乃樹リカ ・・・


アプローズ / 深津絵里


sourire(スリール) / 深津絵里


MEMORIES 88〜96 / WINK


WINK TREASURE COLLECTION / WINK


パラパラ WINK! / WINK


ゴールデン・ベスト / 坂上香織


季節のプロローグ / 坂上香織


アイドル ミラクルバイブル・シリーズ / 相川恵里


コレクション / 麻田華子


best / 小高恵美
B0001ZX9GQ

■サイト内検索
Fairy Tale
姫乃樹リカ / Fairy Tale

■ KITTY RECORDS
■ H32K20121
■ '88.8.21
■ 最高位 : 40位
■ 売上枚数 : 0.3万枚
Fairy Tale 〜おとぎ話〜
夕映えのシルエット
ガールフレンド
シンデレラは踊れない
Marbles
あと3分で恋が終わる
涙のパラシュート
星空のデイト
た・め・い・き ニュアンス
DAY BY DAY

姫乃樹リカの1st。自身作詞によるナンバーで幕を開けるこのアルバムは弾けるポップナンバー満載の「アイドルポップス」としては極上の作品。そして、特筆すべきは彼女の歌唱力。とても伸びがあってポップなナンバーに映える彼女のボーカルはとてもキュートに感じます。松田聖子のボーカルにさらに「スイート」さがプラスされたような感じでしょうか?ポップなナンバーでも彼女の歌唱力を堪能することができますが、「バラード」を聴いたときにこそ彼女の実力が発揮されてると感じるはず。 正当派アイドルポップスを継承し、華やかな印象を前面に押し出した彼女の1stはまさに「アイドルポップス」の見本市といった様相。80年代最後の実力派の作品、機会があれば是非っ!!
Reminiscence
Reminiscence / 姫乃樹リカ

■ Kitty
■ H32K20132
■ 88.12.07
サイン
硝子のキッス
ファン
涙の針と風の糸
短編集
ときめいて
スタジオ
ニュートンの林檎
オフ
もっと Hurry Up!
チケット
ハートの翼
シナリオ
アンバランスに抱きしめて
ファンタジー
そよ風のささやき

彼女も「MOMOCO CLUB」出身。姫乃樹リカのデビュー曲「硝子のキッス」('88) から 4th「アンバランスに抱きしめて」('88) までのシングルA面・B面を収録 + 曲間に彼女自身によるモノローグを収録したBEST盤。デビュー曲はとにかくキャッチー。全盛期の「松田聖子」を彷彿とさせるナンバー。彼女のキャラにもバッチリあった作品でこの頃のアイドルがリリースした作品の中では極上のポップスナンバーじゃないかなと思います。2nd「ときめいて」 ('88) では意表を突いてロッカバラードにチャレンジ。アイドルのプロモーション展開では異例じゃなかったんじゃないでしょうか。しかし、彼女の歌唱力は当時のアイドルの中でも群を抜いていましたからロッカバラードを見事にこなしてしまいます。当時、ファンもいい意味で裏切られたという思い出が・・・。正統派アイドルとしてのスペックは申し分なし。ただ時代がアイドルに冷たかったこともありセールス的にみればB級アイドルとして見られがちなのが残念でなりません。姫乃樹リカという逸材を知らない方に是非聴いて欲しいアイテム。
[ REVIEW by "you" ]
Populisme
西邑理香 with COMING SOON ! / Populisme

■ NEC
■ NACL1139
■ '94.2.21
忘れられたバースデイ
あなたのいいところ
好きだから 愛してるから
マリアになれたら
迷夢
100年先もアイ ラヴ ユー
海より 空より
心の奥の奥
miss PARIS 〜今はないレストラン〜
501号室の目覚まし時計


ニューミュージック系バンド『COMING SOON』と組んでリリースしたファーストアルバム。元アイドルがバンドを組んで「再起」を賭けるパターンはありがちではあるのですが、彼女の場合はどうだったのでしょうか・・・。

西邑理香と同様にバンドを組んだ例を挙げると・・・、RAMU (菊池桃子)、MINAKO with WILD CATS (本田美奈子) などが真っ先に浮かんできますが、いずれも成功したとは言い難く、音楽の方向性を変えたというアクションの一つとして捉える方が近かったように思います。また、リンドバーグ (渡瀬麻紀) 、Every Little Thing (持田香織) に関してはセールス、知名度ともに「メジャー級」ではありますが、アイドル時代の活動に関してはほぼ無名に近い状態です。 西邑理香の場合はセールス的には正直成功したとは言い難いのですが、彼女の歌唱力や表現力を考えた場合バンド形態での活動を行うということ自体には不自然さは感じられず、むしろ自然の成り行きだったとも考えられます。

この西邑理香 with COMING SOON によるファーストは、彼女の等身大の魅力が充分に伝わってくる作品です。彼女自身が作詞を手掛け、彼女の思いが歌うということを通してストレートに伝わってきます。もちろん彼女の伸びがある安定したボーカルは健在で・・・、いえいえむしろアイドルの頃よりも艶があるボーカルと落ち着いた雰囲気で包み込まれるような優しい気持ちになれるんですよね。

バンドらしくギターのアレンジが耳に残るサウンドではありますがどちらかというとソフトなメロディーが多く、ロックではなくポップス寄りなので気楽に聴ける雰囲気も好印象ではないでしょうか? 個人的には彼女のボーカルとバンドならではのサウンドというのが非常に新鮮に感じました。彼女と同年代の同姓からも支持を得そうな作品。セールス的に不振だったことがホントに悔やまれます。現在CDは廃盤になってますが、もしも興味を持って聞きたいと思われた方は地道に中古CD店を探すか、オークション等を利用するのがよろしいかと思います。
[ Review by you ]
NO BRAND
西邑理香 / NO BRAND

■ NEC
■ NACL1073
■ '92.9.21
ナチュラル
INSPIRATION
Cleaning My Room
あなたを忘れないで
X'mas Love For Me
どこかへ行こうとする気持ち
愛するために
恋にさらわれて
うちへ帰る
さよならの予感


アメイジング ストーリー
姫乃樹リカ / アメイジング ストーリー

■ KITTY
■ HOOK20137
■ '89.5.20
気ままにダンシング
クレッセントシティへ連れてって
はじめてテレパシー
時間を止めて
ROCK'N' ROLL TIME MACHINE
EMPTY HEART
不思議な彼
STAY FOR ME
碧プラネット