒットから1年半経った頃リリースされたオールカバー曲で構成されたアルバム。ここまでやると潔いですね。当時の日本で人気のあったダンスミュージックを中心にカバーしているので長山洋子のアルバムとしてだけでなく楽しめるかもしれません。どちらかというとバラード系の方がイイ感じで仕上げってます。 
[ Review by you ]
F-1


■ Victor
■ VDR-1549
■ '88.9.21
うたうように
NO ESCAPE
雨にうたれて
あたらしいYesterday
ラハイナの風
CAR WASH
あきらかに愛になってた
バナナフィッシュの日
Be-Song
屋上へゆこうよ

[ Review by you ]
オンディーヌ


■ Victor
■ VDR-1395
■ '87.8.5
真夜中のオンディーヌ
ドミノ
愛を待てないAngels
ビッグ・ラヴ
マザーズボーイWow Wow
ラ・イスラ・ボニータ
ハイウェイ物語
愛に抱かれた夜
悲しき恋人たち
アリス

[ Review by you ]