イントフォー ・・・

ヒストリー / 荻野目洋子


岡田有希子 All Songs Request / 岡田有希子


贈りものIII / 岡田有希子


菊池桃子プレミアム・コレクション BRAND / 菊池桃子


ツインベスト / 少女隊


P-CAN / 少女隊


best / セイントフォー

B0001ZX9GQ

■サイト内検索
ザ・オーディション


■ RIV.STAR
■ 28RL-0011[LP]
■ '84.11.21
不思議Tokyoシンデレラ
恋気 DE ナマイ気
A-cup Scandal
恋愛☆ミステリー
未来聖女
ヒューマンタッチ
断崖
雨の予感
プロポーション
魔術師は嘘つき

彼女たちが主演した映画と同タイトルのファーストアルバム。もぉジャケットからして「なんだかなぁ」といった状況です。レオタード4人組ですからねぇ。全般的なノリは「攻撃的で 挑発的」。意外にも恋愛をテーマにしたナンバーが多いことに驚かされます。ハードなナンバーが中心でボーカルを堪能するというよりは彼女たちのノリとか雰囲気を掴むためのアイテムといったところでしょうか。
[ Review by you ]
THE BEST OF SAINT FOUR


■ RIV.STAR
■ 32RR-0006
■ ’86.3.21
不思議Tokyoシンデレラ
恋気DEナマイ気
雨の予感
太陽を抱きしめろ
ミリオン聖裸
Rock'n Roll Dreams come through
ハイッ! 先生
夢に恋に愛
アメリカン・ドリーム
ビートガール
ハートジャックWAR
少年は鳥になった

セイントフォーの激レアBEST盤。リリースしたシングル全4作を収録。彼女たちのキャラクターイメージを明確にしようとした全般的にスピード感&疾走感が溢れるナンバーが多いのが印象的。

そんな中シングルリリースされた「ハイッ! 先生」は彼女たちの作品の中でもでもかなり異色の作品で最初から順に聞いていくと妙な違和感を覚えてしまったり、M-9の「アメリカン・ドリーム」の曲調や歌詞なんかには80年代らしさがもの凄く感じられたりとバリエーション的には幅が狭い感じも受けますが「勢い」に圧倒され続けるって感じでしょうか(^。^;) 「奇抜さ」という点ではインパクト抜群であったものの、楽曲的には「B級アイドル」という枠から抜け出せるほど革新的でなかったのが非常に"惜しい"グループだったなぁと思います。

多少テクノなサウンドを聞かせてくれるのがマニアには嬉しかったりします。体育会系の彼女たちの後継といえば「TPD」だと思ってるのは私だけではないはず。
[ Review by you ]
セイントフォー・ベストヒット14


■ RIV.STAR
■ 32RR-0002
■ '85.6.21
不思議Tokyoシンデレラ
恋気 DE ナマイ気
A-cup Scandal
恋愛☆ミステリー
未来聖女
夢に愛に恋
ヒューマンタッチ
断崖
雨の予感
プロポーション
魔術師は嘘つき
ミリオン聖裸
太陽を抱きしめろ
Rock'n Roll Dreams come through

レコード会社絡みのせいかCDで復刻される兆しのないセイントフォーです。そんな訳で彼女達のCDはプレミアついているのは必至。さて、このBESTなんですが、BESTとは名前だけ。お気づきの方もいらっしゃるかもしれませんが、上で紹介している「ザ・オーディション」の楽曲が丸ごと収録されています・・・。シングル2作だけ収録してベストヒットはないような気がしますね。しかもヒットしてないし。そんな訳でレビューは「ザ・オーディション」と同様です。このCDはデジタル音源を手に入れられたという自己満足のためのアイテムとも言えなくもないですが・・・。個人的にはスゴク嬉しかったりもします。
[ Review by you ]
不思議Tokyoシンデレラ [SINGLE]


■ RIV.STAR
■ 7RC-0038(EP)
■ '84.11.5
作詞 森雪乃丞
作曲 加藤邦彦
編曲 船山基紀
C/W 恋気 DE ナマイ気

イントロからチープなアレンジでいやがおうにも盛り上がり(^^ゞ その疾走感は彼女たちのキャラクター性と今後の活動展開を感じさせる事に成功している作品に仕上がっているのではないでしょうか。デビュー曲としてのインパクトは十分。話題性も抜群。なのにブレイクできなかったのは・・・。ある意味少女隊よりもユニットのコンセプトが明確でありながらその成果を出せなかったことは非常に残念に感じます。
[ Review by you ]
太陽を抱きしめろ [SINGLE]


■ RIV.STAR
■ 7RC-0043(EP)
■ '85.3.21
作詞 森雪乃丞
作曲 加藤邦彦
編曲 京田誠一
C/W ミリオン聖裸

路線そのままに第2弾。ますます戦隊モノ系感が強まってます。歌詞は相変わらず森雪乃丞らしさが爆発。メロディーも攻撃力増してます。アイドルポップスとしての異端児ぶりが加速しているナンバー。
[ Review by you ]
ハイッ! 先生 [SINGLE]


■ RIV.STAR
■ 7RC-0046(EP)
■ '85.7.21
作詞 古田喜昭
作曲 古田喜昭
編曲 笹路正徳
C/W ビートガール

いきなりの路線変更。どうしちゃったんでしょうか? 最初ボーカル部分だけ聴いた時は少女隊かと思いました。歌詞もいきなり学園を舞台にしたものに。いわゆる「アイドル」らしさを前面に押し出した作品ではあるのですが、ある程度イメージが固まっていたせいかリリースされた当時抱いた違和感はかなりのものでした。
[ Review by you ]
ハートジャックWAR [SINGLE]


■ RIV.STAR
■ 7RC-0046(EP)
■ '85.9.21

前作が不評だったかどうかはわかりませんが、再び路線は「戦隊系」へと逆戻り。セイントフォーとしてはラストシングルにあたる作品。作曲は後におニャン子をも手がけた佐藤準。そして、作詞を荒木とよひさが手がけているというのは奇をてらうという意味では成功しているように思えますが、ありきたりの詞で面白みに欠ける感じもします。佐藤準もおニャン子でのすばらしい仕事振りはセイントフォーの頃にはまだ出し切れてなく、佐藤準の個性よりも彼女たちのキャラクターを優先したような楽曲というのが残念。
[ Review by you ]
PINK JUGUAR I


■ Polydor
■ H33P-20254
■ '88.6.25 |
MISTY ANGEL
待てないON THE BEAT
SUNSET STORY
夏の抜けがら
PRECIOUS BABY
SHOOT IT
DANGER ZONE
TRIGGER(引き金)
SATISFACTION
FLY AWAY

[ Review by you ]


[ セイントフォー SINGLE DISCOGRAPHY]
不思議Tokyoシンデレラ
RIVSTAR
7RC-0038
84.11.05
C/W 恋気 DE ナマイ気
太陽を抱きしめろ
RIVSTAR
7RC-0043
85.03.21
C/W ミリオン聖裸
ハイッ!先生
RIVSTAR
7RC-0046
85.02.21
C/W ビートガール SHOW
ハートジャック WAR
RIVSTAR
7RC-0053
85.09.21
C/W ラブ・サスペンス